ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年05月28日

障害初勝利も近い【シシオウ】

東京4R 障害4歳上未勝利・混 芝→ダ3000m 森一馬騎手

好スタートから飛越も難なくこなし、最後の直線に向いた時点で勝利を確信(芝なら)!
直線、ダートに入った瞬間、一瞬戸惑った感じがしましたね。
森一馬騎手のレース後のコメント見てもダートより芝の方がいい模様。
戦前の心配が当たってしまいましたね。それでも最後まで頑張って粘ってくれた走りが見れたのでとても満足です。
最近平地では見れれなかったシシオウ本来の粘りが出て、いいですね。
この調子で上位を続け、勝つ日が来るのを待つのみですね。障害戦は勝つと即OPですから力を付けながらでも構いませんが、やはり出資者目線ではOPでも十分やれると思っていますので、次走で勝利でも構いませんよ!
先ずはレース後の状態が気になりますが、次走に向けて調整お願いします。




★5/26(土)東京・障害4歳上未勝利(ダ3000m・混)森一馬騎手 結果3着

「昨日のスクーリング効果もあって、レースに落ち着いて臨めたことが大きいと思います。いつものように抜群のスタートから、広い本場(東京競馬場)でも堂々と前に行けるスピードと飛越の巧さを持ち合わせている。息持ちがだいぶしっかりしてきましたし、入障2戦目でこれだけやれるのだから大したものです。センスの高さを感じますよ。ただ、ダートコースに入ってから一気にスピードが落ちてしまったように、直線も芝コースを走れる競馬場の方がより好結果をイメージできます」(森一馬騎手)
posted by じろう at 22:03| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。