ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年11月21日

終戦か・・・【メルドオール】

浦和 ・マルチフェア特別(地方交流・ダ1400m)藤田菜七子騎手

外枠の勝ち馬がゲート入りを嫌がりました。
嫌な予感がしました。
その通りの結果になりました。

地方時代以来のダート戦でした。
距離短縮は良い方向に出るかな?と思いましたが、久々に地方の小回りダート1400mは少し忙し過ぎる嫌いはあったのですが、その通りの結果となってしまいました。
まぁその前にゲートで長く待たされた時点でもう終わっていたのかもしれません。
そのゲート入りを嫌がった馬が勝つのですから何とも皮肉な結果となりましたね。

メルドオールは出遅れ、最後方を追走。
道中、何度も菜七子騎手にムチを入れられ、前に行こうとしますが砂を被るのを嫌がった事もあり終始後方のまま直線に入りました。
最後は2頭だけ交わして10着でした。
お疲れ様でした。
この結果を受けて引退となるでしょう。
もうメルドオールは充分頑張って走りました。もういいのではないでしょうか?
諦めたくない気持ちもありますが、勝てるイメージがわきません!

クラブの判断を待ちましょう!



★11/21(火)浦和 ・マルチフェア特別(地方交流・ダ1400m)藤田菜七子騎手 結果10着

「神経質な面があって、ゲートを特に注意するように指示されていました。外枠の馬がなかなか入ってくれず中で待たされため用心していましたが、テンションが上がることはありませんでしたね。ただ、久しぶりのダートの実戦で、砂を被ると嫌がって突っ張ってしまって…。向正面でようやく本来の走りを取り戻した感がありましたが、時すでに遅しでした。ダートも距離もこの小回りコースも苦にはしないと思いますが、返し馬ができなかったように、当日の落ち着きが結果を大きく左右しますね」(藤田菜七子騎手)

posted by じろう at 21:49| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

今週の出走馬11/21

11月21日
メルドオール
浦和 ・マルチフェア特別(地方交流・ダ1400m)藤田菜七子騎手

15日(水) Cコース 55.0-40.8-13.9 単走 馬ナリ
今週(18・19日)の福島開催での出走という選択肢もあったなかで、浦和の地方交流戦に決めさせていただきました。
昨年3月の園田以来のダートでの実戦という不安がないと言えば嘘になりますが、ここをキッカケに変わり身を求めたいというのが本心です。
地元の登録馬には骨っぽいメンバーがいるものの、中央勢は手薄。
鞍上は減量を生かせる藤田騎手。
明日、最終追い切りをおこなう予定にしており、精度を高めた仕上げで臨めるでしょう。
(加藤和宏調教師)


久々のダート戦になりました。
どう出るかは走ってみないとわかりませんが、ここ最近の凡走をみていると何かきっかけというかショックを与えないと変わらない気がします。
ここは楽しみな一戦となりそうです。何かきっかけを掴んで欲しいですね。
早く中央初勝利を見たいですね。
そろそろ期限が迫って来ています。勝利をお願いします。
任せたぞ!菜七子騎手!

posted by じろう at 23:16| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬成績11/19

2017年11月19日現在
2017年成績
88戦10勝(10−5−4−4−9−6−8−7−35)
勝率 .113
連対率 .170
複勝率 .215
掲示板率 .363
入着率 .602


総合成績
220戦24勝(24−19−19−9−14−16−14−14−91)
勝率 .109
連対率 .195
複勝率 .281
掲示板率 .386
入着率 .586


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 10−5−4−4−9−6−8−7−35

【世代別】
2011年産(2頭)5−3−4−2−3−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−11−4−3−9−7−7−25
2013年産(4頭)4−3−1−1−2−5−2−2−34
2014年産(8頭)6−7−3−2−5−2−4−4−16
2015年産(6頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
5−3−4−2−3−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−3−2−2−3−3−4−7
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−4−3−12
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−1−1−3−0−0−2
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−1−1−1−1−9
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−3−3−0−2−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−1−0−0−0−1−1−2−6
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
1−1−0−1−3−1−2−1−2
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−2
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
フライオールデイズ(リンダムーン15)牡2
0−0−0−0−0−1−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ビターレ(アイアンアタック14)引退
0−0−0−0−0−0−0−1−3
クリプトスコード(クラックコード13)引退
2−3−0−1−0−3−1−1−8
マグレブ(フサイチリニモ13)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−11

【性別】
牡・騙馬(19頭)19−15−18−8−12−12−11−11−68
牝馬(5頭)5−4−1−1−1−5−3−4−23

【生産別】
内国産(23頭)24−19−19−9−12−16−14−14−84
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)14−9−10−6−7−8−10−7−59
その他牧場産(12頭)10−10−9−3−6−9−4−7−32

