ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年01月16日

愛馬近況【4歳馬】1/14・15

【グランノーヴァ】
更新日:1/14
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

8日(金) E(ダート)コース 14.3-14.5-14.1-14.4-14.4 ゲートから馬なりに追い切り。
先週、今週とゲート練習に通って覆面を使用し、今朝ゲート試験に合格。
少しでも後肢に何かが触れると異常な反応をすることが分かったし、まずは一安心です。
長めから追い切っていないのでハッキリとしたことは言えないが、1回中京開催の最終週(1/30〜31)に向けて仕上げていく予定。
スピードもありそうで、その素質を高く評価され、期待されていたことが分かる。
芝かダートのどちらで復帰させるか迷うが、進めていった感触で判断したい。
(武田博調教師)


どうにかゲート試験は合格出来たようで良かったです。
早速中央復帰戦ですが、芝かダートかはまだ決めかねているようですが、どちらでも構いませんが一度芝の走りも見てみたいですね。
復帰初戦はあまり期待しないで楽な気持ちで応援したいと思います。


【ジャストフォーユー】
更新日:1/15
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:466kg

現在は角馬場で長めに乗った後にダートコース2400mを普通キャンター(上限15秒ペース)で調整中。
先週末からは15-15もこなしているが、ペースアップにも問題なく対応できているのでこの調子で乗り進めていきたいと思う。
本日来場した栗田徹調教師は『もうひとつ体が増えてきませんが、毛ヅヤや張りは良いですね。1回小倉開催(2/13〜)に向けて来週もしくは再来週には帰厩させる予定です』と話していた。
週末にもう一段階(13秒ペース)ペースアップして速めを消化する予定。
(担当者)


初勝利を挙げた小倉開催での出走予定です。続く500万でも3着とその時点ではもう少しやれるかと思いましたが、すっかり壁にぶち当たった感じです。
この壁をぶち破る事が出来るのかこのまま沈むのか、勝負の年となりそうです。
どの条件で出走するのか先生の判断はいかに!?


【ブラゾンドゥリス】
更新日:1/14
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

松風馬事センターで順調に調整され、1/10(日)に美浦に帰厩。

14日(木) 坂路コース 59.9-44.6-29.8-14.9 単走 馬ナリに追い切り。
今ではスクむこともないし、良い状態で戻ってきてくれた。
中京開催の最終週に適鞍があるのでそこが一つの目標と考えているが、思うような乗り役を確保できるかどうか微妙な状況だし、少々時間が足りないかなという気もしている。
その後には得意の東京開催も控えているので、馬の状態を第一に判断するつもり。
上でも戦っていけるだけの力は持っていると思うし、まずは良い状態でレースに向かえるように態勢を整えていく。
(尾形和幸調教師)


私の個人的な思いは東京開催希望ですね。
東京なら主戦の内田騎手が乗ってくれるでしょうし、無理に中京でなくてもと思います。
しかし、中京開催の魅力は特別戦で賞金が高い事と、現地観戦が出来る可能性があることです。
一度は生ブラゾンを見てみたい。
1000万も難なく突破出来るものと思っていますので、いきなりから期待です!

posted by じろう at 17:14| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【5歳馬】1/15

【アペルトゥーラ】
更新日:1/15
在厩先:松風馬事センター
馬体重:517kg

現在は角馬場で長めを乗った後に本馬場でキャンター1600mを2セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整中。
この中間から15秒ペースの時計消化を週2回に増やした。
到着当初は苛立ちが目立っていたものの、こちらでいいガス抜きができたようで今は調教にも落ち着いて臨めている。
心身ともに良い状態で前肢に硬さも見られないので、次戦は期待できるのではないでしょうか。
国枝調教師は『1回小倉開催(2/13〜)を使う予定で帰厩させるつもりです』と話されている。
(担当者)


調子が上がってきたようですね。これならコメントにあるように初戦から期待して良さそうですね。
今年の初戦を是非とも勝利で迎えられるといいなぁと思います。
アペルにとって小倉は初参戦ですね。

posted by じろう at 16:26| Comment(0) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

暇だ・・・。

タイトルの『暇』。
仕事は昨年から今年に入っても大忙しである。
この3連休も家の用事や家族サービスやらで忙しく動いている。

では何が『暇』なのか?
そうです!出資馬のレースが昨年末からないのです。
これは暇というよりも苦痛にさえ思えてきてしまうほど、週末の一大行事となってしまっていた愛馬のレース。もう病気ですね。
この病気に効く特効薬はただ1つ!

愛馬を増やそう!

posted by じろう at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

馬名応募完了!

今ほど、今年もノルマンディーOCの馬名に応募完了致しました。
現在の14年産の出資馬は3頭なので、3頭分応募しました。自信の程は…

わかりません(笑)

昨年は、最終候補に残り、皆さんの投票のおかげで1位を獲得出来ましたが、痛恨の(私の)ミスで審査通らず…。
今年こそはと意気込んで考えてみましたが、これは!と思う名前は既に使われているものが多く、苦戦しました。自信の程はわかりませんが、何とか3頭共に応募を済ませる事が出来ました。

○キョウエイトルースの14
父・母名からの連想はせず、兄との繋がりでの命名となりました。

○クイーンナイサーの14
父・母名からの連想としました。単純と言えば単純な…。

○フレンチミステリーの14
母名からの連想としました。まさかの猫の名前です。
『タマ』とかではありません(笑)

果たして、最終候補に残れるのか!
まずはスタッフの方の心を掴むことが出来るのか!
仮に最終候補に残れて、会員さんの心を掴むことが出来るのか!

待ちましょう(笑)

最終的には選ばれずとも素敵な名前であればそれでいいのですけど、一度くらい命名者になってみたいものです。
そういえば応募した3頭共満口馬なので、倍率は高いの忘れていました(汗)

無理だな。

posted by じろう at 22:47| Comment(2) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

愛馬近況【3歳馬】1/7・8

【マグレブ】
更新日:1/8
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:-

現在は周回キャンター3000m(上限17〜18秒ペース)、ハロン17秒ペースで坂路1本のメニューで調整。
時計消化を順調におこなえていて、週に2回は15秒を切るペースで坂路を上がっている。
距離に関しては何とも言えない面があるが、芝だけでなくダートでもやれそうなパワーは感じる。
この中間は煩さが出てきて、馬場入りをゴネてみたり、前回お預かりした際には見られなかった自我みたいなものを主張し出した。
馬体重が示す通りここにきて一層、馬体は逞しく成長している。
(担当者)


?馬体重が示す通りとありますが、馬体重の記載がないのでわかりませんね(笑)
少し煩さが出てきたようですが、これがいい方向に向かえばいいのですが。
早く実力を発揮して欲しいですね〜。早めの勝ち上がりを期待していますが、復帰戦はどの距離を試すのでしょうか?まずは勝ち上がりを期待です!


【クリプトスコード】
更新日:1/8
在厩先:松風馬事センター
馬体重:492kg

現在は角馬場で軽めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整。
毛足は長くなってきたが、前走後に見せた肝機能の低下は払拭された。
ペースアップしていっても飼い葉を完食してくれているし、内臓面の疲れが抜けて動きの方も軌道に乗ってきた印象を受ける。
田島調教教師は『1回東京開催(1/30〜)を目標に置いて、来週もしくは再来週には帰厩させる予定』と話していた。
(担当者)

勝ち上がりまでもう少しのところまで来ているので、いきなりから決めてもらいましょう。
牝馬限定戦であればかなり期待できると思うので、楽しみに今年初戦を迎えたいですね。
お願いします。


【リルティングインク】
更新日:1/7
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

グリーンウッドトレーニングで順調に調整され、1/4(月)に栗東・高野友和厩舎に入厩。

入厩が年明けにずれ込んでしまい大変申し訳ありませんでした。
無事に今週から預からせていただいているが、いまのところこれといった問題点はない。
とにかく従順で扱いやすく、丹念に手を掛けて育成されてきたことが分かる。
少し枠入りでソワソワするものの、ゲートも一発合格できるレベルに達しているので、近日中には受験する予定。
飼い葉もしっかり食べてくれているが、まだ全体的に非力な面を残しているので、そのあたりは鍛錬しながら改善していきましょう。
(高野友和調教師)


はい。待っていました(笑)
気性は従順で扱いやすいようで安心しました。牝馬なので気性が従順なのはいいですね。
まだ非力とのことなので、しっかり鍛えてもらいたいですね。デビューは2月末くらいですかね。


【ゴルディオン】
更新日:1/7
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

1月3日(日) 坂路コース 56.7-41.4-27.2-13.4 単走 馬ナリに追われ、
6日(水) 坂路コース 55.5-41.0-26.7-13.4 単走 馬ナリに追い切り。
まだ速めをビッシリとは追い切っていないが、ここまで時計になる本数は乗り込んでいるので体力的にはレースに向かう態勢が整いつつある。
動きを見る限り、やはり半兄ベストウォーリアや半姉フォンタネットポーが結果を出しているダート短距離戦を最も得意としそうなタイプに映るものの、前向きな気性でフットワークやトモの使い方からは芝も決してこなせない印象は受けない。
テンから無理せずともスッと先行できるようなスピードを持ち合わせている印象。
将来性も含めて路線を決めていく上で、デビュー戦に関しては今のところ1/24(日)京都・3歳新馬(芝1600m・混)をミルコ(M.デムーロ騎手)で行ってみようと考えている。
来週あたりに一度、芝コースでキャンターをおこなって最終的に判断するつもり。
(宮徹調教師)


超期待馬のゴルディオンですが、デビュー戦が昨日も書いたように芝のレースとなりそうです。
出来ればダートが良かったのですが、先生の判断を信じます!
それにしても鞍上は最高に魅力的ですね。ここで好走出来れば選択肢が広がる訳ですが、個人的には広がらずともダートオンリーで充分なのですよね〜
先生の判断を信じると言ったのでもう止めておきますが(笑)
デビュー戦は楽しみです♪

posted by じろう at 23:19| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする