ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年01月04日

馬名応募完了【ノルマンディー】

現在出資済みの明け2歳馬5頭の馬名選挙へ向けて応募が完了しました。

今回は・・・

自信あり!

です。

まぁ毎回自信あっても採用なのですが

更には会員数も劇的に増え、この時期(馬名選挙)の売れ行きも凄い事に!
これはこれまでよりそして去年よりも熾烈な争いが繰り広げられる予感しかしません。

しかしです!
しかしですよ!

今回は力が入りました。
真剣に考えました。(毎年真剣ですが…)

それぞれに自分では結構良い名前が浮かんだと思っています。
念願の名付け親になるにはまず、クラブスタッフの方に気にいってもらい、選挙にノミネートされる5候補に選ばれなくてはいけません!
そして、そこから更に会員(出資者)による決戦投票が行われます。
そこで1位に輝かなければ栄えある命名者とはなれません!

しかーし!ここで気を抜いてはいけません。
1位になってもジャパン・スタッドブック・インターナショナルへの馬名登録申請が完了して初めて命名者となれるのです。

そう!私は一度やらかしているのです。
フサイチリニモの13(マグレブ)において、最終候補の5つに残り、投票においても1位となりジャパン・スタッドブック・インターナショナルへの馬名登録申請へと進んだのですが、結果はご存じの通り2位通過の『マグレブ』でした。
こういう事もちょくちょくあります。

なので、命名者になるにはいくつもの関門を突破しなければいけないのです。
楽しみでもあり、今回は本当に色々と真剣に考えたので、最終候補にも残れないとなると気が抜けそうです

英語、フランス語、日本語とそれぞれに合うような名前を付けたつもりです。

後はその時が来るのを待つのみです。


※もし、最終候補に1頭も残らなかった時はこの記事は自動的に削除されます。
posted by じろう at 21:34| Comment(4) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら、せっかく一位に輝いたのになぜダメだったんですか?
Posted by かずん at 2017年01月04日 21:58
>かずんさん

こんばんは。
私はアベントゥーラでアペルトゥーラと韻を踏んだつもりだったのですが、秋華賞馬のアヴェンチュラが同じ意味&綴りだったのです。
カタカナ表記が違っただけという…。
申し込んだ当初は気づかなかったのですが、途中で駄目かもと思っていたら案の定でした。
応募するときはしっかり調べないと駄目だよという例です。
私だけではなく、幾つか1位通過で駄目だったものがあったはずですよ。
Posted by じろう at 2017年01月04日 22:11
あーなるほど
でも日本語読みにしてみるとちょっと違うのに
惜しいですね
Posted by かずん at 2017年01月04日 23:25
>かずんさん

そうなんですよ〜
気づきにくい盲点でした…
意味と綴りが一緒ではアウトみたいですね。
Posted by じろう at 2017年01月05日 05:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。