ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年10月02日

タニノジュレップの15【検討】

まず、これは募集馬レビューではありません。あくまで、自分用のメモ代わりです。
私自身色々とデータを調べるのが好きなので、調べた結果を残す為ですね。
まぁ出資馬を選ぶのにこれらのデータをどれほど利用しているのかと聞かれれば、ほとんど利用しておりませんが(笑)



タニノジュレップの15

タニノジュレップの15(募集時).jpg

牡 栗毛 4月15日生
岡田スタッド生産
総額1,080万円 1口価格270,000円(40口)
美浦:国枝栄厩舎入厩予定
父 マツリダゴッホ  母(母父) タニノジュレップ(コロナドズクエスト)

《測尺》
体高(cm):154.0
胸囲(cm):177.0
管囲(cm):20.0
体重(kg):425

≪種牡馬≫
父 マツリダゴッホ

【種牡馬成績】
・サイアーランキング2014  49位 AEI 0.82
・サイアーランキング2015  55位 AEI 0.64
・サイアーランキング2016(9/18現在) 28位 AEI 0.94
・サイアーニックス(マツリダゴッホ×コロナドズクエスト) ―位 AEI -

≪繁殖牝馬≫
【生産】
2005年4月25日生(11歳) カントリー牧場生産
【成績】
24戦3勝 3歳上500万下  阪神ダ1200m
2010年3月28日 阪神ダ1200 11着を最後に引退し、そのまま繁殖入り。
【繁殖成績】
出産時母年齢 10歳
本馬が4番仔
2011 父ブライアンズタイム(地方2勝)現役
2013 父マツリダゴッホ(未勝利)現役
2014 父ロージズインメイ【ローズジュレップ】(地方2勝)現役

【BMS】
母父 コロナドズクエスト
・ブルードメアサイアーランキング2014 121位 AEI 0.80
・ブルードメアサイアーランキング2015  68位 AEI 1.22
・ブルードメアサイアーランキング2016(9/18現在) 61位 AEI 1.22
・ブルードメアサイアーニックスランキング(コロナドズクエスト×マツリダゴッホ) ―位 AEI -

≪調教師≫
美浦・国枝 栄調教師
・リーディングトレーナーランキング2014 12位 勝率0.11 連対率0.21 複勝率0.27
・リーディングトレーナーランキング2015 23位 勝率0.10 連対率0.17 複勝率0.24
・リーディングトレーナーランキング2016(9/18現在) 9位 勝率0.12 連対率0.22 複勝率0.30

≪コメント≫
14年産から始まったノルマンディー地方募集馬のローズジュレップの半弟となります。
全兄(ファインキャプテン)は15戦0勝(9/18現在)と未勝利のまま。
配合的にはここでも書いたように、岡田スタッドのゴッホ産駒のなかでは注目の配合馬。
ゆえに募集されれば、かなりの確率で出資するつもりでしたが、痛恨の40口募集馬に…。
厩舎は一口馬主界ではあまり人気のない国枝厩舎ですが、岡田スタッドに関して言えばマツリダゴッホ絡みで切っても切れない縁なのです。
私自身もアペルトゥーラとグランノーヴァを預かってもらいましたが、不満に思うこともありましたが、騎手起用に関しては、さすが上位厩舎という事もあり馬の実力以上にいい騎手を乗せてくれます。

400口であれば出資候補の馬でしたが、40口募集なのでこの辺で。

posted by じろう at 22:41| Comment(0) | 2016(2015年産)募集馬検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬成績10/2

2016年10月2日現在
2016年成績
52戦9勝(9−3−3−1−1−7−1−3−24)
勝率 .173
連対率 .230
複勝率 .288
掲示板率 .326
入着率 .538


総合成績
112戦13勝(13−11−12−3−4−10−5−6−48)
勝率 .116
連対率 .214
複勝率 .321
掲示板率 .383
入着率 .571


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 9−3−3−1−1−7−1−3−24

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−14
2012年産(4頭)7−4−8−1−2−3−3−4−15
2013年産(4頭)3−3−0−1−1−5−1−1−18
2014年産(8頭)1−1−0−0−0−1−0−0−1

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡5
2−3−4−1−1−0−1−1−8
メルドオール(サルガソシー12)牡4
0−0−2−1−2−1−2−1−4
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡4
2−1−4−0−0−1−1−3−7
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡4
5−3−2−0−0−2−0−0−0
マグレブ(フサイチリニモ13)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−6
クリプトスコード(クラックコード13)牝3
2−3−0−1−0−3−1−1−2
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝3
1−0−0−0−0−1−0−0−4
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)牡3
0−0−0−0−1−1−0−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝2
1−0−0−0−0−0−0−0−0
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡2
0−0−0−0−0−1−0−0−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡2
0−1−0−0−0−0−0−0−0
ビターレ(アイアンアタック14)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0

【性別】
牡・騙馬(14頭)9−7−12−2−4−5−4−5−42
牝馬(4頭)4−3−0−1−0−4−1−1−6

【生産別】
内国産(17頭)13−11−12−3−3−9−5−6−42
外国産(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(9頭)7−7−8−2−1−6−3−5−32
その他牧場産(9頭)6−4−4−1−3−3−2−1−16

【毛色別】
鹿毛(9頭)7−5−8−1−3−5−3−4−30
黒鹿毛(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−4
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(7頭)5−6−4−2−1−3−2−2−14
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(11頭)12−10−9−2−1−6−3−5−28
栗東(9頭)1−1−2−1−3−3−2−1−19

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)0−0−2−1−2−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−11
尾形和幸厩舎(2頭)6−3−2−0−0−2−0−0−0
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−2
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−4−0−0−1−1−3−7
安田隆行厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(1頭)1−0−0−0−0−1−0−0−4
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−6
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
中竹和也厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−1
斉藤崇史厩舎(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−3−4−1−1−1−1−1−28
スペシャルウイーク(2頭)2−1−4−0−0−1−1−3−7
アイルハヴアナザー(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−2−1−2−1−2−1−4
ノボジャック(1頭)5−3−2−0−0−2−0−0−0
ロージズインメイ(1頭)2−3−0−1−0−3−1−1−2
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−0−0−0
ショウナンカンプ(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−0−0−0−6

【価格別】
〜999万(5頭)    8−7−2−1−0−5−1−1−2
1000〜1400万(5頭) 3−1−4−0−0−3−1−3−23
1401〜1800万(5頭) 2−3−5−2−3−1−3−2−16 
1801〜2200万(0頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−0−0−0−6

【馬場別】
芝 5−4−10−2−4−3−5−5−38
ダート 8−7−2−1−0−6−0−1−10

【距離別】
1000〜1300m 4−5−2−1−0−4−1−1−7
1301〜1899m 9−6−9−2−3−3−3−4−32
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−1−5
2101〜2700m 0−0−0−0−0−0−0−0−2
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 21:49| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

う〜む…【アペルトゥーラ】

中山10R 勝浦特別・混 芝1200m 内田博幸騎手

最下位でした。
直線で前が詰まりましたが、このような結果を想像もしておりませんでした。
ここ数戦、力負けというより色々な要因が重なり悪い結果ばかり続いております。
何とかならないですかね〜
全てが上手く行く事の方が少ないので、こういうことも想定内ですがそれにしてもこの結果はつらい…。

最近負けすぎが多すぎます。



★10/2(日)中山・勝浦特別(1000万下・芝1200m・混)内田博幸騎手 結果16着

「揉まれるとモロいので、先行し前々で競馬をしたかったのですが…。途中で何度か窮屈になり、直線でも伸びあぐね、精神的な弱さを出してしまいましたね。元気一杯で、状態は良かっただけに残念です。絞れてくる次走は違うと思いますよ」(内田博幸騎手)


posted by じろう at 21:21| Comment(2) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見ていられない・・・【ゴルディオン】

阪神9R 兵庫特別・混 芝2400m 坂井瑠星騎手

あまりにつらい内容で、レース回顧もしたくない気持ちです。
今回のレースは勝ちに行くレースではなく、レース経験を積む為のものと理解はしていたものの、あのようなレースを見せられると出資者はたまりませんね。
未勝利馬はそもそも1000万下相手に勝負になる訳ないのですから。
それでも、クラブと厩舎の決断ですからそれなりの結果は期待したくなりますよね。

また、レース後のコメントを見て更につらい、苦しい気持ちになりました。
ゴルディオンは大丈夫でしょうか?心配です。

クラブと厩舎には的確な判断・決断をお願いしたいです。



★10/2(日)阪神・兵庫特別(芝2400m・混)坂井瑠星騎手 結果13着
レース後、検量室前に上がってきた際に両鼻から出血しており、競馬場の診療所で内視鏡検査を行ったところ、運動誘発性肺出血が確認されました。
栗東トレセンに戻ってから、さらに詳しい検査を行う予定です。

「返し馬の感じからは、前走時よりも柔らかみが感じられました。道中は1000万のペースでもマイペースでそれほど離れずに追走ができたのですが、3角を過ぎてからは急に手応えが悪くなり、直線を向いてはフォームもバラバラになってしまいました。勝負服にもかなり鮮血が飛んでいましたので、直線は馬も苦しかったんだと思います」(坂井瑠星騎手)


posted by じろう at 21:15| Comment(4) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前進【ホウロクダマ】

阪神1R 2歳未勝利 ダ1200m 森裕太朗騎手

逃げるかと思いましたが、逃げないではなく逃げれませんでした。
1200ではちょっと忙しい感じがしましたかね。
それでも砂を被っても走る気をなくさず、直線もジリジリとですが伸びて来ていましたから初戦の直線垂れさがりに比べれば大分進歩はあったのではないでしょうか。
出来ればもう1つ着順を上げて欲しかったですが…。
森騎手のコメントではこの距離でも問題ないと思うとありましたが、現状はちょっと忙しい感じがしましたね。
森騎手が悪かった訳ではありませんが、この馬にはガシガシ追える騎手が合いそうな感じがしますね。
次走は誰が乗るのか興味がありますね。
少しづつでもいいので、勝利に近づいていって欲しいものです。



★10/2(日)阪神・2歳未勝利(ダ1200m)森裕太朗騎手 結果6着

「今日はスタートのタイミングが合わず、序盤に上手くアドバンテージを取ることができませんでした。トモが緩く、まだ体がしっかりしていない印象はありますが、追ってからもちゃんと最後まで脚を使ってくれます。ダートは合っていますし、トモにもう少し力が付いてくればこの距離でも問題ないと思います」(森裕太朗騎手)


posted by じろう at 21:06| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする