ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年05月28日

愛馬近況【5歳馬】5/27

【アペルトゥーラ】
更新日:5/27
在厩先:松風馬事センター
馬体重:-

この後はトレセン近郊の茨城県・松風馬事センターで調整することになり、25日(水)に移動しました。

ゲート内で潜ろうとする仕草を見せたが、スタートをポンと出れて好位からスムーズな競馬はできたと思う。
4角で並びかけに行った際、勝ち馬にスッと離されてしまったし、今回は相手が一枚上だった。
左回りの東京で勝ってはいるものの、走り方を見ているとどうも右回りの方がスムーズに映る。
また、広いコースでパンパンの良馬場というよりは、小回りコースで時計のかかる馬場向きな印象もある。
そのため、次走は1回函館開催(6/18〜)で使えればと考えている。
レース後はいつも通りテンションが高まっており、右前も少しゴトゴトしているため一旦、近郊に短期で出させてもらいました。
(国枝栄調教師)


国枝先生と見解が一致しました。
次走は、
6/18 函館11R HTB杯(3歳以上1,000万円以下) 1,200 (芝) 定量
でお願いします。

小回りコースの時計がかかる馬場で、道中2,3番手に付けて、直線で先頭に立ち、どこまで粘れるかというレース展開がアペルトゥーラには合っている気がします。
滞在競馬もいいでしょう!

次走も好走を期待します。が、吉田隼人騎手は函館まで乗りに来てくれるのでしょうか?
posted by じろう at 17:15| Comment(0) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

HBAトレーニングセール結果【ノルマンディー関連】

2016年度HBAトレーニングセールが本日、競りが行われ、我がノルマンディーが2頭落札しましたのでお知らせ致します。

1頭目
アイアンアタック2014
アイアンアタック2014.jpg

父:シニスターミニスター
母父:キングヘイロー
落札金額:11,880,000円

鹿毛
2014/04/21生

体高:159cm
胸囲:180cm
管囲:20.0cm
馬体重:430kg
販売希望価格:500万円

公開調教タイム
当日2F:11.60
当日1F:11.22
騎乗者:荻野 琢真
斤量:58kg


2頭目
チャランダの2014
チャランダの2014.jpg

父:パーソナルラッシュ
母父:シアトルダンサーU
落札金額:7,668,000円

鹿毛
2014/05/16生

体高:160cm
胸囲:182cm
管囲:20.0cm
馬体重:470kg
販売希望価格:350万円

公開調教タイム
当日2F:11.92
当日1F:10.90
騎乗者:岩橋 勇二
斤量:51kg


最初、速報でノルマンディーが落札した情報を見た時、おっ!?シニスターミニスターだ!
興味有り!と思ったが落札価格を見た瞬間興味が薄れ、母アイアンアタックの繁殖成績を見て興味なし!
となりました。

が!

先程、調教動画と馬体写真を見て、興味復活⤴
毛色は鹿毛となっているが漆黒の馬体に見え、調教も鋭く伸びていた。

気になるのは、繁殖成績と若干馬体重が軽いかな〜
後、落札金額が高いなぁ〜
ですね。
これが1,000万未満での募集なら飛びついたかもしれませんが、どうでしょうか。
まぁまだ募集されるかはわかりませんが。


もう1頭もダート馬として興味ありだが、写真が映えないのと、調教での騎乗者の体重を比較するとアイアンアタック2014の方が現時点では興味ありかな。

posted by じろう at 22:31| Comment(2) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

愛馬成績5/21

※シシオウの情報を追加しました。

2016年5月21日現在
2016年成績
25戦4勝(4−2−2−1−1−4−0−2−9)
勝率 .160
連対率 .240
複勝率 .320
掲示板率 .400
入着率 .640


総合成績
85戦8勝(8−10−11−3−4−7−4−5−33)
勝率 .094
連対率 .211
複勝率 .341
掲示板率 .423
入着率 .611


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 4−2−2−1−1−4−0−2−9

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−0−1−12
2012年産(4頭)4−4−7−1−2−3−3−3−12
2013年産(4頭)2−3−0−1−1−3−1−1−9
2014年産(6頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡5
2−3−4−1−1−0−0−1−6
メルドオール(サルガソシー12)牡4
0−0−2−1−2−1−2−0−2
グランノーヴァ(スプリングボード12)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡4
1−1−3−0−0−1−1−3−6
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡4
3−3−2−0−0−2−0−0−0
マグレブ(フサイチリニモ13)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−4
クリプトスコード(クラックコード13)牝3
1−3−0−1−0−2−1−1−1
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝3
1−0−0−0−0−1−0−0−2
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)牡3
0−0−0−0−1−0−0−0−2
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
シシオウ(イシノショウジ14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(13頭)6−6−11−2−4−4−3−4−30
牝馬(3頭)2−3−0−1−0−3−1−1−3

【生産別】
内国産(14頭)8−10−11−3−3−7−4−5−31
外国産(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−2

【牧場別】
岡田スタッド産(9頭)5−7−7−2−1−4−2−5−23
その他牧場産(6頭)3−3−4−1−3−3−2−0−10

【毛色別】
鹿毛(8頭)4−4−7−1−3−4−3−3−20
黒鹿毛(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−2
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(6頭)3−6−4−2−1−2−1−2−11
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(9頭)7−10−8−2−1−5−2−5−22
栗東(8頭)1−0−2−1−3−2−2−0−10

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)0−0−2−1−2−1−2−0−2
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−0−1−9
尾形和幸厩舎(2頭)3−3−2−0−0−2−0−0−0
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)1−1−3−0−0−1−1−3−6
安田隆行厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
田島俊明厩舎(1頭)1−3−0−1−0−2−1−1−1
高野友和厩舎(1頭)1−0−0−0−0−1−0−0−2
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−2
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
中竹和也厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
斉藤崇史厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−3−4−1−1−1−0−1−22
スペシャルウイーク(2頭)1−1−3−0−0−1−1−3−6
アイルハヴアナザー(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−2−1−2−1−2−0−2
ノボジャック(1頭)3−3−2−0−0−2−0−0−0
ロージズインメイ(1頭)1−3−0−1−0−2−1−1−1
タイキシャトル(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ショウナンカンプ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−2

【価格別】
〜999万(4頭)    4−6−2−1−0−4−1−1−1
1000〜1400万(5頭) 2−1−3−0−0−2−1−3−17
1401〜1800万(4頭) 2−3−5−2−3−1−2−1−12 
1801〜2200万(0頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−0−0−0−2

【馬場別】
芝 3−3−9−2−4−3−4−4−24
ダート 5−7−2−1−0−4−0−1−9

【距離別】
1000〜1300m 2−5−2−1−0−2−0−1−1
1301〜1899m 6−5−8−2−3−3−3−4−27
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−0−2
2101〜2700m 0−0−0−0−0−0−0−0−1
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 05:20| Comment(2) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

力負け…【アペルトゥーラ】

新潟11R大日岳特別(1000万下・芝1200m・混)吉田隼人騎手
2人気3着でした。

勝った馬が強かったですね。

レースは好スタートから先行し、人気のアレスバローズをマークする形で進められ、直線を向くまでは『よしっ!』と思っていましたが、いざ勝負処では置いていかれる始末で、更には後続に詰め寄られたところでゴールし、何とか3着を確保したという感じでした。

勝てなかった事は悔しいですが、好走を続けてくれるアペルトゥーラのレース振りには大変満足しています。

しかし!

大変不満に思うことがあります。

私はレーシングビュアーでのレース観戦なので、スタート時点からの映像しかわかりません。
しかし、掲示板やお仲間さんのブログ、吉田隼人騎手のレース後のコメント等で知ることとなった、枠入りがまともや先入れの件です。
大外枠なのに!
アペルは確かにゲート内で暴れますが、ゲート入り事態はそんなに問題があるようには思っていません。
むしろ先入れして長い間待たせられる方が問題あると思いますが、この辺の明確な判断基準はあるのでしょうか?
悪意すら感じてしまいます。(出資者だからなのかもしれませんが)

それにしても上手くタイミングが合ったとはいえ、吉田隼人騎手になってからは全て好スタートを決めていますね。
それがこの安定した好成績にもつながっていると思います。

現在、私の好きな騎手ランク急上昇中です(笑)

それはそうと、この後が適鞍がないのですが、どうするのでしょうか?
少し休ませるのかな?

6/18 函館11R HTB杯(3歳以上1,000万円以下) 1,200 (芝) 定量
がいいと思うのですが如何でしょう!



★5/21(土)新潟・大日岳特別(1000万下・芝1200m・混)吉田隼人騎手 結果3着

「前走同様に、大外枠でも発走委員から先入れを命じられました。今日はゲートの中で潜ろうとしたり煩かったのですが、タイミングよく上手に出てくれました。勝ち馬を見ながら運べましたし、このクラスの1200m戦だとペースも合うので競馬がしやすく崩れず走ってくれます。ただ、勝負どころでスッと離されましたし、勝ち馬は強かったですね」(吉田隼人騎手)
posted by じろう at 13:03| Comment(4) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと前で!【リルティングインク】

各上挑戦を続け、ようやく自己条件の戻って好勝負必至と楽しみにしておりましたが、結果は…
10着⤵

★5/21(土)京都・3歳500万下(芝1600m・牝)池添謙一騎手 結果10着

「道中やや口向きの悪い面は調教で跨った際に把握できており、イメージ通りに先行できたのですが…距離短縮も良かったはずだしデキも申し分なかっただけに、今日のメンバー相手だと現状、まだ力不足なのかもしれませんね。4角で内がバラける展開になりましたので、外ではなく内に進路を取っていれば着順はもっと上に来れていたと思います。スミマセンでした」(池添謙一騎手)


レース前の高野先生のコメント
近二走で格上の強いメンバーにぶつけたのも高いポテンシャルを評価してのこと

レース後の池添騎手のコメント
今日のメンバー相手だと現状、まだ力不足なのかもしれません

評価に差がかなりあるようです。

現状力が足りないのは確かかもしれませんが、レースは好スタートでしたので、もっと前でレースを進めて欲しかったなぁというのが感想ですね。
道中、人気のディープ産駒ミッキーグッドネスより後ろにいる時点であ〜ぁと敗戦を覚悟しましたから。
(ここまで負けるとは覚悟出来ていませんでしたが)
切れる脚はとてもあるように見えませんので、もっと前で進めて粘り込む作戦が合うような気がします。

結果は残念でしたが、この後は1から出直しですね。
         
posted by じろう at 12:43| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする