ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年07月23日

愛馬近況【4歳馬】7/21・22

【メルドオール】
更新日:7/22
在厩先:信楽牧場
馬体重:436kg

到着した際は目ヤニが酷くて周りも少し腫れ気味だったが、目薬を投与して腫れは治まってきている。
今週に入ってから乗り運動を再開しており、まだ軽めのメニューではあるものの元気一杯の動きで、レースのダメージはほとんどなさそう。
昆調教師からは『次走は2回新潟もしくは小倉開催の後半戦が目標』と聞いているので、週末からどんどんペースアップを図っていく。
(担当者)


馬は元気いっぱいのようで安心しました。
次走こそはしっかり作戦を練ってメルドオールが力を出し切れる走りをさせてやって下さい。
お願いします。


【ジャストフォーユー】
更新日:7/22
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:492kg

現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン17〜18秒のペースを長めに乗り込んでいる。
この中間は火・水曜日に終い15秒を切るペースで乗り進めており、週末には15-15の時計消化もおこなっているところ。
調教が進むにつれて日頃からピリッとした面は出てきたが、脚元も含めて問題はなくもういつでも送り出せる態勢にある。
預かっている期間の中でも着実に馬が成長しているのを実感できるし、今回も気配が良いので次走が今から楽しみ。
栗田調教師からは『早ければ来週の検疫で帰厩させるつもりです』と連絡を受けている。
(担当者)


調子は良いようですね。
吉澤ステーブルEASTスタッフの方も次走を楽しみにしているように私も非常に楽しみにしています。
次走の予定は
8/13(土)札幌 STV賞(芝1500m・混)
8/14(日)新潟 豊栄特別(芝1400m・混)
とのことで、どちらに向かうのかはまだわかりませんが、出来れば田辺騎手が乗れる方でお願いしたいですね。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:7/21
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

☆7/23(土)中京・桶狭間ステークス(1600万下・ダ1400m・混)福永祐一騎手

17日(日) 坂路コース 55.7-40.7-26.6-13.4 単走 馬ナリ
20日(水) 坂路コース 52.9-38.6-25.3-12.8 馬ナリ
先週の除外は残念だったが、幸い影響は感じられないし、状態面の不安は全くない。
あとは枠順ですね…舞台設定を考えても外寄りの枠がほしいところだし、そうなるように祈りましょう。
当日は臨場できないが、福永騎手とは事前にしっかりと打ち合わせしておく。
(尾形和幸調教師)


さぁ中京のダ1400mでどのような競馬が出来るのか、楽しみでもありますが、不安も大きいですね。
内枠、距離も含めて克服して欲しい条件ですね。
レース展開がとても気になりますが、福永騎手がどう乗るのかお手並み拝見ですね。
勝ってOP馬になってくれ!


posted by じろう at 07:40| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

愛馬近況【4歳馬】7/15

【メルドオール】
更新日:7/15
在厩先:信楽牧場
馬体重:-

レース後も異常はありませんが、この後は滋賀県の信楽牧場で調整することになり、13日(水)に移動した。

道中引っ掛かるのを懸念していたため、ジックリ脚を溜める指示で競馬してもらったが、鞍上からは『距離延長に問題はなく、好位から進めていれば着順もまた違っていたかもしれません』とコメントを伝えられた。
決して得意とする馬場状態ではなかったはずで、ここにきて精神的にも成長が窺えるので、500万クラスは相手関係や展開面次第で勝負になってくるでしょう。
レース後は少し疲れが見られるため、ひとまず一旦近郊に放牧に出させてもらう。
脚元を含めてそれほどダメージはないと見ているので、次走は2回新潟もしくは2回小倉開催の後半戦(8/20〜)を考えている。
(昆貢調教師)


後ろからは昆先生の指示なのですね。
まぁもうどちらでもいいので、そろそろ勝ちに行きましょう!


【ジャストフォーユー】
更新日:7/15
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン17〜18秒のペースを長めに乗り込んでいる。
張りのあった右前中筋の状態も安定していることから、この中間からは15-15の時計消化も織り交ぜてペースアップした。
以前と違って力んで走る面がなく、集団調教の先頭でなくあえて真ん中に入れて走らせてもしっかり折り合えているし、馬自身が成長してオンとオフを理解してきている印象を受ける。
昨日来場した栗田調教師は『新潟内回りの芝1400mはジャストにピッタリの条件と思いますので、次走は8/14(日)新潟・豊栄特別を本線に考えています。今月末には帰厩させるつもりです』と話していた。
(担当者)


次走は新潟芝1400m戦のようですね。
気になる鞍上は田辺騎手でしょうか。何とか乗って欲しいところですが、どうでしょうかね。
精神的に大人になってきたようなので、これからが楽しみですね。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:7/15
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

7/16(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)内田博幸騎手 除外(非当選)

10日(日) 坂路コース 57.3-41.5-26.5-13.2 単走 馬ナリ
13日(水) 坂路コース 54.1-39.5-25.8-12.7 強目
頭数が多くて今週は残念ながら除外となってしまった。
こればかりは仕方がないので次に気持ちを切り替えましょう。
7/23(土)中京・桶狭間ステークス(1600万下・ダ1400m・混)にスライドする。
ウチパクさんは当日中京で乗るものの、先約があって乗れないとのことでクラブとも相談し、福永祐一騎手を押さえた。
3月の中京戦は最内枠が堪えたので真ん中より外がほしいね。
状態は変わらずにきているし、このまま良いコンディションで送り出せればと思う。
(尾形和幸調教師)


今週のレース、安達太良ステークスが除外なりました。
非常に残念ですね。次走は中京ダ1400m戦ということで、距離に不安もありますし、内田騎手が乗れないのも気になります。
先約があって乗れないとの事なので仕方ありませんが、福永騎手を確保してくれました。
ただ、コース・距離に鞍上と上手く嵌らないと勝ちきるのはなかなか難しそうです。
何としてでも、外枠を引いてほしいものです。


posted by じろう at 22:44| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

引退【グランノーヴァ】

ちょっと前の話になりますが、
グランノーヴァが骨折で、競走能力喪失により、じろう厩舎では2頭目の引退となってしまいました。

通常期間では勝ち上がれず、地方(名古屋競馬)で再出発を図り、見事に中央復帰を果たしたものの、結局中央では1勝も出来ず未勝利のまま引退となりました。

ブログで何度も書いているように、この世代(12年産)出資4頭の中では、一番の期待馬でした。
別に根拠はありませんが、一番稼ぐし、一番活躍すると思っていました。
ただ私の見る目がなかっただけかもしれませんが、私は今でも能力はあったと思っています。


デビューは国枝厩舎から。
しかし、デビュー直前(デビューの週)に骨折が判明し、休養に入ります。
当時の国枝先生のコメントにも新聞にも厚い印が付いたであろうと評価されていた馬でした。

休養明けの8月に初出走と大変厳しい環境の中、国枝先生も何とか勝ち上がらせようと最善を尽くしてくれましたが、3戦して9,11,10着と競馬になりませんでした。

その後は再ファンドを目指して、名古屋競馬の今津博之調教師に移籍します。
地方移籍初戦は10月23日 名古屋・サラ3歳17組(ダ1400m) 大畑雅章騎手で、スタートから二の脚がきかなかったため後方からの競馬となり、結果3着でした。

地方2戦目は11月5日 名古屋・サラC13組(3歳・ダ800m) 大畑雅章騎手で、見事に初勝利を挙げました。
ゲートに難があり、スタートも二の脚も速くないグランノーヴァにとって、800mの距離は全く競馬にならないと思っていたところ、ビックリの完勝でした。

地方3戦目は11月18日 名古屋・アケボノソウ特別(C15・ダ1400m) 大畑雅章騎手で、相手は前走1着馬ばかりのレースとなりました。
グランノーヴァにとっては、中央復帰をかけたレースでもあり、試金石のレースでしたが3着でした。

勝負の地方4戦目は12月2日 名古屋・サラC19組(ダ1400m) 大畑雅章騎手で、2番手につけて、最終コーナー手前から馬ナリで先頭に立ち、そこから後続を引き離して圧勝でした。

これで規定の2勝を挙げ、見事に中央復帰を果たしたのでした。

復帰後の気になる厩舎ですが、元の国枝厩舎ではなく、引退間近の武田博厩舎でした。
これはつなぎの役目で、この後は若手の調教師に預託予定でした。

その武田博厩舎に移ってからの初戦は、阪神ダ1400m戦でした。
結果は14人気9着でした。
レースはダッシュがつかず、後方からとなり、ジリジリと伸びてバテた馬達を交わし、9着でした。
上がりはメンバー中最速で、勝ち馬との差は0.9秒とそれほど負けてはいなかったので、中央のペースに慣れてくれば勝ち負けも可能と感じさせてくれるレースでした。

そして、ここで武田博先生は勇退となり、次の厩舎がどこになるのか不安でしたが、若手の予定が何とベテランの昆厩舎だったのです。
この辺りの経緯はクラブ側に後日確認したところ、気性面にかなり問題があり、いきなり若手では手に負えない可能性があり、馬にも調教師にもプラスにならないということで、昆先生にお願いして預かっていただいたとの事でした。

昆厩舎に移ってからは、じっくり調整し直している最中のゲート練習時の事故で骨折、引退となりました。
全くの消化不良の感じを残しての引退にとても残念な気持ちでした。

それでもあれだけゲートを嫌がることを思えば、これで良かったのかもしれません。
グランノーヴァにとっては、もうゲートに入る必要は無くなったので良かったです。

お疲れさまでした。
ありがとう。

posted by じろう at 22:17| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

毎度同じ内容で…【メルドオール】

中京9R 茶臼山高原特別(500万下・芝2000m・混) 鮫島良太騎手

中央初勝利を目指して出走したメルドオールですが、いつもの通り後方からレースを進め、8着入線でした。
雨の不良馬場も合わなかったのでしょうが、毎回、毎回同じようなレースをしては…
もう書くのも嫌になりますのでコメントを掲載します。


★7/9(土)中京・茶臼山高原特別(500万下・芝2000m・混)鮫島良太騎手 結果8着

「2000mの距離は問題なくこなせましたね。最後まで頑張って伸びてはいるのですが、重い馬場よりも新潟のような軽い馬場の方が合っている印象です。パドックや返し馬などレース前の落ち着きが出てきましたし、以前のように引っ掛かることも無く、スタートも良いので次は先行策をとってみたいと思います」(鮫島良太騎手)


次は先行策をとってみたいと思います
次も騎乗は決まっているのね…

もちろん騎手ばかりが悪い訳ではありません。
馬の実力自体もこんなものなのかもしれません(私はそうは思っていませんが)

それにしてもですよ!
陣営に何とか勝たせようというものが全然伝わってこないのですよね。
何となく、出られるレースに出て、切れる脚もないのに毎度後ろから行って同じような着順を繰り返す。
信頼しきっていた昆先生にも疑問を感じ始めている自分がいます。

メルドオールは頑張って走ってくれているので、頭が下がります。


ブラックジェイドが心配です…。

posted by じろう at 20:42| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【4歳馬】7/7・8

【メルドオール】
更新日:7/7
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

☆7/9(土)中京・茶臼山高原特別(500万下・芝2000m・混)鮫島良太騎手

6日(水) CWコース 71.2-55.4-39.9-12.1 馬ナリ
余力を残して相手に先着した最終追い切りの動きから、レースを使える態勢は整ったと判断できる。
追い切りに跨った鮫島騎手からは『状態は平行線でも、気配は一戦毎に上向いている』と感触を伝えられた。
前走はいくらか相手も揃っていた印象だし、メンバー次第で500万クラスは十分通用すると見ているだけに、距離延長と中京コースで変わり身を期待したい。
(昆貢調教師)


今週の出走となりました。
今回も楽な相手ではないですが、何とか好走を期待したい。
距離延長が功を奏するのか見ものです。


【ジャストフォーユー】
更新日:7/8
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:488kg

現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン20秒のペースを長めに乗り込んでいる。
この中間もまだ右前の中筋に少し張りが見られるので、そこは入念にケアしながら進めている。
以前と比べて、普段のキャンター時にも落ち着いて走れている点から精神的な成長が窺える。
体がだいぶフックラと戻っているし、夏バテの兆候もなくコンディションは良好なので、週末からさらに調教のピッチを上げていく。
(担当者)


次走まではまだ時間があるので、このまま順調に調整お願いします。
大分精神的に大人になってきたようで、今後の走りが楽しみです。
ニュージャスティン、頼むよ!


【ブラゾンドゥリス】
更新日:7/8
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

3日(日) 坂路コース 56.6-41.2-27.3-13.8 馬ナリ
6日(水) 坂路コース 計測不能-39.2-25.7-12.8 馬ナリ
かなり暑くなってきているが、引き続き朝一番に乗っているので今のところバテるようなこともなく、しっかりと調教することができている。
今週は格下に胸を貸す形で余裕のある動きだった。
来週まで今の良い雰囲気を維持したままレースに向かいたい。
1600万条件はもちろんのこと、先々はオープンクラスでもバリバリやれるポテンシャルを持っている馬なので、今はとにかく大事に育てていきたいと考えている。
来週7/16(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)に向けて視界は良好。
除外の可能性もあるかと思うが、その際には翌週の中京戦に回ることになる。
(尾形和幸調教師)


いい感じで仕上がっているようなので、是非とも出走したいですね。
除外の可能性があるとは思っていませんでしたよ。
先生も先々はオープンクラスでもバリバリやれるポテンシャルを持っていると言ってくれているので、本当にそうなる為にもここは通過点と行きたいですね。
うちの厩舎のエースですから、この先もしっかり稼いでじろう厩舎の経営を助けて下さい。

posted by じろう at 09:16| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

愛馬近況【4歳馬】7/1

【メルドオール】
更新日:7/1
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

6月30日(木) 坂路コース 57.8-41.2-26.2-12.7 単走 馬ナリ
当初は出走間隔による抽選(3節抽選)も覚悟で今週のレースを使うつもりでいたのだが、先週末に体温の高い時間帯があって追い切りを消化できなかったため、御在所特別の登録は自重した。
週中から飼い葉もよく食べて体調面は回復しており、昨日の追い切りでも鋭い動きを見せていたので、このまま在厩させて続戦するつもり。
調教の動きや相手関係も見極めて判断するが、中京開催の期間中にはレースを使えると思っている。
(昆貢調教師)


先週の特別登録がなかった意味がわかりました。
大事ではなく安心しました。
そろそろ中央での勝利を見たいので、相手関係、鞍上含めてベストな選択をお願いします。


【ジャストフォーユー】
更新日:7/1
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:482kg

現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン20〜22秒のペースを長めに乗り込んでいる。
栗田調教師からの指示もあり、右前の中筋を念入りにチェックしながら進めているが、少し張りが認められるもののいまのところ特に問題はない。
体がまだ寂しく映るため、あまりペースは上げていないが、状態を見ながらどんどん進めていくつもり。
(担当者)


次走までまだ1ヵ月半程あるので、じっくり調整できますね。
札幌に行くのか、新潟に行くのかは田辺騎手の都合に合わせて欲しいですね。
次走も楽しませてくれる走りを期待です。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:7/1
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

26日(日) 坂路コース 60.5-43.9-29.1-計測不能 単走 馬ナリ
29日(水) 坂路コース 56.1-41.0-26.8-13.5 馬ナリ
調整は至って順調。
暑さを考慮し、開門直後の午前5時過ぎに乗るようにしている。
その甲斐もあってか夏バテしている様子はないし、レースに向けて体調面の不安はない。
予定通り7/16(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)にウチパクさんで臨む予定。
未勝利戦を勝ったコースとはいえ、コーナー4つの舞台に少々不安も感じているのだが、今後に向けてそうは言ってられないのでこなしてもらいましょう。
(尾形和幸調教師)


一番心配な夏バテ傾向はないようで安心しました。
尾形先生はコーナー4つを心配しているようですが、私は心配しておりません。
多少のロスは生まれるかもしれませんが、力でねじ伏せてくれるでしょう!
鞍上が内田騎手なのも安心です。
勝ってOP馬になって夏休みに入りましょう!

posted by じろう at 09:09| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

愛馬近況【4歳馬】6/24

【メルドオール】
更新日:6/24
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

調子は変わらず良いし、前走時の状態をキープできている。
栗東も日中はだいぶ暑さが増してきたが、いまのところ夏負けの兆候は見られない。
週末から時計を出していく予定で、次走は7/2(土)中京・御在所特別(500万下・芝1600m・混)を含め、来週の番組から登録していく。
中京開催は芝の適鞍が少なく、どうしても同厩ラテラルアークと番組が被ってしまう可能性もあるが、より適性のある条件で走らせたい考えなのでご理解いただけると幸いです。
(昆貢調教師)


調子はいいようですね。
ラテラルアークと被ってしまうのは仕方ないとしても、調子がよくても乗り役や戦法も考えた条件で走らせたい考えなのをご理解いただけると幸いです。
そろそろ中央初勝利を真剣に目指してもらいたいです。


【ジャストフォーユー】
更新日:6/24
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、昨日23日(木)に移動した。

最内枠が懸念材料だったが、田辺騎手が前半上手くスペースを見つけて被されないように誘導してくれた。
最後も33秒台で上がれているし、昇級してもメドの立つ競馬だったと思う。
レース後、右前の中筋周囲に強い張りが感じられたが、それほどダメージは残っていない印象なので、夏競馬でもう一戦させたいと考えている。
次走は8/13(土)札幌・STV賞(1000万下・芝1500m・混)または8/14(日)新潟・豊栄特別(1000万下・芝1400m・混ハンデ)を目指す予定。
(栗田徹調教師)


昇級初戦を無難にこなし、1000万下でもやっていける手ごたえを感じさせてくれました。
次走は札幌か新潟との事ですが、相手関係や適性よりもここは田辺騎手の都合に合わせて頂きたいですね。
ここ2戦の優秀なレース振りが馬自身の成長なのか、田辺騎手の手腕によるものなのかは明確ではありませんが、手が合うことは間違いのない事実であります。
なので、出来ればこのままずっと田辺騎手希望ですが、そうもなかなかいかないと思いますので、後数戦は田辺騎手に乗って頂き、しっかりと教え込んで欲しいと思っています。
そういう意味での馬の適正よりも今は田辺騎手の都合優先でレース選択して欲しいと思っています。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:6/24
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

松風馬事センターで順調に調整され、22日(水)に美浦に帰厩した。

少し目の周りが黒ずんできているように、やはり暑さには強いタイプではないね。
ただ、育成場に移動した後も脚元を含め状態面に不安は感じられないし、レースに向けて進めていけると判断した。
目標は7/16(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)と定まっているので、夏バテしないようにケアしながら調整を進めていく。
(尾形和幸調教師)


やはりまだ夏には弱いみたいですね。
上手くケアしてもらいながら何とか後1戦頑張ってもらってOP馬として夏休みに入ってもらいましょう!
ブラゾンならやってくれるものと信じています。
頼むよ!

posted by じろう at 11:01| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【4歳馬】6/24

【メルドオール】
更新日:6/24
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

調子は変わらず良いし、前走時の状態をキープできている。
栗東も日中はだいぶ暑さが増してきたが、いまのところ夏負けの兆候は見られない。
週末から時計を出していく予定で、次走は7/2(土)中京・御在所特別(500万下・芝1600m・混)を含め、来週の番組から登録していく。
中京開催は芝の適鞍が少なく、どうしても同厩ラテラルアークと番組が被ってしまう可能性もあるが、より適性のある条件で走らせたい考えなのでご理解いただけると幸いです。
(昆貢調教師)


調子はいいようですね。
ラテラルアークと被ってしまうのは仕方ないとしても、調子がよくても乗り役や戦法も考えた条件で走らせたい考えなのをご理解いただけると幸いです。
そろそろ中央初勝利を真剣に目指してもらいたいです。


【ジャストフォーユー】
更新日:6/24
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、昨日23日(木)に移動した。

最内枠が懸念材料だったが、田辺騎手が前半上手くスペースを見つけて被されないように誘導してくれた。
最後も33秒台で上がれているし、昇級してもメドの立つ競馬だったと思う。
レース後、右前の中筋周囲に強い張りが感じられたが、それほどダメージは残っていない印象なので、夏競馬でもう一戦させたいと考えている。
次走は8/13(土)札幌・STV賞(1000万下・芝1500m・混)または8/14(日)新潟・豊栄特別(1000万下・芝1400m・混ハンデ)を目指す予定。
(栗田徹調教師)


昇級初戦を無難にこなし、1000万下でもやっていける手ごたえを感じさせてくれました。
次走は札幌か新潟との事ですが、相手関係や適性よりもここは田辺騎手の都合に合わせて頂きたいですね。
ここ2戦の優秀なレース振りが馬自身の成長なのか、田辺騎手の手腕によるものなのかは明確ではありませんが、手が合うことは間違いのない事実であります。
なので、出来ればこのままずっと田辺騎手希望ですが、そうもなかなかいかないと思いますので、後数戦は田辺騎手に乗って頂き、しっかりと教え込んで欲しいと思っています。
そういう意味での馬の適正よりも今は田辺騎手の都合優先でレース選択して欲しいと思っています。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:6/24
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

松風馬事センターで順調に調整され、22日(水)に美浦に帰厩した。

少し目の周りが黒ずんできているように、やはり暑さには強いタイプではないね。
ただ、育成場に移動した後も脚元を含め状態面に不安は感じられないし、レースに向けて進めていけると判断した。
目標は7/16(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)と定まっているので、夏バテしないようにケアしながら調整を進めていく。
(尾形和幸調教師)


やはりまだ夏には弱いみたいですね。
上手くケアしてもらいながら何とか後1戦頑張ってもらってOP馬として夏休みに入ってもらいましょう!
ブラゾンならやってくれるものと信じています。
頼むよ!

posted by じろう at 11:00| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ニュージャスティン!【ジャストフォーユー】

東京10R 相模湖特別(1000万下・芝1400m・混) 田辺裕信騎手

久々のグランシルクとの対戦となりました本日のレースでしたが、勝ち馬のグランシルクには完敗でしたが、昇級初戦としては十分な3着と好走してくれました。

これはまさしく

ニュージャスティンです!

余程田辺騎手と手が合うのか、田辺騎手が乗った時の成績は、
2着(未勝利)
1着(500万下)
3着(1000万下)
と完全に手の内にいれています。

これまでのレース振りは逃げるだけ逃げてどこまで我慢できるかという内容でしたし、騎手起用に関しても若手の乗り替わりの連続で嫌気がさしていたのも事実でした。

それが、前走から田辺騎手に変わってから、馬が変わったようにレース振りに進境が見られました。
これまでも、大逃げではなく、何度か控える競馬を試みたりしましたが、その成果がここで実を結んだという説もあろうかと思います。

どちらにしても田辺騎手が手が合うのは間違いのない事実ですので、ここ数戦は続けて騎乗して欲しいと懇願します。
何なら、田辺騎手の都合に合わせたローテンションでも構わないくらいです。
この機会にしかっかりレースを教え込んで欲しいと思います。




★6/18(土)東京・相模湖特別(1000万下・芝1400m・混)田辺裕信騎手 結果3着

「2着の馬は抜かせると思ったんですけど…。ペースが遅くて、道中は一旦下げて外に出すロスがありました。前につけられましたし、直線でも渋太く粘れて昇級緒戦を考えれば良い内容のレースだったと思いますよ。精神面が成長して、馬の後ろで我慢することも覚えてきているし、返し馬で少しフラフラする程度であとはだいぶ落ち着きを見せています。大人になってきたんでしょうね」(田辺裕信騎手)



posted by じろう at 20:28| Comment(6) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

愛馬近況【4歳馬】6/16・17

【メルドオール】
更新日:6/17
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

スタートから最初のコーナーまで距離が長く、スローの上がり勝負が見込める阪神の芝1800mは間違いなくメルドオールに向いていた条件。
鞍上の手応えも道中は抜群に映っていただけに、直線はもっと弾けてもらいたかったのだが…。
ただ、降級組もいて少し手強いメンバー構成だったので、相手次第ではもっとやれるでしょう。
レース後も馬体や脚元にダメージは見られないので、もう少し様子を見て状態に問題がなければ、このまま3回中京開催(7/2〜)を使っていく。
(昆貢調教師)


う〜ん、レース選択と騎手選択をお願いしたいですね。
いつもかなり不利な状況で戦っている気がします。
馬の扱い等に関しては全く不満はない厩舎なのですが、どうにも何としてでも勝たせるという気概が伝わってこないレース&騎手選択ですね、特にここ最近。
よろしくお願いします。


【グランノーヴァ】
更新日:6/16
在厩先:引退
馬体重:-

トレセン診療所内の入院馬房で左後肢の裂傷部を週末に二箇所、今朝また二箇所と計四箇所の抜糸を終えて、先ほど再度のレントゲン撮影を行った。
転倒時に外傷性の骨盤骨折を発症したと見られ、現在の歩様や経過から競走能力喪失の診断が下っている。
大変残念ではあるが、近日中に中央競馬での登録を抹消し、現役を引退することが決定した。
尚、今後は獣医から移動の許可が出た後に、乗馬への転向を目指す予定。

「骨折の程度が軽症であってほしいと願っていたのですが、一番残念な結果となってしまいました。グランノーヴァの能力を開花させてやれず、期待していた会員様の期待にも応えられずで本当に申し訳ない気持ちです」(昆貢調教師)


う〜ん、残念ながら引退となってしまいました。
色々な思いはありますが、また別の機会に詳しく述べたいと思います。
まずはお疲れさまでした。


【ジャストフォーユー】
更新日:6/16
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

☆6/18(土)東京・相模湖特別(1000万下・芝1400m・混)田辺裕信騎手

15日(水) Wコース 53.6-38.6-12.4 単走 馬ナリ
この中間、右前球節部分に少し浮腫みが見られて若干の疲れは感じさせるが、最終追いの動きは満足いくものだった。
ムキになってハミを噛んで行くところもなく、落ち着いて調教に臨めている点も好感が持てる。
今回は少頭数ながら、持ち時計のある馬や降級組もいて楽なメンバー構成ではないが、前走のようにスムーズに自分のリズムで走れさえすれば通用していいはず。
昇級緒戦でも楽しみにしている。
(栗田徹調教師)


昇級初戦でもあり、前走が余りにも優等生な競馬だったため、今回は半信半疑な部分はあります。
それでも楽しみでもあります。
今回のレースが大事になってくると思います。
鞍上は引き続き田辺騎手なのは心強いです。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:6/17
在厩先:松風馬事センター
馬体重:-

現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(17〜18秒ペース)のメニューで調整中。
暑さに弱いタイプなので、朝一番の組で乗っている。
目の周囲が黒ずんできているが、脚元がゴツゴツするところはなく、目標とする7/16(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)に向けては順調に進められている。
レースまでの期間を考えれば、近日中には帰厩の声が掛かるのではないでだろうか。
(担当者)


おぉ!?やはり暑さにはまだ弱いようですね。
それでもギリギリ安達太良ステークスには間に合いそうなので、スッキリ勝ってOP馬として休養に入って欲しいですね。

posted by じろう at 22:53| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

収穫ない9着【メルドオール】

阪神12R 3歳上500万下(芝1800m) 鮫島良太騎手

スタート良く出るも、前走同様後ろに下げます。
前走は昆先生の指示だったようですが、今回もそうなのか?

直線ジリジリとは伸びて来ますが、掲示板はおろか入着も逃す9着という結果に。
前走は後1歩で優先権を逃し、今回は後1歩で入着を逃しました。

レース後の今は何とも言い難い気分です。
何だかレースに出ているだけ。
そんな感じを受けてしまいます。

次走に期待したいですが、どうなるでしょうか。



★6/11(土)阪神・3歳上500万下(芝1800m)鮫島良太騎手 結果9着

「一度使ってガス抜きもできたのか、中間は落ち着いて稽古にも臨めていたし、今日もパドックで若干チャカついてはいましたが許容範囲。道中は折り合いもついて、反応も悪くありませんでした。降級馬や勢いある3歳馬もいてメンバーが揃っていた印象ですが、それほど負けていませんからね。メンバー次第で500万クラスは十分やれると思います」(鮫島良太騎手)


posted by じろう at 18:05| Comment(4) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

愛馬近況【4歳馬】6/9・10

【メルドオール】
更新日:6/9
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

☆6/11(土)阪神・3歳上500万下(芝1800m)鮫島良太騎手

8日(水) CWコース 82.0-66.2-51.7-38.3-12.2 単走 馬ナリ
鞍上とのコンタクトがしっかりと取れていて、指示にも瞬時に反応できていた。
動き、気配ともに一度使った上積みは十分感じられますし、前走が500万クラスにメドの立つ競馬。
降級組や素質ある3歳馬もいてメンバーは薄くなるが、ここで通用するようならクラスが上がってもやっていけますからね。
まだまだ奥深さを感じさせる馬です。
(昆貢調教師)


ラテラルアークと同レースとなりました。
メルドオールのコメントには記載がありませんでしたが、ラテラルアークのコメントには同レースとなった経緯が説明されていましたね。
同じレースになってしまったものは仕方ないので、メルドオールを応援するのみです。
普段ならラテラルアークも応援しますが、今回はメルドオールのみですね。ラテラルアークは敵です(笑)
最高の結果は1着同着ですが、それは無理でしょうから1着メルドオール、2着ラテラルアークが希望です。

しかし、相手が揃いましたね。
なかなか厳しいレースになりそうです。


【グランノーヴァ】
更新日:6/10
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

現在もまだトレセン診療所内の入院馬房にて治療を行っている状況だが、左後肢の裂傷はそれほど深く無いものの、どうやら転倒の際に骨盤周囲を骨折しているよう。
競走復帰までどれくらいの日数を要するかなど、もう少し安静な状態まで待った後にレントゲン撮影を行う必要がある。
詳しいことが分かり次第、ご報告する。
(昆貢調教師)


う〜ん、残念ですが骨折はしている模様ですね。
ゲートを嫌がる気性等含めて、復帰は難しい状況でしょうか。
せっかく、良い調教時計で走れてきており、復帰戦を楽しみにしていた時でしたから残念でなりません。
今は検査結果をまつのみです。


【ジャストフォーユー】
更新日:6/10
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

鼻革クロスにリングバミの装備で馬具を特別替えたわけでもないのだが、今回はレースぶりが一変した。
折り合いもついてラストまでしっかり脚を使ってくれたし、あの内容ならクラスが上がっても十分やれると思う。
レース後も馬体や脚元に異常は見られないので、中一週で6/18(土)東京・相模湖特別(1000万下・芝1400m・混)に田辺裕信騎手で向かう予定。
(栗田徹調教師)


まだあの勝利の余韻を楽しんでいるところですが、早くも来週に出走です。
丈夫な子なので、嬉しい限りです。
更に、ようやくというか田辺騎手が継続騎乗予定です。
これまでは、毎回のように鞍上が変わっていたので、上位騎手固定はこの馬にとってもかなりプラスでしょう。
昇級初戦となるので、まずはクラス慣れが必要でしょうが、前走のような競馬が出来るようならそこそこやれるのでは?と思います。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:6/10
在厩先:松風馬事センター
馬体重:-

レース後も異常はないが、この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、昨日9日(木)に移動した。

先手を奪った時にこれなら大丈夫だと思ったんだが、途中で外から交わされて砂を被った時はヒヤッとした。
さすがはウチパクさんですね。
上手く対応してくれて、しっかりと導いてくれたと思う。
負けパターンとも言える展開になったが、力の違いを見せてくれた。
それにしても勝負事とは言え、石川(裕紀人騎手)にはイラッとしましたね(笑)。
あれだけ思いっきりが良くて大胆に乗れるので結果を残せるんでしょう。
レース後だが、少し硬さが感じられる状態だし、暑さに強いタイプではないので短期でリフレッシュさせることにした。
あくまでも状態次第だが、7月16日(土)福島・安達太良ステークス(1600万下・ダ1700m・混)を一つの目標に考えている。
(尾形和幸調教師)


やはり尾形先生も石川騎手の騎乗にはイラッとしたようですね(笑)
まぁ勝負事なので、仕方ありませんが。
このまま夏休みに入るのかと思いきや、状態次第ではありますが7月16日(土)福島・安達太良ステークスの出走を予定しているようです。
これは嬉しいですね。
勝って、OP馬になってからゆっくり夏休みを取って貰いたいですね。

posted by じろう at 23:02| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

快勝で4勝目【ブラゾンドゥリス】

東京12R 三浦特別(1000万下・ダ1600m・混) 内田博幸騎手

一瞬ヒヤッとしましたが、結果快勝しました。
これで4勝目を挙げ、次走は再び準オープンでの戦いになります。

内目の枠で少し嫌だなと思っており、それは内田騎手も同じだったようで、スタート後は押して押してハナを奪います。
しかし、その後2着馬の3歳馬ベストマッチョに被され、内に閉じ込められてしまい、砂を被り、少しポジションを下げます。
2走前の展開が頭をよぎりましたが、直線で外に出すとそこからしっかり伸びて勝ちきりました。

真のOP馬までもう少しのところまで来ました。
一気に行けるのか、壁にぶつかるのかですが、準OP戦で負けたソルティコメントが前日の麦秋S(1600万下)のレースを勝利しており、そこからも判断してもすんなりかは別として、そう苦労することもないかなと思っています。

出資者としては当然ですが、ノルマンディーとしても安馬の活躍はクラブの見本となるべき存在だと思いますので、このまま突き進んでもらいたいと思います。

しっかり仕上げてくれた尾形先生、しっかり勝利へと導いてくれた内田騎手、
本当にありがとうございました。

今宵はお家で祝勝会です。
実は、今週は私の誕生日でもあり、ジャストフォーユー&ブラゾンドゥリスの2連勝と最高のプレゼントを頂きまして、私は幸せ者です。

この調子で、他の馬も続いてもらいたいですね。



★6/5(日)東京・三浦特別(1000万下・ダ1600m・混)内田博幸騎手 結果:優勝

「力が抜けているのは分かっていますから、いかに邪魔されないように力を出し切れるかがポイントだと思っていましたので、積極的にハナを奪いました。途中で交わされた際に砂を被って嫌がるところもありましたが、前に追突しそうな勢いもあったのであれ以上は強引に行けなかったですね。直線に向いた時には前と差が開いていたのでヒヤッとしましたが、最後は力でねじ伏せてくれました。負けられない一戦だったので良かったです。距離が伸びても対応してくれそうですし、いずれは昨日のメインを制した馬にリベンジできるようになると思います」(内田博幸騎手)


posted by じろう at 17:12| Comment(12) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

勝った…ゾ【ジャストフォーユー】

東京12R 3歳上500万下(芝1400m) 田辺裕信騎手

勝ちました。
勝てるとは思っていなかったので、ビックリです。
初勝利から1年4ヶ月振りの勝利です。

しかも、逃げずの競馬でこれまたビックリ!

今後にも繋がるいいレースでした。
これでわかりましたね。
展開や距離、コース等条件的なものもあると思いますが、騎手ですね。
ジャストフォーユーが好走するには上位騎手が必要です。
これを機に栗田先生には、鞍上をコロコロ変えるのではなく、田辺騎手若しくは上位騎手でなるべく固定して頂けるようお願いします。

今から、元々外食に出かける予定になっていましたが、祝勝会と題して乾杯してきます。




★6/4(土)東京・3歳上500万下(芝1400m)田辺裕信騎手 結果:優勝

「メリハリを利かせた器用さに欠けるタイプなので、道中スムーズに走れたのが大きかったと思います。今日は外から被せられることもなかったし、この馬のリズムで競馬ができました。距離は1400〜1600mくらいが合っていますね。検量室でパトロールを見ながら、この距離だったら俺が乗りたかったよーと蛯名騎手が興奮して話してました」(田辺裕信騎手)
posted by じろう at 18:07| Comment(8) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

愛馬近況【4歳馬】6/2・3

【メルドオール】
更新日:6/3
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

1日(水) CWコース 80.1-64.9-50.5-37.7-12.8 一杯
併走馬(ミュートロギア)に遊ばれるような追い切り内容となってしまったが、相手は普段から調教駆けする馬だからね、時計も優秀だから心配無用。
レースを使った後もガタっとくることはなく、落ち着いたテンションを保てているので上積みが十分に期待できそう。
阪神コースに替わっても前進が見込めると思う。
次走は来週6/11(土)阪神・4歳上500万下(芝1800m)を鮫島良太騎手で向かう予定。
(昆貢調教師)


来週の出走に向けて順調に来ていますが、優先出走権がないので出られるのかは未定です。
500万でもやれる能力はあるはずなので、まずは最低限の走りを見せて欲しいです。


【グランノーヴァ】
更新日:6/3
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

今朝のゲート練習中に放馬し、転倒した際に左後肢の脇から大腿骨下部にかけて裂傷を負ったため、現在は栗東トレセン内診療所の入院馬房で治療を行っている。
また、レントゲン検査の所見からは、骨盤周囲にも骨折の疑いがあるため、そのまま入院させて数日後に再度レントゲン撮影を行う予定。

坂路で4ハロン51秒台と超抜の時計を叩き出した今週の追い切りから、良いコメントをしたかったのだが…今朝のゲート練習時に枠内で激しく興奮して立ち上がってしまい、放馬してラチを飛び越え転倒する事故が起こってしまいました。
昨日おこなった練習の際にも苦しがっている様子だったため、私も付いて行って前扉は閉めずに細心の注意を払って臨んでいたのに、このような事になり申し訳ありません。
覆面を被せて枠内に入るまではスムーズなのだが、駐立の我慢が一切利かずに逃げ出そうとする。
前扉を閉めると一層拍車がかかってパニック状態に陥ってしまうほどなので、ゲートに対しての恐怖心というか、こちらが思っていた以上に何か大きなトラウマを抱えている印象を受けた。
転倒の際に左後肢の脇から大腿骨下部にかけての裂傷と、出血も見られるため現在は入院馬房で治療を受けている状況。
また、診療所の獣医の見立てでは、レントゲン写真から骨盤周囲にうっすらと線が映っているように見えるとの話だったので、日を置いて再度レントゲン撮影を行う必要がある。
来週の出走を目前に控えていた中でのアクシデントで、こちら側の努力が足りずに申し訳ありませんでした。(昆貢調教師)


恐怖の臨時更新が来てしまいました。
まだ再度レントゲン撮影の結果は出ておりませんが、引退の2文字も覚悟しておかなければなりませんね。
調教も良かっただけに期待しておりましたが、残念です。
祈る気持ちで次の更新を待ちたいと思います。


【ジャストフォーユー】
更新日:6/2
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

☆6/4(土)東京・3歳上500万下(芝1400m)田辺裕信騎手

5月29日(水) Wコース 56.4-40.7-13.4 単走 馬ナリ
6月1日(水) Wコース 67.6-52.6-39.1-13.1 単走 一杯
今週は長めからしっかりと負荷の掛かる追い切りを消化した。
乗り手の指示に瞬時に反応してスッと加速できていたし、可動域の広いフォームで良い動きを見せていたよ。
脚質からターゲットにされるのは仕方のないところだが、前半であまりハミを噛まずにユッタリ走らせてあげられれば終いの粘りも違ってくると思う。
メンバー比較からの展開面や枠順も考慮した上で、田辺騎手と作戦を練っていくつもり。
(栗田徹調教師)


最近、迷走気味のジャスト&栗田コンビですが、果たして今週の走りはどうなるでしょうか?
水曜日に想定が出た時には、騎手未定であがっており、『おいおい!また騎手確保出来てないの〜?
また乗り代わりかよ〜』と最近の栗田先生のジャストフォーユーに対する姿勢に疑問を持っていました。
一方、同厩で今週出走のシュティルヴァルトには2戦連続Mデムーロ騎手を配する気合いの入れぶり。
かなりの差を感じました。
しかし、そんな干され気味のジャストフォーユーの鞍上には田辺騎手が決定し、安堵しました。

正直、適正が掴み切れていない感じでいますが、私が思うジャストフォーユーのベストレースは
2015年1月12日の中山5R 3歳未勝利 芝1600戦で逃げて2着に粘ったレースですね。
そのレースの勝ち馬はグランシルク。2勝馬のOP馬です。
その時のジャストの鞍上が今回と同じ田辺騎手なのです。
あのとき以来の騎乗となりました。東京芝1400が合うのかどうなのかの不安はありますが、鞍上だけはとても楽しみな要素です。
何とかきっかけを掴むような、引き続き田辺騎手が乗ってくれるようなレースを期待したいと思います。


【ブラゾンドゥリス】
更新日:6/2
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

6/5(日)東京・三浦特別(1000万下・ダ1600m・混)内田博幸騎手

5月31日(日) 坂路コース 61.0-44.1-28.3-13.4 単走 馬ナリ
6月1日(水) 坂路コース 55.1-40.0-26.1-13.3 馬ナリ
この馬の調整方法は熟知しているつもりだし、体調面に関して不安はない。
ただ、まだ本格化前の段階なので無駄打ちはしたくないのが本音。
前回遅れを取った馬には完敗だったが、完成度の高さで負けたものでいつかはリベンジしたいと思っている。
今回は降級戦だし、負けられない1戦です。
(尾形和幸調教師)


勝利宣言でました(笑)
先生が強気の時は必ずと言っていいほど結果が出ています(出ている気がします)
枠順もまだですし、相手もいることなので、絶対はないですが、私も勝てると思い込んでいます。
今年中にはOP馬になって欲しいなぁ〜


posted by じろう at 21:45| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする