ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年06月11日

最低限の結果ではあるが【メルドオール】

東京8R 3歳上500万下・混 芝1800m 黛弘人騎手

レース前のTwitterでの私のつぶやきでは、11頭立てということもあり、『最低でも入着、目標は掲示板!目指すは中央初勝利!』と書きました。

結果は8着入着。人気は11人気の最低人気。
まぁ頑張ったといえる内容ですが、レース内容からは勝つイメージが湧かないのも事実。
小回りの1600m以下で見てみたい気がしますが、それでも勝つイメージが湧くかと言われればどうでしょうか。
レース前の先生のコメントでは、過去2回しか乗った事のない黛騎手に『鞍上はこの馬を知り尽くしている』と託し、レース当日のニッカンスポーツのコメントでは距離適性をつかめていないとありました。
とても勝てるイメージが湧かないのも仕方ないですね。
ここで、進退の協議に入るのか、はたまた障害を目指すのか注目です。




★6/11(日)東京・3歳上500万下(芝1800m・混)黛弘人騎手 結果8着

「返し馬から具合の良さが伝わってきましたし、心配していたスタートも全く問題ありませんでした。馬場の内側が荒れてきているので、大外枠を生かして馬場の良いところを選びながら進路を取り、道中も上手く脚を溜めることができたと思ったのですが…。そこからはジリジリとしか伸びなくて。スタートが良かっただけに、もっと前で競馬していれば結果が出ていたのかもしれません。展開の後押しとそれに対する脚の使い処ひとつで、着順は変わってきますよ」(黛弘人騎手)

posted by じろう at 21:46| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。