【毛色別】
鹿毛(10頭)11−8−11−5−7−11−9−9−49
黒鹿毛(6頭)3−3−4−0−3−2−1−1−11
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)10−8−4−4−3−4−4−4−31
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(17頭)20−14−14−7−5−13−10−11−62
栗東(11頭)4−5−5−2−8−4−4−3−29

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−5−1−4−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)5−3−4−2−3−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−6−3−1−1−4−1−2−8
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
中竹和也厩舎(1頭)1−1−0−1−3−1−2−1−2
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−2
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−8
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−1−0−1−1−4
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0
加藤和宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)7−3−5−2−4−1−2−2−40
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−1−0−3
スペシャルウイーク(3頭)3−4−8−1−2−4−4−3−12
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
ステイゴールド(1頭)0−0−3−2−2−3−3−4−7
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−1−1−3−0−0−2
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−2−6
ショウナンカンプ(1頭)1−1−0−1−3−1−2−1−2
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−2
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−10−3−2−1−7−2−3−18
1000〜1400万(6頭) 5−3−6−2−4−5−7−5−40
1401〜1800万(7頭) 5−3−7−5−5−4−5−6−26
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−3−3−0−2−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 10−7−14−5−7−10−12−11−59
ダート 14−12−5−4−6−7−2−3−30

【距離別】
1000〜1300m 9−7−3−3−5−5−6−5−26
1301〜1899m 14−10−13−6−6−9−6−7−50
1900〜2100m 1−1−2−0−1−1−1−1−8
2101〜2700m 0−1−1−0−1−2−1−1−5
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 23:07| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内枠が・・・【ブラゾンドゥリス】

福島11R 福島民友カップ ダ1700m 丹内祐次騎手

昨年と同様に武蔵野S惨敗後の連闘での福島民友カップ挑戦です。
昨年は2着惜敗。
この先のレースに出るためにも賞金加算が目的。2着ではダメなんです!1着でないと!

そんな負けられない1戦でしたが、内枠が当たりました。
ここは押してでも前に行ってポジションを取らなければいけません。しかし、前走の行きっぷりを見ていると馬が走る気のないような感じを受け、少し不安なままレースを見守りました。

スタートはまずまずも外から被さられ、内に閉じ込められます。
道中砂を被り、頭を少し上げるそぶりも見せるも後退するようなことはありません。
しかし、いつものように3コーナーから4コーナーにかけてジョッキーの手が激しく動きます。
不安な気持ちで見守りますが、直線で前が開くとそこからジワジワと伸びてきますが、4着が精いっぱい。
今年も賞金加算に失敗しました。
今後のレース選択が厳しくなりましたが、馬はいつも一生懸命走ってくれているので満足です。



★11/19(日)福島・福島民友カップ(ダ1700m)丹内祐次騎手 結果4着

「普段は口向きなど問題なく乗りやすい馬ですが、砂を被るとやや右へモタれてしまい、今日も向正面から3コーナー過ぎまでは苦しがって手応えが怪しくなりました。それでも直線スペースが空くとまた反応してくれて、脚を使ってくれている。58kgだとテンのダッシュ力もいつもより鈍りますし、斤量と枠に泣いた感じです」(丹内祐次騎手)

posted by じろう at 22:42| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕上り途上【シシオウ】

京都7R 3歳上500万下 芝2400m 川田将雅騎手

口取りの権利を持って現地観戦して参りました。
結果はご存じの通り、惨敗でした。
4コーナー手前から後退を始めます。完全に仕上がり途上ですね。まぁ長期休養明けだから仕方ない面もありますが、期待度からここも好走!と意気込んでいましたが、もう少し時間がかかりそうです。
あの下がりっぷりは2歳馬のレースを見ているようでした。
ゆくゆくは上で走ってもらわなければと思っているので、次走以降巻き返して欲しいですね。
まずはレース後無事であることを祈ります。



★11/19(日)京都・3歳上500万下(芝2400m)川田将雅騎手 結果14着

「最初のコーナーからトモが流れてしまったし、道中もフラフラして外へ逃げる素振りを見せていた。距離が長いのもあるんだろうけど、今日は結果的に久々で息ができていなかった印象ですね。最後は完全にスタミナ切れでした。スタートのセンスが良く、気持ちも前向きな馬。全体的に緩さを残し、中身がまだまだ出来ていませんが、これから変わってくると思います」(川田将雅騎手)

posted by じろう at 22:28| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする