ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年02月05日

力の差【ホウロクダマ】

京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 和田竜二騎手

2頭強敵になるだろうと思う馬がいましたが、スタートを上手く出られれば勝っておかしくないと戦前は思っていました。
馬体重もマイナス14kgと完全にこれは勝負だ!と感じましたが、結果は5着と上位2頭とは明らかに力の差がありましたね。
この馬なりに頑張っているし、少しづつでも成長してくれていると感じますが、勝ちきるにはもう少し成長と減量が必要でしょうか。
1200m戦で前に行ける脚はあるので、このままいけば勝ち上がりは問題ないと思っています。
ノド鳴りの問題を除いては。

連戦で来たので、権利を取りましたがこの後続戦なのか一旦放牧なのかはわかりませんが、放牧となるとまたしばらく帰ってこれない危険性も感じるので今回で勝って欲しかったです…。
どう判断されるのか近況報告を待ちましょう!



★2/5(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m)和田竜二騎手 結果5着

「馬体重マイナス14kgは全く問題なく、むしろ絞れてちょうどいい感じ。それにしても人気2頭の時計が速すぎですよね。ただ、自身もスタートからしっかりと追走して、1分12秒台前半で走れたわけだから、悲観する内容ではないと思います。次で休み明けから4戦目になるので、どうするか自分にはわかりませんが、阪神でリベンジしたいですね」(和田竜二騎手)

posted by じろう at 13:02| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

馬名総選挙2017開票結果【ノルマンディー】

本日、朝から何回HPを覗きにいったことか…。

馬名総選挙2017

投票も終わり、選挙結果が発表される日。
冒頭の通り、朝からHPに確認に行く事数十回、いや百回以上?
そんな落ち着かない状況なのに、夕方からちょっと用事があり、仕事を早めに切り上げ家族で外出している最中の結果発表。
完全に出遅れました…。

気になる出資馬の候補馬名を発表します!と言いたいところですが、発表もマイページのみでの発表であるため、この時点でのブログでの公開は控えておきます。

ところで、本当に気になっていたのは、そう!
出資5頭中、唯一最終候補まで応募馬名が残っていたレーヴドゲランの15

ドキドキの結果発表でしたが、
見事1位に選ばれました!

投票してくださった方、本当にありがとうございます。
しかし!しかしなのですが、まだ油断は出来ません!

そうです!過去にも私はやっちゃっていますので…。
こちら

例え1位でも油断は出来ません。
過去にも何度か私以外でも2位の馬名が登録されている例があります。
まだドキドキは続きますが、無事登録され、初の名付け親となる日を待ちたいと思います。

馬名についてはセンスや思い入れ等色々あり、万人受けは難しいですし、賛否両論あるとは思いますが皆さんがこの名前で良かったと思ってもらえるようになって欲しいと思います。

後、数週間吉報を待ちたいと思います。
今度こそ!

posted by じろう at 23:34| Comment(14) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

今週の出走馬2/5

2月5日
ホウロクダマ
京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 和田竜二騎手 56kg

1日(水) 坂路コース 56.8-41.4-26.2-12.9 単走 馬ナリ
昨日の想定で、優先出走権持ち馬の頭数が少ないうえにフルゲート割れの可能性があったため、中1週続きになるが出走を決めた。
先週の日曜日に15-15をおこない、今週でも来週でも使える算段にしてあったし、昨日の坂路でラスト2Fから加速していく感じは、前走の最終追い切りよりも上のような気がする。
メンバー的に今度は本命サイドになるでしょうから、期待を裏切らないようにしたい。
(中竹和也調教師)


来週の予定から1週早めての出走となりました。
確かに相手は2頭程強そうな馬がいますが、どうやっても勝てない相手ではないのでこの判断は正解となるかもしれません。
前走は2着と一気に変わり身を見せてくれましたが、メンバーレベルに助けられた感はあったので、今回が試金石ですね。
何でもいいから勝って欲しいのが本音です。
勝ってもおかしくないレースとなると思っています。



ジャストフォーユー
東京7R 4歳上1000万下・混 芝1400m 原田和真騎手 55kg

1日(水) Wコース 68.7-53.8-39.0-12.8 一杯
この中間は妙に落ち着き払っているというか、若干いつものジャストフォーユーとは雰囲気が違う印象。
最終追い切りでもテンからあまりスピードに乗らず、追っ付けて行って終いに脚を伸ばす内容。
これまではウォーミングアップを兼ねて一周半走らせた後は、テンションも上がって掛かり気味に行くことが多く見られたのだが、ややピリッとした感じに欠けるし、その点がレースでどう影響してくるのか。
それでも精神面で随分と成長しているのは確か。
翌週の1600mよりは東京であれば1400mの方が、ジャストにとって走りやすい舞台と考えるので、斤量2kg減も生かしていい内容の競馬をしてもらいたい。
(栗田徹調教師)


調子が今一つのようにも感じられますが、これがかえっていい方に向いてくれないかと願っています。
このクラスでも通用しないわけではないので、気分良く走れれば良い結果がついてくると思うのですが、今回は厳しいのかな?


posted by じろう at 19:54| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする