ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年08月08日

愛馬成績8/7

2016年8月7日現在
2016年成績
39戦7勝(7−3−3−1−1−6−1−3−14)
勝率 .179
連対率 .256
複勝率 .333
掲示板率 .384
入着率 .641


総合成績
99戦11勝(11−11−12−3−4−9−5−6−38)
勝率 .111
連対率 .222
複勝率 .343
掲示板率 .414
入着率 .616


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 7−3−3−1−1−6−1−3−14

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−13
2012年産(4頭)7−4−8−1−2−3−3−4−13
2013年産(4頭)2−3−0−1−1−5−1−1−12
2014年産(8頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡5
2−3−4−1−1−0−1−1−7
メルドオール(サルガソシー12)牡4
0−0−2−1−2−1−2−1−3
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡4
2−1−4−0−0−1−1−3−6
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡4
5−3−2−0−0−2−0−0−0
マグレブ(フサイチリニモ13)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−5
クリプトスコード(クラックコード13)牝3
1−3−0−1−0−3−1−1−1
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝3
1−0−0−0−0−1−0−0−3
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)牡3
0−0−0−0−1−1−0−0−3
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
シシオウ(イシノショウジ14)牡2
0−1−0−0−0−0−0−0−0
アイアンアタックの14(アイアンアタック14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ルナシンフォニー(オペラレディ14)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4

【性別】
牡・騙馬(14頭)9−7−12−2−4−4−4−5−34
牝馬(4頭)2−3−0−1−0−4−1−1−4

【生産別】
内国産(17頭)11−11−12−3−3−8−5−6−35
外国産(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−3

【牧場別】
岡田スタッド産(9頭)6−7−8−2−1−5−3−5−26
その他牧場産(9頭)5−4−4−1−3−3−2−1−12

【毛色別】
鹿毛(9頭)7−5−8−1−3−4−3−4−23
黒鹿毛(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−3
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(7頭)3−6−4−2−1−3−2−2−12
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(11頭)10−10−9−2−1−6−3−5−24
栗東(9頭)1−1−2−1−3−2−2−1−13

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)0−0−2−1−2−1−2−1−3
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−10
尾形和幸厩舎(2頭)5−3−2−0−0−2−0−0−0
田島俊明厩舎(2頭)1−3−0−1−0−3−1−1−1
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−4−0−0−1−1−3−6
安田隆行厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(1頭)1−0−0−0−0−1−0−0−3
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−3
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
中竹和也厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
斉藤崇史厩舎(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−3−4−1−1−1−1−1−25
スペシャルウイーク(2頭)2−1−4−0−0−1−1−3−6
アイルハヴアナザー(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−2−1−2−1−2−1−3
ノボジャック(1頭)5−3−2−0−0−2−0−0−0
ロージズインメイ(1頭)1−3−0−1−0−3−1−1−1
タイキシャトル(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ショウナンカンプ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−3

【価格別】
〜999万(5頭)    6−7−2−1−0−5−1−1−1
1000〜1400万(5頭) 3−1−4−0−0−2−1−3−19
1401〜1800万(5頭) 2−3−5−2−3−1−3−2−14 
1801〜2200万(0頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−0−0−0−3

【馬場別】
芝 4−4−10−2−4−3−5−5−29
ダート 7−7−2−1−0−5−0−1−9

【距離別】
1000〜1300m 2−5−2−1−0−3−1−1−3
1301〜1899m 9−6−9−2−3−3−3−4−29
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−1−3
2101〜2700m 0−0−0−0−0−0−0−0−1
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 08:54| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

デビュー戦は2着【シシオウ】

8/7(日) 小倉・2歳新馬(芝1800m・混) 松山弘平騎手

じろう厩舎の先陣をきっての2歳馬のデビューとなりましたシシオウです。
ソエ気味と脚元の水っぽさが気になるところではありましたが、レースは文句なしの優等生っぷりを発揮し、池江厩舎の断然人気馬ミラアイトーンに食い下がり、2着となりました。

スタートはあまり速くないと聞いていましたが、上手く出てダッシュも効き、すぐさま2番手をキープします。
道中も無駄な動きもなく、最後のコーナーへ。
そこもスムーズに回り、後は先頭の人気馬ミラアイトーンを抜くだけという手ごたえでしたが、さすがは調教も抜群だった馬、抜かせてはくれませんでした。
しかし、追い上げて来たデュパルクカズマの追撃も凌ぎ2着をキープ。
デビュー戦としては大満足の走り・内容でした。

贅沢を言えば、どうせなら勝って欲しかった…。
2着だったからと言って、すぐに勝てるかはまた別の問題ですから、勝てるチャンスの時に勝ってしまいたいのが本音です。
しかし、レース振りや追切本数等まだまだ上積みもあるでしょうから、割と早くに順番は回ってくる感じは受けました。

ソエや脚元の問題もありますので、この後続戦かはわかりませんが出来れば小倉で続戦を希望します。
楽しみな2歳馬のスタートが切れました。
良かった♪良かった♪



★8/7(日)小倉・2歳新馬(芝1800m・混)松山弘平騎手 結果2着

「スタートも上手で、すっとスムーズに2番手につけられました。初めてのレースでも調教の時同様の良い動きができていたのに加え、レースセンスがあるところを見せてくれましたね。距離も問題なくこなせていましたし、今日は勝った相手が一枚上手でしたが、この動きができるならいつ順番が回ってきてもいいと思います」(松山弘平騎手)


posted by じろう at 16:40| Comment(8) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

消化不良【アペルトゥーラ】

8/6(土) 札幌・HBC賞(1000万下・芝1200m・混) 柴山雄一騎手

11着惨敗…。
直線どんづまり。

戦前の国枝先生のコメントにあったように積極的な競馬を期待していましたが、全く持ってその様子はかんじられませんでした。
無駄な競馬となりました。
まぁ毎回思い通りにはいかないのは承知の上ですが、なんとも消化不良のレースでした。

小倉の時の様に、来ますかね?

『連闘』



★8/6(土)札幌・HBC賞(1000万下・芝1200m・混)柴山雄一騎手 結果11着

「揉まれ弱さを抱えているのはレース前に陣営からも話されていました。勝負所でなかなか進んで行けずに、直線でも馬群に入れるだけのスペースはありましたが、怯んでなかなか入っていけず、そのうちに狭くなって前が詰まってしまい…。もっと広いところに出せれば良かったんですけどね。チグハグな競馬となり申し訳ありませんでした」(柴山雄一騎手)


posted by じろう at 17:25| Comment(4) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【2歳馬】8/5

【ブラックジェイド】
更新日:8/5
在厩先:ノルマンディーファーム小野町
馬体重:523kg

引き続き馬場1周と坂路2本を18〜20秒(週に2回は13〜15秒ペース)のメニューで調整中。
だいぶ気持ちが乗ってきており、同じペースでも手応えよく走れるようになってきた。
恵まれた馬体の持ち主で素質も感じるだけに期待値は高値安定している。
夏場に無理はさせずにもう少し上向かせてから移動する旨を昆調教師とも確認しており、今月下旬〜来月上旬の入厩を目標に進めていく予定。


当初の予定通り、秋デビューとなりそうですね。
夏場に無理する必要もないでしょうからそれでいいでしょう。
どんな競争馬になるのか今から楽しみです。


【キャラメルフレンチ】
更新日:8/5
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

先週7月30日(土)に美浦・尾形和幸厩舎に入厩。

現在はゲート練習中心の調整をおこなっている。
先週末に無事に入厩している。
牧場でも苦労されていたようだが、やはり口向きに課題がある。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラといった状況なので、まずはその辺りを改善させたいと思う。
ゲート練習を進めており、まだ覚えさせることはあるが、こちらに関しては変な癖などは見せていないので問題なさそう。
素質は感じさせる馬なので期待に添えるように頑張る。
(尾形和幸調教師)


やはり口向きの悪さは相当のようですね。
尾形先生に何とか矯正してもらいましょう。
ゲートは問題なさそうで、今のところ入厩したじろう厩舎2歳馬達はゲートには問題なさそうで安心しています。
まずはデビューに向けて調整お願いいします。


【ホウロクダマ】
更新日:8/5
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

現在はゲート練習中心の調整をおこなっている。
飼い葉食いも旺盛でおとなしく、手が掛からない。
スムーズにその日のメニューを消化することができているのは好印象。
角馬場でウォーミングアップとハミ受けの確認後にゲート練習を行っている。
進入、駐立は全く問題ないが、ゲートが開いてからの一歩目が遅いので、ダッシュの稽古を繰り返しているところ。
二歩目からは速いですし、スタートダッシュさえ覚えてくれれば、ゲート試験を受けようと思っている。
(中竹和也調教師)


まずはスタートダッシュを覚えましょう(笑)
短距離が主戦馬となるでしょうから出遅れやダッシュつかずは致命的です。
本格的な調教が始まってからの時計を早く見たいですね。
どんな走りを見せてくれるのかな〜


【シシオウ】
更新日:8/4
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

☆8/7(日)小倉・2歳新馬(芝1800m・混)松山弘平騎手

3日(水) CWコース 85.1-69.5-54.3-39.5-12.2 馬ナリ
先週強めにしっかり追い切っているため、今週はサラッと流す感じでやった。
仕掛ければいつでも動ける手応えに映り、いい状態でデビュー戦を迎えられると思う。
左前のソエの症状は落ち着いているものの、脚元の水っぽさが抜け切らず、まだまだこれからの馬という印象。
しかし、スケールの大きいフォームで走るし、初戦から好走を期待している。
(斉藤崇史調教師)


いよいよじろう厩舎2歳馬の初デビューです。
シシオウが先陣を切ります。
なかなかの調教内容だったようなので、落胆させられる結果にはならないのかなぁ〜とは思っていますが、競馬は走ってみないとわかりませんからね。
コメントにもあるように本格化はまだまだ先でしょうから、まずは掲示板を確保しましょう!
松山騎手お願いします!


【ルナシンフォニー】
更新日:8/5
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

3日(水) Wコース 69.6-53.7-39.3-14.4 馬ナリ
入厩後、初めて速めの追い切りをおこなった。
Wコースでの動き自体は良かったし、調教を積んで左前と右トモの非力さが改善されて馬体のバランスが整ってくることを考えると、これからの成長に期待が持てる。
たまに運動中にボーッとして躓きそうになる様子が見られるので、性格的なものはもちろん、まだまだ子どもなのだろう。
このまま新潟開催中でのデビューを目指すが、調整段階で不安に感じることがあれば一度外に出すことも検討する。
成長途上に無理をさせるのは得策とは思えないから。
(田島俊明調教師)


一応新潟開催を目標にするようですね。
勝ち上がるのにそれほど時間を要すタイプではないと見込んでいるので、デビューから4戦以内に勝ち上がってくれるでしょう(完全に妄想)
期待しています。


posted by じろう at 17:14| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【3歳馬】8/5

【マグレブ】
更新日:8/5
在厩先:札幌競馬場
馬体重:-

8/11(木)門別・リゲル特別(交流・中央未勝利・ダ1200m) 非選出

5日(金) ダートコース 57.9-42.5-13.7 単走 馬ナリ
通算の出走回数が5回以下のため、このまま出走せず、9/10からの第4回中山開催での未勝利戦(スーパー未勝利)へ直行する考えもあるかと思うが、出走資格を得るためのもう一つの条件、次走5着以内に挑戦したいと思う。
もちろん勝つに越したことはないので、交流戦に申し込んだが選出されなかった。
芝の1200m戦とダート1000m戦とを両天秤にかけ、毎週の想定と睨めっこし、決定したいと思う。
今の出馬状況から20日(土)のダ1000mもしくは21日(日)の芝1200mになるでしょうか。
ベテランで調教をつけるのが上手な古川騎手に依頼し、緩めず乗ってもらっている。
(土田稔調教師)


強気の挑戦を支持します。
厳しいのは重々承知ですが、勝ち上がりを期待しています。
一度、本気の走りをレースで見てみたい…。


【クリプトスコード】
更新日:8/5
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

引き続きダートコース(外馬場1周800m)でハロン17〜18秒のペースを長めに乗り込んでいる。
この中間も15-15を順調に消化できており、体調面に関しての不安はない。
相変わらず腹回りはスッキリとしており、帰厩前の段階とすればもう少し余裕を持たせられれば理想的。
目標のレースに向けて来週にも移動することになるでしょう。
(担当者)


順調のようですね。
次は権利を取って、続戦出来るようにお願いしたいですね。
1回走っては放牧ではなかなか調子も上がってこないでしょう。


【リルティングインク】
更新日:8/5
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:-

この中間も周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周、坂路1本を17〜18秒ペースのメニューで調整。
調教を進めていく中で体が減ることもなく、体調面は良さそう。
高野調教師から明日帰厩させると連絡があり、『小倉開催後半の芝1200mを目指したい』と話されていた。
どんなレースを見せてくれるか楽しみ。
(担当者)


ほんとにどんなレースを見せてくれるのか楽しみでもあり、怖さもありますが、3歳のこの時期ですからそう慌てなくてもいいでしょう。
果たしてスプリンターの資質があるのでしょうか。


【ゴルディオン】
更新日:8/5
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

7月31日(日) 坂路コース 58.3-42.8-27.6-13.8 馬ナリ
8月3日(水) 坂路コース 53.7-39.6-26.1-12.9 単走 馬ナリ
歩様の硬さは許容範囲のもので、この中間は馬の雰囲気が凄く良く映る。
心身ともにまだだいぶ幼さを残しており、この先の伸びしろも大きいと感じているだけに、期間内になんとか勝ち上がらせたい。
来週8/13(土)小倉・3歳未勝利(芝2000m・混)を国分恭介騎手で予定している。
(宮徹調教師)


来週の小倉2000mで権利を取って、8/27小倉芝2600mで勝負でしょうか。
次で決めてくれるのが最善ですが、どうなるでしょうか。
スタートさえ上手く出れれば、私は好勝負必至だと思っています。
デビューしたての頃と比べれば、大分良くなってきたように感じます。




posted by じろう at 13:07| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする