ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年01月23日

愛馬成績1/22

2017年1月22日現在
2017年成績
8戦0勝(0−2−0−1−0−1−0−2−2)
勝率 .000
連対率 .250
複勝率 .250
掲示板率 .375
入着率 .750


総合成績
140戦14勝(14−16−15−6−4−12−6−9−58)
勝率 .100
連対率 .214
複勝率 .321
掲示板率 .392
入着率 .585


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 0−2−0−1−0−1−0−2−2

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−15
2012年産(4頭)7−6−9−3−2−6−4−6−17
2013年産(4頭)3−3−1−1−1−5−1−1−22
2014年産(8頭)2−4−0−1−0−1−0−1−4
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−1−1−0−1−1−9
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−2−2−2−2−2−3−4
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−4−1−0−2−2−3−8
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
5−5−3−0−0−2−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−6
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−4
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
1−0−1−0−0−1−0−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−1−1−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−0−0−2
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−0−0−1
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−0−0−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
0−1−0−0−0−0−0−0−0
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
オークルームの15(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
トーセンリリーの15(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
エスワンスペクターの15(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
レットイットスノーの15(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
レーヴドゲランの15(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)10−13−14−5−4−8−5−9−46
牝馬(5頭)4−3−1−1−0−4−1−1−12

【生産別】
内国産(22頭)14−16−15−6−3−11−6−9−52
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)7−9−9−4−1−7−4−6−39
その他牧場産(11頭)7−7−6−2−3−5−2−3−19

【毛色別】
鹿毛(10頭)7−8−9−3−3−8−4−7−32
黒鹿毛(5頭)2−1−2−0−0−1−0−0−6
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)5−7−4−3−1−3−2−2−20
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)12−13−12−5−1−8−4−7−37
栗東(11頭)2−3−3−1−3−4−2−2−21

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−1−3−1−2−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−12
尾形和幸厩舎(2頭)6−5−3−0−0−2−0−0−3
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−4
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−4−1−0−2−2−3−8
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−0−0−1
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−0−0−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
高橋祥泰厩舎(1頭)0−0−0−1−0−1−0−2−0
清水英克厩舎(1頭)0−0−1−0−0−0−0−0−1
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−3−5−1−1−1−1−1−31
アイルハヴアナザー(3頭)0−1−0−1−0−0−0−0−1
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−4
スペシャルウイーク(2頭)3−2−5−1−0−2−2−3−8
ステイゴールド(1頭)0−0−2−2−2−2−2−3−4
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)5−5−3−0−0−2−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−0−0−2
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−0−0−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    8−9−3−1−0−5−1−1−7
1000〜1400万(6頭) 3−3−5−1−0−4−2−4−27
1401〜1800万(6頭) 2−3−6−4−3−2−3−4−18 
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−1−1−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 5−5−11−4−4−6−6−7−41
ダート 9−11−4−2−0−6−0−2−15

【距離別】
1000〜1300m 4−6−3−1−0−4−2−1−12
1301〜1899m 10−10−11−5−3−5−3−6−36
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−1−6
2101〜2700m 0−0−0−0−0−2−0−1−2
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 05:56| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

初勝利ならず【ヒノアカツキ】

中京1R 3歳未勝利 ダ1800m 北村宏司騎手

好スタートから逃げに出ます。
芝のレースでは追走に手間取りましたが、ダートでの行きっぷりには嬉しい収穫です。
しかし、2番手には人気のアスカノハヤテにぴったりマークされる苦しい展開で、道中ではこれは直線で最後交わされて2着のパターンかな?と見ていたら直線で早々に勝ち馬アスカノハヤテに交わされただけでなく、3,4人気の馬にも交わされ、4着でした。

レース前はかなり期待していたのですが、初勝利となりませんでした。
今年のじろう厩舎の初勝利もまだで、いつになるのでしょうか?

体もまだ緩いのもあると思いますので使いながら、力を付けていって欲しいですね。
次走は続戦であれば、権利もあり狙ってレースに出られるのでしっかり絞って出て欲しいですね。

1485064159178.jpg
1485064171256.jpg
1485064152768.jpg
(ぼむさん提供)




