ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年08月08日

リーチザクラウン社台SSへ

14年産駒が初年度産駒となるブレイク中のリーチザクラウンが繋養先が現在のアロースタッドから社台スタリオンステーションへと移動となりました。

所有者の西山茂行氏が社台に権利の半分を売却したものによるもの。
これには賛否両論あるようですね。
かくいう私も一報を聞いた時は、正直残念な気持ちになりました。
それは、非社台のノルマンディーOCの会員であり、日高びいきであるからこその感情だったのですが、冷静になれば素晴らしい決断でもあったと今は思います(たぶん…)。
本当の評価はこれから何年も先でしょうが。

リーチザクラウンは父スペシャルウィーク、母父Seattle Slewという血統で社台ファームの生産。
主な勝ち鞍は、読売マイラーズC(G2)、きさらぎ賞(G3)と重賞2勝ですがG1勝ちがない中の種牡馬入りでした。
これは馬主である西山茂行氏の思い入れや能力を見込んでのものであり、大変な功績だと思います。
西山氏のブログにも書いてありましたが、リーチザクラウンの相手は2流・3流繁殖牝馬ばかりとの事。
それはそうでしょうね。
戦績等から今の時代に人気の出る種牡馬ではないですから。
しかし、しかしです!
今年デビューした2歳馬達が我々の予想を遥かに超え(そもそも予想すらしていないですが)、プチブレイク中です。

8/7現在(中央のみの成績)
10頭がデビュー16回出走し、5頭が勝ち上がっています。
このタイミングでの半分の権利を売却と、リーチザクラウン自身もそうですが、西山氏にとっても最高のタイミングでの移動だったと思います。
ここまで、西山氏の言葉を借りれば2流・3流繁殖牝馬の仔でここまでの成績を残すのですから、社台に移れば必然と繁殖の質は上がるでしょう。
スペシャルウィークの後継としての仕事もありますので、何とか成功して欲しいと思いますが、果たしてどうなるのでしょうか。
繁殖の質が上がれば、そのまま成績も上がるというものでもないのが難しい所でもあり、競馬の面白い所でもあります。
雑草血統のような繁殖だからこそ合う馬もいるでしょう。
お嬢様血統にどのようにマッチ出来るのか見ものですね。

もしも、成績が振るわない時は、スペシャルウィークの後継はお任せ下さい!

我がノルマンディーの


ブラックジェイドに!

ブラックジェイド(20160729).jpg

posted by じろう at 20:45| Comment(0) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

日高スタリオン年内閉鎖へ

1968年に開業した日高スタリオンステーションが、年内いっぱいで閉鎖されるようです。
また、日高から暗いニュースですね。
仕方のない現象なのでしょうが、ますます1強に…。
岡田スタッドグループには是非とも頑張って欲しいです!

気になる繋養種牡馬の行先ですが、プリサイスエンド、トビーズコーナーの2頭は優駿スタリオンステーションに移るようです。
噂では2018年に初年度産駒がデビュー予定のダノンバラード(父ディープインパクト)がレックススタッドへ。
他に気になる種牡馬としてブラゾンドゥリスの父であるノボジャックもいるのですよね〜
どこに行くのかな?レックスに来ないかな?

後、関係性はないですが香港マイルでスクリーンヒーロー産駒のモーリスが勝ちました。
父のスクリーンヒーローはレックス繋養種牡馬ですが、馬主が吉田和美氏なのでモーリスがスタッド入りする場合は社台スタリオンでしょう。
そして、香港カップを勝ったエイシンヒカリですが、こちらも将来種牡馬入りすることになるだろうが、レックスの可能性があるのでは?と思っています。まぁ今後の活躍次第ではわかりませんが。
というのは、以前にも一度書いた記憶があるのですが、レックススタッドのはエイシン、エーシンの馬が結構いるのですよね。オーナーとの繋がりなのかは定かではありませんが、こちらももしかして?の可能性はあります。まだ先の話ですが。
しかし、実現すればディープインパクト産駒の種牡馬が数揃ってくる感じで、楽しみです。
ノルマンディーではディープインパクト産駒の募集はないでしょうから、孫で我慢します。
エイシンヒカリの今後の成り行きを見守りたいと思います。

posted by じろう at 08:27| Comment(4) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

ヴァンセンヌレックススタッド入り

今年の東京新聞杯を制したヴァンセンヌ(牡6)が右前脚屈腱炎を発症し、レックススタッドで種牡馬入りすることになったようです。
同馬は、

父:ディープインパクト
母:フラワーパーク
母父:ニホンピロウイナー
戦績:16戦6勝【東京新聞杯(G3)】


G1勝ちこそないものの、父ディープインパクト、母フラワーパークという良血を買われての種牡馬入りでしょう。どういう形態でのレックス入りかはわかりませんが、将来ノルマンディーで産駒が募集される日が来るやもしれませんね。
レックススタッドでのディープインパクト産駒の種牡馬入りはトーセンラーに続いて2頭目となりました。(プライベート種牡馬のキモンノカシワもいますが)
どうせならアペルトゥーラ&マグレブの叔父にあたるリアルインパクトもレックスで種牡馬入りしてくれたら良かったのに…。

私はヴァンセンヌの母のフラワーパークが好きでしたので、産駒の出来が非常に楽しみですね。
そういえば引退レースとなったマイルCSを見に行っていたのでした。

P_20151122_152203.jpg

いい仔を産んでください。

posted by じろう at 23:08| Comment(0) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

ショウナンカンプ

今、ショウナンカンプが気になっている。

別に現役時代からのファンでも、種牡馬になってからのファンでもないが、一口馬主を始めて血統について少しずつ勉強しているなかで、興味を持ったのです。
私が入会しているクラブはノルマンディーオーナーズクラブであり、非社台系である以上地味な血統で稼ぐ馬を見つけ出したいという野望を持ち始め、繋養先がLEXという追い風も加わり、ショウナンカンプ産駒で一発!という具合です。

まずはショウナンカンプの紹介を!

馬主:国本哲秀さん
調教師:大久保洋吉調教師(美浦)
生年月日:1998年3月7日(14歳)
毛色:鹿毛
生産牧場:大柳ファーム
競争成績:国内18戦8勝、海外1戦0勝
主な成績:高松宮記念(G1)、スワンS(G2)、阪急杯(G3)
勝ち鞍は8勝全て1000m〜1400mのスプリンター

血統表
ショウナンカンプ_血統表.gif
地味ですよね〜たらーっ(汗)


ショウナンカンプはプリンスリーギフト系のサクラバクシンオー産駒で、プリンスリーギフト → テスコボーイ → サクラユタカオー → サクラバクシンオー → ショウナンカンプと続く日本固有の快速父系として存続中。ユタカオーからの流れではエアジハードがいるが、2010年、2011年と産駒の勝利はない。
という事は、この日本独自の父系を繋げる望みはショウナンカンプしかいない。
サンデーもトニービンもミスプロも持たない、主流から外れた血を生かすには、相手に主流血脈を持つ繁殖の良さを引き出すか、ショウナンカンプの血統内の有効な血(サクラユタカオー、ノーザンテースト、Nijinsky)のクロスで強調するかのどちらかなのかなと…

そこでここでも書いたように、来年の募集馬に挙がってくれば、狙ってみたい馬がいる。

それは…

カヤドーミーティアの12である。

血統表
カヤドーミーティアの12_血統表.gif

サクラユタカオー3×3、ノーザンテースト4×5、Northern Dancer5×5のクロスを持つ事になる。
母父エアジハードはショウナンカンプと同じプリンスリーギフト系のサクラユタカオー産駒なので同系配合となる。
母のカヤドーミーティアは現在6歳でこの仔が2番目とまだ実力の程はわからず。
しかし、祖母はケイシュウハーブ!
ピンときた人はいるでしょうか?
そうです!スマートファルコンの母です。東京大賞典(G1)を勝ったワールドクリークの母でもあります。
良血とまでは言えなくても、活躍馬を出す下地はあると思っています。

サクラユタカオーの3×3を持っている訳だが、こういった大胆なクロスで勝負しないと地味な血統の馬は勝負にならないのではないだろうか?
現役時代は中距離馬だったサクラユタカオーの3×3を持つが適正距離は1200〜1400mだろう。このクロスにより適正が中距離に向くとは思えず、スタミナを併せ持つスプリンターとして期待したい。ハイペースでの消耗戦や中山などの最後の急坂でこの様な血が生きて来ると思われる。
かなり楽しみな馬なのだが果たして、来年の募集馬に挙がってくるのだろうか?

これまでのショウナンカンプの活躍馬と言えば、

ショウナンカザン 44戦6勝 シルクロードS(G3)2着
サクラユタカオー3×3、ノーザンテースト4×4、Northern Dancer5×5×5

ショウナンカッサイ 28戦2勝 阪神ジュベナイルフィリーズ(Jpn1)4着
タケシバオー4×4、Northern Dancer5×5×5、テスコボーイ4×5、メジロハリマ5×5

モトヒメ(現役) 国内:25戦2勝 福島2歳S(オープン)1着
Northern Dancer5×5×4、Sir Ivor4×4、ロードリージ4×4、テスコボーイ4×5

あれ?モトヒメって岡田スタッドの生産馬なんですね。

大物と呼べる馬は出ていませんが、この血統、頭数でよく頑張っている方だと思います。
それぞれがかなり強烈なクロスを持っていますので、カヤドーミーティアの12も問題ないものと思います。
私的にはNijinskyのクロスでも面白いのではないかと思うのですが…
どうでしょう?

岡田スタッド生産馬の現役馬がいました!

フレイヤ 28戦2勝
Nijinsky4×4、Northern Dancer5×5×5

ダ1200とダ1150の2勝です。
この全妹が12年産にいます。
安い価格での募集なら、堅実に稼いでくれるイメージを持ちます。
来年ショウナンカンプ産駒をぜひ募集馬に加えて下さい!
買うかはわかりませんが…あせあせ(飛び散る汗)

来年ディープの仔も1頭いるんだよな〜♪
こちらも募集されるかは未定ですが、1頭くらいはディープの仔も持ってみたいなぁ〜なんて


posted by じろう at 15:21| Comment(0) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

スペシャルウィークがLEXへ!

なんとスペシャルウィークが来年の種付けからLEXになりました。
LEXにもまた新たな仲間が誕生です。

最近はもっぱらダート種牡馬的存在ですが、大物の誕生を期待します!

http://lexpro.sblo.jp/article/60489314.html







posted by じろう at 08:05| Comment(2) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

エイシンアポロン引退、種牡馬入り!

エイシンアポロン(父Giant's Causeway)が21日付で競走馬登録を抹消し、レックススタッドで種牡馬入りすると管理する松永昌博調教師が明らかにした。
レックススタッドに新たな種牡馬が仲間入り。

エイシン、エーシンの馬が意外とレックススタッドに多いのにビックリexclamation&question

・エイシンサンディ(父サンデーサイレンス)
・エイシンデピュティ(父フレンチデピュティ)
・エーシンフォワード(父Forest Wildcat)

と、すでに3頭。エイシンアポロンが加わり4頭目。
牧雄氏と何か繋がりでも・・・?

ついでに後々はエイシンフラッシュもレックススタッドで種牡馬入りかぁ〜?
と思いきや、社台ファームの生産馬!社台SSだな・・・たらーっ(汗)

そういえば、以前の記事(こちら)で書いた時はけい養先は未定だったヒルノダムールはいつの間にかアロースタッドに決定しており、11月17日にスタッドインしておりました。
父マンハッタンカフェ 母父ラムタラの血統構成であり、母父のラムタラが過ごした馬房に入り担当者も同じ方となるようだ。
ラムタラは父としては成功出来なかったが、母父として血が残るようヒルノダムールにはぜひ頑張ってもらいたいものです。

posted by じろう at 07:43| Comment(0) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

サマーバードを購買【日本軽種馬協会】

日本軽種馬協会は、米国で供用されているサマーバード(6歳 米国産 父バードストーン、母ホンコンスコール、母の父サマースコール)の購買契約を締結したとJRAニュースにあった。

サマーバードについてはこちら

またしても新種牡馬がやって来る!

種牡馬になるのも大変だが、なってからもこれだけのライバル達とまた戦っていかなければいけないのは大変だな〜とつくづく思う。
でも、選ぶ側からすると、種牡馬の選択肢が広がるのはいい事だわーい(嬉しい顔)


posted by じろう at 12:52| Comment(0) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

2013供用新種牡馬

26日ディープブリランテの引退がJRAより発表されました。今後は社台スタリオンSで種牡馬入りするそうです。
またしてもサンデー系の種牡馬入り。そして社台スタリオンS!
サンデー系が益々増えますが、日本の馬産は大丈夫でしょうか?

その他にも2013供用の新種牡馬をわかる範囲で紹介します!

まずは何と言っても我ら(?)がアイルハヴアナザーからグッド(上向き矢印)

【アイルハヴアナザー】ビッグレッドファーム
競走成績は米7戦5勝。今年のケンタッキーダービー(G1)、プリークネスS(G1)を制し、ベルモントS(G1)での米3冠が確実視されていたが、レース前日に左前肢浅屈腱炎を発症し現役を退いた。
ケンタッキーダービー、プリークネスSを制した米2冠馬の日本供用種牡馬には、大成功を収めたサンデーサイレンス、ウォーエンブレムがいることから、同馬にも大きな期待が寄せられている。
牧雄氏と兄(ビッグレッドファームの総帥・岡田繁幸氏)で権利の70%を所有。
シンジケートは総額11億2000万円(1株1600万円×70口)
来春の種付料は320万円(受胎条件)


【タートルボウル】社台スタリオンステーション
競走成績は05年ジャンプラ賞(仏G1)など21戦7勝で、父はノーザンダンサー系のディームダイヤモンド。08年からフランスで種牡馬となり、初年度産駒のフレンチフィフティーンが11年クリテリウム国際(G1)を、ルカヤンが今年の仏2000ギニー(G1)を勝った。
フランスでの今年の種付料は6000ユーロ(約60万円)、日本での種付料は未定。


【トビーズコーナー】日高スタリオンステーション
競走成績は米12戦5勝。2010年11月にデビュー2戦目で初勝利を挙げると、翌11年のウッドメモリアルS(G1)で、前年の米2歳牡馬チャンピオンに輝いたアンクルモーらを破り、一躍ケンタッキーダービーの最有力候補となった。その後、左後肢を骨折したため長期休養。今年7月のマウンテンヴューHをトラックレコードで制し、久しぶりの勝利を挙げていた。
北海道・荻伏地区の生産者を中心とする(株)荻伏ブリーディングシステムが輸入した。
初年度種付け料等の詳細は後日発表される。


【ストリートセンス】ダーレー・ジャパン・スタリオン
競走成績は米13戦6勝(G1・3勝)。ブリーダーズCジュヴェナイルとケンタッキーダービー両レースを制覇するという史上初の快挙を成し遂げ、ブリーダーズCジュヴェナイルでは2着に10馬身差をつけて勝利し、米2歳チャンピオンに輝き、3歳時にはトラヴァーズSも制覇した。
初年度種付料7万5000ドルと高額で、繁殖牝馬も最上のものが用意されましたが、昨年初年度産駒がデビューし、現在までに勝った重賞はG3が2つだけ。ファーストシーズンランキングは10位と期待はずれでした。
今年の種付料は4万ドルで、来年アメリカでの暴落は避けられない状況で走っている日本に送り込まれた訳です。日本における産駒の活躍は注目すべきもので、これまでにJRA出走馬6頭中、4頭が勝ち上がっています。その中には、ヒヤシンスSを勝利したフリートストリート、新潟2歳Sで2着に入線するなど2歳戦を賑わせているノウレッジなどが名を連ねております。


【スマートファルコン】社台スタリオンステーション
競争成績は34戦23勝(うち地方25戦19勝、海外1戦0勝)。2007年10月に美浦の畠山吉厩舎からデビュー。2008年夏に小崎厩舎への転厩後、ダート路線へ的を絞ると快進撃がスタート。2010、11年東京大賞典を連覇するなど、交流重賞19勝を挙げた。2010年のJBCクラシックから今年1月の川崎記念までG1・6連勝を含む、重賞9連勝も達成。84年のグレード制導入以降ではオグリキャップ、タイキシャトル、テイエムオペラオーの8連勝を更新する大記録を打ち立てた。
こちらも我ら(?)が岡田スタッドの生産馬なのです。なのに、社台スタリオンSに!
色々な事情があるのでしょうが、LEXではないのですね・・・。


【トーセンホマレボシ】ブリーダーズスタリオンステーション
競走成績は7戦3勝。重賞初挑戦となった京都新聞杯(G2)ではレコードタイムで快勝し、重賞初制覇を飾った。続くダービー(G1)では3着。その後右前脚に重度の屈腱炎を発症したため、現役引退が決まった。
半兄に昨年の秋の天皇賞馬トーセンジョーダン、近親にカンパニー、レニングラード、ビッグショウリ、ビッグテーストといった重賞勝ち馬がいる血統。
ディープインパクト産駒初の後継となる新種牡馬。
  

【ジョーカプチーノ】優駿スタリオンステーション
競走成績は23戦6勝。2009年のNHKマイルC(G1)をレースレコードで制したほか、2009年のファルコンS(G3)、2011年のシルクロードS(G3)など重賞3勝を挙げた。
マンハッタンカフェにとっては初めての後継種牡馬。


【ヒルノダムール】未定
競争成績は21戦4勝(重賞2勝)。引退式は行わず、近日中に登録を抹消される。今後は種牡馬になる予定だが、けい養先は未定となっている。ジョーカプチーノに続き、マンハッタンカフェの後継種牡馬となる。


【オーロマイスター】追分ファーム
競争成績38戦7勝(地方4戦1勝)。重賞は2010年のマイルCS南部杯の1勝。
2009年6月にダート路線に転向後、父ゴールドアリュール譲りの砂適性が開花。2010年南部杯では単勝1.0倍の断然人気エスポワールシチーを3馬身差で退け、悲願の重賞(G1)初優勝を飾った。
社台スタリオンSでは無く、追分ファームで種牡馬入りすると発表されました。
なぜ社台スタリオンSではなく、追分ファーム?
ゴールドアリュールの後継種牡馬なら、スマートファルコンがいるからかな?
とにかく追分ファームです。あて馬という噂も・・・。


posted by じろう at 06:00| Comment(4) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする