ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2016年05月09日

競馬本愛読書

『競馬本愛読書』

皆さんの競馬本愛読書はございますか?
私は以前までは毎月『競馬最強の法則』を購読していました。
内容によっては『サラブレ』も購入していました。

ところが、最近は馬券を買っていないこともあり、『競馬最強の法則』も興味のある号のみになりました。

月刊誌ではこのような状態ですが、年間を通してみれば、一口を初めて買うようになった本があります。
まずは毎年3月頃になると発売される

『パーフェクト種牡馬辞典』
パーフェクト種牡馬辞典.jpg

一口を始めてから毎年買っています。
出資もひと段落ついて、その年の募集に備えて配合を勉強したり、暇つぶしには持ってこいなのです。

そして、一旦見飽きたかなぁ〜と思う頃に、お待ちかねの通称POG本が続々と発売されます。
私は一度もPOGをしたことはありませんが、自分の出資馬が載っているのが嬉しくて買っているだけです。
しかし、POG本が発売されると、いよいよ2歳戦が始まるのだなぁとワクワクしてくるものです。

そんなPOG本を今年は3冊購入しました。
POG本_2016.jpg

ノルマンディーで言えば、載っている馬はほとんど同じ馬なので3冊も必要かと言われれば疑問なのですが、他に興味深い記事もありますので、多少高額ではありますが毎年複数冊購入してしまいます。

POG本なので、もちろんダービーまでの期間に活躍出来る可能性のある馬が大きく取り上げられるので、社台Gの馬がメインになります。
相馬の勉強するのにもいいかもしれませんね。

私は数少ない掲載された愛馬に喜んでいるだけのもったいない使い方ですけど(笑)
もし、購入を検討の方がいるかもしれませんので、巻頭のphotoページに掲載されているノルマンディーOCの馬のみを紹介しておきます。

『POGの王道』
ディバインコード
ブラックジェイド
プラチナムバレット
ヒノアカツキ
ホワイトファング
オルファリオン
アナザートゥルース
以上7頭

『最強のPOG(青本)』
アナザートゥルース
ヒノアカツキ
ブラックジェイド
ディバインコード
プラチナムバレット
オルファリオン
以上6頭

『競馬王のPOG本』
ヒノアカツキ
ヴァドヴィーツェの14
ブラックジェイド
ディバインコード
プラチナムバレット
オルファリオン
以上6頭

とほぼ被っています。
参考までにどうぞ。

40口で出資は全くの対象外でしたが、ディバインコードへのコメントが凄かったですね。
賛辞の嵐(笑)
果たしてどのような競争馬となるのかとても興味深いですね。

後、ノルマンディー馬ではありませんが愛馬クリプトスコードの半弟クラックコードの14が迫力ある馬体で募集されていたら出資していただろうなと感じました。


そういえば、先ほど紹介した『パーフェクト種牡馬辞典』ですが、
中を見ていると、印刷ミスというか不良個所が多数見つかりました。
ハズレを引いたようです。
まぁ内容に問題はないので気にしませんが(笑)

正常_1.jpg
これが正常な状態


不良_1.jpg
不良箇所わかりますか?


不良_2.jpg
種牡馬名の緑の部分がページに寄ってずれています。
ひどいものは斜めになっているページもありました。



このブログを見た発行元の自由国民社様はきっと来年は無料で郵送してくれるはずですね。
よろしくお願いします。


posted by じろう at 15:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出資馬、POG本に一頭も載ってない。(笑)

Posted by ひでオッチャン at 2016年05月09日 16:16
>ひでオッチャンさん
>
こんばんは。
大丈夫です!ノルマンディーにはPOG期間の活躍はそれほど重要ではありません!
古馬になってからが勝負ですから。

でも、やはり載って欲しいですよね…。
Posted by じろう at 2016年05月09日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。