ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年02月27日

3/5が楽しみ♪

3/5が今から非常に楽しみです。

何故か?

3/5には出資馬が3頭出走予定しています。(1頭スライドしてしまいました)

では紹介しましょう!
まずは、前走3着に好走し権利を取っての万全での出走となります

ジャストフォーユー

2/18 東京12R 4歳上1000万下・混 芝1400m 江田照男騎手
に出走したジャストフォーユーは気性面での成長も伺え、また江田照男騎手の分析力・好判断もあり3着と好走しました。

その権利を活用しての次走が3/5中山12R芝1600mに田辺騎手で予定されています。

ジャストフォーユーに田辺騎手が乗った時の戦績がこちら
4戦1勝(1-1-1-0-0-1)

ムラ馬の安定しないなかでのこの結果は素晴らしいです。
更に言えば最近の安定してきた戦績は、気性面の成長もあるでしょうが田辺騎手のおかげでもあると思うのです。
そんなジャストフォーユーは栗田先生は東京芝1400mがベスト条件と踏んでいる感じなのですが、私は現時点では中山芝1600mがベスト条件と見ています。

鞍上に関して言えば、もちろん田辺騎手です。

そんな私が思うベストな組み合わせが今週末見れるのです。これはかなり楽しみです。
もちろん1頭で走るわけではないので、相手関係もまだわかっておりませんが、ジャスト自身の走りは出来ると思っています。
勝ってくれるのが一番ですが、好走を期待して日曜日を待ちたいと思います。


次に楽しみな馬は

アナザートゥルース

3/5中山12R3歳新馬(ダ1800m)に出走予定です。(出走出来るのかは抽選次第ですが)
ご存じサウンドトゥルー、ルールソヴァールの半弟で、私の期待の1頭です。

母キョウエイトルースの仔は皆晩成傾向にあり、この馬もご多分に漏れずゆっくりと育成・調整されてきました。これは出資段階からわかっていたことなので、わたしもゆっくりと見守ってきましたが、昨年末になってもあまりいいコメントも聞かれず少し不安に思うところも正直ありました。
しかし、1/19に入厩してからは気性面を除いては(笑)順調に調整され、ここ最近での調教内容等を見ても期待させてくれる内容でワクワク感が止まりません。気性面を除いては…。

ただし、兄弟達のデビュー戦の成績を見てみると、

コンフォーコ(父トワイニング) 2007/07/14  函館ダ1000m 2着
コンフェルヴォーレ(父タニノギムレット) 2008/11/15 東京芝1600m 8着
ヒデノオーカン(父フサイチコンコルド) 2010/07/11 阪神芝1800m 7着
ツインクルスター(父サクラバクシンオー) 2011/12/10 中山ダ1200m 2着
サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ) 2012/10/06 東京ダ1300 6着
ブロンズテーラー(父ロージズインメイ) 2014/06/14 函館芝1200m 5着
ルールソヴァール(父フレンチデピュティ) 2015/02/07 東京ダ1400m 4着

御覧の通り、サウンドトゥルーでさえデビュー戦で勝てていません。
デビューも成長も遅めの晩成傾向丸出しですね。

しかし、アナザートゥルースはきっと初戦からやってくれるでしょう!(期待感込みで)
もしもの成績の時は気性と母の産駒全てがデビューで勝てていないせいにするつもりです。
なので、既に言い訳を用意しての勝利宣言ですので問題ありません。

後は、無事に出走出来るのか?
ここが一番の問題でもあります。


さぁ最後は、当初の3/5ではなく翌週にスライドしてしまった

シシオウ

8/7のデビュー戦2着以来の復帰となります。
デビュー戦でいきなりの2着でしたから、次走は確勝と思っていたら軽度の繋靭帯(中骨間筋)近位付着部炎を発症しここまで長引きました。
これが結果的に馬の成長を促してくれていたらいいのですが、それは復帰戦の走りを見てみないと半信半疑ですね。
しかし、強気になれる結果も実はあります。

デビュー戦で接戦の末、勝利したミラアイトーンが既に2勝を挙げ、先週のアーリントンC(G3)にも2番人気で出走したのです。(結果は8着でしたが)
更には3着のデュパルクカズマも既に勝ち上がり、4着のナムラライラも2戦目で勝ち上がり、8着のセイイーグルも2戦目で勝ち上がっています。
10着のメイショウハチクに関しては勝ち上がれてはいないものの2着2回、3着1回と勝ち上がりも時間の問題です。
そして驚く事に、このレースで最下位だったタガノディグオは続く2戦目は3着。
その後2着を3回続け、その後に勝ち上がり。
更には昇級後の500万下のレースでも2戦連続の2着。

この(仮)伝説の新馬戦から既に5頭もの勝ち馬を出しているのです。
これはなかなかのレベルのメンバーだったと言ってもいいでしょう。
将来、このレースが伝説の新馬戦だったと言われるような活躍をシシオウにはして貰いたい!

本来であればこのシシオウも3/5に出走予定していたので、この日は相当ワクワク出来る日と楽しみにしていたのです。

ただ、ジャストフォーユーは確定でしょうが、アナザートゥルースは抽選でしょうし、シシオウは既に次週にスライドしておりますので、ジャストフォーユー1頭のみの出走の可能性もあります。

それでも今から週末が楽しみでならないのです。

posted by じろう at 20:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬成績2/26

2017年2月26日現在
2017年成績
19戦2勝(2−2−1−2−1−2−0−3−6)
勝率 .105
連対率 .210
複勝率 .263
掲示板率 .421
入着率 .684


総合成績
151戦16勝(16−16−16−7−5−13−6−10−62)
勝率 .105
連対率 .211
複勝率 .317
掲示板率 .397
入着率 .589


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 2−2−1−2−1−2−0−3−6

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−16
2012年産(4頭)8−6−10−3−2−7−4−6−18
2013年産(4頭)4−3−1−1−1−5−1−1−23
2014年産(8頭)2−4−0−2−1−1−0−2−5
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−1−1−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−2−2−2−2−2−3−5
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−2−3−8
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
6−5−3−0−0−2−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−6
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−5
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−0−1−0−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−1−1−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−0−1−2
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−0−0−2
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−1−1−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
0−1−0−0−0−0−0−0−0
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)11−13−15−6−5−9−5−9−49
牝馬(5頭)5−3−1−1−0−4−1−2−13

【生産別】
内国産(22頭)16−16−16−7−4−12−6−10−56
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)8−9−10−5−2−8−4−6−42
その他牧場産(11頭)8−7−6−2−3−5−2−4−20

【毛色別】
鹿毛(10頭)8−8−10−4−4−9−4−7−33
黒鹿毛(5頭)3−1−2−0−0−1−0−0−6
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)5−7−4−3−1−3−2−3−23
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)14−13−13−5−1−9−4−8−41
栗東(11頭)2−3−3−2−4−4−2−2−21

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−1−3−1−2−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)7−5−3−0−0−2−0−1−3
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−5
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−2−3−8
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−1−1−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
高橋祥泰厩舎(1頭)0−0−0−1−0−1−0−2−1
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−0−0−0−0−1
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)4−3−5−1−1−1−1−1−32
アイルハヴアナザー(3頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−5
スペシャルウイーク(2頭)3−2−6−1−0−3−2−3−8
ステイゴールド(1頭)0−0−2−2−2−2−2−3−5
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)6−5−3−0−0−2−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−0−1−2
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−1−1−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    9−9−3−1−0−5−1−2−8
1000〜1400万(6頭) 4−3−6−2−1−5−2−4−27
1401〜1800万(6頭) 2−3−6−4−3−2−3−4−21 
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−1−1−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 6−5−12−4−4−7−6−8−43
ダート 10−11−4−3−1−6−0−2−17

【距離別】
1000〜1300m 5−6−3−2−1−4−2−2−13
1301〜1899m 11−10−12−5−3−6−3−6−38
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−1−6
2101〜2700m 0−0−0−0−0−2−0−1−3
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 13:07| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

スタートはGOOD!【キャラメルフレンチ】

中山7R 3歳500万下・混 芝1200m 野中悠太郎騎手

デビュー勝ちの後がパッとしないキャラメルフレンチ。
まだまだ本格化は先のようで、そう言う意味でも既に勝ち上がっているのは大きい。
尾形先生なら馬の成長に合わせて、鍛えて強くしてくれるだろう。

本日は、そのデビュー勝ちと同舞台。
ここで少しは見所あるレースをして欲しいと期待を持って見守る。

レースは大外枠16番から。
抜群のスタートからダッシュ良く2番手追走。
道中も問題なく追走し、直線へ。
一瞬もしや⁉と思わせるもすぐに先頭の馬に突き放され、後続の馬に飲み込まれていく。
それでも頑張って踏ん張っており、急激に垂れた訳ではない。

これから鍛えて行けば十分やっていける馬だと思う。
今後は怪我無く走って欲しい。





★2/26(日)中山・3歳500万下(芝1200m・混)野中悠太郎騎手 結果8着

「スタートセンスが良く、二の足の早さも抜群ですね。デビュー勝ちした条件だけあって、距離やコースも合っていると思います。坂を上がって苦しくなり、右にモタれる場面はありましたが、このクラスで十分にやっていけると感じましたよ。トモに力が付いてくればもっと粘りが増すのではないでしょうか」(野中悠太郎騎手)


posted by じろう at 14:16| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

16・16・16【クリプトスコード】

中山12R 4歳上1000万下 ダ1200m 井上敏樹騎手

リルティングインクの激走の興奮冷めやらぬうちの出走となった中山12Rクリプトスコードですが、16頭立て16番人気16着とフィーバーしました…。

スタートを決めたのですが、逃げられず3番手に付けていたと思っていたら、直線向くころには勝負にならない位置にいました。
ちょっとこのままでは厳しい感じですね〜。
この後は、はい!わかっていますよ。

『節を稼ぐのとリフレッシュを目的に一度外厩に出すことにします。』

ですね。

この成績なので仕方ないのですが、毎度毎度の繰り返しなので何か工夫というか手立てはないものでしょうか。
う〜ん田島先生何とか頼みますよ〜




★2/25(土)中山・4歳上1000万下(ダ1200m)井上敏樹騎手 結果16着

「積極的に行くよう指示を受けていたので試みたものの、周りの二の脚の方が速い状況でした。ここでこれ以上無理して押し切るよりもと脚を溜める方向にきりかえ、何とか坂の下まではふんばってくれてるのですが…。前に行く形だけでなく、色々な競馬を試してみるのも良いかもしれません」(井上敏樹騎手)


posted by じろう at 20:18| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菜七子で勝った!【リルティングインク】

小倉8R 4歳上500万下・牝 芝1200m 藤田菜七子騎手

やりました!リルティングインクがデビュー戦以来の2勝目を挙げました♪
リルティングインクの勝利はもちろん嬉しいのですが、ななこで勝ったのが最高に気持ちいい!


菜々子ありがとう!
imga9981a54zik5zj.jpeg


違う!


菜七子Jありがとう!!
puffer_5.jpg


高野厩舎から清水英克厩舎に転厩後の3戦は全て藤田菜七子騎手。
菜七子騎手との初コンビは見どころたっぷりの3着。
2戦目は9着と残念な結果でしたが、3戦目の今回は見事な騎乗振りでの優勝と最高です。



それではレースを振り返りましょう!

PicsArt_02-25-02.29.53.jpg
まずまずのスタート!


PicsArt_02-25-02.31.11.jpg
残り400m手前から徐々に進出開始


PicsArt_02-25-02.31.52.jpg
直線で外に持ち出し追い出します


PicsArt_02-25-02.32.31.jpg
必死に追います


PicsArt_02-25-02.33.01.jpg
ゴール手前で交わした〜


何度も言います!
ありがとう!菜七子騎手
清水先生&厩舎スタッフの皆さまありがとうございました。



★2/25(土)小倉・4歳上500万下(芝1200m・牝)藤田菜七子騎手 結果:優勝

「丹内先輩から聞いていた通り、状態が本当に良かったですね。スタートが決まり、楽に前へ行けましたし、ラストまでしっかりとした脚取りでした。小倉の馬場もきれいな芝で走りやすく、上手く立ち回れたかなと思います。3戦続けて乗せてもらっているご期待に応えることができて良かったですし、今年の初勝利を初めて参戦した小倉で挙げることができて、正直に嬉しいです。ありがとうございました」(藤田菜七子騎手)/span>

posted by じろう at 15:29| Comment(12) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする