ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年05月12日

もう限界でしょう【ブラゾンドゥリス】

京都11R 栗東ステークス・ハンデ ダ1400m 岡田祥嗣騎手

スタートはまずまず決めて、岡田騎手の出ムチも受けながらも前には行けず最後方に下がって行きます。
もうこの時点で察しました。
もうブラゾンは無理です!走る気がなくなっています。
もういいでしょう!充分です!
ここまで本当に頑張ってくれました。

他の馬が全く走らない中、ブラゾンがじろう厩舎を支えてくれました。
そのお蔭で、一口もノルマンディーも続けて行く事が出来ました。

もうこれ以上走りたくないブラゾンのレースは見たくありません。
クラブには英断をお願いしたいです。

とりあえず今日のレースお疲れさまでした!




「行ければ前に行きたかったのですが、進んで行かずにあの位置からになってしまいました。馬に行く気が見られないので、厳しかったですね。最初は砂をかぶるのを嫌がっていましたが、直線で前が開けてからは少しもたれる面があったものの、一瞬伸びかけはしました。とにかく前に付けられれば違うと思うんですが。上手く乗れずにすみませんでした」(岡田祥嗣騎手)


posted by じろう at 20:38| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

何も出来ず…【ブラゾンドゥリス】

東京11R オアシスステークス ダ1600m 野中悠太郎騎手

スタートして後ろから。
そのまま後方のまま…
何も出来ず(せず?)終わりました。もう馬が終わったとは思いたくないです。
しかし、このままでは変わりそうにもありません。
ここは思い切って地方に移籍する?
出来ればこのまま中央でやれるのならそのほうがいいのですが、厳しそうです。
後はクラブの判断ですね。



★4/20(土)東京・オアシスステークス(ダ1600m)野中悠太郎騎手 結果15着

「この斤量(58kg)はさすがにキツいですね。スタートしてからの芝の部分の走りもいまひとつ。馬群の外で揉まれないポジションで運べたと思うのですが、いざ追い出すとハミを取ってくれませんでした。久々でもきっちりと仕上がっていたと思いますし、柔らかみも感じたのですが。今回使ったことで変わってくれればと思います」(野中悠太郎騎手)
posted by じろう at 20:23| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ショックな敗戦【ブラゾンドゥリス】

中山11R ポルックスステークス ダ1800m F.ブロンデル騎手

若干の距離の不安はありましたが、1200mよりは適性が向いていると思い、それなりに期待してレースを見守りました。
レースは好スタートから何故か控えて馬群の中へ…
案の定。砂を被り、いやいやしながら走っておりどんどん後退して最後方へ。
後はそのままレースに参加出来ず、最下位。
あまり、騎手批判はしたくありませんが、たまには言わせてください。

へたくそ!

馬の事を全く分かっていない戦法でしたね。
レース前に尾形先生からレクチャー受けていないのでしょうか。もしそうならレベルの低い話ですが。
こんなレースをしてしまい、馬の精神状態が心配です。
得意な季節とか言ってないで、ここは一旦放牧に出して欲しいところですが、きっと出さないでしょうね。
心配です。
上手く立ち直ってくれるといいのですが。



★1/06(日)中山・ポルックスステークス(ダ1800m)F.ブロンデル騎手 結果13着

「返し馬まではノープロブレム。ゲートの中でやや落ち着きを欠くようなところは見られましたが、タイミングよくポンと飛び出してくれてそれもクリア。ただ、最初は真っ直ぐ走れていたのに、隣の馬(3番アルクトス)が寄ってくると左へ左へとモタれ始め、キックバックも嫌がり苦しがるような素振り。修正しようと何度試みても制御が利かず、向正面までに前とはかなり離されてしまって競馬の形になりませんでした。どこかを庇って走っている感じはないので、メンタルの部分が影響しているかもしれません」(F.ブロンデル騎手)


posted by じろう at 23:15| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

残念!【ブラゾンドゥリス】

札幌11R エルムステークス ダ1700m 丹内祐次騎手

スタートを切って、しごいてしごいて前に付けます。
逃げたドリームキラリの外目2番手に付けます。いい位置取りです。
このままで直線で逃げ馬だけを交わせば!と淡い期待感一杯で展開を見守りますが、残り600mになるくらいのところで勝ち馬のハイランドピーク
が先頭を伺う勢いで並ぶ間もなくブラゾンドゥリスを抜き去ります。こうなってはブラゾンにとっては厳しい展開ですよね。
案の定、直線に向く頃にはもう前を捉える力は残っていません。
しかし、このままズルズル後退かと思いきや粘ります。
最後はリッカルドと叩き合いを演じますが、そこも最後は力尽き7着でゴールイン。
中央重賞では少し力足りないような気がしますね。
リッカルドのように地方移籍も視野に入ってくるのかな?



★8/12(日)札幌・エルムステークス(G3・ダ1700m)丹内祐次騎手 結果7着

「調教師からは『他に行く馬がいなければ逃げるくらいの気持ちで、前々で強気な競馬をして欲しい』との指示でしたので、一頭行かせて番手を進めました。向正面までは良いリズムで運べましたが、勝ち馬に来られるのが少し早くて、そこから厳しくなってしまいました。それでも最後までバテることなく、ジリジリと脚を伸ばしてくれました」(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 21:29| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

入着果たす!【メルドオール】

函館10R 横津岳特別・混 芝2600m 黛弘人騎手

まずはメルドオールに対してお疲れさま!と言いたいですね。
2600m(7着)の後中1週で1800m(9着)連闘で今回2600m(8着)となりました。
滞在競馬と言え、馬はよく頑張って走ってくれました。
使い方に疑問は残りますが、小銭も稼いでくれその点には満足していますが、やはり勝つには何かが足りないのもまた0事実。
どこまで走り続けられるのでしょうかね。
まだまだ走って欲しいと思いますが、障害センスはないのでしょうか?



★7/21(土)函館・横津岳特別(芝2600m・混)黛弘人騎手 結果8着

「今日もスタートは良かったのですが、前には行かず、後方に控えて進めました。1周目のスタンド前は馬群に入れて脚を溜め、1〜2コーナーではインに入れてジッと我慢させて、向正面で他馬が動いたときにこちらも離されないよう上がっていったのですが、最後まで頑張ってはいたものの、思ったほど伸びませんでした」(黛弘人騎手)
posted by じろう at 17:09| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

何の結果を求めたのか【メルドオール】


函館12R 湯浜特別 芝1800m 黛弘人騎手

スタートを決めて中段からレースを進めます。
9頭立てのここは着狙いに徹すればそれほど難しくないと思っていました。
しかし、それも叶わず最下位…。
そもそも距離を求めて2600mに出て、次走も同条件を狙うのかと思いきや1週前倒しの1800mにまわり、いつもながら行き当たりばったりでこれではなかなか結果が出ないですよね〜
調教師は結果が欲しいと言っていましたが、何を求めていたのでしょうかね〜。
頑張って走ってるメルドオールが不憫です。
後何戦出来るのかわかりませんが、1勝して終わりたいですよね。




★7/14(土)函館・湯浜特別(芝1800m)黛弘人騎手 結果9着

「前回は向正面で脚を使ってしまったので、今回は内で脚を溜めて終いの競馬に徹しようと考えていたのですが、スタートを中途半端に出てしまい、外々を回る形になってしまいました。少頭数のここはメンバー的にもチャンスだっただけに、申し訳ありません」(黛弘人騎手)
posted by じろう at 15:57| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

健闘!【ブラゾンドゥリス】

中京11R プロキオンステークス ダ1400m 武藤雅騎手

好スタートから外目の3、4番手を進みます。
砂も被らずいい位置に思えました。後はペースが速すぎないか?が気になっていました。
直線に向いても頑張って前を追いかけますが、勝ち馬は強すぎて引き離される一方です。せめて馬券圏内に残れ!と力が入りますが、今度は後ろから来る馬達にのみ込まれるのではないかとまた力が入りました。


PicsArt_07-09-12.37.43.png

何とか粘って5着を死守してくれました。
実力馬が揃ったこのメンバーで良く頑張ってくれたと思います。目標の賞金加算はまたしても出来ませんでしたが、あの頑張りには満足です。
暑さに弱いブラゾンですから、この後はきっと夏休みに入ることでしょう。
ゆっくり休んでまた秋以降頑張って走って欲しいと思います。




★7/08(日)中京・プロキシオンステークス(G3・ダ1400m)武藤雅騎手 結果5着

「今日の蒸し暑さはいかがなものかと思っていましたが、状態は非常に良かったです。外枠スタートから番手で進めるというイメージ通りには乗れたと思います。本当は勝ち馬の直後につける予定だったのですが、ペースがあまりにも速過ぎて。これ以上無理して競りかけると自滅する危険がありましたからね。なんとか3着にはと思って懸命に追いましたが、申し訳ありませんでした。でも最後まで一生懸命頑張って走ってくれたと思います」(武藤雅騎手)
posted by じろう at 20:15| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

勝ちに行った結果…【メルドオール】

函館9R 3歳上500万下(芝2600m) 黛弘人騎手

5戦連続の最下位がかかった大事な一戦。
何故か私はこの一戦にわずかな自信がありました。勝てるとまではいかないまでも、馬券圏内を賑わしてくれるのではないかと・・・。

レースは抜群のスタートから抑えて中段につけます。
手ごたえもよく見え、3コーナー辺りから徐々に前に進出していき、まさか!?と思わせる手ごたえで直線に向きますが、ここですぐに一緒に上がってきた馬達に差をつけられ、今度はまさかまた最下位?と不安にさせられました。
が、見事踏ん張り7着と掲示板には乗りませんでしたが、入着は果たしました。

もっと着狙いに徹すれば掲示板はあったと思いますが、あまりの展開と手ごたえに鞍上は勝ちに行ってしまいましたね。



★7/01(日)函館・3歳上500万下(芝2600m)黛弘人騎手 結果7着

「滞在の効果で雰囲気は前走以上に良かったと思います。道中は思っていたよりもペースが落ち着いてしまって、本当ならもうひと呼吸おいて仕掛けて行った方が良かったのかもしれませんが、3コーナーあたりで人気している馬たちが動き、同じタイミングで上がっていって勝負に行きました。距離でバテているわけではないものの、もっと上の着順に持ってこれる感触がありましたので、結果的には早仕掛けだったと反省しています。距離は2000でも2600mでも、今なら集中して走れるよう馬は成長しています。メンバー次第ではもっとやれるはずですよ」(黛弘人騎手)
posted by じろう at 12:58| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

最下位A【ジャストフォーユー】

東京10R 八ヶ岳特別・混ハンデ 芝1800m 江田照男騎手

障害でも目が出ず、平場に戻って2戦目。
一変!とまでは行かなくても、今後につながる走りが出来ればとほんの少しだけ期待しておりました。
鞍上江田照男騎手に!
そして大逃げに!

どちらも不発に終わりました。
最下位です。




★6/23(土)東京・八ヶ岳特別(3歳上1000万下・芝1800m・混・ハンデ)江田照男騎手 結果9着

「自分が乗って3着にきたレース映像を再確認して、その時のイメージで運んだのですが…。頑張れないですね。以前は最後の直線で苦しくなっても、もっと踏ん張ってくれていたはず。9番の馬に早めに来られなければとか、タラレバを言っても仕方ありませんしね」(江田照男騎手)



その後、引退が発表されました。
posted by じろう at 12:58| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

GJ!【メルドオール】

函館9R 3歳上500万下・混 芝2000m 黛弘人騎手

見事な6着でした。
未勝利馬の身でありながら、6着で満足していては本来いけないのでしょうが、もうこの馬はここまで来たらノルマンディー史上最強の未勝利馬を目指すので問題ないです。(私的には)
レースも決して勝ちにいけるポジション&乗り方ではありませんでしたが、黛騎手、グッジョブ♪です。
見事な着を拾いに行く乗り方で6着をゲットしました。これで十分です。ありがとうございます。
この開催でいっぱい小銭稼いでくださいな。




★6/17(日)函館・3歳上500万下(芝2000m・混)黛弘人騎手 結果6着

「気分を損ねず集中させて最後までやめさせないために、前半フワッと乗って3〜4コーナーでマクる作戦でした。やはり開幕週の2000m戦では、ある程度のポジションを取って参加していかないとキツいですね。ただ、そうすると終いに脚が使えなくなりそうで。そういう意味では、あと1〜2F長い方が良いと思います。テンからのペースが違いますから、もっとゆったりいけますからね」(黛弘人騎手)
posted by じろう at 08:33| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

またも賞金加算出来ず・・・【ブラゾンドゥリス】

東京11R アハルテケステークス ダ1600m C.ルメール騎手

ここは何としても勝って、賞金加算しなくてはいけないレースでした。
鞍上にはC.ルメール騎手を迎え、必勝態勢!

好スタートから外の3番手を進み、絶好のポジショニングだーと思っていたらペースが速すぎたようですね。
直線では力が残っておらず、馬群にのみ込まれていきます・・・。
ジョッキーも最後は全く追っていなかったので着順はまぁ気にするけど、そこまで気にしないでいいでしょう。
疲労を残さずという意味では結果的には良かったのかもしれませんが。
さぁ次走ですが、予定通りプロキオンSに向かうのか案内を待ちたいと思います。



★6/09(土)東京・アハルテケステークス(ダ1600m・ハンデ)C.ルメール騎手 結果15着

「ゲートの中でソワソワしていたけど、スタートは失敗せずにダッシュよくポジションを取りに行けました。ただ、単騎で行けるようなら逃げる手も考えていましたが、結果的に内枠の馬たちが勢いをつけて先行主張し、前半の流れがかなり速くなってしまった。スピードのある馬ですし、直線の手応えからも1400mくらいの距離が合っているように思えます」(C.ルメール騎手)
posted by じろう at 08:27| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

もう走る気がないのか…【ジャストフォーユー】

東京10R 由比ヶ浜特別・混 芝1400m 丹内祐次騎手

スタートはまずまずも逃げれませんでした。(逃げませんでした?)
こうなったらもう終わりだよね?と思いつつレースを見守っていると直線の途中までは入着ならあるか!?という感じも一瞬しましたが、前が壁になり馬群に包まれるともう終わりました。
最下位でゴールしました。
そろそろ進退の話が出てきてもおかしくない戦績となってきました。
出来れば最後に中距離で思いっきり大逃げするのを見たいです!




★6/03(日)東京・由比ヶ浜特別(3歳上1000万下・芝1400m・混・ハンデ)丹内祐次騎手 結果18着

「揉まれると止めてしまうので外々で運び、それが功を奏したのでしょうか、直線に向いた際の手応えは抜群でした。追い出してからの反応が良く、最後まで頑張れればあるいはと思いましたが、他馬が前に入るとシューンという感じで止めてしまいますね。今週の追い切りに似たシチュエーションになったので伸びて欲しかったのですが、本番ではそうはいかないですね」(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 13:07| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

あぁ2着〜【ブラゾンドゥリス】

京都11R 栗東ステークス ダ1400m 丹内祐次騎手

勝って賞金加算が絶対条件の一戦。
朝から京都競馬場は激しい雨が降っており、正直結果は諦めかけていました。
時計勝負はきびしいなぁ〜と。

しかし、レースは抜群のスタートから先行集団の外を上手く進みます。
この時点で『行ける!』と思っていました。
人気馬も後ろにいたので、これは大丈夫という手ごたえを感じていました。

直線に向いて後は先頭を走る1頭を追い抜くだけ!と私もテレビの前で叫びますが、抜くことは出来ませんでした。
今後のレース選択を考えると大きなクビ差となってしまいました。

あの泥んこ馬場で馬は本当によく頑張りましたし、丹内騎手も非常に上手く乗ってくれました。
これは勝った馬を褒めるしかありませんね。
今回の結果を踏まえて次走どうするのでしょうかね。そろそろ暑さも増して、ブラゾンの苦手な季節がやって参ります。
早いところ賞金加算をしないと今後のレース選択が厳しくなります。





★5/13(日)京都・栗東ステークス(ダ1400m・ハンデ)丹内祐次騎手 結果2着

「揉まれず競馬できればと、枠順が決まってから乗り方は何度もシミュレーションしていました。抜群のスタートを決めて、外から株されずに前を見る形の位置も理想的でした。道中ずっと集中して走れていて、4角で16番(エポック)に外から来られても怯まなかったように、ブリンカー効果もあったと思います。手応えを見ていても、前を行く勝ち馬(ウインムート)との勝負になるのは分かっていたものの、あの僅かな差がずっと縮まらない。ハンデ差もあったとは思いますが、どうにか勝ちたかった。悔しいですね」(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 08:34| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のスタミナが…【ジャストフォーユー】

新潟4R 障害未勝利・混 芝2890m 上野翔騎手

障害3戦目。
躍進とまではいかずとも前進を期待しましたが、ダメでした…。
スタートは良くてこれは気持ちよく逃げれる!と思ったらすぐに後ろから来た馬に交わされ、2番手を進みます。
それでも逃げ馬の外で時折抜かす程の勢いで進みますが、飛越のたびに差が広がっていった感じでした。
障害は向いてないように感じましたね。
直線はお決まりの失速です。
ジョッキーのコメントではスタミナ不足の失速ではなく、『心のスタミナがありません』のようです。

もう3戦目になるので、その辺りの事も踏まえた作戦というか戦法に出て欲しかったのですが、無理なのでしょうか。
他馬に来られたら走るのをやめるのなら、最後の最後まで他馬が追い付かないような位置で進めるのは無理なのでしょうか?
所詮素人の考えなので、そういう訳にもいかないのでしょうが、『心のスタミナ』の問題ならそういう方法も一度試して欲しいです。




★5/13(日)新潟・障害4歳上未勝利(芝2890m・混)上野翔騎手 12着

「絶好の2番手につけ、折り合いもついていました。ムキになって飛越するようなこともなく、至って冷静でしたよ。2周目の向正面では入着できるのではないかと思っていましたが、ペースが上がると急に手応えがなくなりますね。ゴールが近づいているのがわかっている感じ。ずる賢いですよね。いずれにしても心のスタミナがありません。3戦連続で騎乗させてもらっていますが、そのあたりが全く改善されてこないですね」(上野翔騎手)
posted by じろう at 08:24| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

消化不良【メルドオール】

東京7R 4歳上500万下・混 芝2000m 武藤雅騎手

う〜ん…
後方のまま、何も出来ず消化不良のレースとなってしまいましたね。
馬自身も休み明けで走る気なかったのかな?
メンバーも強力でしたから、次走に向けて頑張ってもらいましょう!





★4/22(日)東京・4歳上500万下(芝2000m・混)武藤雅騎手 結果14着

「ゲート入り後、気が紛れるようにしたのですが、それでも聞いていた以上にお行儀が悪かったですね。道中もマイペースでリズムを大切にしつつ、飽きさせないようにしていたのですが…。直線ヨーイドンの上り勝負の展開も厳しかったですね」(武藤雅騎手)

posted by じろう at 12:26| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする