ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年03月16日

目途が立った!【アナザートゥルース】

名古屋11R 名古屋大賞典(Jpn3・ダ1900m)大野拓弥騎手

OPに上がってから初のレースが地方交流といえども重賞レースという今後を占う意味でも大事な一戦。
そんな大事なレースの前に軽い挫石を発症してしまうというアクシデントがあり、正直万全ではなかったといえる状態でした。

レースは好スタートから先行集団の外目3,4番手を進みます。
隊列はそのまま3コーナーまで進み、そこからアナザートゥルースの手綱がいつものごとく激しく動きます。
手ごたえは断然グリムがよく見えますが、アナザートゥルースもここからしぶとく伸びるはず!と見守りますが、グリムは強かった。
さらには内からヒラボクラターシュにも交わされ3着となりました。
悔しい気持ちももちろんありますが、満足のいくレースでもありました。
昇級初戦で目途の立つレースをしてくれて、毎回頑張って走って結果を残してくれる偉い馬です。
近くにいたらヨシヨシしてあげたいです。
次走はまだ未定ですが、次回もきっと頑張って走ってくれるでしょう!楽しみです♪




★3/14(木)名古屋・名古屋大賞典(Jpn3・ダ1900m)大野拓弥騎手 結果3着

「JRA勢も前へ行きたい馬がメンバーに揃いましたが、直線短いコースなので3角までには先頭に立つイメージの乗り方をしました。外目を追走して理想的なポジションで運べはしたものの、スローな流れでしたので、勝ち馬も道中の手応えがずっと楽なままでした。装着しているシャドーロールの効果はあると思うのですが、反抗するというか内へモタれてしまう面が、追い出してからどうしても出てしまう。そこさえ矯正できて真っ直ぐに推進できれば、もう2馬身くらいは前でゴールできているはすなんです。徐々に力を付けているのは実感できますし、兄たちもそうでしたが、本格化はこれからだと思います」(大野拓弥騎手)

posted by じろう at 15:57| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。