ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年07月11日

今週の出走馬7/13・14

7月13日
リーピングリーズン
福島7R 3歳未勝利 芝1800m 大野拓弥騎手 54kg

7日(日) 坂路コース 57.4-41.3-26.5-12.7 単走 馬ナリ
10日(水)坂路コース 54.4-40.1-26.5-13.5 馬ナリ
前走先着を許したアイコニックや牡馬相手でメンバー的に楽ではないかもしれませんが、2000mよりこちらの方がリーピングリーズンにとっては向いている距離に思えます。
あとは週末あまり天気が崩れないと良いですね…。
多少渋って適度に時計のかかる馬場ならこなせるタイプでも、グチャグチャであまり重くなるとスタミナにまだ不安が残る。
体調が上向きようやく軌道に乗ってきたので、なんとかここで決めたい気持ちです。
(奥村武調教師)

前走2着馬が3頭もいるメンバー構成でなかなか強気にはなれませんが、そろそろ決めて欲しいんだな〜
最低でも権利は確保してくれないと困ります。
何とかならないかな〜



ブリリアントリリー
中京8R 3歳上1勝クラス・牝 芝2000m 森裕太朗騎手 54kg

7日(日) 坂路コース 55.7-39.8-25.5-12.1 末強目
10日(水) CWコース 86.2-71.1-55.7-40.7-12.0 単走 一杯
週末にも長目から時計を消化して反応を確かめています。
息遣いに問題はありませんし、水曜日の追い切りでも終いしっかりと脚を伸ばして、具合の良さというものは見ていて十分伝わる内容。
今週の出走にゴーサインを出させてもらいました。
今はまだ形をマスターさせている段階ですが、稽古でも終いに必ずいい脚を使って伸びてくるタイプ。
前進を期待したいと思います。
(石坂公一調教師)


転厩してから後ろからの競馬を試そうとしていて、板についてくれるといいのですが。
このクラスではやってくれないと困ります!




7月14日
ラハイナヌーン
中京4R 3歳未勝利・混 芝1600m 松山弘平騎手 54kg

7日(日) 坂路コース 60.0-42.7-26.0-13.0 単走 馬ナリ
10日(水) 坂路コース 57.7-40.3-24.8-12.5 馬ナリ
1馬身追いかける形のスタートも、楽な感じで併走馬に先着。
手応えは明らかにラハイナの方が良さそうに映ったな。
先週よりも動きが一段とシャープになって、スライドによる影響はないと思う。
体や状態も維持できているので、あとはメンバーと流れひとつだね。
前へ行く馬たちが相手になると思うけど、まだフワフワ走る面があるので前走のように逃げる形の競馬は絶対にダメ。
直線なるべく馬場のいい外側へ持ち出せれば、終いまで脚を使えるはずだよ。
(山内研二調教師)


前走掲示板が何頭もいるメンバー構成ですが、チャンスだと思います。
ここはスッキリ勝ってもらって未勝利脱出してもらいましょう!
松山騎手には中団から最後は前の馬全頭抜き去ってもらいます!(`・ω・´)



ファイナルマズル
福島12R 3歳上1勝クラス ダ1700m 藤田菜七子騎手 51kg

7日(日) Pコース 52.7-39.0-12.3 強目
10日(水)芝コース 68.2-53.0-38.8-12.2 馬ナリ
引き続きPコースでの追い切りも考えていましたが、水曜は湿り気のある芝コースを使用し、先輩として誘導馬の役割を果たしてくれています。
動きも悪くありませんでしたし、状態も安定しているといえるでしょう。
調教を進めて飼い食いが落ちるということもなく一定で、例えば楽をさせて調教を緩めて馬体重がグンと増えるということもないんですよね。
将来的には馬体重を増やしての競馬が理想とは考えていますが、今のこの時期はこれがファイナルマズルにとってのベストだと受け止めています。
今回は過去2戦している福島が舞台。距離がキーにはなりますが、前とは違うっていうところを見せてほしいですね.
(岩戸孝樹調教師)


この距離がどう出るかな〜と不安ではありますが、世界の菜七子騎手に導かれて先頭でゴールイン!
楽しみにレースを待ちたいと思います。
がんばれ!



ブラックジェイド
中京12R シンガポールターフクラブ賞・混 芝2000m 太宰啓介騎手 57kg

10日(水) CWコース 82.2-65.7-50.8-37.4-12.0 単走 直線強目
レース後の疲れは順調に回復している。
息遣いも良化しており、使った上積みは十分感じられるものの、まだブラックジェイド自身が目覚めてこないようで思いのほかピリッとしてこない。
本来はもっと闘志を前面に出すタイプなので、完全復調となるまでにもう数戦は必要かもしれません。
長期休養明けを叩いてどれだけ変わってこれるか、そこに今回期待していますが、実戦勘さえ戻ればこのクラスで足踏みするような馬ではないはずですよ。
(昆貢調教師)


前走は長期休養明けの影響がモロに出て惨敗しました。
ここは中1週で挑むわけですが、良くはなっているのでしょうが、正直私は不安です。
確かにまだ本調子ではなくてもこのクラスでは力が違うので、何とかして欲しいところです。
華麗な逃げ切りを期待します!

posted by じろう at 23:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中京競馬場参上!【シャルロワ】

中京競馬場へシャルロワの応援に行って参りました。

キャロットでは初めての口取りチャレンジをしましたが、残念ながら落選でした( ;∀;)
この落選で一瞬現地観戦をやめようかとも思いましたが、せっかくのチャンス(嫁にOK貰ってた)だったのと、我らが梅ちゃんも2Rに出走するヴィヴァンフィーユの口取りチャレンジの為に来られるとの情報があり、行く事決定!になりました。

当日は5時30分起床の6時30に家を出ました。
9時40分頃に中京競馬に着き、早速梅ちゃんを探します。
梅ちゃんは口取りする気満々の恰好でいました。

梅ちゃんの口取りと応援(本気)馬券は残念な結果に…

続く3Rに今回の目的のシャルロワが登場です。
梅ちゃんもパドックからレースまで付き合ってくれました。
そして、ここでT.Tさんとも合流。T.Tさんとは初のご対面でした


パドック
IMG_20190707_103927494.jpg

IMG_20190707_104332749.jpg

IMG_20190707_104859154_HDR.jpg

IMG_20190707_104939438.jpg

気合いのりが悪いのかのんびりと歩いておりました。


パドックやレース前にもT.Tさんと話していたのですが、ここは何馬身離して勝つのか!もうそれしか無い!
出資者としての想いはそうなりますよね〜
調教時計見ていると楽に勝ってもおかしくない内容であり、クラシックに乗ってもらう為にもここは何としても勝って貰いたいし、勝てるだろうとレースを見守ります。
しかしですね、私も含めた出資者の方の気持ちも一緒だったと思うのですが、初戦のあの最後に伸びなかったのがどうしても気になっていました。調教内容からはあそこから伸びて快勝するイメージだったのに…
外から来た馬に一瞬怯んだように見えましたし、もしかしたら能力はあるけれで競争馬としては致命的な気性の持ち主なのではないかとレース前は不安になるばかり。

いざレースが始まると私が想定したよりも後ろの位置取りになりました。
初戦の伸び脚からも不安がよぎります。
しかし、最後の直線に向けてジワジワと追い上げ、直線は熾烈なせり合いに!先頭に出たところ一旦交わされるも食い下がり抜き返す根性を見せて勝ったか!?と思ったところに外から勝ち馬が飛んできて涙の2着となってしまいました。
勝てなかった結果には正直悔しいし、ショックでしたが初戦からの不安は吹き飛ばしてくれる勝負根性が見れたので、これは大きな収穫でした。
安心したというのが本音でしょうか。
次走はきっと勝ってくれるでしょう!
その時を楽しみに待ちたいと思います。



7日の中京競馬では五分のスタートから中団でじっくり運ぶ。勝負どころから外目をジワジワ上がっていき、直線はしっかり伸びたが最後は勝ち馬の決め手に屈して2着。「馬場は荒れ気味でしたが、上手にバランスを取って走れていましたし、直線を向いてからの反応も良かったです。勝負どころで外から来られて早めに動かざるを得なくなってしまった分、目標にされて最後は脚が上がってしまいましたが、センス良く立ち回れていましたし、スピードがあっていい馬ですから、すぐにチャンスは来ると思います」(北村友騎手)「調教内容から考えると前走のように直線でまったく脚を使えないということは考えづらかったので、今回どんな競馬をしてくれるのか、期待と不安が入り混じる気持ちだったのですが、今日はしっかり反応してくれましたね。最後は目標にされた分差されてしまいましたが、内容は良くなっていましたし、これならもう少し距離があってもいいのかもしれません。続けて使った後なので、レース後の状態をよく見て今後のプランを検討します」(梅田師)2着に敗れたのは残念でしたが、初戦と違って直線でいい反応を見せてくれました。調教で見せる動きの良さを実戦でも披露してくれました。これならすぐにチャンスは来そうですが、まずは馬体をよくチェックしてから次走について考えていきます。


posted by じろう at 22:10| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

今週の出走馬6/29・30

6月29日
ソルパシオン
函館2R 3歳未勝利 ダ1000m 松岡正海騎手 56kg

前半ついていけなかったですよね。
これまでも芝を使ってきて決して合わないというわけではありませんが、芝よりもダートの方が行き脚がつくのではないかと考えます。
それもあって今回はダート。
直線しか競馬していないのでダメージもありませんし、せっかくのいい状態の時に走らせない手はないと思い、レース後より連闘は頭に入れてありました。
勝たせなきゃいけない馬だとわかっていますし、それだけの力があるというのも実感としてあるので、何とか決めたい一心です。
(中舘英二調教師)


勝負の連闘なので、何とかスタート決めて先行押し切りを期待したい。
強そうな1頭がいますが、ここは何としても決めてもらいたい!
頼む!


セレーネワルツ
函館2R 3歳未勝利 ダ1000m 大野拓弥騎手 54kg

乗り込みを重ね、プラスに働くであろう滞在競馬と最適と思われる芝1200mという条件を選んだつもりではありました。
不利があったとしても、もっとやれてもいいはず。
短い距離でとなるとなかなか出走が叶いにくい傾向にある中、昨日の想定の段階では出走できる可能性はゼロではなかったため動き始めました。
願わくば芝でとは思っていましたが1節では難しい状況でしたので、一度視野を広げてダートも選択肢に。
園田のような重い砂ではありませんし、天気を見ても軽いダートになることが予想される中であるなら、もう一度試してみる価値はあると判断しました。
(鈴木孝志調教師)


前走の適鞍と思える条件でも厳しい結果なので、このダート戦は正直厳しいだろうと思います。
それでも次に繋がるレースとなればいいのですが…


ファントムメナス
福島12R 3歳上1勝クラス ダ1700m 江田照男騎手 57kg

23日(日) 坂路コース 63.4-45.0-28.7-14.1 単走 馬ナリ
26日(水) 坂路コース 53.4-38.5-24.4-11.9 一杯
坂路で時計の出る馬なんですが、今週は一杯に追ったとはいえ、終い1ハロンを11秒台でまとめてきました。
雰囲気は先週と比べて更に良くなってきましたし、力を出せる状態に仕上がったと思います。
これまでの傾向を見ると今週は余裕で出られると思っていましたが、今年は想定段階で頭数が多く、ファントムメナスもギリギリでの出走となりました。
権利持ちもいて相手関係は強そうですが、そんな中でもしっかり追ってくれる江田照男騎手を確保できました。
前走は減量騎手でしたが最後まで一生懸命乗ってくれたことで、ある程度この条件にも目処が立ちましたし、今回は経験豊富なジョッキーにこの馬の持ち味を引き出してもらいたいですね。
土曜の午後から雨が降り始める予報なので、馬場の悪化が心配なところです.
(石栗龍彦調教師)


以前から調教は走るのですが、レースに繋がりません。
何かきっかけを掴み覚醒して欲しいのですが…
今回辺りやってくれないものかと。



6月30日
ジャスパーゲラン
福島1R 障害3歳上未勝利・混 芝2750m 金子光希騎手 60kg

26日(水) Cコース 71.4-55.0-40.7-13.4 単走 馬ナリ
先週よりも全体的に状態が上向いてきていいですね。
乗り込みを重ねてこれたのは確実にプラスでしょう。
腰も以前と比べるとパンとしてきたといえますね。
それでも甘さがあることを考えたのなら、ローカルの障害の方がジャスパーゲランにとってはいいはず。
ジョッキーにも積極的に運ぶよう指示するつもりでいますから、それに応える形で大きく前進してほしいところです。
(的場均調教師)


そろそろ障害にも慣れて上位争いをして欲しいところです。
除外の影響はないようですので、頑張ってもらいたいです。


ブラックジェイド
中京9R 木曽川特別・混 芝2200m 太宰啓介騎手 57kg

23日(日) 坂路コース 57.8-40.6-25.2-11.9 馬ナリ
26日(水) CWコース 83.4-66.6-51.9-37.9-11.6 直線強目
帰厩した当初は息遣いもいまひとつで、動き自体も重苦しかった。
目標のここになんとか間に合ったという現状でも、仕上がりに関しては悪くないですよ。
あとはブラックジェイド自身がブランクの長さをどう克服してくれるか。
何が出てこようがこのクラスでは力が上と思っていますが、今回ばかりは地力に期待したい。
(昆貢調教師)


いよいよ戻って来ました。
昆先生が言われるようにこのクラスでは力が違いますし、何ら心配いらないのですが何せ1年3ヵ月振りのレースとなりますのでその辺が心配ではあります。
結果圧勝!となれば最高ですが、無事にレースを終えてくれることを祈ります。


posted by じろう at 10:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

今週の出走馬6/22・23

6月22日
ソルパシオン
函館1R 3歳未勝利 芝1200m 松岡正海騎手 56kg

19日(水) 函館競馬場 Wコース 67.6-52.6-38.6-13.5 単走 一杯
ここのところ安定して具合が良いんですよね。除外になって予定は後ろにずれることになりましたが、調子の良さとしては変わらずにこれています。
調教の動きも悪くありません。
松岡は美浦でも函館でも稽古をつけてきていますし、レースでも跨がっていてソルパシオンのことはよくわかっているはず。
それにいいイメージも持っているでしょうから安心して託せると思っています。
(中舘英二調教師)


前走で勝ち上る予定がずれ込みました。
今回は芝に戻りますが、手が合いそうな松岡騎手を背に先頭でゴールを駆け抜けてくれるものと信じています。
今回は条件というより松岡騎手に合わせた感がありますが、それだけソルパシオンとのコンタクトが取れているとの判断だと思いますし、結果が出ることを祈るのみです。
勝ってくれ!ソルパシオン!



ミーハディビーナ
函館5R 2歳新馬・牝 芝1200m 丹内祐次騎手 54kg

19日(水) 函館競馬場 芝コース 66.1-50.1-37.0-11.8 馬ナリ
水曜日の追い切りでは丹内に芝の感触を確かめてもらいましたが、『軽快なフットワークで凄く良かった』と報告を受けています。
美浦の稽古でもセンスある動きを評価していた馬ですし、抜けた能力があるかはまだ未知でも、初戦からやれるだけの仕上がりにはある。
頭数はやや揃いましたが期待したいですね。
(牧光二調教師)


じろう厩舎2歳馬の幕開けです。
先陣を切るのはミーハディビーナ。スクリーンヒーロー産駒の牝馬。
スピードはありそうなので発馬次第でもしかして!?と淡い期待感を持っています。
調教内容からも恥ずかしい競馬にはならないと思っていますので、どんな競馬をしてくれるのかワクワクです。
でもとにかく無事にレースを終えてくれるのが一番ですが。



6月23日
セレーネワルツ
函館1R 3歳未勝利・混 芝1200m 城戸義政騎手 54kg

16日(日) 函館競馬場 Wコース 60.8-44.1-14.3 単走 馬ナリ
19日(水) 函館競馬場 Wコース 68.8-53.4-40.0-13.5 馬ナリ
当初は先週の出走を予定していたものの、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性があると見なされ競走除外。
検査の結果としては陰性で今週の出走となりました。
まず今回の件に関しましてご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
ご心配もかけたことかと思いますが、一週予定が後ろにずれることによりどうかというと、セレーネワルツにとっては追い切りを重ねられたのはプラスでした。
先週と比べても動きが良い印象です。
今回の鞍上は函館滞在中に稽古をつけていて馬とコンタクトがとれている城戸に依頼しました。
このコースの特性を考えると、やはり上手いことスタートを決めて前目の位置でと指示するつもりです。
(鈴木孝志調教師)


禁止薬物の影響で1週延びました。
相手関係も含めてその辺の影響がどう出るかが不安ですね。
まだ勝ち上がりを意識させてくれるレースを見せてくれてはいないですが、いきなりでもいいんですよ!
そろそろ形にしたいですよね。



posted by じろう at 08:03| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

待望のデビュー【シャルロワ】

阪神5R(2歳新馬・芝1600m) 岩田康騎手

じろう厩舎初のキャロット馬のデビュー、シャルロワが先週日曜日に待望のデビューを迎えました。
ハーツクライ産駒の牝馬で、調教も動いており、メディアでも有力馬として沢山取り上げて頂きました。
そして、当日の人気も1人気と最高の興奮度合いでレースを待つことに。

スタートもまずまず、先行する3頭を見ながらの絶好の4番手を進みます。
直線を向いて、さぁここからどんな脚を使うのかとドキドキして見守るも全く弾けず…( ;∀;)
どういうことだろう?
全く原因がわからない。
期待が大きすぎた為か敗戦のショックが大きすぎて暫くは何もやる気が起きず…
ノルマンディーならデビュー戦5着なら大満足なのに〜

レースを見なおしてみると、最後の直線で少し挟まれる感じがあったので、もしかしたらそれが原因で走る気失ったのかな〜なんて思ったりもしましたが、はっきりとした理由はわかりません。
今のところ、続戦予定みたいなので次こそ本領発揮して欲しいですね。
ハーツクライ産駒ですから、これからドンドンよくなるはず!
期待込めて成長を見守りたいです。

何はともあれ私のキャロットデビュー戦はとてもドキドキさせてくれた1週間となりました。



9日の阪神競馬ではまずまずのスタートからスムーズに好位につけて運ぶ。楽な手応えで直線を向いたように見えたが、追ってからの伸びが案外で5着。「追い切りの動きは良かったですし、レースでも4コーナーまでは楽にいい感じで進めることができていました。あとは直線でどこまで伸びてくれるかと思って期待していたんです。ただ、いざ追い出してからは『あれっ?』という感じで反応してくれなくて…。結果を出せず申し訳ありません」(岩田康騎手)「道中はリラックスして走れていましたし、自分のリズムでいい雰囲気でした。あとは直線どれだけ伸びるかというところだったのですが、追ってからが案外でした。このあたりはやはり初めての実戦ということなのでしょうか…。いい結果を出せず申し訳ありません」(梅田師)追い切りでは終い切れる脚を見せていたので、直線の伸びに期待しましたが、このあたりは馬自身戸惑っていたのかもしれませんし、使いつつということなのでしょう。この後はまずは馬体をよく確認してから検討します。
posted by じろう at 07:32| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする