ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年09月08日

今週の出走馬9/8

9月8日
ソルパシオン
中山2R 2歳未勝利 芝1600m 北村宏司騎手 54kg

5日(水) Wコース 68.5-53.9-40.2-13.8 馬ナリ
昨日は雨により馬場が重く終いの時計がかかる傾向にありました。
時計で見るよりも動きは悪くなく前走からの調整過程としては順調といえるのではないでしょうか。
競馬自体は上手でも一本調子なところがあるので、改善を狙って今回は操縦性というものを意識して取り組んできました。
形になってきた感はありますし、イレ込みがキツイのも徐々に解消してきていますので、落ち着いて臨めさえすればと思っていますよ。
(中舘英二調教師)


デビュー3戦目を迎えます。
そろそろ勝ち負けに持ってきてもらいたいところです。
距離短縮は良いと思うのですが、坂がどう影響するのか気になります。
強そうな馬もいますが、大外枠に行ったのでその隙を狙って上位進出を狙いたいです。
北村宏司騎手に継続騎乗してもらえているのは非常に有り難いので、その気持ちに応えるべく勝利という最高の形を期待します。




アナザートゥルース
中山10R 鋸山特別・混 ダ1800m 大野拓弥騎手 57kg

2日(日) 坂路コース 56.3-41.3-26.1-12.8 単走 馬ナリ
5日(水) 坂路コース 53.1-38.4-25.4-12.8 単走 一杯
水曜日の追い切りはウッドチップコースを予定していたのですが、調教中に心臓麻痺を起こした馬がいた関係で一時的にコースが閉鎖されたことから、日曜日と同様に坂路でやりました。
時計上は単走の表記でも、実際には前の馬を大きく離れて追走する形。
さすがに追いつくことはできなかったものの、それでもしっかり動けていましたし、時計的にも上々。
久々を一度叩いた上積みが感じられます。
ハンデ戦から定量戦に変わり、前回トップハンデを背負ったこの馬にとっては斤量的に有利になりますし、何より得意コースの中山千八に替わるのは間違いなくプラス。
ここはキッチリ決めておきたいところです
(高木登調教師)


前走の悔しい敗戦からの巻き返しです。
メンバー的にも条件的にもここは負けられない一戦です。
ハンデ戦から定量戦に変わりますし、ここはキッチリ決めて貰いましょう。ここは勿論通過点ですから年内にOP馬になりましょう!

じろう厩舎はかなりの馬達が足踏み状態です。
この馬には他の馬達の分もしっかり稼いでもらいたいものです。


posted by じろう at 08:49| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。