ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年05月05日

力は本物【アナザートゥルース】

東京9R 立夏ステークス・混 ダ1600m 大野拓弥騎手

前走の昇級初戦2着の後の真価が問われる大事な一戦でした。
前走もそうでしたが、私はまだこの馬の力を信じきることは出来ず半信半疑でした。
今回も大方半信半疑なところがありましたが、勝馬に離されたとはいえ、あの展開で2着に踏ん張るとは大したものでした。
ここまで来ると力は本物と認めるしかないでしょう!
これはまだまだ成長するはずですから非常に楽しみですね。
流石にこの後は休養でしょうから、降級後の連勝でオープン入りを目指して欲しいですね。
地方交流重賞の常連となるような活躍がみたいです。




★5/05(土・祝)東京 立夏ステークス(4歳上1600万下・ダ1600m・混)大野拓弥騎手 結果2着

「前走に比べてややテンションが上がっていて、返し馬でも少しソワソワしていましたね。それでも今日は、好位でうまく流れに乗ってスムーズな競馬ができました。確かに勝った馬は強かったと思いますが、1頭になってからフワフワしていたので、周りに馬がいる展開だったらもっと差は詰まったはず。実際、後ろの馬に来られてからもうひと伸びしてくれましたからね。馬は確実に良くなっていますし、ワンターンのコースで結果を出せたのも収穫。この血統なのでまだまだ伸びしろがあるはずで、これからが楽しみです」(大野拓弥騎手)
posted by じろう at 21:42| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。