ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年05月11日

岡田スタッドのゴッホ産駒【15年産】

私は以前
『ゴッホを征する者は、ノルマンディーOCを征する』
と書いた事があります。


それは岡田スタッドではマツリダゴッホへの種付けが初年度から3年ほどは約50頭ほどつけていて、その多くがノルマンディーに回ってくるものと想像したからなのですが、数こそ回ってきているもののまだクラブからはゴッホの代表馬と呼べる活躍馬が出ていない現状なので、現状では少し大げさな表現となっています(;´・ω・)
しかし、今後出てくる可能性は否定出来ませんし、すでに募集馬に含まれているやもしれません。

絶賛されているディバインコードであったり、リルティングインクの可能性も…。

まぁとにかく今後もゴッホ産駒はノルマンディーとは切っても切れない関係となるのは確実なので、ゴッホ産駒に関しては前もって準備しておきたいところです。


そこで、
岡田スタッドHPの【生産馬・所有馬】の1歳馬(15年産)から父マツリダゴッホのみを抜き出すと

ローズウッド15(母父ホワイトマズル) 1/28生 牝 鹿毛
キョウエイマリー15(母父ヘクタープロテクター) 2/26生 牡 鹿毛
スヴレッタ15(母父Nureyev) 3/1生 牝 栗毛
ズブロッカ15(母父アグネスデジタル) 3/3生 牡 黒鹿毛
デオ15(母父フサイチコンコルド) 3/20生 牡 栗毛
ガルフパール15(母父ジェイドロバリー) 3/28生 牝 栗毛
タニノエクセレント15(母父ブライアンズタイム) 3/31生 牝 鹿毛
ブルーミングガール15(母父サクラバクシンオー) 3/31生 牝 鹿毛
ヴイプラド15(母父El Prado) 4/5生 牡 鹿毛
ザッツザウェイ15(母父フサイチコンコルド) 4/8生 牡 鹿毛
タニノジュレップ15(母父コロナドズクエスト) 4/15生 牡 栗毛
カヤドーミーティア15(母父エアジハード) 4/16生 牝 栗毛
モトヒメ15(母父ショウナンカンプ) 4/27生 牡 鹿毛
ザラストドロップ15(母父ヤマニンスキー) 5/8生 牝 鹿毛
ソニックバード15(母父Phone Trick) 5/8生 牡 鹿毛

総勢15頭
当然今年の募集馬に、この中から複数頭が入って来ます。

果たしてこの中に当たりがいるのでしょうか。
当然現時点では、血統くらいしか情報がないのでその血統(配合)面から検討しておきたいと思います。

ここで、先日【競馬本愛読書】で紹介した『パーフェクト種牡馬辞典』から
マツリダゴッホの走る配合に当てはまる馬を探して見たいと思います。

デビュー当初はミスプロ持ちが走ると言われていましたが、3世代がデビューして走る配合も見えてきた感じです。
そのキーとなる血とは…

ボールドルーラープリンスキロのクロス

それはマツリダゴッホ自身が持つボールドビダーが「ボールドルーラープリンスキロ」の組み合わせだから。


この血のクロスを持つ配合馬をピックアップすると、

ローズウッド15(母父ホワイトマズル) 1/28生 牝 鹿毛
ズブロッカ15(母父アグネスデジタル) 3/3生 牡 黒鹿毛
ヴイプラド15(母父El Prado) 4/5生 牡 鹿毛
ザッツザウェイ15(母父フサイチコンコルド) 4/8生 牡 鹿毛
タニノジュレップ15(母父コロナドズクエスト) 4/15生 牡 栗毛

もしかしたら見落としがあるかも知れませんが、以上の5頭が「ボールドルーラープリンスキロ」のクロスを持つことになります。

この中から将来の活躍馬がいる可能性がありますので、募集までじっくり見極めたいと思います。
今年は一口始めて以来、初めてゴッホ産駒に出資しない年となりそうなので、15年産からは1頭は出資したいなぁと思っています。



posted by じろう at 00:23| Comment(6) | マツリダゴッホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5頭の中では、ズブロッカ15以外は全姉兄がいますね。

ザッツザウェイ15の兄?は、ルグランパントルで

そこそこ走ってますね。
Posted by ひでオッチャン at 2016年05月11日 10:51
>ひでオッチャンさん
>
そうなんですよね〜
ルグランパントルは走っているので、当時ノーマークだったことを反省して、次に生かしたいと思っています。
Posted by じろう at 2016年05月11日 18:22
じろうさん。
こんばんは。

私も、今年の産駒では、マツリダゴッホ産駒に出資しませんでした。私のなかで出資しなかった一番の要因は、ボルキロ配合のお馬さんがいないことにありました。逆にボルキロ配合のお馬さん(特に牡馬)が居れば、それだけで出資していたかもしれません。。。来年の産駒は岡田スタッド産で5頭いるとのことですので、募集があれば、検討してみたいと思います(^-^)
話は変わりますが、4次募集馬アースファイヤーの14がもう満口になりましたね。まるで、ノーザンファーム系のクラブの如き早さでしたね(^^;)成績が上がっていることに伴い、クラブとしての人気も上がっているように思います(^-^)今週、ノルマンディーファームで見学するため、実馬を観て検討しようと思っていましたが、そんな余裕はありませんでしたね(^^;)検討馬については、他に4頭おりますので、内ノルマンディー所属の3頭においては、しっかり確認したいと思っております(もう1頭、ご一緒させて頂くことになるかもしれませんので、その際は、宜しくお願い致します(*^^*))。
Posted by まささん at 2016年05月12日 00:40
>まささんさん
>
>おはようございます。
まささんさんもゴッホ産駒狙っていますか。
ノルマンディーにいるなら先ずはゴッホ産駒です!
ゴッホ産駒の当たりを引きたい!その思いで15年産に出資したいと思います。

牧場見学もいよいよ今週ですかぁ〜
ご一緒の可能性となるとヒノアカツキでしょうか?
あれは良いですよ〜(笑)
是非ともお待ちしております。
Posted by じろう at 2016年05月12日 05:31
おはようございます。

ノルマンディーのキーポイントは、やっぱりマツリダゴッホですね。
私は3頭のゴッホ産駒に出資しましたが、ルグランパントル、カルヴァリオが勝ち上がり、パラヴィオンが早々に引退…
今年の2歳はスルーしましたが、中ではデオの14が気になります。
2015産駒、やっぱりザッツザウェイの15が気になりますね。
ルグランパントルと同じ価格なら出資すると思います。
Posted by 竹蔵@わんた at 2016年05月13日 07:25
>竹蔵@わんたさん
>
>おはようございます。
やはりノルマンディーではゴッホ産駒がキーだと思いますね。
私はこれまで5頭のゴッホ産駒に出資しており、微妙な感じの成績です(笑)
何とか代表産駒を持ちたいと思っております。
ルグランパントルの下は私も注目しております。
Posted by じろう at 2016年05月13日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。