ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年04月13日

お疲れさまでした。

本日、ノルマンディーOCのシュヴァリエが引退となりました。

出資馬ではありませんでしたが、今年に入り、500万下、1000万下と2勝し賞金トップに躍り出る活躍でこれからという時に残念ながら鼻出血となり、協議の結果引退が決まりました。
しかし、引退後は無事繁殖として牧場に戻る事が決まり良かったと思います。

ノルマンディー所属馬としては繁殖第1号ではないでしょうか。
子供がクラブに出てくるかは未定ですが、出資者ならずともとても楽しみですね。
こういうのも一口の楽しみ方の一つですよね。
初年度は何をつけるのでしょうか?
サンデー系でしょうね。
今年の種付けでも間に合うのでしょうが、出来れば1年休んで疲れを取り、繁殖としての身体づくりをしてからの種付けをお願いしたいです。

他のクラブでは母親優先制度がありますが、現時点のノルマンディーでは優先にしてもそこまでの売れ行きではありませんから余りメリットがないような…。
そこで提案ですが、母親の出資者がその仔に出資した時は10%OFFにするというのはどうでしょう?
そんな制度は他のクラブにも既にあるのかな?
私はノルマンディーのみなのでわかりませんが、そんな制度もありではないでしょうかね〜
スタッフの方検討お願いします。


何はともあれお疲れさまでした。

posted by じろう at 22:25| Comment(2) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

無意味な選択肢

『素敵な選TAXI』というドラマがあった。
主演は竹野内豊さんで、「選TAXI(せんタクシー)」の運転手。毎回ゲストの主人公が乗客役で、その乗客が望む過去まで連れていくことができるドラマ。

タイトルの『選TAXI』は「選択肢」と「タクシー」をかけた言葉。

調べていて知ったのですが、脚本はバカリズムさんだったのですね。
つい先日にはスペシャル版も放送されていました。
私は録画しましたが、まだ見ておりません。

さて、なぜ『素敵な選TAXI』というドラマの紹介から始まったのかというと、このドラマのように過去に戻れて、出資馬を選べるとしたらどの馬を選ぶのだろうか?とふと考えたからです。
何とも身のない話ですが、最後までお付き合い下さい(笑)

現在の私の出資馬は

現5歳(2頭)
アペルトゥーラ
ゾネブルム

現4歳(4頭)
メルドオール
グランノーヴァ
ジャストフォーユー
ブラゾンドゥリス

現3歳(4頭)
マグレブ
クリプトスコード
リルティングインク
ゴルディオン

現2歳(4頭)
アナザートゥルース
ブラックジェイド
キャラメルフレンチ
ヒノアカツキ

の計14頭ですが、2歳馬はまだデビューを迎えておらず、選んだ馬に後悔もないので現3歳以上の10頭を対象とします。

まずは現5歳世代から。ここは同じく2頭として、何を選ぶのか・・・。

1頭目は
・アペルトゥーラ
やはり思い入れがあり、選び直せたとしてもこの馬を選ぶと思います。
2頭目は
・シュヴァリエ
理由は単純に数も走っており、稼いでいるから。
サビーナクレスタでも楽しめそうだなと思ったが、40口なので流石にその後の活躍がわかっていたとしてもその当時に35万のお金は用意出来ないので却下。

続いては、現4歳世代です。ここは4頭選べますね。

1頭目は
・ブラゾンドゥリス
当然ですよね。出資馬でもありますし、値段や活躍から不満はありません。

2頭目は
・ウォリアーズソウル
選び直せるなら選びたいですね。持っていれば相当楽しめそうです。

3頭目は
・ビスカリア
これもシュヴァリエの時と同じ考えです。稼いでいるから。

4頭目は
・ジャストフォーユー
ルグランパントルと悩みましたが、毎度大逃げであのドキドキ感はそれはそれで楽しめているので、現時点ではルグランパントルの方が稼いでいますがジャストフォーユーにします。

最後は3歳世代です。ここも4頭。
まだ戦績が浅いので、難しいですね。

1頭目は
・リルティングインク
私に初のデビュー勝ちをプレゼントしてくれた馬で、まだまだ可能性を秘めた馬ですから。
迷わず選ぶと思います。

2頭目は
・オルレアンローズ
高額牝馬で実際の出資では躊躇しましたが、出資金以上は稼いでくれそうな感じで今なら出資するでしょう。

3頭目は
・マグレブ
これまでの成績を見れば失敗といえるかもしれませんが、あの調教内容には可能性を感じさせます。
走る気になってさえくれればかなりのポテンシャルがあるのでは?と期待して。

4頭目は
・カルヴァリオ
出資馬のクリプトスコードと悩みましたが、上でも戦えそうなところからこちらを選択。
クリプトスコードも数走ってくれているので、それなりに楽しめているのですが。


・アペルトゥーラ(出資馬)
・シュヴァリエ
・ブラゾンドゥリス(出資馬)
・ウォリアーズソウル
・ビスカリア
・ジャストフォーユー(出資馬)
・リルティングインク(出資馬)
・オルレアンローズ
・マグレブ(出資馬)
・カルヴァリオ

以上の10頭となりました。
出資馬が半数の5頭を占めましたので、まぁまぁ納得の結果と思えばいいのか、半分は選び直したい馬であったという事なので、半分失敗なのかな。

ここで実際の成績と、選TAXIに乗って過去に戻り選び直した仮想出資馬達の成績を比べてみましょう!

【実際の成績】
75戦 7勝  総獲得賞金 8,538万円 平均募集価格1,420万円
【仮想の成績】
105戦17勝  総獲得賞金18,644万円 平均募集価格1,390万円

募集価格に差はありませんが、さすがの成績の差ですね〜
ここまで書いてきて、こんな事して何の意味があるのかとむなしくなって来ました。

しかし、ノルマンディーでも選ぶ馬を間違えなければ、これだけの成績を残せるということですね。
これなら維持費を含めてもプラスなのかな?

皆さんならどの馬を選ぶでしょうか?
くだらない企画に最後までお付き合い頂きありがとうございました。




posted by じろう at 05:54| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

愛馬成績4/9

2016年4月9日現在
2016年成績
15戦3勝(3−0−1−1−0−3−0−1−6)
勝率 .200
連対率 .200
複勝率 .266
掲示板率 .333
入着率 .600


総合成績
75戦7勝(7−8−10−3−3−6−4−4−30)
勝率 .093
連対率 .200
複勝率 .333
掲示板率 .413
入着率 .600


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 3−0−1−1−0−3−0−1−6

【世代別】
2011年産(2頭)2−2−3−1−1−0−0−1−12
2012年産(4頭)4−3−7−1−2−2−3−2−12
2013年産(4頭)1−3−0−1−0−3−1−1−6
2014年産(4頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡5
2−2−3−1−1−0−0−1−6
メルドオール(サルガソシー12)牡4
0−0−2−1−2−0−2−0−2
グランノーヴァ(スプリングボード12)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡4
1−1−3−0−0−1−1−2−6
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡4
3−2−2−0−0−2−0−0−0
マグレブ(フサイチリニモ13)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−3
クリプトスコード(クラックコード13)牝3
0−3−0−1−0−2−1−1−1
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝3
1−0−0−0−0−1−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−2
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6

【性別】
牡馬(11頭)6−4−10−2−3−3−3−3−29
牝馬(3頭)1−3−0−1−0−3−1−1−1

【生産別】
内国産(13頭)7−8−10−3−3−6−4−4−28
外国産(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2

【牧場別】
岡田スタッド産(8頭)4−6−6−2−1−4−2−4−20
その他牧場産(6頭)3−2−4−1−2−2−2−0−10

【毛色別】
鹿毛(6頭)4−3−7−1−2−3−3−2−19
黒鹿毛(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−0
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(6頭)2−5−3−2−1−2−1−2−11
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(9頭)6−8−8−2−1−5−2−4−22
栗東(5頭)1−0−2−1−2−1−2−0−8

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)0−0−2−1−2−0−2−0−2
国枝栄厩舎(2頭)2−2−3−1−1−0−0−1−9
尾形和幸厩舎(2頭)3−2−2−0−0−2−0−0−0
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)1−1−3−0−0−1−1−2−6
安田隆行厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−3
田島俊明厩舎(1頭)0−3−0−1−0−2−1−1−1
高野友和厩舎(1頭)1−0−0−0−0−1−0−0−0
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−2−3−1−1−1−0−1−19
スペシャルウイーク(2頭)1−1−3−0−0−1−1−2−6
アイルハヴアナザー(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−2−1−2−0−2−0−2
ノボジャック(1頭)3−2−2−0−0−2−0−0−0
ロージズインメイ(1頭)0−3−0−1−0−2−1−1−1
タイキシャトル(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2

【価格別】
〜999万(3頭)    3−5−2−1−0−4−1−1−1
1000〜1400万(4頭) 2−1−3−0−0−2−1−2−15
1401〜1800万(4頭) 2−2−5−2−3−0−2−1−12 
1801〜2200万(0頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−0−0−0−0−2

【馬場別】
芝 3−2−8−2−3−2−4−3−21
ダート 4−6−2−1−0−4−0−1−9

【距離別】
1000〜1300m 1−4−1−1−0−2−0−0−1
1301〜1899m 6−4−8−2−3−2−3−4−24
1900〜2100m 0−0−1−0−0−1−1−0−2
2101〜2700m 0−0−0−0−0−0−0−0−1
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 05:55| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

権利確保!【クリプトスコード】

昨日、中山ダ1200mの未勝利戦に出走したクリプトスコードでしたが、最低限の仕事である掲示板を確保してくれました。

レースはスタートがいまいちでしたが、二の脚の速さで先頭に立ちます。
そのまま直線を向きますが、最後は力尽きてハナ差の4着でした。
石川騎手も最後まで必死に追ってくれていました。ありがとうございます。

やはり、最後の坂はこの馬には堪えるようですね。
先生の思惑通り、権利を取れたのでこの後は福島の牝馬限定戦に必勝を期して向かうものと思われます。

次走で10戦目。
初勝利目指して仕上げて欲しいですね。目標とするレースに向けて仕上げる事が出来るのは大きいですね。
後は相手関係だけですね。


★4/9(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m)石川裕紀人騎手 結果4着

「前走に比べて雰囲気が良かったですね。せっかくの最内枠ですし、ハナにこだわりました。他馬に比べて一完歩遅れてしまいましたが、芝の走りも問題なく、すっとスピードに乗れました。渋太さを生かすために、いかに前半をリズム良く運ぶかだけを心掛けていました。道中でスピードを落としてある程度脚を溜めましたが、最後で止まってしまったはやはりこの坂でしょうね。ゲート内で少しうるさくなってきたのが気掛かりですが、優先出走権が取れて良かったです」(石川裕紀人騎手)


posted by じろう at 12:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

愛馬近況【3歳馬】4/7・8

【マグレブ】
更新日:4/8
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

3日(日) 坂路コース 55.9-41.5-27.2-13.3 馬ナリ 追われ、
6日(水) 坂路コース 54.1-39.6-25.4-12.5 単走 馬ナリに追い切り。
息遣いも含めて動きは問題なかったし、目標としていたレースに向けて出走態勢は整ったのだが、出馬状況から今週は出走できる見込みが無かったため投票を見送った。
もともと稽古ではOP級の動きを見せるし、休養前と比べて馬体面など特に変わった印象は受けないが、今回は雰囲気がいいですね。
体調面も良さそうに映るので、来週こそ何とか出走させたいところ。
次走は4/16(土)阪神・3歳未勝利(芝1800m)を予定している。
(安田隆行調教師)


少し明るい兆しが見えて来たでしょうか。
今週のレースには残念ながら出走出来ませんでしたが、来週は何とか出走出来るといいなと思います。
鞍上は誰かな?
不安8割楽しみ2割でしょうか・・・。


【クリプトスコード】
更新日:4/7
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

☆4/9(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m)石川裕紀人騎手

3日(日) Wコース 58.6-43.3-14.0 単走 馬ナリに追われ、
6日(水) Wコース 53.5-39.8-13.1 馬なり 追い切り。
稽古をびっちりやるタイプではないし、一度使ってる馬なので半マイルから追い切り。
動き自体は満足いくものだったが、昨日の追い切り後、一時的にすくみが見られた。
しかし、すぐに症状は改善され、獣医にも診てもらったが、問題ありませんでしたので今週出走させることにした。
好走歴のある福島が望ましいが、現状3節では難しいのは明白なので権利を取って福島を使うことも視野に入れている。
もちろん今週結果を出せることがベストですので石川騎手には積極的にガシガシ行くように指示し、前々で粘り込む自分の形に持っていきたい。
(田島俊明調教師)


中山での出走となりました。正直中山は合わないような気がしますが、出られる条件を狙っての挑戦でしょうから先生の判断を尊重します。
勝てるにこしたことはありませんが、最低でも掲示板を確保し、優先権を持って牝馬限定戦を狙い撃ちして欲しいですね。
枠も最内枠となりました。中山1200戦は外枠が有利ですが、中山の2戦を見る限り、芝のスタートがあまり良くない可能性があるので、今回はこの枠で正解かもしれません。
いいレースを期待します。


【リルティングインク】
更新日:4/8
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:446kg

現在は周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周(上限18秒ペース)、坂路1本(17〜18秒ペース)のメニューで調整。
15-15の時計消化をコンスタントに行っているため、馬体重は横ばいでも体つきは細く映らない。
まだトモに緩さを残しているが、速めに行けばぐっと沈み込むフォームで推進力に長けた走りを見せる。
OPクラスの強者相手でもやれる印象を受けるし、オークスTRでどんな結果になるのか今から楽しみにしている。
高野調教師から連絡が入り、明日9日(土)の検疫で帰厩することになった。
(担当者)


おぉ評価が高いですね〜
期待していいのでしょうか?オークスTRが楽しみになってきましたね。
まずは出走出来るのか?ですが、楽しみに待つことにします。あまり期待しすぎても良くないのでほどほどにしておきます。


【ゴルディオン】
更新日:4/8
在厩先:グリーンファーム
馬体重:-

現在は全長600mの坂路をダク1本、キャンター3本(上限20秒ペース)のメニューで調整中。
先週末に15-15の時計消化を行った後、右肩の出がゴトゴトし始めたため今週は少しペースを緩めている。
獣医師による診断から筋肉疲労によるコズミと見られ、今はもう治まっているので、またすぐにペースを上げていけるだろう。
ここにきてようやく自分からハミを取って走るようになってきているし、雰囲気なんかもさすがに血統馬といった感じを醸し出しているから、これからまだ変わってくるはず。
宮調教師からは『進めていって問題がなければ、来週または再来週の前半には帰厩させるつもりです』と連絡を受けている。
(担当者)


少し前進でしょうか。
良血馬の雰囲気は醸し出しているようなので軌道にさえ乗れればやってくれるものと信じています。
慌てずその時を待ちたいと思います。

posted by じろう at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする