ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2018年02月17日

今週の出走馬2/18

2月18日
フライオールデイズ
東京2R 3歳未勝利 ダ2100m 武藤雅騎手 54kg

11日(日) 坂路コース 61.7-46.0-30.1-14.8 単走 馬ナリ
15日(木) 坂路コース 52.9-39.2-26.0-12.5 一杯
今朝は3頭併せでいつもと同じ相手にテンから積極的に動かしましたが、時計が出やすい傾向にあったにせよ、こちらに戻ってきて一番いい動きでしたよ。
徐々にシャープな動きになっていますし、やる気が感じられた点も良かったですね。
今回ダート替わり、一気の距離延長となります。
普段の動きからもダートは悪くなく映りますし、今回の選択がプラスに働くと感じての選択です。
デビュー戦のようにスタートをポンと出て、ゴチャゴチャしない位置で運べればと思っています。
(畠山吉宏調教師)


デビュー戦以来の久々のレースです。
久々に加え、距離延長&ダート替わりと条件もガラッと変わりましたので、ここはまずは掲示板目指して欲しいと思います。



ブリリアントリリー
京都5R 3歳未勝利・混 芝2000m 中井裕二騎手 54kg

12日(月) Wコース 40.8-13.2 単走 一杯
15日(木) Wコース 54.4-40.0-13.5 単走 馬ナリ
先週が変則開催だったため、今週は月・木曜日に追い切りを消化しました。
チークピーシーズ装着の効果は窺えるものの、まだ真面目さに欠ける面が目につき、促さないとすぐ呆けて気を抜いてしまう。
まともなら勝負できる力を持っていると見込んでいるので、何とも歯痒いですね。
東京は想定段階から除外濃厚で、来週の中山まで待っても出走が叶う見込みは薄いと判断したため、クラブ側とも相談して京都に矛先を向けさせてもらいました。
鞍上はたとえ馬が抵抗しようとも、最後まであきらめずにしっかりと追ってくれるタイプ。
今のブリリアントリリーには、そういった刺激を与えていく実戦経験が必要不可欠でしょう。
(栗田博憲調教師)


期待の馬でしたが、デビュー戦がまさかの大敗で、本来は東京芝2400m戦に江田騎手で向かう予定が、除外により、急遽京都芝2000mに中井騎手で挑む事になりました。
過程を踏まえても、ここ最近のノルマンディーの成績を見ても期待感は薄いですが、前進目指して頑張って欲しいですね。



リルティングインク
小倉7R 4歳上500万下 芝1200m 浜中俊騎手 55kg

12日(月) 小倉競馬場ダートコース 73.4-56.5-40.7-12.9 馬ナリ
15日(木) 小倉競馬場ダートコース 70.4-54.8-40.0-12.1 単走 馬ナリ
先週の追い切りの感触から、もう少しピリっとさせたかったので月曜日は併せ馬で気合をつけさせました。
今朝の動きも良かったですし、1週ずらしたことで態勢を整えられたと思っています。
節から見て特別戦しか選択肢はないと思っていましたが、昨日の想定の段階から平場での出走も可能な状態。
ギリギリまで相手関係を見て2/18(日)小倉・4歳上500万下(芝1200m)への出走となりました。
平坦、小回りコースは最適ですから好走を期待して送り出します。
(清水英克調教師)


想定では菜七子騎手で特別戦でしたが、平場で浜中騎手となりました。
斤量的には逆のような気がしますが、先約等の問題ですかね。
一度勝っているクラスなので、嵌ればいつ勝ってもおかしくなく、それが今回であるなら最高です。
平坦、小回りコースは合うと思うので、一発狙いましょう!
posted by じろう at 21:53| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。