★1/22(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m)北村宏司騎手 結果4着

「これまでの芝の2戦では先行できていませんが、行きっぷりが違ったようですね。スタートが良くハナに立ってしまって、キックバックを受けてないので控えた際にどうかはわかりませんが、当面はダートの方が良さそうですよ。終始勝ち馬にマークされて少々厳しい展開でしたが、それでも最初のコーナーから自分のリズムで運べていましたので、大型馬で使いつつという印象を受けました。いずれにしてもこれからの馬ですよ」(北村宏司騎手)


posted by じろう at 12:39| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

夢の舞台はまだ先【ブラゾンドゥリス】

京都11R すばるステークス ダ1400m 福永祐一騎手

ここを勝って、フェブラリーSに向かいたい勝負レースでしたが、スタートで後れを取り、道中砂を被りスムーズさを欠いたのが敗因でしょうか、2着と惜敗でした。
しかし、これまでなら砂を被るともっと嫌がり着順ももう少し悪くなりそうなイメージでしたが、頑張ってくれました。
これも成長の証ではないでしょうか。

結果は残念ですが、これで無理しないで大きい所はまた先に見据えて鍛え直しましょう。
OP戦での勝利はまたお預けになりましたが、OPに上がってからは大きく負けた武蔵野S以降は、1700m→1800m→1400mの距離を2着→3着→2着と本当に頑張ってくれています。

本当に馬主孝行な馬です。
褒めてあげたいですね。

さて、次走はどこ狙うのかな?




★1/21(土)京都・すばるステークス(ダ1400m)福永祐一騎手 結果2着

「ゲートを出なかったのでテンのダッシュがきかず、イメージしていたポジションでは競馬を運べませんでした。ただ、メンコ着用の効果があったのか、内々で砂被りを嫌いながらもコーナーでは我慢してくれて、直線で外に出したらいい脚を使ってくれました。今まではこのパターンだと好結果が出なかったことを考えれば、今日のレースは収穫があったんじゃないでしょうか。スタート次第では後ろから行っても面白いと思いますよ」(福永祐一騎手)


posted by じろう at 17:36| Comment(4) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後方【メルドオール】

中京9R 4歳上500万下 芝2200m 長岡禎仁騎手

もうコメントする気になれないです。
前回と同じ感想なので。

スタート決めて最後方。
切れる脚もないのに…
中京コースなのに…
志願して乗ったのに…

メルドオールは毎回頑張って自分の力は出しています。
馬自身に力が足りないのも認めますが、そこを騎手や作戦でカバーして勝たせてあげたい。

後ろに下げたのは、騎手の判断なのか先生の指示なのかわかりませんが、このままではいつまでたっても勝てる気がしません。

ストレス溜まるなぁ〜




★1/21(土)中京・4歳上500万下(芝2200m)長岡禎仁騎手 結果6着

「最内枠を生かし内々をロスなく通り、最終コーナーで外に出す作戦でした。最後の直線で前が開いた時は、一瞬やったかと。最後は脚色が一緒になってしまいました。メリハリを利かした競馬をしてなるべく脚を溜めたかったので、前半は後方から進めましたが、結果的にはもう少し前のポジションでも良かったですかね。ただ、このスタイルが板についてくれば、通用すると思います。今日は3着、最低5着までにはなんとかしたかったですね」(長岡禎仁騎手)


posted by じろう at 17:34| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここは勝っておきたかった【ホウロクダマ】

京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 和田竜二騎手

ノド鳴りもあり、メンバー的にもここは勝負レースのホウロクダマでしたが、結果は直線で先頭にたつもののゴール前交わされ残念な2着でした。

レースは好スタートから楽に先行します。
道中は前を行く2頭を見ながら進め、直線に向いたと同時に勝負を付けに行きます。
2頭を交わし、先頭に立ち勝てると思ったその時、外から1頭飛んで来ました…。

粘れ〜と叫ぶものの、声届かず交わされました。

これまでの結果からみれば、今後に期待の持てる2着なのでしょうが、正直ここは勝っておきたかったですね。
ノド鳴りの問題もありますし、何と言っても今回はメンバーが楽でした。
今回の結果を受けて、即勝ち上がりかと言われればまだまだ怪しい感じです。
タイム的にももっともっと詰めなければいけません。
走りには満足していますが、結果には満足出来ていないというのが正直なところです。

最大のチャンスだったのにな…。
次走に期待しましょう!



★1/21(土)京都・3歳未勝利(ダ1200m)和田竜二騎手 結果2着

「スタートよくダッシュもついて、外めからそれほど無理せずポジションを取ることができました。道中も先頭、二番手を見ながら自分のペースで運べることができ、四角での手応えも抜群で楽に勝てる感触だったのですが…スミマセン、抜け出すのが少々早かったかもしれませんね。上りの息はフーフーと荒かったものの、今日のような少し湿り気の残っている馬場や舌を縛った効果もあって、レースで喉はまったく気になりませんでしたよ。こういう先行する競馬を続けていけば、すぐ順番が回ってくると思います」(和田竜二騎手)


posted by じろう at 17:31| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする