ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年05月25日

今週の出走馬5/27

5月27日
リルティングインク
東京10R 葉山特別・混 芝1600m 大野拓弥騎手 55kg

21日(日) Wコース 68.5-53.5-39.4-12.6 単走 直線強目
24日(水) Wコース 67.6-52.5-38.2-12.8 単走 強目
週末と昨日の追い切りでもしっかり動けていたため今週の出走に決めた。
動きもさることながら体調が良いことも評価できる。
毛ヅヤもピカピカして、銭形模様も出ているので見るからに状態の良さがわかると思う。
うちで預かってからは1200、1400mを使ってきて、1200mで結果は出しているものの、バタバタと忙しい印象があったので今回は1600mと距離を延長しての挑戦となる。
今後のレース選択をする上でも大事な一戦となるし、チグハグな競馬にならないよう仕上げたつもり。
(清水英克調教師)


調子はいいようですね。
久々のマイル戦ですね。
確かに1200は忙しいようにも見えますが、久々のマイル戦をどのように走るのか注目です。
注目といえば、鞍上が奈七子騎手から大野騎手に乗り替わりとなりました。
これもどのように作用するのか注目です。


ブラゾンドゥリス
東京11R 欅ステークス ダ1400m 内田博幸騎手 58kg

21日(日) 坂路コース 57.6-41.9-27.1-13.1 馬ナリ
24日(水) 坂路コース 51.6-38.4-25.7-13.1 強目
ウチパクさんからの志願があって最終追い切りで感触を掴んでもらった。
日頃はあまり稽古駆けしないタイプのブラゾンだが、やっぱり何か感じ取るものがあるようで楽々スイスイと動けていた。
中間も状態面に不安はなく、デキは文句なし。
普段より斤量が1kg重くなるし、骨っぽい相手も出てくるが、秋また大きな舞台に立つためにここは負けられない一戦。
相性抜群のバッテリーに完封してもらいましょう。
(尾形和幸調教師)


ウチパクさんの志願の最終追い切り。
なんてすばらしい響きなんだ(笑)
これは勝たなきゃいけないでしょう!相手なんて関係ない!力でねじ伏せよう!
じろう厩舎ここ最近勝ててない…。何連敗中だろうか。
連敗を止めるのはやはりこの馬!
ブラゾンドゥリスしかいない!完封と言わずノーヒットノーランを!いや完全試合で締めましょう!


posted by じろう at 23:28| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

HBAトレーニングセール2017

本日、HBAトレーニングセール2017が開催されました。

そこで我がノルマンディーも落札しましたので紹介します。


No.165 スイートクラフティの15 牝
父:ダノンシャンティ
生産:シンボリ牧場
落札:ノルマンディーファーム
落札金額:7,000,000円(税別)
タイム:VTRタイム 12.43 当日2F 11.77 当日1F 11.40 2F合計23.17
馬体重:436kg

スイートクラフティの17.jpg

今年もノルマンディーが落札しましたね。
昨年は2頭落札しており、そのうちの1頭が出資馬でもあるビターレ(アイアンアタックの14)です。
あの時の走りは圧巻でしたね(笑)これ以上言うのはやめておきましょう!

そういうこともあり、あまり興味が湧きません…。
ダノンシャンティ産駒には興味があるのですが、残念ながら牝馬なのですよね〜
最近のノルマンディーは牡馬ならなぁ〜という馬が多くて非常に残念ですが、裏を返せば、そのおかげで出資が抑えられているとも言え、どうなんだろう(笑)

母のスイートクラフティは米国産であり、戦績は25戦5勝。
主な勝ち鞍は1000万下(3勝)
芝の短距離馬でした。

そんな母の産駒達は
当馬を含め6頭。
デビュー済みの5頭中3頭が未勝利。2頭は勝利しているものの、中央では未勝利後地方での勝利と母の繁殖能力も疑問ですね。

まだノルマンディーで募集されるのかは未定ですが、私は静観するつもり。

posted by じろう at 23:23| Comment(2) | セール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬成績5/20

2017年5月20日現在
2017年成績
43戦6勝(6−4−2−3−4−2−4−3−15)
勝率 .139
連対率 .232
複勝率 .279
掲示板率 .441
入着率 .651


総合成績
175戦20勝(20−18−17−8−8−13−10−10−71)
勝率 .114
連対率 .217
複勝率 .314
掲示板率 .405
入着率 .594


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 6−4−2−3−4−2−4−3−15

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−2−1−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−10−3−3−7−6−6−20
2013年産(4頭)4−3−1−1−1−5−2−1−25
2014年産(8頭)5−6−2−2−3−1−1−2−10
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−2−1−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−2−2−2−2−2−3−6
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−4−3−9
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−1−2−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−7
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−6
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−0−1−1−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−3−2−0−1−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−1−1−4
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−0−0−2
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−1−2−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−1
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)15−15−16−7−8−9−7−9−55
牝馬(5頭)5−3−1−1−0−4−3−2−16

【生産別】
内国産(22頭)20−18−17−8−7−12−10−10−65
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)10−9−10−6−3−8−7−6−46
その他牧場産(11頭)10−9−7−2−5−5−3−4−25

【毛色別】
鹿毛(10頭)10−8−10−4−6−9−6−7−37
黒鹿毛(5頭)3−3−3−0−1−1−1−0−7
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)7−7−4−4−1−3−3−3−27
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)17−13−13−6−2−9−8−8−48
栗東(11頭)3−5−4−2−6−4−2−2−23

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−4−1−3−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−2−1−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−5−3−0−1−2−1−1−5
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−6
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−9
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−1−2−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−0−1−0−1−0−2−3
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−0−0−1−0−1
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)4−3−5−2−1−1−2−1−33
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−0−0−3
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−6
スペシャルウイーク(2頭)3−4−7−1−1−3−4−3−9
ステイゴールド(1頭)0−0−2−2−2−2−2−3−6
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−1−2−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−1−1−4
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−1−2−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−9−3−1−1−5−2−2−12
1000〜1400万(6頭) 4−3−6−2−2−5−5−4−29
1401〜1800万(6頭) 2−3−6−5−3−2−3−4−23
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−3−2−0−1−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 7−6−13−5−4−7−10−8−47
ダート 13−12−4−3−4−6−0−2−22

【距離別】
1000〜1300m 5−6−3−3−2−4−4−2−17
1301〜1899m 14−10−12−5−5−6−5−6−41
1900〜2100m 1−1−1−0−1−1−1−1−7
2101〜2700m 0−1−1−0−0−2−0−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 22:23| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

直線は興奮!【ジャストフォーユー】

東京12R 4歳上1000万下 芝1400m 蛯名正義騎手

まずまずのスタートを決めましたが、他にも行きたい馬がおり、スタート直後は間に挟まれた2,3番手くらいを追走となりそうで、嫌だな〜と思っていたら、いつの間にか離れた2番手を追走しており、これはなかなかの展開だなと感じており、そのまま直線へ、いつでも先頭を奪える手ごたえに見え、直線は本当に興奮しました。
しかし、頑張っていたものの、最後はゴール前で一気に後続集団に捕まり、7着となってしまいました。

レース前にも書きましたが、今度はローカルの中距離辺りをゆったりと逃げさせれば、今なら結構粘れるような気がするのですが、どうでしょう?




★5/20(土)東京・4歳上1000万下(芝1400m)蛯名正義騎手 結果7着

「内枠からスタートも決まり、逃げる形にはこだわらずとも好位で運びたいと考えていました。溜めて切れる脚を使うタイプではないですし、陣営からも今回デキの良さを聞いていたので強気の競馬を試みたのですが、結果的に少々ペースが速かったかもしれません。どうしても坂を上がってから踏ん張りきれなく、自分でフワッとやめてしまうところがありますね。だいぶ力まずに走れるようになってきただけに、あとはそこが解消されくれば」(蛯名正義騎手)

posted by じろう at 16:36| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

降級後だな【クリプトスコード】

新潟11R 火打山特別 ダ1200m 木幡初也騎手

未勝利時代は、良く走り本当に頭の下がる思いで、勝てずとも賞金をくわえてきてくれていました。
しかし、未勝利を勝ち上がり、まさかの500万下も突破し、今のクラスになってからは明らかに実力が追いついておらず、大敗しては、節稼ぎの放牧、出走大敗、放牧…の繰り返し。
今回も馬自身は頑張って走っているのですが、いかんせん勝負になる気がしません。

勝負は降級後の500万下のレースですね。
出来ればずっと掲示板を繰り返し、引退レースに奇跡の勝利をあげるというプランが最高ですね。



★5/20(土)新潟・火打山特別(ダ1200m)木幡初也騎手 結果11着

「ある程度前につけるよう指示を受けていたので、位置取りとしては悪くなかったと思います。4コーナーでも手応えはありましたし、実際伸びかけてはいるんですけど…。もう少し踏ん張ってほしかったですね」(木幡初也騎手)

posted by じろう at 16:34| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする