ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年07月31日

初重賞挑戦!【アペルトゥーラ】

新潟11R アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)丸田恭介騎手

上手くスタートを決めて、良し!と思いました。
そのまま、割と前目の位置取りかと思ったら、後ろの方になっていました。

アペルトゥーラにとっては絶好の舞台。というか現状ではこの条件しか走れません(笑)
昨年はこの条件で3連勝と新たな可能性を見出してくれました。
そんな孝行息子のアペルトゥーラにとっては一世一代の大舞台です。出資者皆の思いを乗せて先頭で駆け抜けるはずでしたが…。

まぁ現状では頑張って走ってくれました。
出資者としては満足です。
ただし、OP馬となり、この条件でも厳しいとなると走るレースが無くなります。
それが気がかりです。
障害に行っちゃう?





★7/29(日)新潟・アイビスサマーダッシュ(G3・芝1000m)丸田恭介騎手 結果7着

「馬に柔らかみがあって状態としては良かったと思います。枠内では頭を上下させていましたが、立ち方自体は良かったですし、テンションが上がっている中で無理にコントロールするよりは何もせずに落ち着くのを待つことに。これまで跨った経験があったので、その辺りは馬を信じることができましたし、結果スタートはポンっと上手く出れましたね。そのままもう少し前のポジションを取りたかったところですが、思いのほか出ていかなかっためプランを変更。勝った馬の真後ろにつけて一緒に上がっていく形を狙いました。時計が速かったのもあって、最後2ハロンくらいで置いていかれてしまい…。馬場が渋ってればとまた違うはずですよ。週の半ばの天気予報を見て、この馬に向く馬場になるだろうと思ってたんですけどね」(丸田恭介騎手)

posted by じろう at 21:32| Comment(0) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。