ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2015年08月29日

愛馬近況【2歳馬】8/27・28

【マグレブ】
更新日:8/28
在厩先:吉澤ステーブルWEST
馬体重:460kg

現在は周回キャンター3000m(20〜22秒ペース)、1日おきに坂路1本を加えたメニューで調整。
飼い葉食いの細い馬だが、到着した当初に比べれば残さず量も食べれているし、環境の変化にも慣れてきた印象。
全体的に緩い部分が残り体力面でもまだ物足りなさを感じるものの、短い距離でアドバンテージを生かせそうなダッシュ力や良いスピードを持っている。
体をもう少し上手く使えるように矯正していく。
本日来場した安田調教師からの指示もあり、来週からペースを上げて乗り進めていく。
(担当者)


まだまだ緩いようで、もう少し鍛えてからでないとトレセンでのハードな調教には耐えれないかもしれませんね。
それでもスピードがあるコメントは毎回のように聞かれるので、一定のスピードはあるようで鈍足ではないようですね。
全兄のアペルトゥーラよりは距離適正が若干長めかなと思っていましたが、そうでもなさそうですね。安田厩舎なので、すばらしい短距離馬に育って欲しいですね。
まずは無事に入厩出来るように進めていければと思います。


【クリプトスコード】
更新日:8/27
在厩先:松風馬事センター
馬体重:-

★8/23(日)新潟・2歳未勝利(芝1400m・混)武士沢友治騎手 結果12着
この後はトレセン近郊の茨城県・松風馬事センターで調整することになり、昨日26日(水)に移動しました。

前半に力んだ分、最後は余力がなくなってしまったが、だいぶ行きっぷりが良くなったし、使って目覚めてきた感じがする。
着順こそ悪くなったが、内容自体は悪くない。
やはり気持ちが乗ってくるとこの距離でも長いのかなという印象を持ったし、やや捌きに硬さがあるだけにダートの方が良さそうな印象。
続戦することも考えたが、疲れを表に出すタイプではないように思うし、ゲート試験からここまで2戦消化したのでここで一息入れようと思う。
馬の状態次第だが、中山開催の後半か新潟開催での復帰を視野に入れて進めてもらうつもり。
(田島俊明調教師)


現時点で1400mでも長く、ダート向きとなるとダート1200m専用ですか(笑)
まぁ成長してくればまた幅も出てくるのかもしれませんが、私も現時点ではダート1200mが適鞍だと思います。
次走は中山ダート1200mで期待したいですね。芝スタートも問題ないので、外枠から一気に駆け抜けて欲しいです。

posted by じろう at 07:28| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。