ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年09月10日

2015年産募集馬情報【ノルマンディー】

PicsArt_09-10-09.17.27.jpg

情報が更新されました。

狙ってたタニノジュレップの15が40口に!
はい、終了〜⤵

オークルームの15は美浦予定の時点から大竹厩舎だろうと思っていたので、予想通り。
写真みてからだけど、出資候補だな。

キョウエイトルースの15は当然の高木厩舎で、安心感・安定感は抜群なのだが、価格が気になり今のところは消極的。

チェアユーアップの15は田島厩舎。
父はタイムパラドックス。ダート中距離で使いまくってくれるのなら出資馬の1頭としては面白いかも。

ホワイトピクシィの15は400口のみ決定で、所属先(栗東か美浦かも)未定。
注目サウスヴィグラス産駒で出資候補。
気になる存在です。

マルカデスティニーの15も400口のみ確定で、所属先(栗東か美浦かも)未定。
ディスティンダリアの全弟、デスティニーソングの半弟です。
繋がりからは尾関厩舎か松下厩舎の可能性もあるだろう。松下厩舎希望だな。
出資候補。

メルセダリオの15は美浦所属のみ決定。
いい馬なのだろうが、価格が気になる。
キョウエイトルースの15同様、消極的。

メロークーミスの15は栗東ですね。山内厩舎と予想。
馬体はセール写真で確認済みで、ほぼ出資決定です。

ルーシーショーの15も400口のみ決定で、所属先(栗東か美浦かも)未定。
芦毛を1頭も持っていない私としたら毛色だけで興味を示してしまいますが、白より黒が好きなので青鹿毛、黒鹿毛に目が行ってしまいます。
車は黒より白派です(笑)

まもなく全情報が公開されるでしょうから、楽しみに待ちましょう!

posted by じろう at 09:55| Comment(2) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

今週の出走馬(9/10・11)

9月10日(土)
ゴルディオン
阪神8R 3歳上500万下・混 芝2000m 坂井瑠星騎手 51kg

4日(日) 坂路コース 56.2-41.0-26.3-12.8 単走 馬ナリ
7日(水) 坂路コース 54.6-39.6-25.6-12.9 馬ナリ
先週までに稽古をしっかりとやっているし、最終追い切りも余力を残して行ったが、状態は良くレースを使う態勢は十分整っている。
格上の古馬を相手に、今回は現時点でどれだけゴルディオンの力が通用するのかが鍵となるが、未勝利の身とはいえポテンシャルの高さはここでもヒケを取らないはず。
3kgの減量騎手起用で、積極的に競馬を運ばせて好走を期待したいところ。
(宮徹調教師)


将来的にはわかりませんが、現時点で『ポテンシャルの高さはここでもヒケを取らない』はどうなのかな〜?
それならもう勝ち上がっているよね〜という事ですが、マイナスな事ばかり言っても始まらないので、前向きに(笑)
ここは勝てれば文句ないですが、さすがにそれは荷が重いでしょう。
本番はここで5着以内に入り、スーパー未勝利に出て勝ち上がる事です。

積極的な競馬を期待したいですが、一か八かの競馬より、今回は安全運転で熾烈な優勝争いをよそに掲示板狙いに徹してもいいのでは?
どうのようなレースになるのか楽しみにします。



9月11日(日)
クリプトスコード
中山12R 3歳上1000万下 ダ1200m 木幡初也騎手 51kg

7日(水) Wコース 70.2-54.1-40.2-14.5 馬なり
最終追いでは相手に軽く併せただけでさらっと行い、馬の状態としては引き続き申し分ないと言える。
ただ、クラスがあがってメンバーも変わってくる。
周りのスピードも速くなり、そう簡単に前に行かせてもらえないことは覚悟しなければならない。
当日は前回の良いイメージを持って、ジョッキーには乗ってもらうつもり。
(田島俊明調教師)


このレースに2つ上の半姉ネイティヴコードも出走します。
姉妹対決です!

昇級初戦で、楽に逃げることは出来ないでしょうから大敗も覚悟しての応援となりますが、何とか目処のたつレース結果であって欲しいですね。
掲示板に載れれば最高なのですが。
どういうレースになりますかね〜

posted by じろう at 19:02| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

愛馬成績9/4

2016年9月4日現在
2016年成績
46戦8勝(8−3−3−1−1−6−1−3−20)
勝率 .173
連対率 .239
複勝率 .304
掲示板率 .347
入着率 .565


総合成績
106戦12勝(12−11−12−3−4−9−5−6−44)
勝率 .113
連対率 .216
複勝率 .330
掲示板率 .396
入着率 .584


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 8−3−3−1−1−6−1−3−20

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−13
2012年産(4頭)7−4−8−1−2−3−3−4−15
2013年産(4頭)3−3−0−1−1−5−1−1−15
2014年産(8頭)0−1−0−0−0−0−0−0−1

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡5
2−3−4−1−1−0−1−1−7
メルドオール(サルガソシー12)牡4
0−0−2−1−2−1−2−1−4
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡4
2−1−4−0−0−1−1−3−7
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡4
5−3−2−0−0−2−0−0−0
マグレブ(フサイチリニモ13)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−6
クリプトスコード(クラックコード13)牝3
2−3−0−1−0−3−1−1−1
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝3
1−0−0−0−0−1−0−0−4
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)牡3
0−0−0−0−1−1−0−0−4
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡2
0−1−0−0−0−0−0−0−0
ビターレ(アイアンアタック14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0

【性別】
牡・騙馬(14頭)9−7−12−2−4−4−4−5−39
牝馬(4頭)3−3−0−1−0−4−1−1−5

【生産別】
内国産(17頭)12−11−12−3−3−8−5−6−40
外国産(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−4

【牧場別】
岡田スタッド産(9頭)7−7−8−2−1−5−3−5−30
その他牧場産(9頭)5−4−4−1−3−3−2−1−14

【毛色別】
鹿毛(9頭)7−5−8−1−3−4−3−4−28
黒鹿毛(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−4
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(7頭)4−6−4−2−1−3−2−2−12
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(11頭)11−10−9−2−1−6−3−5−26
栗東(9頭)1−1−2−1−3−2−2−1−17

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)0−0−2−1−2−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−10
尾形和幸厩舎(2頭)5−3−2−0−0−2−0−0−0
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−1
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−4−0−0−1−1−3−7
安田隆行厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(1頭)1−0−0−0−0−1−0−0−4
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−4
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
中竹和也厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
斉藤崇史厩舎(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−3−4−1−1−1−1−1−27
スペシャルウイーク(2頭)2−1−4−0−0−1−1−3−7
アイルハヴアナザー(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−2−1−2−1−2−1−4
ノボジャック(1頭)5−3−2−0−0−2−0−0−0
ロージズインメイ(1頭)2−3−0−1−0−3−1−1−1
タイキシャトル(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ショウナンカンプ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−4

【価格別】
〜999万(5頭)    7−7−2−1−0−5−1−1−1
1000〜1400万(5頭) 3−1−4−0−0−2−1−3−23
1401〜1800万(5頭) 2−3−5−2−3−1−3−2−15 
1801〜2200万(0頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−0−0−0−4

【馬場別】
芝 4−4−10−2−4−3−5−5−35
ダート 8−7−2−1−0−5−0−1−9

【距離別】
1000〜1300m 3−5−2−1−0−3−1−1−5
1301〜1899m 9−6−9−2−3−3−3−4−32
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−1−4
2101〜2700m 0−0−0−0−0−0−0−0−1
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 07:17| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

残念無念…【ルナシンフォニー】

何気にノルマンディーOCのHPを見ると、ルナシンフォニーの臨時更新が…。

もう見る前から覚悟しましたが、
いざ競争能力喪失の文字を見ると、悲しく、切なくなりますね。

この後は治療もしてくれるようなので、残りの馬生を全うしてくれればと願うばかりです。
繁殖に上がるような記述はありませんでしたから、良くて乗馬なのかな?

私の愛馬では初の未デビューでの引退となりました。
どれだけ弱くても愛馬の走る姿を一度は見たかったです。
今週出走した馬たちの成績もあり、かなり落ち込む日となりました。

短い間でしたが、お疲れさまでした。



本日午後にトレセン診療所で再診の結果、エコーとレントゲンからの変化はまだ見られませんが、右後肢上部の箇所にくぼみができていることからも、エコーで確認できる部分よりさらに深い部分、腸骨の骨折あるいは腸骨付近の断裂が疑われます。
現在の歩様や経過からは競走能力喪失の診断が下りました。
大変残念ではありますが、近日中に中央競馬での登録を抹消し、現役を引退することが決定いたしました。出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。
尚、今後はしばらく安静にした後にJRA競走馬総合研究所に移動して、治療とリハビリをおこなう予定です。

「馬自体もまだ右脚を地面につくのが辛そうで、じっとしてることしかできずに移動が困難な状態です。ゲート試験合格、短期のリフレッシュを経て、デビューに向けてこれからという時で、出資会員様の期待を大きく裏切る形となり大変申し訳ございません」(田島俊明調教師)

posted by じろう at 20:31| Comment(6) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬が弱いのか?騎手がダメなのか?【メルドオール】

小倉9R 若戸大橋特別 芝1800m 鮫島良太騎手

好スタートでした。
後方からではなく、中団からでした。
(コメントにあった)積極的ではなく、(いつものように)消極的でした。

馬が中央500万の現状でも勝ち切れない力しかないのも認めます。
それなら、尚更策を立てて、レースに挑んで欲しい。
何とか好走できる条件を探して欲しい。

もう充分です。
先生にはメルドオールに匙を投げて頂いて、転厩しましょう。
それなら、鞍上と共に解決です。

真剣にレース選択や騎手選択、作戦してくれたうえでこのような成績ならそれはクラブ側が判断することでしょう。
その時は出資者も納得するでしょう。
今のままでは、消化不良です。

本日は以上とします。
最後に、いつものように他人事コメントをどうぞ!



★9/4(日)小倉・若戸大橋特別(500万下・芝1800m)鮫島良太騎手 結果9着

「イレッポなので、輸送がどうかと思っていたのですが、馬体減は-6kgなら許容範囲だったと思います。中間の追い切りの動きも良かったため、今日はある程度前めから競馬を進めていきました。勝負処でも手応えは楽で、突き抜けてもおかしくない感触だったのに、いざ追い出すと反応はいまひとつでジリジリとしか伸びませんでした。道悪馬場でもこなせるタイプの馬ですが、新潟コースのような硬い馬場なら、もっと弾ける脚を使ってくれると思います」(鮫島良太騎手)



posted by じろう at 17:36| Comment(4) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする