ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年01月19日

今週の出走馬1/20

1月20日
リルティングインク
中京6R 4歳上500万下・牝 ダ1400m 長岡禎仁騎手 55kg

13日(日) 南Pコース 70.7-54.4-39.5-12.8 末強目
17日(木) 南Pコース 68.9-53.1-38.1-11.8 直線強目
状態そのものはいたって良好に映ります。
ただ、今朝は馬具をノーマル仕様で追い切りましたが、やはり物見したりで気持ちが走りに集中しきれていなかったですね。
レース本番ではここ数戦と同じくブリンカーを着用して臨みましょう。
地方からの再転入組も含め、ここは一長一短あるメンバー構成ですので、当然リルティングにも勝機はあるはずです。
キックバックを気にせず、道中揉まれないように運べれば、直線でまた鋭い脚を使ってくれると思いますよ。
ようやくダート戦にも慣れてきましたし、中央の500万クラスでも通用するところを見せたいですね。
(清水英克調教師)


昨年の11月の地方交流2着から中8週での出走となります。
芝で二桁着順が続き、ダートに矛先を向けたが、ダートでも9着、10着と惨敗し、再び芝へと行こうとした時に地方交流で2着と好走し、今回もダート戦へ。
ここで好走してくれると可能性を感じるのですが、どうなるでしょうか。
直線で猛烈に追い込んで来る姿見せて下さい。



ブリリアントリリー
中京9R 4歳上500万下・混 芝2000m 川又賢治騎手 53kg

14日(月) Wコース 55.8-41.0-13.8 単走 一杯
三日間開催明けの変則日程で、中京までの輸送も考慮して最終追い切りは月曜日に消化。
息の入りもマズマズでしたし、仕上がりは悪くありませんよ。
ブリリアントリリーの場合は、相手関係云々よりも、動中いかに自身の走りができるかが好走のカギを握ります。
そういった点ではこちらの意図を汲んで、積極的に運べる鞍上ですし、上手く立ち回ってほしいと期待しています。
(栗田博憲調教師)


もっとやれる馬。やってくれないと困る馬です。
メンバーはディープ産駒が4頭もいて手ごわい一戦となりそうですが、逃げてどこまで粘れるかですから、川又騎手の巧みな手綱捌きに期待するしかありません。
ここを叩いて福島が本番かな?



アナザートゥルース
中山10R アレキサンドライトステークス・混 ダ1800m C.ルメール騎手 57kg

17日(木) 坂路コース 53.3-38.2-24.7-12.3 末強目
中1週の競馬になりますが、デキ落ちは見られずトモの状態も悪くありません。
シャドーロール着用でいくらかフワッとする面は解消されてきたものの、前走でもまだ本気で走り切っていない印象。
特別登録していた数頭が直前になって京都(舞鶴S)へ回り、9頭立てというのは揉まれる心配がなく組みしやすいと思います。
このクラスならいつ勝ってもおかしくない馬ですし、鞍上にうまくその力を引き出してもらいたいですね。
(高木登調教師)


これは勝たないといけない一戦。
頭数、メンバー、鞍上…全てが揃いました。
しかし、こういう成績の馬って強い相手にも好走するかわりにそれなりの相手にもそれなりにしか走らないもので、取りこぼしが心配ではあります。
更には、私の出資馬には過去ルメール騎手に4度乗ってもらっていますが、勝利はまだありません。
ここは馬も鞍上も油断せず、最後までしっかり走りきってもらいたい!
そうすれば勝利は間違いないはず!
勝ってOP馬に!

posted by じろう at 12:35| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。