ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年05月14日

あぁ2着〜【ブラゾンドゥリス】

京都11R 栗東ステークス ダ1400m 丹内祐次騎手

勝って賞金加算が絶対条件の一戦。
朝から京都競馬場は激しい雨が降っており、正直結果は諦めかけていました。
時計勝負はきびしいなぁ〜と。

しかし、レースは抜群のスタートから先行集団の外を上手く進みます。
この時点で『行ける!』と思っていました。
人気馬も後ろにいたので、これは大丈夫という手ごたえを感じていました。

直線に向いて後は先頭を走る1頭を追い抜くだけ!と私もテレビの前で叫びますが、抜くことは出来ませんでした。
今後のレース選択を考えると大きなクビ差となってしまいました。

あの泥んこ馬場で馬は本当によく頑張りましたし、丹内騎手も非常に上手く乗ってくれました。
これは勝った馬を褒めるしかありませんね。
今回の結果を踏まえて次走どうするのでしょうかね。そろそろ暑さも増して、ブラゾンの苦手な季節がやって参ります。
早いところ賞金加算をしないと今後のレース選択が厳しくなります。





★5/13(日)京都・栗東ステークス(ダ1400m・ハンデ)丹内祐次騎手 結果2着

「揉まれず競馬できればと、枠順が決まってから乗り方は何度もシミュレーションしていました。抜群のスタートを決めて、外から株されずに前を見る形の位置も理想的でした。道中ずっと集中して走れていて、4角で16番(エポック)に外から来られても怯まなかったように、ブリンカー効果もあったと思います。手応えを見ていても、前を行く勝ち馬(ウインムート)との勝負になるのは分かっていたものの、あの僅かな差がずっと縮まらない。ハンデ差もあったとは思いますが、どうにか勝ちたかった。悔しいですね」(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 08:34| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のスタミナが…【ジャストフォーユー】

新潟4R 障害未勝利・混 芝2890m 上野翔騎手

障害3戦目。
躍進とまではいかずとも前進を期待しましたが、ダメでした…。
スタートは良くてこれは気持ちよく逃げれる!と思ったらすぐに後ろから来た馬に交わされ、2番手を進みます。
それでも逃げ馬の外で時折抜かす程の勢いで進みますが、飛越のたびに差が広がっていった感じでした。
障害は向いてないように感じましたね。
直線はお決まりの失速です。
ジョッキーのコメントではスタミナ不足の失速ではなく、『心のスタミナがありません』のようです。

もう3戦目になるので、その辺りの事も踏まえた作戦というか戦法に出て欲しかったのですが、無理なのでしょうか。
他馬に来られたら走るのをやめるのなら、最後の最後まで他馬が追い付かないような位置で進めるのは無理なのでしょうか?
所詮素人の考えなので、そういう訳にもいかないのでしょうが、『心のスタミナ』の問題ならそういう方法も一度試して欲しいです。




★5/13(日)新潟・障害4歳上未勝利(芝2890m・混)上野翔騎手 12着

「絶好の2番手につけ、折り合いもついていました。ムキになって飛越するようなこともなく、至って冷静でしたよ。2周目の向正面では入着できるのではないかと思っていましたが、ペースが上がると急に手応えがなくなりますね。ゴールが近づいているのがわかっている感じ。ずる賢いですよね。いずれにしても心のスタミナがありません。3戦連続で騎乗させてもらっていますが、そのあたりが全く改善されてこないですね」(上野翔騎手)
posted by じろう at 08:24| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

消化不良【メルドオール】

東京7R 4歳上500万下・混 芝2000m 武藤雅騎手

う〜ん…
後方のまま、何も出来ず消化不良のレースとなってしまいましたね。
馬自身も休み明けで走る気なかったのかな?
メンバーも強力でしたから、次走に向けて頑張ってもらいましょう!





★4/22(日)東京・4歳上500万下(芝2000m・混)武藤雅騎手 結果14着

「ゲート入り後、気が紛れるようにしたのですが、それでも聞いていた以上にお行儀が悪かったですね。道中もマイペースでリズムを大切にしつつ、飽きさせないようにしていたのですが…。直線ヨーイドンの上り勝負の展開も厳しかったですね」(武藤雅騎手)

posted by じろう at 12:26| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

小倉が合うのか?鞍上が合うのか?【メルドオール】

小倉10R 唐戸特別 芝1800m 中谷雄太騎手

小倉での連闘の一戦でした。
メンバー的には勝つまでは難しそうですが、掲示板は確保、最低でも入着はしないとまた『引退』の二文字が・・・。
前走は最後方からそれなりの末脚を披露し、入着を果たしました。
今回の鞍上も前走と同じで、前走のコメントからも今回も後ろから行くのだろうと思っていました。
でもこれでは、着は拾えても勝つことはかなりの展開とメンバーに恵まれないと無理だろうと感じていて、それではいつまで現役を続けられるのかと不安に思っていましたが、今回のレースを見ていて、それをクラブ側が許すのであれば、ずっとこんな感じで着(賞金)を拾い続けるのもアリだなと。
これはノルマンディーだからこそ出来るのだろうと感じますし、中央未勝利ながら今回で29戦目。
これぞノルマンディーですね!
鞍上はしばらく中谷騎手固定でメルドオールの形を作りましょう!



★3/03(土)小倉・唐戸特別(4歳上500万下・芝1800m・混)中谷雄太騎手 結果4着

「気性的にちょっと難しいところのある馬ですが、二度目の騎乗だったこともあり、返し馬でうまくコンタクトを取ることができたのが良かったですね。道中はジッと我慢して終い勝負に徹した分、直線はいい脚を使ってくれました。もうちょっとで馬券圏内だったんですけどね…。こういう気性ですし、あまり急かせても良くないと思うので、距離は2000m以上あった方がレースはしやすいかもしれません。いずれにしても、こういう形が板に付けばどこかでチャンスはあるでしょう。輸送競馬の後の連闘でこれだけ走ってくれるのですから、本当に頭が下がります」(中谷雄太騎手)

posted by じろう at 08:59| Comment(4) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少しだけ前進!?【ジャストフォーユー】

阪神4R 障害未勝利・混 ダ2970m 上野翔騎手

ジャストフォーユーの障害2戦目でした。
前回から前進あれば今回はOK!と思って観戦していたのですが、障害の飛越は上手になっていたと思いますね。
今回は逃げましたが、鞍上は2番手で進めるつもりだったようですね。
しかし、残り600mで交わされるとまたしても走るのをやめたみたいです。これはもう気性の問題で障害慣れとは別次元の問題ですね。困ったものです。
スタミナ不足で垂れているわけではないのなら、次走は思いっきり大逃げしてゴールまでどこまでもつかという競馬をするしかないのでしょうか。
何とか障害初勝利をあげてもらいたいです。




★3/03(土)阪神・障害4歳上未勝利(ダ2970m・混)上野翔騎手 結果10着

「本当は2番手で運びたかったのですが、遠くに飛んでしまうので、自然とハナに立ってしまいますよね。最後は決してバテてしまったわけではなく、残り600mを切ったところで交わされたら急にやめてしまいました。これなら次は2番手以下を大きく離す感じで、行けるとこまで行き切ってしまってもいいかもしれません。480kgで美浦を出発したにもかかわらず、ここまでスッキリしてしまったので、輸送時間の短い競馬場の方がもっとリラックスも出来るでしょうし、末の粘りも変わってくるでしょう」(上野翔騎手)

posted by じろう at 08:48| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

伸びた!延びた?【メルドオール】

小倉10R 小倉城特別 芝2000m 中谷雄太騎手

前走で引退かと思われましたが、現役続行で今回の距離は長いと思っており、せっかくのチャンスもまた台無しにする結果になるのでは?と心配しておりました。

レースの方はスタートを上手く出たものの、先行する構えはなく後ろに下げて行きます。
そして最後方からレースを進める事に。
終わったな…と思いましたね。
しかし、道中の手ごたえは悪くなくこの調子なら最後の直線で1,2頭を追い抜いて10着位かな?と見ていたら何と!メルドオールなりに頑張って追い込み、あわや掲示板か!?という6着でした。
嬉しい誤算でした。

最後の直線『伸びた!』


引退も『延びた?』


僕、『のび太』
puffer-171.jpg



★2/25(日)小倉・小倉城特別(4歳上500万下・芝2000m)中谷雄太騎手 結果6着

「性格的に難しいところがあると聞いてましたが、馬場入りをゴネたり、入ったら入ったで急に走り出したりとなかなか手強いですね。ゲートは出たものの、あまり進んでいきたくなさそうだったので、そこは無理せずに気分良く走らせることを優先。その分、直線ではいい脚を使ってくれました。前半はぷらーっと自由に遊ばせて、最後だけしっかり競馬するっていうのがこの馬には合ってると思いますよ」(中谷雄太騎手)

posted by じろう at 16:49| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

すっきりしない!【ブラゾンドゥリス】

東京10R バレンタインステークス・混 ダ1400m 吉原寛人騎手

う〜ん…
何とも消化不良のレースになりましたね。
スタートからダッシュ効かず、砂はずっと被りっぱなし、直線も前がごちゃついたまま…
ジリジリとは伸びているものの、7着が精いっぱい。
結果論であり、吉原騎手を批判するつもりもありませんが、初騎乗では上手く行かなかった感じですね。
ブラゾンにはやはり内田騎手が似合います。
戻ってきてください!
それでもダメなら丹内騎手でお願いします。内田騎手の次若しくは一番理解してくれているのは丹内騎手かも。
私は今年未だに未勝利。
これも何かノルマンディーの負の連鎖を感じさせます(笑)

ブラゾンもここで賞金加算出来ませんでしたので、この先のレース選択は非常に難しくなってきましたね。
どうsるのでしょうか。
OPまで来ているのでそうそう勝てるものではない事は十分理解しているのですが、すっきりしないなぁ〜




★2/11(祝)東京 バレンタインステークス(ダ1400m・混)吉原寛人騎手 結果7着

「6番(ベストマッチョ)をマークする形で4番手くらいの位置が理想でしたが、58kgの斤量が響いたでしょうか、思いのほかテンにダッシュが利かなかった。キックバックを受けたり、外から被されると怯んで右にモタれる面があり、直線もバテずに伸びてはいるのですが…良い馬を依頼してもらったのに期待に応えられず申し訳ありません」(吉原寛人騎手)
posted by じろう at 17:13| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

頑張った!【メルドオール】

東京7R 4歳上500万下・混 芝1800m 北村宏司騎手

引退がかかったレースでした。
スタートを決め、積極的に出していきます。道中は3番手を追走し、ずっと内の最短コースを回っていきます。
手ごたえも悪いようには見えず、これは掲示板もあるのでは?という感じで最後の直線に向かいますが、そこからは伸びることはなく、踏ん張りますが限界でした。
レース内容にはとても満足しています。
この内容でこの結果ならもう仕方ないですね。あとはクラブの判断を待ちますが、引退となるでしょうね。



★2/04(日)東京・4歳上500万下(芝1800m・混)北村宏司騎手 結果10着

「普段の稽古でも日によって、場所によっては走っていて急に止まるような気難しい面があるようだけど、返し馬でもそういった危うい気配は感じましたね。相変わらずゲートの中でも我慢が効かず、スタートはギリギリのタイミングで出れたと思います。ただ、上手くスタートさえ出てくれれば、今日のように前めのポジションで流れに乗ることは可能な馬。決め手勝負になると分が悪いですが、上位ともそれほど差がなくゴールできている。ブリンカー効果があったかどうかは、それが影響してか前回乗った時よりも前のめりに走っていたし、正直この一戦だけでは分かりませんね」(北村宏司騎手)
posted by じろう at 14:38| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初ジャンプ!【ジャストフォーユー】

京都4R 障害4歳上未勝利・混 芝→ダ2910m 上野翔騎手

ジャストフォーユーの障害デビュー戦でした。
スタートから積極的に出て行き、次々と障害を飛び越えて行きます。見ている方は障害を飛び越える瞬間、瞬間力が入ります(笑)
見ているとなかなかの飛越に思えてきて、これはこのまま流れ込んで掲示板もあるのではと期待させるものでしたが、ペースが上がるところで置いて行かれ、最後はもう力が残っておらず11着でした。
久々のレース、初の障害戦ということを思えば頑張って走ってくれたほうでしょう。
この経験を糧に次走はもう少し前進してくれればと思います。
障害戦も見ていると楽しいですが、飛越のたびに力が入るので見ている方も疲れますね。



★2/04(日)京都・障害4歳上未勝利(ダ2910m・混)上野翔騎手 結果11着

「パドック、返し馬、ゲートではイレ込むこともなく、落ち着いていたことはなによりでしたね。初障害なので、あえて無理はせず2番手に控えました。終始安定した飛越ですが、強いて言うと『飛び過ぎてる』感じですね。そのリキみが最後にこたえてしまいました。普段のトレセンの稽古でもそうですが、他馬を気にし過ぎる面があり、2周目の向正面で後ろの馬に交わされてからやめてしまいましたね。次はチークピーシズを付けて、ハナに立つ競馬をやってみましょう。これでこの馬のペース配分もわかりましたし、実戦でどう変わるのかもわかりました。もっとリラックスしてもいいと思いますし、なんとか次は掲示板に乗れるよう、中間の稽古を工夫してみます」(上野翔騎手)
posted by じろう at 14:16| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

時計勝負は無理!【ブラゾンドゥリス】

東京11R 根岸ステークス ダ1400m 丹内祐次騎手

中央重賞初制覇に向けて、そして今後のレース選択を有利にするために賞金加算するべく2着以上の結果を求めたレースでしたが、終わってみればレコード決着の8着でした。
現状はこのメンバーでは力不足ですね。
更にはこの時計勝負では太刀打ち出来ませんね。
地方交流が一番条件合いそうですが、如何せん賞金の問題で出走すら難しい状況です。
今後はレース選択が鍵となるでしょう。



★1/28(日)東京・根岸ステークス(G3・ダ1400m)丹内祐次騎手 結果8着

「前走同様に柔らかみがあって、馬はとてもいい状態だったと思います。内枠でしたし、行く馬がいないようなら今日はハナに立つくらいの気持ちで出して行きました。スタート、ダッシュ力も抜群で、三番手追走でも砂を被ることなく進められたのですが、前のペースが速過ぎました。直線半ばまでは抵抗する頑張りを見せてくれたものの、ゴール前ではさすがに脚が上がってしまいました。前半ちょっと追っかけ過ぎたかもしれず、申し訳ありません」(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 21:21| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

成長が垣間見れた!【ブラゾンドゥリス】

阪神12R ギャラクシーステークス・混ハンデ ダ1400m 丹内祐次騎手

こらからの重賞レースに確実に出る為にも賞金加算が命題のブラゾンドゥリス。
スタートはまずまず出て、押して前目に行きますが他が速く、中団に控えます。ただこうなると砂を被り、ズルズルと下がっていく恐れもあり、心配しながら見守っていました。
道中はそれほど影響ないように感じましたが、肝心の3〜4コーナーの上がっていきたいところで少し置かれていくように見えました。
この時、私は大敗も覚悟しましたが、丹内騎手が思い切って最内に進路を取り、そこから追い込みにかけます。
するとスルスルと伸びてきて勝ち馬こそ交わせませんでしたが、2着を確保!と今までにないようなレース振りで成長が感じられる内容でした。
ここ最近のレース内容を見ているともう一線級とは差があるのかな?と感じ始めていた時でしたので、まだmだ上とやりあえる自信が持てました。
今年最後のレースを好走で締めくくってくれてありがとう!
また来年も頼むね。


★12/24(日)阪神・ギャラクシーステークス(ダ1400m・混)丹内祐次騎手 結果2着

「なるべく砂を被らないポジションで運びたかったのでテンから押していったのですが、行き切れませんでした。道中も内々で窮屈になり、気を抜かせないよう追っ付け通しでしたよ。ただ手応えは十分残っていましたし、後は直線で前が開くのを待つだけでした。メンバーは揃っていましたが、やはり地力が違いましたね。こういう厳しい形でも走れたのは収穫です」(丹内祐次騎手)

posted by じろう at 20:41| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

厳しいな・・・【メルドオール】

中京9R 3歳上500万下 芝2200m 鮫島克駿騎手

スタートは出遅れることもなく出て、押して押して前に行こうと鞍上は動きますが、それに馬が答えられないというか、ついて行けないというか中段あたりを進む事になります。
思いよりは前だったので、これまでよりは少し期待しましたが、最後は伸びずでしたね。
もう厳しいのかな?
来週、特別登録しているけど・・・



★12/17(日)中京・3歳上500万下(芝2200m)鮫島克駿騎手 結果14着

「何かきっかけがつかめればと思って、意識的にいつもよりは気持ち前の方へ積極的にいったのですが、最後は苦しくなってしまいました。積極的にいった分もあるかとは思いますが、気持ちが走る方向に向いていないというのも影響しているのではないでしょうか。気を抜きやすい面があるので、ワンターンの1600、1800で気を張らせて走らせてあげるのもいいかもしれません」(鮫島克駿騎手)
posted by じろう at 20:55| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

終戦か・・・【メルドオール】

浦和 ・マルチフェア特別(地方交流・ダ1400m)藤田菜七子騎手

外枠の勝ち馬がゲート入りを嫌がりました。
嫌な予感がしました。
その通りの結果になりました。

地方時代以来のダート戦でした。
距離短縮は良い方向に出るかな?と思いましたが、久々に地方の小回りダート1400mは少し忙し過ぎる嫌いはあったのですが、その通りの結果となってしまいました。
まぁその前にゲートで長く待たされた時点でもう終わっていたのかもしれません。
そのゲート入りを嫌がった馬が勝つのですから何とも皮肉な結果となりましたね。

メルドオールは出遅れ、最後方を追走。
道中、何度も菜七子騎手にムチを入れられ、前に行こうとしますが砂を被るのを嫌がった事もあり終始後方のまま直線に入りました。
最後は2頭だけ交わして10着でした。
お疲れ様でした。
この結果を受けて引退となるでしょう。
もうメルドオールは充分頑張って走りました。もういいのではないでしょうか?
諦めたくない気持ちもありますが、勝てるイメージがわきません!

クラブの判断を待ちましょう!



★11/21(火)浦和 ・マルチフェア特別(地方交流・ダ1400m)藤田菜七子騎手 結果10着

「神経質な面があって、ゲートを特に注意するように指示されていました。外枠の馬がなかなか入ってくれず中で待たされため用心していましたが、テンションが上がることはありませんでしたね。ただ、久しぶりのダートの実戦で、砂を被ると嫌がって突っ張ってしまって…。向正面でようやく本来の走りを取り戻した感がありましたが、時すでに遅しでした。ダートも距離もこの小回りコースも苦にはしないと思いますが、返し馬ができなかったように、当日の落ち着きが結果を大きく左右しますね」(藤田菜七子騎手)

posted by じろう at 21:49| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

内枠が・・・【ブラゾンドゥリス】

福島11R 福島民友カップ ダ1700m 丹内祐次騎手

昨年と同様に武蔵野S惨敗後の連闘での福島民友カップ挑戦です。
昨年は2着惜敗。
この先のレースに出るためにも賞金加算が目的。2着ではダメなんです!1着でないと!

そんな負けられない1戦でしたが、内枠が当たりました。
ここは押してでも前に行ってポジションを取らなければいけません。しかし、前走の行きっぷりを見ていると馬が走る気のないような感じを受け、少し不安なままレースを見守りました。

スタートはまずまずも外から被さられ、内に閉じ込められます。
道中砂を被り、頭を少し上げるそぶりも見せるも後退するようなことはありません。
しかし、いつものように3コーナーから4コーナーにかけてジョッキーの手が激しく動きます。
不安な気持ちで見守りますが、直線で前が開くとそこからジワジワと伸びてきますが、4着が精いっぱい。
今年も賞金加算に失敗しました。
今後のレース選択が厳しくなりましたが、馬はいつも一生懸命走ってくれているので満足です。



★11/19(日)福島・福島民友カップ(ダ1700m)丹内祐次騎手 結果4着

「普段は口向きなど問題なく乗りやすい馬ですが、砂を被るとやや右へモタれてしまい、今日も向正面から3コーナー過ぎまでは苦しがって手応えが怪しくなりました。それでも直線スペースが空くとまた反応してくれて、脚を使ってくれている。58kgだとテンのダッシュ力もいつもより鈍りますし、斤量と枠に泣いた感じです」(丹内祐次騎手)

posted by じろう at 22:42| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ちょっと負けすぎ!【ブラゾンドゥリス】

東京11R 武蔵野ステークス ダ1600m 内田博幸騎手

勝つとまでは行かなくてもここまで負けるとは思っても見ませんでした…。
この敗戦はショックですね。
故障でなければそれでいいのですが、単なる休み明けが敗因ならいいのに。
スタートから二の脚も今ひとつでしたから、今回は走る気がなかったのでしょう。そういう事にしましょう。
今宵は祝杯の予定がヤケ酒です。
呑んで寝ます!



★11/11(土)東京・東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(G3・ダ1600m)内田博幸騎手 結果15着

「追い切りで跨って状態の良さを確認できていたし、返し馬でも気配は悪くなかった。外枠だからある程度、距離ロスはあるにしても前半無理には脚を使っていない。けっして1600mが長い馬ではないので、久々が影響したのかな。今日は坂を上がってバタバタになってしまいましたが、本来はあそこからジリジリと伸びてくれるからね」(内田博幸騎手)
posted by じろう at 20:15| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする