ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年04月07日

争奪戦勃発!

昨日からTwitterにてノルマンディーからの写真が届いたとの投稿が見られ、毎度1日遅れの我が家にも本日届いていました。
何故か2枚と思い込んでいたところ、4頭分5枚+1枚(デビュー写真)の大量でした(笑)

IMG_20170406_230201643.jpg



そこで、問題が⁉
暫く写真立ての写真の更新をしておりませんでしたので、これを気に模様替えをしようと。

IMG_20170406_233806482.jpg
これまではブラックジェイドでした。


今回届いた写真は
リルティングインク
アナザートゥルース2枚
シシオウ
ブラゾンドゥリス
の5枚。

どれも飾りたいものばかり。
悩むものの、ここはやはり初重賞制覇を尊重して…



IMG_20170406_234047262.jpg
リルティングナナコ❤(笑)


ブラゾンドゥリスはさきたま杯の優勝写真を飾る事にしますので、それまではリルティングナナコ、いやリルティングインクで行こうと思います。
posted by じろう at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

会員になりました!

本日、新たに会員となりました事を報告致します。



まさか!?
PicsArt_03-01-06.09.29.jpg


いやいや!この前に決断したはず。





ではどこの?何の会員なのか・・・





それは

・・
・・・





これだ!





PicsArt_04-04-08.16.07.png
一口馬主DBのプレミアム会員です。


まだプレミアムな部分はほとんど使用していないのですが、これからすこしづつ活用していこうかと思っています。
より充実した一口人生を歩むためにも。
皆さんのなかで既にプレミアム会員の方がいて、こういう活用法があるよ!と言う方は教えて下さい。

よろしくお願いします。

posted by じろう at 20:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ノルマンディーからのお届け物

昨日、日中お出かけしておりまして、夕方帰宅すると

不在連絡票が入ってました。
PicsArt_03-25-04.39.28.png

差出人は…
PicsArt_03-25-04.40.13.png

おぉ!?何か当たったな

再配達を依頼しましたが、私はこの後地域の行事があり、また外出することに。
受け取りを家族に託し、私は出かけます。

夜、帰宅すると置いてありました。
IMG_20170325_205946205.jpg
この大きさは間違いない!
ゼッケンだ!

私のテンションはアゲアゲでございます。
後はどの馬のゼッケンなのか?
もちろん出資馬以外のゼッケンに申し込んだことはないので、どの出資馬のものなのか?
ドキドキして開封すると…



IMG_20170325_210040438.jpg


クリプトスコードでした。
同封の手紙には2/25出走時のものと記載されていました。

中山12R 4歳上1000万下 ダ1200m 井上敏樹騎手
16頭立て16番人気16着の時のものですね…。

ありがとうございます。

出来れば同じ日の菜七子騎手で勝ったリルティングインクのが欲しかった…。

でも嬉しいです。
ありがとうございました。
posted by じろう at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

『決断のフクキタル!』

3/1より新たなクラブとして誕生したワラウカドですが、私自身も入会を悩んでおりました。
とうとう結論を出す時が来ました。
うだうだと書くより早速結論をお知らせしようと思います。
まぁタイトルから勘のいい方ならもうお気づきでしょうか?


私、じろうは、


ワラウカド















入会














しま















せんでした〜

パカパカファームが一口に参入するというニュースを見たときから、興味を持ちだし、今年に入ってからは詳細はまだかまだかと待ちわびていました。
3/1に募集が開始されてからは、動画や画像を見てはどの馬に出資するか(といっても2択ですが)悩んでおりました。この時点では入会はほぼするつもりでした。
しかし、クラブ運営やサービス、募集馬の質や数等において余りにも見えない部分が多く、今回の入会を断念しました。
入会を完全に諦めた訳ではないので、この先入会するかもしれませんが、今はノルマンディーオンリーで楽しもうと思っています。
クラシックや大きいところを狙える馬にも出資したい気持ちがありましたが、それはノルマンディーが叶えてくれるでしょう!きっと・・・。

すっきりした気分でブラゾンドゥリスの黒船賞を力一杯応援したいと思います!

ということで、『決断のフクキタル』ではなく、
『決断の時来る』
でした。チャンチャン♪

posted by じろう at 12:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

笑う門には福来たる

PicsArt_03-01-06.09.29.jpg

3/1『ワラウカド』が募集を開始し、私の心も踊らされています。
私のブロ友やTwitterのフォロワーさんの何人かの方は既に入会したいる模様。

私はどうするのかというと正直、ワラウカドの誕生をまだかまだかと待ちわびていました。とても気になる存在でした。
というのも、私は現在までノルマンディー一筋、非社台系の意気込みで頑張って来ました。

社台系は努力も超一流にやられているので、羨望のまなざしでみております。
でも、私は非社台系で行くのだ!という意気込みで一口を始めましたので、今はまだその気持ちを継続したいと思っています。(一口を始めるとき、キャロットに入会しようとしていましたけど)

ノルマンディーの方針には納得してやっているので、今のところ不満はないのですが、最近ふとクラシックや大きいところを目指す馬を持つ楽しみも味わいたいなぁと漠然と思うようになってきております。
もちろんノルマンディーの馬でクラシックや大きいところに行ける馬を持つのが一番の目指すところなのですが、ノルマンディーには地味ながらもコツコツ型、出走数を稼ぐを望んでいます。
そこにワラウカドの誕生!

非社台系でありながら、優秀な繁殖牝馬に社台の一流種牡馬を配合されているという非社台系と社台系のハイブリッド型。
これはクラシックや大きいところを狙うクラブとして位置づけたら、それは楽しめる、夢を見る事が出来るのではないかと思っています。

ならば悩む事はない!入会すればいいのではないかという事になるのですが、そこはクラブを2つにすれば当たり前ながら会費が負担になるのですよね。
更にはノルマンディーへの愛が薄れるのではないかという不安も。

他にも色々と考えるところはある訳で・・・。
決断出来ずにいます。

私自身整理する意味でも、ノルマンディーワラウカドの比較をしてみたいと思います。

【入会金】
ノルマンディー:10,000円+消費税
ワラウカド:10,000円+消費税

これは一緒ですね。

【月会費】
ノルマンディー:1,000円+消費税
ワラウカド:2,000円+消費税

ノルマンディーが現在最安値。G1が1,500円+消費税。その他はおおむね3,000円+消費税程度なので、中間帯の金額設定。

【月次分配】
ノルマンディー:出走の日の属する月の翌月末分配
ワラウカド:受領の属する月の翌月末分配(1万円に満たない場合は預かり金とする

私はノルマンディーである程度毎月の振り込みがあるので、それほど深刻にならないかもですが、ワラウカドのみでやる方には厳しい条件ですね。
1,2頭では年1,2回の振り込みのみという事態に陥るやもしれません。これはしんどいかも。


【営業者報酬】
ノルマンディー:5%
ワラウカド:3%(重賞優勝時5%)

重賞優勝時は5%ですが、通常時は3%とノルマンディーの5%よりは抑えてきました。

【口数】
ノルマンディー:40口,400口,スターズファンド
ワラウカド:500口

口数は500口とシルクと同じですね。

【クラブポイント】
ノルマンディー:競走馬出資金(ポイントご利用及び一括割引を除く)に対し5%相当
ワラウカド:競走馬出資金に対し5%相当(対象金額は会員が現実に支払った)

クラブポイントは同じです。

【牝馬引退時期】
ノルマンディー:6歳3月末
ワラウカド:5歳11月末

問題はここですね。ちょっと早い気がしますね。晩成傾向の馬であったり、11月末時点で相当の活躍をしていて仮に有馬記念でファン投票で選ばれるような事態になったときも規定通りで行くのか?気になります。

主な比較はこんな感じでしょうか。


この中でも一番気になった【牝馬引退時期】と募集頭数について、問い合わせフォームから問い合わせしてみました。


回答は以下の通りです。
1.牝馬の引退時期について
【回答】現在例外について検討中。貴重な意見としてクラブで検討します。

2.募集頭数について
【回答】2歳馬は現在の3頭のみ。16年産は現在調整中。本年度より少しだけ多い頭数を予定。時期は未定。

以上です。

まだ立ち上げたばかりで、会員の意見を聞きながら柔軟に対してくれそうな感じは受けました。(責任はとれませんが)
私としたら募集頭数が気になるのですよね〜。
今年度はいいとして、今後もイメージとしては少数精鋭で行く感じなのですが、会員数が増え募集頭数が少ないと500口とはいえ、すぐに口数を超え抽選の嵐。
欲しい馬が買えない状況となる可能性が

仮にそれでは会費(2クラブ分)が重くのしかかる。
これがネックになりそうだったので質問した訳だが、どうも今年度より少しだけ多いが気にかかる。

牝馬の引退時期は繁殖にあがることを考慮してのことで、これはいい事だと思う。
一般的には。
繁殖までの身体作りは必要だし、競争を終え、疲労が残ったままでの繁殖入りはマイナスであると考える。
しかし、それが自分の出資馬だと話は別である。
ちょっと早い気がする。
これが固定化されるようならワラウカドは牡馬中心に出資するのがいいのかも。

等々と気になることがあり踏ん切りがつかないのである。

posted by じろう at 21:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

どうしようかな?

PicsArt_03-01-06.09.29.jpg

どうしようかな?

posted by じろう at 18:49| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

3/5が楽しみ♪

3/5が今から非常に楽しみです。

何故か?

3/5には出資馬が3頭出走予定しています。(1頭スライドしてしまいました)

では紹介しましょう!
まずは、前走3着に好走し権利を取っての万全での出走となります

ジャストフォーユー

2/18 東京12R 4歳上1000万下・混 芝1400m 江田照男騎手
に出走したジャストフォーユーは気性面での成長も伺え、また江田照男騎手の分析力・好判断もあり3着と好走しました。

その権利を活用しての次走が3/5中山12R芝1600mに田辺騎手で予定されています。

ジャストフォーユーに田辺騎手が乗った時の戦績がこちら
4戦1勝(1-1-1-0-0-1)

ムラ馬の安定しないなかでのこの結果は素晴らしいです。
更に言えば最近の安定してきた戦績は、気性面の成長もあるでしょうが田辺騎手のおかげでもあると思うのです。
そんなジャストフォーユーは栗田先生は東京芝1400mがベスト条件と踏んでいる感じなのですが、私は現時点では中山芝1600mがベスト条件と見ています。

鞍上に関して言えば、もちろん田辺騎手です。

そんな私が思うベストな組み合わせが今週末見れるのです。これはかなり楽しみです。
もちろん1頭で走るわけではないので、相手関係もまだわかっておりませんが、ジャスト自身の走りは出来ると思っています。
勝ってくれるのが一番ですが、好走を期待して日曜日を待ちたいと思います。


次に楽しみな馬は

アナザートゥルース

3/5中山12R3歳新馬(ダ1800m)に出走予定です。(出走出来るのかは抽選次第ですが)
ご存じサウンドトゥルー、ルールソヴァールの半弟で、私の期待の1頭です。

母キョウエイトルースの仔は皆晩成傾向にあり、この馬もご多分に漏れずゆっくりと育成・調整されてきました。これは出資段階からわかっていたことなので、わたしもゆっくりと見守ってきましたが、昨年末になってもあまりいいコメントも聞かれず少し不安に思うところも正直ありました。
しかし、1/19に入厩してからは気性面を除いては(笑)順調に調整され、ここ最近での調教内容等を見ても期待させてくれる内容でワクワク感が止まりません。気性面を除いては…。

ただし、兄弟達のデビュー戦の成績を見てみると、

コンフォーコ(父トワイニング) 2007/07/14  函館ダ1000m 2着
コンフェルヴォーレ(父タニノギムレット) 2008/11/15 東京芝1600m 8着
ヒデノオーカン(父フサイチコンコルド) 2010/07/11 阪神芝1800m 7着
ツインクルスター(父サクラバクシンオー) 2011/12/10 中山ダ1200m 2着
サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ) 2012/10/06 東京ダ1300 6着
ブロンズテーラー(父ロージズインメイ) 2014/06/14 函館芝1200m 5着
ルールソヴァール(父フレンチデピュティ) 2015/02/07 東京ダ1400m 4着

御覧の通り、サウンドトゥルーでさえデビュー戦で勝てていません。
デビューも成長も遅めの晩成傾向丸出しですね。

しかし、アナザートゥルースはきっと初戦からやってくれるでしょう!(期待感込みで)
もしもの成績の時は気性と母の産駒全てがデビューで勝てていないせいにするつもりです。
なので、既に言い訳を用意しての勝利宣言ですので問題ありません。

後は、無事に出走出来るのか?
ここが一番の問題でもあります。


さぁ最後は、当初の3/5ではなく翌週にスライドしてしまった

シシオウ

8/7のデビュー戦2着以来の復帰となります。
デビュー戦でいきなりの2着でしたから、次走は確勝と思っていたら軽度の繋靭帯(中骨間筋)近位付着部炎を発症しここまで長引きました。
これが結果的に馬の成長を促してくれていたらいいのですが、それは復帰戦の走りを見てみないと半信半疑ですね。
しかし、強気になれる結果も実はあります。

デビュー戦で接戦の末、勝利したミラアイトーンが既に2勝を挙げ、先週のアーリントンC(G3)にも2番人気で出走したのです。(結果は8着でしたが)
更には3着のデュパルクカズマも既に勝ち上がり、4着のナムラライラも2戦目で勝ち上がり、8着のセイイーグルも2戦目で勝ち上がっています。
10着のメイショウハチクに関しては勝ち上がれてはいないものの2着2回、3着1回と勝ち上がりも時間の問題です。
そして驚く事に、このレースで最下位だったタガノディグオは続く2戦目は3着。
その後2着を3回続け、その後に勝ち上がり。
更には昇級後の500万下のレースでも2戦連続の2着。

この(仮)伝説の新馬戦から既に5頭もの勝ち馬を出しているのです。
これはなかなかのレベルのメンバーだったと言ってもいいでしょう。
将来、このレースが伝説の新馬戦だったと言われるような活躍をシシオウにはして貰いたい!

本来であればこのシシオウも3/5に出走予定していたので、この日は相当ワクワク出来る日と楽しみにしていたのです。

ただ、ジャストフォーユーは確定でしょうが、アナザートゥルースは抽選でしょうし、シシオウは既に次週にスライドしておりますので、ジャストフォーユー1頭のみの出走の可能性もあります。

それでも今から週末が楽しみでならないのです。

posted by じろう at 20:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

picotさんがやってくれた

『picotさんがやってくれた』

先ずは時系列に沿って説明させて頂きましょうか。
ブロ友のpicotさんのブログでの出来事です。

2月18日のブログ
『パドルウィールが小倉大賞典に挑む』
ここでpicotさんは出資馬パドルウィールの好走にかなりの自信を見せます。
そりゃそうでしょう!前走も金鯱賞で2着と好走しておりましたから。

ブログの最後は、

パドル、やっちゃおうよ。

で締められております。

これに心動かされた私はpicotさんにコメントします。
PicsArt_02-21-01.06.46.jpg

私は本気です。

それに対するpicotさんの返答は以下の通りです。
PicsArt_02-21-01.07.30.jpg

まぁ万が一の事を想定したのと私の事を考えての複勝という事だったのでしょう。
複勝でキョウエイトルースの15が買えるのか?という疑問はありながらも、それを無視して単勝勝負して、もしもの事があればpicotさんの補償を受けることが出来なくなりますし、ここはおっしゃる通り複勝勝負に出た訳です。

キョウエイトルースの15を買う金額を儲けなければいけませんから、小さい金額ではありません!

私はフェブラリーSの馬券も我慢してまでも、小倉大賞典のパドルウィールの複勝馬券にPAT口座にある全額を投入しました。
これはノンフィクションです!
本当にpicotさんを信じて全額投入したのです。

結果は皆さんご存じの通り…

馬は頑張って走ったと思っておりますので、何の不満も責任もありません!
悪いのは…
いや、やめておきましょう。人のせいにするのは。
私はこのやりとりを冗談で済ませるつもりでした。

このブログを見るまでは・・・。
2月20日のブログ
『パドルがやってくれた』

今回の私のブログのタイトルにもなったこの日のブログ。
私の怒りが収まりません!

何故ならPAT口座にある全額を賭けた私への謝罪はないどころか、小倉大賞典を勝ったマルターズアポジーをほめまくり話をごまかし、また最後の締めの言葉が、

ゴスホークケン、いいね。

ですよ。
いや、ゴスホークケンは確かにいい!それは疑いの余地はない!
そこじゃない!
大人ならまずは私に謝罪ですよ。

これは大人と大人の約束です。
キョウエイトルースの15に出資出来なくなった責任はとって貰いたいと思っています。
売り切れる前までで結構です。
必ず実行して貰いますから!

そう思っていた昨日、更に記事がUPされましたよ。
『もう愛馬の馬券は買わない。』

ここでサラッとですが、


じろうさん、ありがとうございます。

そして、すいません。


一応の謝罪はありました。

私も大人です。
公の場で謝罪を受けた以上はもう何も言いません。
もう忘れます。
キョウエイトルースの15と共に。




最後に冗談だと思っている皆さんに最後に本当にPAT口座全額を投入した証拠を提示させて頂きたいと思います。
衝撃の画像となりますので、心してご覧下さい。😤



PicsArt_02-21-01.05.18.jpg

PicsArt_02-21-01.05.48.jpg

どうだ⁉笑劇の画像は!


posted by じろう at 20:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

記録途絶える・・・

続いていた記録がとうとう途絶えました・・・

こだわっていた記録だけに悲しいです。


その記録とは・・・




毎週出資馬が走る!


今週の出資馬の出走が0で今年の記録が早くも途絶えてしまいました。
それもそのはず!
現在の現役出資馬頭数は11頭。

マグレブが今年戻って来てくれるでしょうから、そうなれば12頭。

さらに未デビューの3歳馬2頭アナザートゥルース、ビターレが入厩してくれたら14頭。

2歳馬には現在5頭出資しており上手く今年中に入厩してくれれば19頭。

ここまでくれば相当数走ってくれるでしょう。
しかし、それでも毎週の出走は難しいのでしょうね。

果たして何頭いれば夢の『毎週出走馬が走る』が実現出来るのでしょうか?
30頭?いや40頭?

40頭以上いれば可能性は高いような気がしますね。
勝ち上がれず引退する馬や後数年で引退を迎える馬も出てくるでしょうから、この感じの出資頭数でいくと後3年後位でしょうか?
長いなぁ〜

一気に出資頭数を増やそうか…


無理!無理!





posted by じろう at 21:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます。
今年も一年どうぞよろしくお願い致します。

2017年最初の書き出しは、じろう厩舎の今年の布陣の目標というか…
見解を書きたいと思います。


2歳馬【15年産】
・オークルームの15
まずは無事にデビューを!
2歳のうちにデビュー出来るとは思っています。3戦以内くらいでの勝ち上がりを期待。

・トーセンリリーの15
まずは無事にデビューを!
こちらはデビューは遅そうかな?最大目標はオークス出走ですので、今年は怪我なく進められたらそれでいいかな。

・エスワンスペクターの15
まずは無事にデビューを!
ダート部門でブラゾンドゥリスに次ぐ存在になって貰いたい馬ですので、安田先生に捨てられないような走りに期待です。
今年中に勝ち上がり期待。

・レットイットスノーの15
まずは無事にデビューを!
長く楽しませて貰いたい馬。
まずは勝ち上がりが目標なので、今年は目処のたつ走りをして貰えれば。

・レーヴドゲランの15
まずは無事にデビューを!
この馬も長く楽しませて貰いたい馬。
芝・ダート問わず活躍してくれると思っています。
今年はデビューして、目処のたつ走りを期待。


3歳馬【14年産】
・アナザートゥルース
期待馬ですが、少し自信を失いかけています…。
まずは無事にデビューして貰い、いきなりからの勝ち負けを期待したい。

・ブラックジェイド
ダートで強い勝ち方。
次走は芝を試すようで、芝での走りにも期待したいですが、私はダート馬で全然構いません!
ダート以上の走りを見せてくれるとかなり期待度は上がりますが、駄目ならダートで専念しましょう!
かなり楽しみ。

・キャラメルフレンチ
勝ち上がってくれているので、じっくり成長して欲しいです。
今年中に500万下を2回勝ってくれればそれでいい(笑)

・ヒノアカツキ
期待して出資した馬。
デビュー戦では想定以上の走りを見せてくれ、勝ち上がりは問題ないと確信出来た。
早めに勝ち上がり、上のクラスでもやれるところを見せて欲しい。
ダート馬だと思って、出資したのでよりダートの走りが良ければ楽しみが増える。

・ホウロクダマ
厩舎での扱いが心配。
何とか勝ち上がって欲しい。ただそれだけ。
能力は有るはず!

・シシオウ
デビューで2着と期待したが、その後は長期休養。
来月復帰予定で、どのような成長をしているのか楽しみ。
コツコツと出走して、地味に稼いでくれるイメージを持って出資したので、そのような馬になってくれることを期待。

・ビターレ
まずは無事にデビューして欲しいですね。
デビュー出来れば勝ち上がりは問題ないでしょう!
ダート短距離で活躍を期待。

4歳馬【13年産】
・マグレブ
中央復帰待ち。
中央に戻ってやれるようになってくれればいい。
中央初勝利が目標。

・クリプトスコード
クラス落ちして、再度500万下勝ちが目標。
後は1000万下で入着出来る力をつけて欲しい。
丈夫な馬なので、権利を取って出走、権利を取って出走。
このリズムで!

・リルティングインク
少し復調の兆しが見えた昨年末。
今年は自力強化して何とか1勝が目標。

5歳馬【12年産】
・メルドオール
勝負の年になりそうです。
中央未勝利なので、まずは中央初勝利が目標。

・ジャストフォーユー
現級でもソコソコやれているので、田辺騎手でなくても自分の競馬が出来るようにもう少し気性面での成長が欲しいところ。
そうすれば結果はついてくる!

・ブラゾンドゥリス
本当によくやってくれている馬。
今年はオープン勝ちを決め、重賞出走が目標。
出来れば重賞を勝ちたい!
そう思わせてくれる馬。期待しかない!

6歳馬【11年産】
・アペルトゥーラ
なかなかアペルトゥーラの走りが出来ていない。
らしい走りに期待だが、能力的にはこれ以上の上積みは厳しいか。
後は気性面での成長で戦績に安定感を期待したい。


どの馬も大事な馬達。
みんな一年無事に頑張れ!

posted by じろう at 09:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

今年もお世話になりました。

今年もあと2日となりました。

今年の一口の成績は先日報告した通りですが、10勝挙げる事が出来まして、通算14勝となりました。
段々と充実した一口生活をおくれているようです。
これも不調の時に、励まして支えてくれたお仲間の皆さまのお蔭だと思っています。
ありがとうございました。

今年は、というか…今年も仕事が忙しく、更新がなかなか出来ない時期もありましたが、何とかブログを続けてくることが出来ました。
そんな中、忙しいなか新たにTwitterも始めて、新たなお仲間も増えました。
充実した1年だったと感じています。

来年はもっと充実した一口生活&お仲間の皆さんと交流出来ればと思っています。

本当に今年一年ありがとうございました。
来年もこんな私とブログ&Twitterをよろしくお願いします。

皆さま良いお年を!

posted by じろう at 21:25| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

ネーミング辞典

ノルマンディーではまだ始まっておりませんが、そろそろ始まりますよね。


『馬名総選挙』



1次で出資した馬2頭の名前と2次で出資しようとしている馬の名前をそろそろ考えておかないといけません。
これまでに馬名に採用されたことは無し!
ノルマンディーも会員が増え、更に競争が激しくなる事が予想されます。

そこで、先週末子供たちが図書館で借りる本を探している間、私も探しました!


ジャジャーン♪
IMG_20161212_220730895.jpg
『早引きネーミング辞典』

今回はこれを活用して、素晴らしい名前を考えたいと思います。


来るその日の戦いまで。
待ってろよ〜

posted by じろう at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

菊花賞出走しました。【完結編】

さぁレース当日です。
菊花賞当日です。

私は嫁が運転する馬運車に乗り、レース会場に運ばれました。
初めての経験と余りの人の多さに雰囲気にのまれていました(笑)
手荷物を預け、スタートまでまだ1時間程あるもののスタートラインに並びます。(スタート地点からはかなり後ろの方)
その後はセレモニー等あり、いよいよスタートの時を迎えます。

私は中学・高校と野球部に所属しておりましたので、このスタート前の緊張感は久々に味わうワクワクするものでした。
しかし、私は同時にものすごい不安に駆られていました。
というのも、元々腰が弱いらしく、レースまでに2回ギックリ腰になり、練習が出来ない期間が結構ありました。
あと、仕事が忙しく練習が充分出来ていないこともありました。

普段の練習(週に1,2回位)では5,6キロ程度の走り込み。10キロ走ったのは4月に1回、9月に1回というレベルでした。
5月と8月にギックリ腰でその間の計2ヵ月近くは練習出来ずでした。

なので、10キロ先は未知の世界…。

果たして、42.195キロ走れるのか?
不安で一杯でした。

そんな不安の中、スタートが切られました。
気負わずゆったりペースで行く事を心掛け、普段の練習より遅いペースで走り出しました。
その効果か沿道の沢山の応援のおかげなのか、割と余裕のある出だしでした。

沿道は本当に沢山の人の応援が絶えずあり、気持ちの面でも大変助けられました。
もちろん、家族も会社の同僚も応援に駆けつけてくれました。

レースの方ですが、まずは無事に10キロ地点に到着しました。
思ったより楽な感じで来れた事もあり、最後まで走り切れる自信が少し湧いてきたその時です。

身体は正直です。

10キロしか走った事がない身体は、10キロを超えたと同時に痛み出しました。
まずは右足の太ももです。
パンパンに張りました。
このままでは肉離れを起こすのではないかと感じる程の張りでした。
何とか持ってくれと思いながら走り続けていると、慢性的に痛めている右ひざも違和感を覚えるようになりました。

こうなると未知の距離というより、身体が持ちこたえられるのかが焦点となりそうでした。
そんな不安と戦いながらも、何とか20キロを超え、中間地点を超え、25キロを超え、26キロ地点に到着した時点でとうとう歩いてしまいました。
足が限界でした。

それでもここまで給水とトイレ以外は歩かず何とか走り切れていました。
ただ歩いたといっても早歩きで頑張り、少し歩いては走って、足が痛くなるとまた歩いてを繰り返し、ゴールまであと500mまでのところまで来ました。

ゴール地点の陸上競技場のトラックに入る前の花道?的なところの沿道に家族の姿も見つけて、ラストスパートです。

見事、初マラソンを練習不足気味ながら完走する事が出来ました。
家族も会社の同僚も完走出来るとは思っていなかったらしく、タイムはさておき称賛されました。
いやぁ〜気持ちのいいものでした。

最後はものすごく辛かったですが、やめたいと思うことはありませんでしたし、何が何でも完走することを目標に頑張れました。
菊花賞完走です(笑)

その日は娘も息子も私を見る目が変わっており、そういう意味でもこの運動不足の無謀な挑戦にも意義があったと思いました。

その日の夜から体全身が痛み、1週間位はこの痛みに耐えなければいけないのかと覚悟していましたが、意外や意外。筋肉痛は2日間で治まりました。
意外と若い身体をしているのだなと自分でも感心しておりましたが、足の爪はいくつか剥がれかけており装蹄師に依頼しなければいけない状態でしたし、更に右足の甲に痛みが出て歩くのに支障をきたす程でした。
でしたというか、今現在も完治しておりませんが、ようやく治まりつつあります。

激闘のレースだったのだなと感じるものでした。


最後に、先ほどゴール前で家族の応援からラストスパートしたと書きましたが、これが次の日にユーチューブにあがっていた自分のゴールシーンを見たところ、ラストスパート、どころかヒヨコがちょこちょこ走っている感じが映し出されており、自分で見て大爆笑でした。
自分では最後の力を振り絞り、スパートをかけているつもりだったのに、あのような姿だったとは…😞

その後、家族にもその動画を見せ、みんなで大爆笑しました。

そんな菊花賞当日の私の菊花賞出走でした。


最後までお読み頂きありがとうございました。

posted by じろう at 20:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

菊花賞出走しました。

先週の日曜日、菊花賞に出走しました。


えっ!?

菊花賞に出走するような愛馬いないでしょ?

そ〜なんです!

じゃあ何?菊花賞出走って?

ふふふマラソン♪


そうなんです!
先週の日曜日、菊花賞があったその日!
私は人生初のフルマラソンの大会に出走(出場)して来たのです。

そのマラソン大会とは『金沢マラソン2016』です。
今年で第2回となる新しい大会なのです。

実は前年の第1回大会にも申込みをしており、抽選を突破しておりました。
しかし、当時は約20数年振りに運動を始めた事と、いきなりのフルマラソンを目標に持ってきた事による完全なるオーバーワークと言いましょうか、まぁつまり怪我をした訳です。
それで泣く泣く辞退しました。

すると、会社の同僚や出走する事を知っていた友人等からは逃げただの、最初から走る気がなかっただの言われ続ける1年間でした。
その悔しさをバネに今年1年は練習に励んで来ました!(と言いたいところですが)

まず、私はスプリンター(短距離派)であり、100m走より50m走のほうがいいタイプでした。
実際、小・中学校では学年でも3本の指に入る位でした。(レベルが低い事もありますが)
ところがこれが長距離となると一転、中盤より遅い位でした。
そうなのです。私は長距離走が大嫌いであり、大の苦手なのです。
それなのに何故フルマラソンなのかはまた別の機会に話したいと思っています。

話は戻って、昨年の怪我での辞退から、どのような練習過程だったかというと、まずもってマラソン大会というものに出たことすらないので、まずは足慣らしに大会に出てみようということで、4月にあるマラソン大会の10kmにエントリーしました。
直前に1回10kmを走った程度で、本番当日を迎えたのですが…。


何と!
強風の為、当日中止が決定。

私の初の大会参加は無くなったのでした。
これは私に走るなという神のお告げかと思う程、マラソン大会には縁がないように感じました。

そして、このまま本番当日を迎える事になった訳ですが、長くなりましたので今日はここまで。
続きはまた明日以降にします。


つづく
posted by じろう at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

繁殖馬セール2016

本日、日本軽種馬協会 北海道市場で行われていた『繁殖馬セール』の岡田スタッド関連の結果報告です。

岡田スタッドが2頭落札しましたのでお知らせします。

まずは1頭目
ハッピーダイアリー(牝9)
母父:アグネスタキオン
受胎馬:ハービンジャー
落札価格:5,724,000円(税込み)

社台ファーム生産
(有)社台レースホースの所有馬として走り、9戦3勝の成績でした。
デビューから3連勝した実力の持ち主です。その後は・・・ですが(笑)
それでも準OPで5着に入り、その後の降級後は6,4,8着ですからそれなりの能力の持ち主だったと思います。

デビューした子供は1頭でメイショウサムソン産駒で現在3戦未勝利(7,7,9着)です。
お腹の仔が無事産まれて来れば5番仔となります。

ハービンジャーにあまり興味はないので、岡田スタッドで来年何を付けるのか楽しみにしたいと思っています。


そして2頭目です。
エロージュ(牝10)
母父:フサイチコンコルド
受胎馬:ゴールドアリュール
落札価格:7,776,000円(税込み)

社台ファーム生産
吉田照哉氏の所有馬として走り、21戦3勝(南関東)の成績でした。
私は地方に詳しくないので、良くわかりませんが大井のトゥインクルレディ賞という重賞で2着になった実績があります。

デビューした子供は1頭でゼンノロブロイ産駒で現在13戦未勝利(地方)です。
あまりパッとしませんね。

それよりお腹の仔がゴールドアリュールというのが一番の興味あるところですね。
牡馬であることを祈りつつ、いずれノルマンディーで募集されるのを待ちたいと思います。


以上、報告でした。
posted by じろう at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする