ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年08月11日

今週の出走馬8/11・12

8月11日
アナザートゥルース
新潟10R 麒麟山特別・混 ダ1800m 大野拓弥騎手 57.5kg

5日(日) 坂路コース 58.1-42.2-26.9-12.5 単走 馬ナリ
8日(水) Wコース 52.5-37.9-12.8 馬ナリ
水曜日の追い切りは新馬を先導する形で、半マイルから終い重点でサッと流す感じ。
行きっぷり、手応え、反応共に及第点以上の内容だったと思います。
帰厩後は時間を掛けて入念に乗り込んできましたし、今週の動きからも概ね態勢は整ったと言えるのではないでしょうか。
この中間は暑さが和らいでいることもあって、馬は元気一杯。
体調面に関しても申し分ありません。
久々になるので、あとはもう実戦勘と気持ちの面だけ。
ハンデは少々見込まれた気がしないでもないですが、1000万クラスに降級している訳ですから四の五の言っていられません。
もちろん好勝負を期待しています。
(高木登調教師)


5月以来のレースです。
降級してこのメンバーに入ると実績では断トツです。そのおかげでトップハンデの57.5kgと見込まれました。
敵は初めてのコース、トップハンデ、休み明けでしょうか。
実力では抜けていても安心出来ません。
使って来ている馬、軽ハンデ馬に足もとすくわれる気がしています。杞憂で終わるように祈っています。

勝ってくれるのが一番嬉しいのですが、OPに上がるのは5歳になってからでもいいかなと個人的には思っているので、この辺で少し足踏みして小銭稼いでくれてもいいとも思っています。
でもやっぱり愛馬の勝つ姿が見たいですよね。



8月12日
ブリリアントリリー
新潟7R 3歳上500万下・牝 芝1800m 大野拓弥騎手 52kg

8日(水) Wコース 71.2-55.6-41.1-13.0 馬ナリ
暑い時期でも調子を崩さずに、しっかりと汗をかいてくれていますね。
最終追い切りは長目から併せて、最後まで力強い動きを披露。
ここまで順調に調整を進められましたので、万全の態勢でレースに臨めそうです。
昇級緒戦でこれまでとはメンバーも異なりますが、ここでも引けは取らない能力を持っているので、いい勝負をしてくれるのではと楽しみにしています。
秋華賞TRに駒を進められるよう頑張ってほしいですね。
(栗田博憲調教師)


初勝利をあげたばかりですが、前回から『秋華賞TR』という素敵ワードが出てきます。
そうなれば嬉しいですが、まだちょっとそこまで…という気がしていますが、そんな薄情な私をあざ笑うかのような勝利を見せて欲しいですね。
まずはこのクラスでどのような競馬を見せてくれるのか楽しみです。
全くやれない事はないと思っていますが。


リルティングインク
札幌8R 3歳上500万下・牝 芝1500m 柴山雄一騎手 55kg

5日(日) 函館競馬場 Wコース 54.7-40.3-13.1 単走 ゴール前仕掛け
8日(水) 札幌競馬場 ダートコース 66.7-51.4-38.1-12.3 単走 馬ナリ
今回は間に小休止をはさんだとはいえ、函館開催からここまでコンスタントに追い切り本数を重ねてこれたのはプラスに作用してるように感じられます。
体調も良さそうでスクミの症状もなく安定した状態と言えるでしょう。
今回は約1年ぶりに距離を延ばしての挑戦となります。
歳を重ねてなのか、行きっぷりにも変化が出てきている今だからこそ再度挑戦する意味はあるはずです。
新馬戦は1600mで勝っていますし、体型から見てもこなせてもおかしくはありませんよ。
(清水英克調教師)


ずっと1200mを使ってきていて最近は二ケタ着順連発ですから、矛先を変えて来ました。
これがいい方に向かえばいいですね。そろそろ引退も近づいて来ているので、もう1勝して是非とも繁殖入りして欲しいですね。
その為にもここはきっかけとなるような走りを見せてくれ!


ブラゾンドゥリス
札幌11R エルムステークス ダ1700m 丹内祐次騎手 56kg

8日(水) 函館競馬場 Wコース 69.4-54.4-40.6-12.9 一杯
函館の涼しい気候はブラゾンにとっても過ごしやすいようで、美浦を出発する前よりだいぶ活気がある印象。
最終追い切りは3〜4角でやや右にモタれるところを見せたものの、直線で左手前に替えてからはグンと伸びて、追いかけた外の併走馬にキッチリ先着を果たしました。
跨った丹内も『力を出せるデキにある』と感じ取ってくれたようですし、久々の1700m戦でも距離は問題ないと思っています。
あとは先行馬が揃っているだけに、直線を向くまでどの位置で頑張っていられるか。
前走のように自分の競馬ができれば、ここでも好勝負は十分可能なはずです。
(尾形和幸調教師)


7枠12番と良い枠が当たりましたので、ここはチャンスだと感じています。
距離は何とかこなせる範囲でしょうし、このコースも向いているように感じます。ゆったりと先行出来て、直線で前にいる馬を交わす感じでいければ勝利もあると思っています。
ここは中央重賞初制覇のチャンスと見ています。
丹内騎手には上手くブラゾンをエスコートして欲しいですね。
ここを勝って夏休みと行きましょう!


posted by じろう at 09:15| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。