ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年11月08日

馬の気持ちがほんの少しだけわかった気がする。

『馬の気持ちがほんの少しだけわかった気がする。』

長いタイトルです。

何の事かというと・・・
先々週走ったフルマラソンでの出来事です。
走り出してから10kmを超えたところからずっと雨でした。天気予報が雨予報でしたので雨具を用意してあり、途中から雨具を来て走りましたが、これが不快でした。
そりゃそうですよね?普通に走っていても辛いのに雨の中はきつかった。

1年前にもフルマラソンを走り、その時のブログにも書きましたが、決して私は走ることが好きではありません。
短距離はともかく長距離を走ることは苦痛の何物でもありません!
まぁそのことは置いといて!

タイトルの『馬の気持ちがほんの少しだけわかった気がする。』なのですが、雨の中の走りはそれはもう走りづらかったです。
雨が顔や体に当たり、身体は冷えて来て・・・。
最初から雨とわかっていればエントリーさえしたくないと思いました。
この雨が当たるは靴は水たまりでビショビショになるはで不快感MAX!
ブラゾンドゥリスが砂を被るのを嫌がるのと同じでしょうか?
これまでは砂を被る練習をして慣れれば大丈夫だろうとか思っていましたが、私が雨の中で走る練習をしたら雨の中の走りも平気になるでしょうか?


なりません!


嫌なものは嫌なのだ(笑)
これはブラゾンドゥリスに限らず馬込みを嫌う馬なども同じでしょう。
私もスタート直後はごった返したランナー達に囲まれて走りづらいし、ストレスがかかりました。

私は走りながらほんの少しだけ馬の気持ちを考えることになったのでした。
そんな辛く苦しい1日だったのです。


馬の気持ちがほんの少しだけわかった気がします・・・。

posted by じろう at 17:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喉鳴り(息切れ)は大丈夫でしたか?(笑)
Posted by アキュチャー at 2017年11月10日 07:55
>アキュチャーさん

喉鳴りと裂蹄になりました。
後、屈腱炎の疑いがあります(笑)
Posted by じろう at 2017年11月10日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。