ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年04月30日

スピードはあるものの【キャラメルフレンチ】

新潟10R ゆきつばき賞・混 芝1200m 嶋田純次騎手

前走最下位からの巻き返しを狙うもまたしても最下位でした・・・。
レースはスタート良く飛び出し、楽に先手を取れるスピードは持っているのですが、最後の踏ん張りが効きません。
スタミナの問題なのか気性面の問題なのか・・・
とにかく現状ではとても好走のイメージが湧きませんね。これは時間がかかりそうです。

良く新馬戦勝てたよな〜と思うのですが、今思えばメンバーに恵まれてラッキーだったのでしょうね。
しかし、キャラメルフレンチはこんなものではないと信じています!
今はこんなものですが、まだ成長すると信じていますのでじっくり鍛えてすばらしい短距離馬に育って欲しいと思っています。
尾形先生よろしくお願いします。




★4/29(祝)新潟・ゆきつばき賞(芝1200m・混)嶋田純次騎手 結果16着

「スタートセンス抜群で、追っ付けることなくハナに立てるダッシュ力も持っています。最終コーナーを回る際に、右モタれの癖で走りづらそうにはしていたものの、道中それほど速いペースで行ってはいないので、もう少し粘ってほしかったですね。他馬に交わされてからは集中力が途切れてしまっていた印象ですし、距離をさらに縮めた1000mの競馬は、スピード豊富なこの馬にとってプラスに働くと思います」(嶋田純次騎手)

posted by じろう at 10:00| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

今週の出走馬4/29・30

4月29日
キャラメルフレンチ
新潟10R ゆきつばき賞・混 芝1200m 嶋田純次騎手 54kg

26日(水) 坂路コース 54.1-39.2-25.6-12.8 単走 末強目
トレセン帰厩から日はまだ浅いものの、リフレッシュされて馬の雰囲気がいい。
稽古でもピリピリしたところが見られないし、気持ちに余裕があるように感じられる。
口向きや右に張っていく癖など、少し乗り難しさが残る中で、最終追い切りでも鞍上との呼吸はピタリ合っていた印象を受ける。
本人もキャラメルの特徴を掴んで好感触を持っているので、ここは一度だけチャンスを与えてみました。
芝の状態が良好な開幕週だけに、先行してスピードをフルに生かす競馬が望ましいと考えている。
(尾形和幸調教師)


デビュー勝ち後500万下に昇級してからは大敗続きのキャラメルフレンチ。
そろそろ明るい兆しを見せて欲しいところですが、劇的に変わった様子もなく今回も厳しいのか…。
もっとやれるイメージだったのですが、もう少し先かな?
焦らずゆっくり成長まちますか。
まずは無事走り終えて欲しいところですね。



4月30日
マグレブ
新潟8R 4歳上500万下・若手 ダ1200m 藤田菜七子騎手 54kg

26日(水) 坂路コース 51.7-37.5-24.8-12.5 一杯
水曜日の追い切りは併走馬に1馬身ほど遅れを取ったとはいえ、3馬身くらい追走してのもの。
やれば時計が出るし、自分からしっかりハミを取って最後まで真っすぐ駆け上がっていた。
キッチリ態勢は整ったと見ていいでしょう。
ただ、普段の調教から集中力が持続しないタイプということが分かったので、今回はチークピーシズを着用して本番に臨むことにした。
名古屋ではブリンカーを着けていたようだが、転籍初戦で手探りの状況のなか、強制力の強い馬具をいきなり使うと判断材料が乏しくなり、今後の対策が立てにくくなってしまう恐れがある。
五泉特別(芝1400m)など適鞍と思われる番組がいくつかあったなかで、相手関係を吟味して最も与し易いと思われる番組をチョイスできたと思っているし、クラブ、自厩舎ともに相性の良いジョッキーを確保できた。
作戦については、枠順決定後に綿密な打ち合わせをして最善を尽くす。
(高橋祥泰調教師)


中央復帰戦です。
どれだけやれるのかとても楽しみです。
ただ、コメントは手探り感満載で一抹の不安も。なかなか乗り難しい馬ですので、菜七子騎手がどう乗りこなすのか見ものです。私としてはリルティングインクでのコンビで馴染みがありますので、同じゴッホ産駒の馬で好騎乗見せて欲しいですね。
兄と同じように復帰戦を勝利で飾って欲しいと思っています。
posted by じろう at 21:51| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

愛馬成績4/23

2017年4月23日現在
2017年成績
33戦6勝(6−3−2−3−2−2−2−3−10)
勝率 .181
連対率 .272
複勝率 .333
掲示板率 .484
入着率 .696


総合成績
165戦20勝(20−17−17−8−6−13−8−10−66)
勝率 .121
連対率 .224
複勝率 .327
掲示板率 .412
入着率 .600


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 6−3−2−3−2−2−2−3−10

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−2−1−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−10−3−2−7−5−6−20
2013年産(4頭)4−3−1−1−1−5−2−1−23
2014年産(8頭)5−5−2−2−2−1−0−2−7
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−2−1−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−2−2−2−2−2−3−6
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−3−3−9
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−0−2−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−6
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−5
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−0−1−1−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−2−2−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−0−1−3
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−0−0−2
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−1−2−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)15−14−16−7−6−9−6−9−52
牝馬(5頭)5−3−1−1−0−4−2−2−14

【生産別】
内国産(22頭)20−17−17−8−5−12−8−10−60
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)10−9−10−6−3−8−6−6−43
その他牧場産(11頭)10−8−7−2−3−5−2−4−23

【毛色別】
鹿毛(10頭)10−8−10−4−5−9−5−7−36
黒鹿毛(5頭)3−2−3−0−0−1−1−0−6
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)7−7−4−4−1−3−2−3−24
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)17−13−13−6−1−9−6−8−44
栗東(11頭)3−4−4−2−5−4−2−2−22

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−2−4−1−2−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−2−1−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−5−3−0−0−2−0−1−4
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−5
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−3−3−9
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−1−2−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−0−1−0−1−0−2−2
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−0−0−1−0−1
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)4−3−5−2−1−1−2−1−32
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−0−0−2
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−5
スペシャルウイーク(2頭)3−3−7−1−0−3−3−3−9
ステイゴールド(1頭)0−0−2−2−2−2−2−3−6
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−0−2−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−0−1−3
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−1−2−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−9−3−1−0−5−1−2−10
1000〜1400万(6頭) 4−3−6−2−2−5−4−4−28
1401〜1800万(6頭) 2−3−6−5−3−2−3−4−22
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−2−2−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 7−6−13−5−4−7−8−8−46
ダート 13−11−4−3−2−6−0−2−18

【距離別】
1000〜1300m 5−6−3−3−2−4−3−2−14
1301〜1899m 14−10−12−5−3−6−4−6−39
1900〜2100m 1−0−1−0−1−1−1−1−7
2101〜2700m 0−1−1−0−0−2−0−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 22:15| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々の好走【アペルトゥーラ】

福島11R 福島中央テレビ杯・混 芝1200m 丸田恭介騎手

ここ最近不甲斐ない成績のアペルトゥーラです。
国枝先生も出資者も外枠希望でしたが、4枠5番という微妙なところ・・・。
それでも、前年2着のレースでもあり、久々の好走を期待していました。

スタートは、そこそこ。
ダッシュがつかず中段の位置からレースを進めます。
外に出せよ〜外に出せよ〜とテレビ画面を見守っていたところ、アペルトゥーラが移った位置は・・・
最内!

そのまま直線を向いて、馬群の隙間に突っ込もうとしていました。
この瞬間、『あぁ〜ダメだ』と思いました。この子は怖がって間を抜けないんだよ〜と。

ところが、一瞬詰まるような所がありましたが、最後は脚を使いあわや3着か?の4着と久々に掲示板に載れました。
これが外枠だったならとタラレバを言いたくなるような結果に。
それでも少し光明が見えだしたので良しとしましょう!

私的にはよくあの間に突っ込んだぞ!とアペルトゥーラの走りを褒めてあげたい1戦でした。
お疲れ様♪


★4/23(日)福島・福島中央テレビ杯(芝1200m・混)丸田恭介騎手 結果4着

「スタートは良かったけど、追走に手間取ってしまって…。厩舎サイドから聞いていた通り、右モタれも凄くて、スムーズに流れに乗れませんでした。ただ、最終コーナーを回る際の手応えが良く、直線で脚も残っていたので、外枠だったらもっと際どかったと思います。福島コースとの相性も良さそうです。このレースをキッカケに軌道に乗れればいいですね」(丸田恭介騎手)

posted by じろう at 22:06| Comment(0) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

大逃げも…【ブラックジェイド】

京都9R あずさ賞・混 芝2400m 太宰啓介騎手

スタートを決め、徐々に差を広げ、大逃げの形に。
道中はドキドキものでしたが、直線を向くころには差が一気に狭まり、あぁ〜ここからズルズルかと思ったのですが、ここから踏ん張りました。
3着と負けはしましたが、直線一気に垂れてもおかしくない状況においてよく頑張ったと褒めてやりたいですね。
負けたのは残念ですが、また仕切り直しですね。
次走はダートに戻るのかな?
出来ればダート路線でお願いしたいですね。


IMG_20170424_124715.jpg

IMG_20170424_124724.jpg

IMG_20170424_124658.jpg

IMG_20170424_124651.jpg
NAKAさん提供



★4/23(日)京都・あずさ賞(芝2400m・混)太宰啓介騎手 結果3着

「前半にハミを噛み過ぎるところがあり、速いペースで1コーナーを回ってしまいました。2コーナー付近では馬も折り合ってリラックスして走れていましたが、スピードに持続力があって最後も止まっていないだけに、前半もう少し上手く折り合いをつけられたらと悔しさが残ります」(太宰啓介騎手)

posted by じろう at 22:53| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする