ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年06月14日

待望のデビュー【シャルロワ】

阪神5R(2歳新馬・芝1600m) 岩田康騎手

じろう厩舎初のキャロット馬のデビュー、シャルロワが先週日曜日に待望のデビューを迎えました。
ハーツクライ産駒の牝馬で、調教も動いており、メディアでも有力馬として沢山取り上げて頂きました。
そして、当日の人気も1人気と最高の興奮度合いでレースを待つことに。

スタートもまずまず、先行する3頭を見ながらの絶好の4番手を進みます。
直線を向いて、さぁここからどんな脚を使うのかとドキドキして見守るも全く弾けず…( ;∀;)
どういうことだろう?
全く原因がわからない。
期待が大きすぎた為か敗戦のショックが大きすぎて暫くは何もやる気が起きず…
ノルマンディーならデビュー戦5着なら大満足なのに〜

レースを見なおしてみると、最後の直線で少し挟まれる感じがあったので、もしかしたらそれが原因で走る気失ったのかな〜なんて思ったりもしましたが、はっきりとした理由はわかりません。
今のところ、続戦予定みたいなので次こそ本領発揮して欲しいですね。
ハーツクライ産駒ですから、これからドンドンよくなるはず!
期待込めて成長を見守りたいです。

何はともあれ私のキャロットデビュー戦はとてもドキドキさせてくれた1週間となりました。



9日の阪神競馬ではまずまずのスタートからスムーズに好位につけて運ぶ。楽な手応えで直線を向いたように見えたが、追ってからの伸びが案外で5着。「追い切りの動きは良かったですし、レースでも4コーナーまでは楽にいい感じで進めることができていました。あとは直線でどこまで伸びてくれるかと思って期待していたんです。ただ、いざ追い出してからは『あれっ?』という感じで反応してくれなくて…。結果を出せず申し訳ありません」(岩田康騎手)「道中はリラックスして走れていましたし、自分のリズムでいい雰囲気でした。あとは直線どれだけ伸びるかというところだったのですが、追ってからが案外でした。このあたりはやはり初めての実戦ということなのでしょうか…。いい結果を出せず申し訳ありません」(梅田師)追い切りでは終い切れる脚を見せていたので、直線の伸びに期待しましたが、このあたりは馬自身戸惑っていたのかもしれませんし、使いつつということなのでしょう。この後はまずは馬体をよく確認してから検討します。
posted by じろう at 07:32| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。