ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年05月12日

不可解【リーピングリーズン】

東京5R 3歳未勝利・混 芝1600m 内田博幸騎手

まずまずのスタートから中団待機かと思いきや、最後方まで下げます。
更にはここでもまだ抑えている感じでした。
レース後の騎手コメントでわかりましたが、戦前から脚を溜める戦法だったようですね。
その辺りは調教師との話し合いの結果でしょうし、今後も含めての作戦もあるでしょうから私がとやかく言う事はないですが、レースを見ていた時は『何してるの?』と不可解な騎乗にしか見せませんでした。
なかなか上手くいきませんが、次走はどこ目指すのでしょうか?



「カーッとなりやすい気性で、返し馬の際から行きたがっていた。そのため、ゲートは五分に出たものの今日は脚を溜める競馬に。追い出してから内にササる面はありましたが、それでもいい脚で坂を上ってからも伸びてきている。歩様なんかは硬さのある馬だけど、ダートに向くパワーみたいなものに欠ける印象ですし、僕は芝でいいと思う。距離も平坦なら1800mくらいまではこなせるんじゃないかな」(内田博幸騎手)
posted by じろう at 16:05| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。