ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2019年01月10日

ショックな敗戦【ブラゾンドゥリス】

中山11R ポルックスステークス ダ1800m F.ブロンデル騎手

若干の距離の不安はありましたが、1200mよりは適性が向いていると思い、それなりに期待してレースを見守りました。
レースは好スタートから何故か控えて馬群の中へ…
案の定。砂を被り、いやいやしながら走っておりどんどん後退して最後方へ。
後はそのままレースに参加出来ず、最下位。
あまり、騎手批判はしたくありませんが、たまには言わせてください。

へたくそ!

馬の事を全く分かっていない戦法でしたね。
レース前に尾形先生からレクチャー受けていないのでしょうか。もしそうならレベルの低い話ですが。
こんなレースをしてしまい、馬の精神状態が心配です。
得意な季節とか言ってないで、ここは一旦放牧に出して欲しいところですが、きっと出さないでしょうね。
心配です。
上手く立ち直ってくれるといいのですが。



★1/06(日)中山・ポルックスステークス(ダ1800m)F.ブロンデル騎手 結果13着

「返し馬まではノープロブレム。ゲートの中でやや落ち着きを欠くようなところは見られましたが、タイミングよくポンと飛び出してくれてそれもクリア。ただ、最初は真っ直ぐ走れていたのに、隣の馬(3番アルクトス)が寄ってくると左へ左へとモタれ始め、キックバックも嫌がり苦しがるような素振り。修正しようと何度試みても制御が利かず、向正面までに前とはかなり離されてしまって競馬の形になりませんでした。どこかを庇って走っている感じはないので、メンタルの部分が影響しているかもしれません」(F.ブロンデル騎手)


posted by じろう at 23:15| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。