ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年09月27日

岡田スタッドが繁殖牝馬購入

少し前の話題になりますが、我らノルマンディーの母体となる岡田スタッドが繁殖牝馬を購入しました。


今年の繁殖牝馬セールで?
いやいや!繁殖牝馬セールは10月25日です。


それではどこで?何を?
この馬です!


Pagella
昨年のドイツのバーデン大賞(G1)で3着となった馬です。

バーデン大賞はドイツから凱旋門賞へ繋がるレースとして認識されていますね。
過去の勝ち馬にはキャロルハウス、ピルサドスキー、マリエンバード、ノヴェリスト、1995年のジャパンCを制したランド等がいます。更にはデインドリームもそうですね。
そのデインドリームは2011年のバーデン大賞を2人気で勝利し、凱旋門賞に向かい10人気と人気薄ながら勝利します。
その後、その年のジャパンカップにも参戦し、1人気に支持されるも6着と敗退しました。その時の勝ち馬はブエナビスタでした。
因みにデインドリームの15(2番仔の牡馬) 父Frankelは社台レースホースで1億2千万円で募集されています。

話は戻り、Pagella(パゲラ、パゲーラ)ですが、2016年のバーデン大賞の3着馬ですね。
その時の勝ち馬はIquitos(イキトス)です。
このレースが初のG1制覇でした。その後はG1戦を3戦走りますが、勝つことはなく引退します。引退レースはジャパンカップの7着でした。通算成績は13戦5勝。

2着馬はNightflower(ナイトフラワー)です。
次走はオイロパ賞(G1)を勝ち、ジャパンカップに参戦し12着敗退し、引退しております。通算成績は15戦3勝。

そんなバーデン大賞2016の3着馬は良血なのか?強いのか?が知りたく良くわからないバーデン大賞を調べてみましたが、Pagellaの情報がなかなか見つかりません。
過去の勝ち馬からは日本のジャパンカップを勝った馬や日本で種牡馬入りした馬もいますので、適性はさておきそれなりのレベルの馬なのかな?という感じですね。
あくまで3着馬であり、勝ち馬ではありませんが。
次に血統ですが、私の検索が甘いのか、これといった確かな情報が得られず…
恐らくこれで間違いないと思われるもののリンクを貼っておきます。

http://www.pedigreequery.com/pagella

父はサドラーズウェルズ系ですね。


いずれにしてもこういう形で岡田スタッドも繁殖の質やバラエティー豊かになって行くのは歓迎ですね。
たしか以前の牧雄氏の発言では兄繁幸氏と共に、社台に対抗する(良い馬を作る)には種牡馬で当てるのが一番だと発言していた記憶があります。
確かに種牡馬で当てれば一発逆転とまでは行かなくてもかなり差が縮まる可能性はありますが、それも宝くじを当てるようなもの。現実的にはなかなか厳しいなぁと感じていました。
そこに来て、この繁殖牝馬購入のニュースですから、もしや方向転換?と思えるものでした。
事実はわかりませんが、この仔がノルマンディーで募集されるのかは疑問ですが、岡田スタッドを支える繁殖牝馬となってくれることをノルマンディー会員の一員としても期待しております。

posted by じろう at 22:48| Comment(2) | 岡田スタッド関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

キーンランド・セプテンバーセール2017【岡田スタッド関連】

Keeneland 2017 September Yearling Saleが9月11日〜23日に行われました。
少し時間は経ってしまいましたが、岡田スタッドで1頭落札されておりますので、お知らせしたいと思います。

セールの詳細情報はこちら↓
http://flex.keeneland.com/summaries/summaries.html


Hip No.2158
牝馬
父:Graydar(父:Unbridled's Song)
母:Miss Luna
母父:Henny Hughes
落札者:Okada Stud
落札額:$70,000(約¥7,800,000.-)

PicsArt_09-23-08.48.49.jpg


父:Graydar

Graydar-Confo_resized12-19-2014-10-4-11-369.jpg

生産:米国産
生年月日:2009年5月16日 (8歳)
毛色:芦毛
戦績:6戦5勝
主な成績:ドンハンデキャップ(GT)

Graydarの父はUnbridled's Songであり、産駒のGraydarがドンハンデキャップを制し、アンブライドルズソング100頭目のステークス勝馬となった。


日本での産駒
情報なし


母:Miss Luna
情報なし


あまり情報がなく申し訳ありませんが、岡田スタッドが落札したことにより今後ノルマンディーOCで募集される可能性がありますので報告しておきます。

posted by じろう at 12:36| Comment(0) | セール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

愛馬成績9/23

2017年9月23日現在
2017年成績
78戦9勝(9−5−4−3−9−4−8−6−30)
勝率 .115
連対率 .179
複勝率 .230
掲示板率 .384
入着率 .615


総合成績
210戦23勝(23−19−19−8−13−15−14−13−86)
勝率 .109
連対率 .200
複勝率 .290
掲示板率 .390
入着率 .590


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 9−5−4−3−9−4−8−6−30

【世代別】
2011年産(2頭)4−3−4−2−3−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−11−3−3−8−7−7−24
2013年産(4頭)4−3−1−1−2−5−2−1−33
2014年産(8頭)6−7−3−2−5−2−4−4−13
2015年産(6頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
4−3−4−2−3−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−3−2−2−2−3−4−7
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−4−3−12
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−1−3−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−10
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−8
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−1−1−1−0−9
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−3−3−0−2−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−1−0−0−0−1−1−2−5
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
1−1−0−1−3−1−2−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
リンダムーンの15(リンダムーン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−1−3

【性別】
牡・騙馬(19頭)18−15−18−7−12−10−11−11−64
牝馬(5頭)5−4−1−1−1−5−3−3−22

【生産別】
内国産(23頭)23−19−19−8−12−14−14−13−80
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)13−9−10−6−7−8−10−6−57
その他牧場産(12頭)10−10−9−2−6−7−4−7−29

【毛色別】
鹿毛(10頭)11−8−11−4−7−10−9−9−45
黒鹿毛(6頭)3−3−4−0−3−1−1−0−11
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)9−8−4−4−3−4−4−4−30
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(17頭)19−14−14−6−5−11−10−10−59
栗東(11頭)4−5−5−2−8−4−4−3−27

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−5−1−4−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)4−3−4−2−3−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−6−3−0−1−4−1−2−6
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
中竹和也厩舎(1頭)1−1−0−1−3−1−2−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−7
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−1−0−1−0−4
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)6−3−5−2−4−1−2−1−39
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−1−0−3
スペシャルウイーク(3頭)3−4−8−1−2−3−4−3−12
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
ステイゴールド(1頭)0−0−3−2−2−2−3−4−7
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−1−3−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−2−5
ショウナンカンプ(1頭)1−1−0−1−3−1−2−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−10−3−1−1−7−2−3−15
1000〜1400万(6頭) 5−3−6−2−4−5−7−4−38
1401〜1800万(7頭) 4−3−7−5−5−2−5−6−26
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−3−3−0−2−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 9−7−14−5−7−8−12−10−56
ダート 14−12−5−3−6−7−2−3−28

【距離別】
1000〜1300m 8−7−3−3−5−5−6−4−23
1301〜1899m 14−10−13−5−6−7−6−7−49
1900〜2100m 1−1−2−0−1−1−1−1−8
2101〜2700m 0−1−1−0−1−2−1−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 07:22| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

逃げた!垂れた…【マグレブ】

中山7R 3歳上500万下 ダ1200m 黛弘人騎手

久々の出走となりましたマグレブです。
どこを目指すのか?どこを目指しているのか?出資者には全くわからない状況ですが、我々出資者は純粋にマグレブを応援するだけです。

某新聞の師のコメントでは『まだ適性を掴みきれていない感じ』とありました。
きっと引退するまで適性は掴みきれないのではないかと思える師の使い方です。(メルドオールの使い方も含めてでうが)
次走は新潟千直狙いが理想ですが、今日走ったことにより果たして出走できるのか甚だ疑問ですし、師がどこを目指すのかもわかりません。
まさか芝長距離という事はないと思いますが…

愚痴から始まってしまい、肝心のレース回顧をするまえに終えるところでした。

レースはスタートをそこそこ出て、そこまで追うことなく先手を奪いました。
この時点ではもしや!?と思える展開に!
しかし、直線を向くや、ズルズルと後退…。
ブービーの15着でゴールでした。
前半が速すぎたですね。ただし、前に行けるスピードがあるのは分かりましたからそこだけが収穫でした。

今後も師の使い方に一喜一憂しながらの応援になりますが、何とか中央での初勝利が見たいです。




★9/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1200m)黛弘人騎手 結果15着

「気持ち良く走らせるよう指示を受けていましたし、スタートもスッと出れたのでダッシュをきかせて前へ行きました。ブリンカーの効果もあったのか集中して走れていたものの、終始二番手のマークがきつかったですね。プレッシャーのかかる厳しい展開ではありましたが、そうであってももう少し粘ってほしかったです。スタートの芝部分の走りが良かったので、千直を試してみてもおもしろいかもしれません」(黛弘人騎手)

posted by じろう at 20:23| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

今週の出走馬9/23

9月23日
マグレブ
中山7R 3歳上500万下 ダ1200m 黛弘人騎手 57kg

17日(日) 坂路コース 53.7-39.6-25.6-13.3 単走 馬ナリ
20日(水) 坂路コース 53.2-38.3-25.3-13.2 単走 一杯
追い切りを重ねるごとに素軽くなってきた印象を受ける。
昨日も良かったですよ。
障害練習の効果もあってか、以前と比べてトモ周りがたくましくなっているし、バランスもいいですね。
力は出せると思います。
減量騎手の起用もプランにはあったが、昨夏に騎乗経験のある黛君にお願いした。
長所も短所もわかってくれてますからね。
成長も感じ取ってくれるはずですよ。
メンバーも手薄な印象でブリンカーも装着、休み明けで次につながる競馬をし、そのうえで結果を出したいですね。
(高橋祥泰調教師)


う〜ん、どうなのでしょうね。
少しは成長しているでしょうか。ようやくブリンカーを装着してくれるようなので、その効果に期待してところですね。
何とか5着以内に入って、新潟直線1000mの出走を実現させて欲しいです。

posted by じろう at 08:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする