ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年12月18日

行き脚つかず…【リルティングインク】

中京7R 3歳上500万下・若手 芝1400m 藤田菜七子騎手 51kg

前走の好走がフロックではないことを確認するためにも大事な今回でしたが、スタートから行き脚つかず、レースは最後方からすすめることになりました。
最後はソコソコいい脚を使っていたのでポジションがまずかったですね。

スタート後に菜七子騎手は押して前に行こうとしていたのに、最後方になったということは、馬自身の問題だったのと思います。
流石にあの位置から差し切る力は無いと思いますので、今後は中断より前目でレースが出来るように教えこんで欲しいと思います。

一時の不調から考えれば、復調気配ではないでしょうか?




★12/18(日)中京・3歳上500万下(芝1400m・若手)藤田菜七子騎手 結果9着

「陣営からは前走のような競馬を期待されていたのですが、スタートがスムーズとはいえず、そこから加速するのに時間がかかり、理想通りの位置取りとはなりませんでした。終いもしっかり伸び、後方からの競馬にも対応してくれて、本当によく走ってくれたのに…申し訳ない気持ちでいっぱいです」(藤田菜七子騎手)


菜七子ちゃん謝らなくていいです…
posted by じろう at 19:53| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ジリジリとは伸びています【メルドオール】

中京7R 3歳上500万下 芝1600m 長岡禎仁騎手 56kg

前走の地方交流戦以来のレースとなりました。
これまでの中距離戦からマイル戦に変えてきました。これはいい方向だと感じており、メンバーは揃いましたが好走も可能ではと思ってレースを迎えます。

まずビックリしたのが馬体重が+22kgで452kgと450kg台に乗せて来ました。
これはいい傾向ですし、期待も膨らみます。

レースは後方から。
直線はジリジリとは伸びて来ているのですが、毎度の事ですが、切れる脚もないので次走はもっと前で競馬して欲しいなぁと思います。
難しい面もあるのかもしれませんが、このままでは余程相手に恵まれるか、展開に恵まれないと勝機は訪れないのでしょうか。
もっと前で競馬してみずからの力で勝ちに行く競馬が出来るようになって欲しいと思います。
まぁ言うのは簡単なのですけどねぇ〜




★12/17(土)中京・3歳上500万下(芝1600m)長岡禎仁騎手 結果8着

「プラス22kgでしたが、太め感はなく、フックラとして状態は良かったと思います。折り合いもつき、終いの脚もしっかりしていました。ただ、狭いところを割るのを躊躇する面があり、もう少しスムーズに馬群をさばけていれば、入着はあったのではないかと思います。今日の流れは少し忙しい感じがしました。小回りコースであれば、1800mまで選択肢に入れてもいいと思いますよ。休み明けで勝ち馬とコンマ6秒差ですから、次が楽しみですね」(長岡禎仁騎手)



posted by じろう at 17:11| Comment(4) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

2次先行募集申込み【ノルマンディー】

本日、ノルマンディーの2次の先行募集に申込みを済ませました。

発表当初は、色々と目移りもし、うだうだと悩んでおりました。

17.ヴイプラドの15(マツリダゴッホ)
19.グーテデロワの15(サウスヴィグラス)
20. エスワンスペクターの15(ゴールドアリュール)
22.レットイットスノーの15(ロージズインメイ)
23.レーヴドゲランの15 (フレンチデピュティ)
24.インマイラヴの15 (ノボジャック)

大体この6頭が気になりましたね。
17.ヴイプラドの15(マツリダゴッホ)
ゴッホ産駒に5頭出資してきて、当たりの引けていない私・・・
この仔はどうなんだ?
ゴッホの当たりを引きたいぞ!

19.グーテデロワの15(サウスヴィグラス)
サウスヴィグラス産駒を募集してくれ〜とずっと思っていて、1次に引き続き2次でも募集されました。
そんな私は1次のサウスヴィグラスをスルー・・・
今度こそ!の思いも同じサウスヴィグラス産駒なら1次の方が好みだったなぁ〜

20. エスワンスペクターの15(ゴールドアリュール)
これはセールで落札したときから注目していた馬。
サウスヴィグラス以上に欲しかったゴールドアリュール産駒!
ほぼ出資確定状態で発表に。
価格の盛り具合と安田厩舎決定に考える余地が生まれる。

22.レットイットスノーの15(ロージズインメイ)
特に注目もしていなかったが、募集の写真を見て気に入った!
ロージズインメイも好きな種牡馬。
出資馬ではクリプトスコードがいる。あちらはダート短距離馬だが、こちらは芝の中・長距離馬かな。
勝ち上がりに意外と苦戦する可能性も感じられるが、1勝出来れば長く楽しめる馬になるのではと感じる。

23.レーヴドゲランの15 (フレンチデピュティ)
これもセール時から注目していた1頭。
父フレンチデピュティ、母父リアルシャダイという1昔前の血統馬で、母の産駒成績も散々な馬ですが、私にはとてお魅力的に映ります。
ただ、スピードはないのかな。芝もダートも行けそうですが、逆に中途半端な馬にならないか一抹の不安も。

24.インマイラヴの15 (ノボジャック)
ノボジャック(ブラゾンドゥリス)で儲けたお金はノボジャックで使え!の精神で行くのもありかと思いましたが、そこまでの気持ちもないかな〜
などなど、散々悩みながら概ね3頭迄絞っていましたが、なかなかその3頭共一気に行く決意もなく本日迄来てしまい…。

いよいよ決断が迫られてきました。
週末ゆっくりと考えようかとも思いましたが、どうせ出る結論は一緒だろうと思い、本日出資申し込みを済ませました。申し込み数によっては抽選もある為、公表は確定してからと思ったものの本日公開します。


私が2次募集で出資した馬は…


20. エスワンスペクターの15(ゴールドアリュール)
22.レットイットスノーの15(ロージズインメイ)
23.レーヴドゲランの15 (フレンチデピュティ)

の3頭です。
人気馬の内の3頭ですね。
何の面白味も捻りもない出資ですが、期待の馬達です。
どうか無事に出資が叶うよう祈っております。

各馬に決めた理由は確定してからまた書きたいと思っています。
よろしくお願いします。


posted by じろう at 22:12| Comment(8) | 2015年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

今週の出走馬12/17.18

12月17日
メルドオール
中京7R 3歳上500万下 芝1600m 長岡禎仁騎手 56kg

11日(日) Wコース 70.3-54.9-40.5-13.0 単走 馬ナリ
14日(水) 坂路コース 54.0-38.8-25.5-12.9 馬ナリ
昨日は降雨の影響で重い馬場での追い切りになったが、良かったですね、1週前とは全然違う。
ただ、この時期の芝のマイルにこだわりたい他陣営も多いように、関東からも関西からも骨っぽいメンバーが揃ってしまった。
昇級して通用するのかどうかを見極めるには、絶好の機会と割り切って、本番に臨みます。
(高橋祥泰調教師)


早く中央での初勝利を欲しいところですが、コメントでは骨っぽいメンバーが揃ったようですね。
勝てるのが一番ですが、まずは掲示板を目指して欲しいですね。
中団から前目につけて、最後の直線で弾けて欲しいです。



12月18日
ジャストフォーユー
中山12R 3歳上1000万下・混 芝1600m 石川裕紀人騎手 56kg

14日(水) Wコース 69.3-53.4-39.1-13.3 単走 馬ナリ
この中間も気持ちがずっと入っている感があるため、あまりテンションを高めないよう単走で最終追い切りを行った。
動きはいいのだが、以前のようにハミを噛んでグイグイ行きたがる面が窺え、気持ちをコントロールするのに少々手を焼かせている。
ただ、獣医によると心臓(の数値)は今までと比べても最高レベルのようで、状態には太鼓判を押せるデキ。
当初は柴田善臣騎手で向かう予定だったが、出走は叶わないと予想していたルグランパントル陣営(間隔2節で)が先に依頼をかけていた経緯があるため、鞍上は減量の恩恵もあり積極的にレースを運べる石川裕紀人騎手に頼んだ。
枠次第でも無理に控えるつもりはなく、番手でリズムよく運んで直線坂下から先頭に立つ競馬が理想。
(栗田徹調教師)


騎手では変更等あり、いつも鞍上に関しては不満が募ります。
田辺騎手が最適ですが、先約があったのでしょう。
しかし、このコースはこれまでのジャストのレースのなかでは最高のパフォーマンスを見せた舞台ですので、期待したいですね。
気分良く走れれば、結果はついてくるものと信じています。
楽しみです。


リルティングインク
中京7R 3歳上500万下・若手 芝1400m 藤田菜七子騎手 51kg

14日(水) Pコース 67.2-52.4-38.1-12.0 一杯
雨で馬場が悪化していたため、水曜日はポリトラックでビッシリと追い切った。
一時は心配していたがリルティングインクなりに動けていたし、一度スクミを見せた以降は重点的にケアしていることもあり再び症状が出ることもないので、レースに送り出せる状態にまできている。
ジョッキーも一度乗って特徴を掴んでいるでしょうし、積極的に運んでもらうつもり。
(清水英克調教師)


藤田菜七子騎手での2戦目となります。
前走がデビュー戦以来の好走でしたので、フロックではない事を証明して欲しいですね。
半弟のヒノアカツキもデビュー戦2着といいレースしてくれたので、お姉ちゃんも良い所見せて欲しいですね。
藤田菜七子騎手はここは勝って、主戦の座を確定させましょう!


posted by じろう at 23:46| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

地方3戦目【マグレブ】

12/14(水)
マグレブ
名古屋・オヤマリンドウ特別(C12・ダ1600m)岡部誠騎手

本日、マグレブの地方3戦目がありました。
前走で中央復帰の条件を満たしていましたが、修行の為居残り特訓中なのです。

私も仕事をちょっと抜けてスマホで観戦。
メンバーはこれまでの2戦とは打って変わってなかなかのメンバー構成のようでした。
そしてレース。
今回も逃げに出ます。
道中は相も変わらずの頭の高い走りで時々嫌々しているようでした。

直線に向かう頃には2頭のデッドヒート。
ゴール前わずかに差されて2着となりました。
勝った馬はディサイファの半弟アンカーマンでしたから、しょうがないですね。

あの走りでいい勝負出来てましたから、これからはもっと良くなるでしょう。
この調子でどんどん経験を積んで、鍛えて欲しいと思います。




★12/14(水)名古屋・オヤマリンドウ特別(C12・ダ1600m)岡部誠騎手 結果2着

岡部誠騎手
「速い馬を先に行かせて、2〜3番手で押さえて脚を溜める競馬をさせたかったのですが、周りが“行くならどうぞ”でしたね。向正面から全くハミを取らなくなり、フワーッと頭を上げた走りになってしまって、全くレースに集中していませんでした。それでもこの骨っぽいメンバーで僅差の2着に粘るのですから、能力は高いと思いますよ。気性面の課題を克服すれば、もうひと皮剥けてくるはずです」

川西毅調教師
「体が増えて余分な馬力があると、余計なところに気がいくようで…。負荷を掛けた調教をしっかりとやっていますが、かわいがり過ぎているのかな。ギリギリまで追い詰めた方が、遊ぶ余裕がなくなって走りに集中できるタイプかもしれません。中2週の正月開催ではなく、連闘する方向で考えています」


posted by じろう at 22:36| Comment(2) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする