ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2016年09月11日

(一旦)引退【マグレブ】

★9/3(土)札幌・3歳未勝利(芝1200m)黛弘人騎手 結果10着

好スタートから3番手につけ追走し、四角まで先頭集団のまま直線に向くも、最後は脚色が鈍り、勝ち馬から0秒7差の10着。
レース後も馬体や脚元に異常は見られませんが、出走できる未勝利戦はすべて終了しており、格上挑戦して500万クラスの馬を相手に競馬するのは現状では苦戦を強いられる可能性が高いと考えられるため、土田稔調教師とも協議した結果、明日9月9日(金)付けで中央競馬登録を抹消することになりました。
今後は、再ファンドを目指して名古屋競馬場の川西毅厩舎に移籍し、規定の条件を満たした際には出資会員の皆様を対象に再募集をおこなってJRAに再登録する予定です。
なお、出資会員の皆様には追って書面にて詳細をご連絡させていただきます。


7月23日の函館出走後すぐに札幌に移動し1ヶ月滞在、体調面や精神面に不安はなく太鼓判を押せるデキで臨んで、入着することができなかっただけに非常に残念。
出資会員の皆様におかれましては、転厩馬を預託いただきましたが、期待を裏切る結果となり、大変申し訳ありませんでした。
今後は地方競馬から再出発することになりましたが、去勢の効果からか一戦ごとにレース内容も良化を見せているだけに、ここで一旦地方競馬で経験を積めば、中央の500万クラスに戻っても、いずれは通用する力があると思います。
今後のマグレブの活躍に期待しています。
(土田稔調教師)



残念ながら中央では勝ち上がる事は出来ず、地方で再出発することになりました。
能力は間違いいなくある馬なので、あとは気性ですね。
それも去勢しておりますので、その効果が出るまでにはもう少し時間が必要だったと思っています。

地方に行っている間に、気性面も成長してくれるでしょうし、少しもの足りなかった馬体も回復してくれるでしょう。

必ずや地方で勝ち上がり、また中央に戻って来てくれるものと信じています。
少しの間、私の元を離れますがまた戻って来たときには再出資しますので、鍛えて戻ってきて下さい。

地方競馬の事は全然知らない私ですが、預かって頂く名古屋競馬の川西毅厩舎は成績もすばらしい厩舎のようで楽しみですね。
早く戻って来て欲しい気持ちもありますが、少し時間をかけて鍛えてから戻ってきてくれたほうが長い目でみればマグレブにとっていいような気がします。

いずれにしても規定の条件を満たして、戻ってくるのを首を長くして待っています。
中央再入厩時の厩舎は土田厩舎ではないような気がしますので、マグレブにあった厩舎に入れるといいなと思います。

posted by じろう at 09:24| Comment(6) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

さぁ地方へ!【ゴルディオン】

阪神8R 3歳上500万下・混 芝2000m 坂井瑠星騎手

スーパー未勝利への出走を目指して、地方行きを先延ばしして500万下のレースに挑みましたが、残念ながら9着と夢散りました

レースは後方から、直線行き脚付いた時に、行き場がなく内か?外か?と少しフラフラしていた。
まぁスムーズでも5着は無理でしたけど…。

さぁこれで決着はつきました。
地方に行って、出直しを図りましょう!

行先は園田の飯田厩舎希望です。




★9/10(土)阪神・3歳上500万下(芝2000m・混)坂井瑠星騎手 結果9着

「手応えは悪くないものの、道中は終始促しながらの追走で、まだ走ることに対しての前向きさに欠ける面があります。直線を向いてもう少しスムーズに外へ持ち出せていれば着順も違ったと思いますが、内に差さってしまった分のロスも大きかったです。それでも最後は脚を使って伸びてくれていますし、もっと距離が延びても対応できそうなので、慣れてくればこのクラスでもやっていけそうな感じはしましたよ」(坂井瑠星騎手)


posted by じろう at 14:34| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

終戦・・・か【マグレブ】

札幌4R 3歳未勝利 芝1200m 黛弘人騎手

最後の戦いに挑んだマグレブでしたが、スタートを上手く出て先行出来ましたが、直線で伸びず10着と惨敗し、これで中央未勝利戦には出られませんので引退若しくは中央復帰を目指して地方行きのどちらかでしょう。
奇跡を信じて見守りましたが、ダメでしたね。
とりあえずはお疲れさまでした。

これは臨時更新待ちですね。
これまでの戦績を見れば、間違いなく引退なのですが、調教での走りからは能力はあると思われ、気性面の成長待ちなところがあるので、地方行きの可能性もあるかと思います。

クラブの判断はどう出るか?



★9/3(土)札幌・3歳未勝利(芝1200m)黛弘人騎手 結果10着

「体重も戻っていましたし、体調も良いのを感じていました。好位で運んで、直線も踏ん張りを見せていましたので5着以内もいけると思ったのですが…。短い距離も滞在競馬も合っていましたし、レース内容も良かっただけに申し訳ないです」(黛弘人騎手)

posted by じろう at 08:27| Comment(4) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

2勝目♪【クリプトスコード】

新潟8R 3歳上500万下・牝 ダ1200m 木幡初也騎手

このクラス2走目で、前進を期待しての1戦でしたが、勝っちゃいました♪
やりました!
こんなに早くこのクラスを卒業出来るとは思っていませんでした。

その勝ったレースですが、スタートを出遅れることなく出て、二の脚で先頭を奪いに行きます。
外から13番ラッキーガナドールも離れずついていきますが結局最後まで先頭を譲らず、頑張って粘ってくれました。
最後の直線で1人気のリンガスウーノが迫って来た時は抜かれる!と思いましたが、本当によく粘ってくれました。クリプトスコードの頑張りには頭が下がります。

やはりこの形になると粘りが違い、頑張ってくれます。
牝馬限定でのレースでしたから、上のクラスに行ってどうかですが、勝てたことは素直に嬉しいので今後は更に力を付けて、1000万下の掲示板の常連となれるように成長して欲しいと思います。

好騎乗の木幡初也騎手、上手く調整してくれた田島先生&スタッフの皆さまありがとうございました。

そう言えば、レース発送時は外出中でちょうど車を停めた時でしたので、スマホで観戦しました。
そこで、娘から勝ったら何かおやつ勝ってくれる?と聞かれたので、『勝ったら好きなもの買ってやる』と言ってやりました。
まさか勝てるとは思っていませんでしたが、勝ってくれるのならこんな約束なんてなんて事ないです。
という訳で、そのままケーキ屋さんに直行しておやつ用のケーキを買ってきました。

IMG_20160828_151607191.jpg



★8/28(日)新潟・3歳上500万下(ダ1200m・牝)木幡初也騎手 結果:優勝

「レース前に陣営からはデキが抜群にいいと聞いていたんですが、大きなプラス体重でも太め感はまったくなく、本当にその通りでした。今日は課題のゲートが上手く決まったことで、少し気合をつけただけで楽に先手を取れましたよ。ストライドが大きいので、タメ逃げをするよりはアドバンテージを作って行く形がいいですね。最後は交わされたかと思いましたが、頑張ってくれました」(木幡初也騎手)


posted by じろう at 16:01| Comment(6) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

ショック!【リルティングインク】

小倉10R 小郡特別・混 芝1200m 北村友一騎手

う〜ん…
11着と惨敗でした。

上手くスタートを切り、割と楽に先行出来ていたように見えましたが、北村騎手のコメントではペースが速すぎたようですね。
仮に1200mでも距離の問題だとすると、もう走るところがありませんので、レース後はかなりショックでしたね。
着順は11着ですが、0.6秒差ですからそこまで負けている訳でもないのかな?
しかし、1200mだし、最後のタレ方は余りにも見ていられない感じでしたので、今後に不安を残すレースとなりました。

救いは、北村騎手がそこまで悲観していない事くらいでしょうか。
それにしても最近、二桁着順が多すぎるなぁ〜



★8/20(土)小倉・小郡特別(500万下・芝1200m・混)北村友一騎手 結果11着

「パドックや返し馬での雰囲気から状態は申し分ないと感じていました。ゲートが開くと行く気になっていたので、あえて喧嘩せず馬任せにしましたが、ペースが速過ぎましたね。もう少し楽にこの位置につけていれば、終いの伸びも違っていたはずです。着順は二桁ですが、初めての1200mにも対応できましたし、ペース慣れしてくる次走では、末の粘りも変わってくるでしょうし、この行きっぷりの良さが必ず生かされると思います」(北村友一騎手)


posted by じろう at 18:26| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

次はあるのか?【ゴルディオン】

8月13日(土) 小倉7R 3歳未勝利・混 芝2000m 国分恭介騎手

じろう厩舎の通算100戦目を飾ったゴルディオンでしたが、優勝で花を添えることは出来ませんでした。

レースは、スタートは悪くなく、逃げるか先行の展開を期待するも行き脚がつかず直ぐに中段から後方に位置します。
そこから国分騎手のムチが入り、強引にマクリに出ますが、4コーナーでは既にいっぱいいっぱいに…。
終戦です。

ゴルディオンの気性やレース振りを考えると、ある程度は強引なレース振りも仕方のない事だとは思いますが、今回は少々強引過ぎた感がありますね。
コメントにあるように、次に繋がればいいのですが、果たして次があるのか…。
最後の望みにかけたいと思っています。




★8/13(土)小倉・3歳未勝利(芝2000m・混)国分恭介騎手 結果11着

「中団後方からの競馬で届かずの内容が続いていましたし、内枠を引いていましたので、スタート次第で思い切ってハナに立ってもいいと思っていました。2コーナーを回り軽く仕掛けても全く行こうとしないので、思い切ってステッキを入れ強引にマクっていきましたが、さすがに最終コーナーでは手応えがなくなっていましたね。このロングスパートが次走につながって欲しいですし、未勝利を勝ち上がる能力を持っていると確信しているだけに、歯がゆい気持ちで一杯です」(国分恭介騎手)


posted by じろう at 16:20| Comment(4) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

愛馬近況【3歳馬】8/5

【マグレブ】
更新日:8/5
在厩先:札幌競馬場
馬体重:-

8/11(木)門別・リゲル特別(交流・中央未勝利・ダ1200m) 非選出

5日(金) ダートコース 57.9-42.5-13.7 単走 馬ナリ
通算の出走回数が5回以下のため、このまま出走せず、9/10からの第4回中山開催での未勝利戦(スーパー未勝利)へ直行する考えもあるかと思うが、出走資格を得るためのもう一つの条件、次走5着以内に挑戦したいと思う。
もちろん勝つに越したことはないので、交流戦に申し込んだが選出されなかった。
芝の1200m戦とダート1000m戦とを両天秤にかけ、毎週の想定と睨めっこし、決定したいと思う。
今の出馬状況から20日(土)のダ1000mもしくは21日(日)の芝1200mになるでしょうか。
ベテランで調教をつけるのが上手な古川騎手に依頼し、緩めず乗ってもらっている。
(土田稔調教師)


強気の挑戦を支持します。
厳しいのは重々承知ですが、勝ち上がりを期待しています。
一度、本気の走りをレースで見てみたい…。


【クリプトスコード】
更新日:8/5
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

引き続きダートコース(外馬場1周800m)でハロン17〜18秒のペースを長めに乗り込んでいる。
この中間も15-15を順調に消化できており、体調面に関しての不安はない。
相変わらず腹回りはスッキリとしており、帰厩前の段階とすればもう少し余裕を持たせられれば理想的。
目標のレースに向けて来週にも移動することになるでしょう。
(担当者)


順調のようですね。
次は権利を取って、続戦出来るようにお願いしたいですね。
1回走っては放牧ではなかなか調子も上がってこないでしょう。


【リルティングインク】
更新日:8/5
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:-

この中間も周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周、坂路1本を17〜18秒ペースのメニューで調整。
調教を進めていく中で体が減ることもなく、体調面は良さそう。
高野調教師から明日帰厩させると連絡があり、『小倉開催後半の芝1200mを目指したい』と話されていた。
どんなレースを見せてくれるか楽しみ。
(担当者)


ほんとにどんなレースを見せてくれるのか楽しみでもあり、怖さもありますが、3歳のこの時期ですからそう慌てなくてもいいでしょう。
果たしてスプリンターの資質があるのでしょうか。


【ゴルディオン】
更新日:8/5
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

7月31日(日) 坂路コース 58.3-42.8-27.6-13.8 馬ナリ
8月3日(水) 坂路コース 53.7-39.6-26.1-12.9 単走 馬ナリ
歩様の硬さは許容範囲のもので、この中間は馬の雰囲気が凄く良く映る。
心身ともにまだだいぶ幼さを残しており、この先の伸びしろも大きいと感じているだけに、期間内になんとか勝ち上がらせたい。
来週8/13(土)小倉・3歳未勝利(芝2000m・混)を国分恭介騎手で予定している。
(宮徹調教師)


来週の小倉2000mで権利を取って、8/27小倉芝2600mで勝負でしょうか。
次で決めてくれるのが最善ですが、どうなるでしょうか。
スタートさえ上手く出れれば、私は好勝負必至だと思っています。
デビューしたての頃と比べれば、大分良くなってきたように感じます。




posted by じろう at 13:07| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

愛馬近況【3歳馬】7/29

【マグレブ】
更新日:7/29
在厩先:札幌競馬場
馬体重:-

レース後も異常はなく、26日(火)に札幌競馬場に移動。

二桁着順だったが、全く悲観する内容ではなく、これまでで一番まともな競馬が出来たのではないでしょうか。
次走に向けて視界が広がったような気がする。
厩舎馬房の都合により札幌競馬場に移動したが、輸送の負担もなくなるので、飼い葉量を増やし馬体重増で出走できるように調整していくつもり。
来週8/7(日)の芝1200m戦に出走が叶えばベストなのだが、同日のダ1000m戦も視野に入れ、なおかつ今週末締め切りの8/11(木)門別・リゲル特別(交流・中央未勝利・ダ1200m)に登録しておく。
(土田稔調教師)


『全く悲観する内容ではなく、これまでで一番まともな競馬が出来た』
これまでで一番まともな競馬が出来たには同感ですね。
しかし、全く悲観する内容ではないかは時間がないなかなので、どうなのでしょう…。
地方交流も視野に考えてくれているので、勝ち上がりを祈りたいですね。


【クリプトスコード】
更新日:7/29
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン17〜18秒のペースを長めに乗り込んでいる。
コンスタントに15-15の時計消化もおこなっているが、トモの運びが滑らかで以前よりも全体的に力強さが感じられるようになった。
まだ馬体重の割りには腹回りがスッキリして映るものの、飼い葉食いは旺盛で馬体の成長とともに馬の形も変わってきているので、細いという感じではない。
これから付くべきところに筋肉が付いてくれば、どっしりとした馬体になるのではないだろうか。
(担当者)


次走予定
8/28(日)新潟 3歳上500万下(ダ1200m・牝)
8/28(日)新潟 3歳上500万下(ダ1200m・混)
と出ております。
メンバー次第でしょうが、できれば牝馬限定がいいですね。
ここで権利を取り、続戦していければと思います。


【リルティングインク】
更新日:7/29
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:470kg

現在は周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周、坂路1本を17〜18秒ペースのメニューで調整。
この中間からは坂路コースも併用して乗り込んでおり、若干トモに緩さは感じさせるものの、仕上がり具合や気配は上向いてきた。
週末には15-15の時計消化もおこなう予定だが、やればすぐ送り出しの態勢が整う状態にある。
昨日来場した高野調教師は『小倉開催で使いたいと考えており、来週もしくは再来週の検疫では帰厩させるつもりです』と話されていた。
馬体重の増加が示す通りで、ようやく体に実が入ってきた印象を受ける。
(担当者)


馬体重が増えましたね。
今後は名スプリンターを目指しましょう(笑)
当初の適正とはずれてきましたが、走れればなんでもいい。


【ゴルディオン】
更新日:7/29
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

グリーンファームで順調に調整され、昨日28日(木)に栗東に帰厩。

放牧先では1週間ほどマシン運動などで楽をさせ、予定通り昨日の検疫で帰厩した。
歩様はいつものようにゴトゴトしているものの、毛ヅヤが冴え、馬体に張りもあって体調面は良好。
次走は8/13(土)小倉・3歳未勝利(芝2000m・混)を国分恭介騎手で予定している。
(宮徹調教師)


前走のレースに前進が見られたので、スタートよく前目につけられれば可能性が見えてきた気がします。
もしや次で決められるのでは?とさえ思っています。
勝ち上がれれば長く楽しめる馬になりそうなので、決めましょう!


posted by じろう at 09:56| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

及第点かな?【マグレブ】

7/23 函館・3歳未勝利(芝1200m・混) 黛弘人騎手

去勢明け、転厩初戦で追いきりも若干少なめの中、出走したマグレブでしたが、結果は13着でした。
着順は悪かったですが、レース振りはこれまでとは違い、しっかり追走してちゃんとしたレースになっていたと思いました。

この1走で変わってくれるといいのですが、時間がないので権利も取れませんでしたから、今後はどのような作戦で行くのかは気になるところです。

奇跡でも偶然でも、ラッキーでもなんでもいいので何とか勝ち上がってほしいと思っています。




★7/23(土)函館・3歳未勝利(芝1200m・混)黛弘人騎手 結果13着

「昨日、土田調教師と相談し、強制力の弱いメンコとシャドーロールを装着し臨むことにしました。スタートは一息で二の脚も今一つでしたが、道中は前向きに一生懸命追走してくれましたね。4コーナーでは一伸びする手応えはありましたが、最後は去勢休養明けの分、息が上がってしまいました。着順はともかくとして、勝ち馬からコンマ7秒差は大したものですよ。この一叩きで素軽くなるでしょうし、変わり身が見込めると思います。次走までにマイナス体重をいくらかでも戻せれば楽しみですよ」(黛弘人騎手)

posted by じろう at 21:07| Comment(2) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【3歳馬】7/21・22

【マグレブ】
更新日:7/21
在厩先:函館競馬場
馬体重:-

☆7/23(土)函館・3歳未勝利(芝1200m・混)黛弘人騎手

17日(日) Wコース 5ハロン 75.3-59.3-43.8-14.4 単走 馬ナリ
20日(水) Wコース 5ハロン 71.2-55.7-41.0-12.7 単走 馬ナリ
いつも稽古をつけている黛騎手と相談したところ、『順調に追い切りを消化し、力を出せるデキには仕上がってると思います。どちらかと言うと軽い走りですし、芝の方がいいのではないでしょうか』との報告を受けた。
ダ1000m戦の方がメンバー的に手薄だが、ここでダート戦を使い優先出走権を確保できなかった場合、来週からの札幌開催でいつ芝のレースに出走できるのか見当がつかないこともあり、復帰戦は芝を使うことにした。
ブリンカーやシャドーロールなどの馬具の装着も検討したが、まずはノーマルでどんな競馬が出来るのかを見てみたいと思う。
期待と不安が半々だが、追い切りの動きが本番で出来れば、無様な競馬にはならないはず。
転厩初戦だが、それを言い訳にするつもりはない。
(土田稔調教師)


ちょっと追い不足かなぁ〜と思っていますが、力を出せるデキには仕上がったとの事なので、力を出し切ってもらいましょう!
問題はあの気性面なので、去勢されてどのように変わったのか、私も期待と不安が半々・・・4:6?
いや3:7?
頑張って貰いましょう!
土田先生も男らしい発言されているので楽しみです。


【クリプトスコード】
更新日:7/22
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:498kg

現在はダートコース(外馬場1周800m)でハロン17〜18秒のペースを長めに乗り込んでいる。
この中間から15-15の時計消化もおこなっているが、前走後のダメージはもう残っていないようで動きに力強さが出てきた。
馬体重の割りには腹回りが少しスッキリして映るため、その点は気にしながら進めていく。
本日来場した田島調教師は『新潟開催の後半戦を目標にあと二週間くらいで帰厩させるつもりです』と話されていた。
(担当者)


後二週間はゆったりと調整して頂き、戻ってからはビシバシとしごいてやって下さい。
次は掲示板を目標に頑張って欲しいですね。


【リルティングインク】
更新日:7/22
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:466kg

現在は周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周(17〜18秒ペース)のメニューで調整している。
筋肉のダメージが解消して順調にペースアップできているが、気持ちが入り過ぎていてテンションもやや高いため、今週までは坂路コースを併用せずに乗り進めている。
来週からは坂路コースでのメニューも加えてさらにペースアップを図るつもりなので、あと二週間くらいで帰厩できる態勢が整いそう。
やはりスピードがあるし、走りからは本質的により短い距離に向きそうな印象を受ける。
(担当者)


短距離馬には思えなったのですが…。
まぁ私の見る目なんてそんなものですから(笑)
次走は思いっきりそのスピードとやらを見せつけて下さい。お願いします!


【ゴルディオン】
更新日:7/22
在厩先:グリーンファーム
馬体重:-

レース後も異常はないが、この後は栗東近郊のグリーンファームで調整することになり、昨日21日(木)に移動した。

スタートで大きく躓いてしまい、落馬しなかったのは幸いだったが、前半の競馬にまったく参加できない不利は痛かった。
終いにしっかり脚を使えていたので、もう少し好位置から競馬を運べていたらと思わせる内容だった。
レース後はいつも同様に両前の硬さが顕著で歩様がゴトゴトしている。
短い期間でもマシン運動などで抜いてやった方が良いタイプなので、一旦近郊に放牧に出させてもらう。
ブロック制で新潟は使えないので次走は小倉開催に照準を定める。
騎乗した国分恭介騎手からは『芝2600mも苦にはしないタイプ』と話をされたが、前半戦に番組が組まれていないので、ひとまずは8/13(土)小倉・3歳未勝利(芝2000m・混)を目標にするつもり。
(宮徹調教師)


もう時間はありませんがここ数戦の内容からも、出資者目線ではありますが何とかなりそうな予感がしています(笑)
まさか芝の長距離戦に適性があるとは思ってもみなかったですね。
次走で権利を取って、8月27日(土)小倉・芝2600mで未勝利脱出ですね。

posted by じろう at 08:03| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

躓く…【ゴルディオン】

中京7R 3歳未勝利(芝2200m・混) 国分恭介騎手

スタート出遅れたのかと思ったら、躓いたのですね。

その影響で最後方からレースを進め、この時点で、勝利は諦め焦点は権利取りの為の掲示板争いへ。
4コーナーで大外にまわし、ロスの大きい競馬でしたが、最後は良く追い込んで6着となりました。
もう1歩で権利獲得でしたが、残念ながらあと1歩届かず、無念の結果でした。

スターさえ決まれば、中団かそれより先団に取り付ければもう少し結果はよかったかもしれませんが、タラレバを言ってもしょうがないのでこの辺で。

権利をとれませんでしたので、中央では後1,2戦でしょうか。
ダメでも地方行きになるとは思いますが、出来れば中央開催で勝ち上がりたいですね。

スタートさえ決まって、中団から前で競馬出来れば、もっと際どい競馬になると思いますので、調教師と騎手にはその辺りを踏まえて、次走以降に挑んで頂きたいと思いますね。
決して勝ち上がりが無理とは思いませんので、期待しています。




★7/16(土)中京・3歳未勝利(芝2200m・混)国分恭介騎手 結果6着

「タフで時計の掛かる馬場は得意としますね。馬がゲートを出よう出ようと気負っていて、スタートで躓いてしまったのが勿体なかったです。距離はもっと伸びても対応可能だと思いますし、長い目で見れば上のクラスでも問題なく通用する能力を持った馬ですが、未勝利戦終了までの時間に余裕がないので優先権を取れなかったのは本当に申し訳なく思っています。直線で右に左にとフラフラ走っていたようにまだ幼さも残りますが、目処は立ちましたので次こその気持ちです」(国分恭介騎手)

posted by じろう at 22:19| Comment(2) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

愛馬近況【3歳馬】7/14・15

【マグレブ】
更新日:7/15
在厩先:函館競馬場
馬体重:-

13日(水) Wコース 54.7-40.1-12.7 単走 馬ナリ
まだ手探りの状況なので、テンから仕掛けず馬ナリで終いを伸ばすような感じで黛騎手に追い切ってもらった。
『走り自体は芝でもダートでも問題なさそうです。スピードがあるし、休み明けなのでピリッとさせるためにも短距離戦の方がいいのではないでしょうか』との進言があったので、今週末と来週の追い切りの内容次第で、7/23(土)函館・3歳未勝利(ダ1000m・混)もしくは同日同場の3歳未勝利(芝1200m・混)のいずれかに向かいたいと思う。
(土田稔調教師)


去勢後、いきなりは難しいとは思いますが何とか競馬になって欲しいと思います。
期待と不安が入り混じっています。


【クリプトスコード】
更新日:7/15
在厩先:吉澤ステーブルEAST
馬体重:-

この後はトレセン近郊の茨城県・吉澤ステーブルEASTで調整することになり、昨日14日(木)に移動した。

調教自体も悪くありませんでしたし、減量も良い方向に働いたとは思うが、馬場と久々の分が影響したのかなと考えている。
パタっと止まることもなく最後まで乗り手の気持ちに応えようと、その時その時で精一杯の走りを見せてくれている。
昇級緒戦から頑張ってはくれたものの残念ながら権利が取れなかったので、節を稼ぐために一度外厩へ出しました。次走は新潟開催を目指し、出馬状況と馬の状態を見ながら戻す時期を見極めていく。
(田島俊明調教師)


昇級初戦としてはまずまずの競馬でしたが、権利を取れなかったので一旦放牧となりました。
次は行き切ってくれれば、もう少し際どいレースが出来るのではないでしょうか。
楽しみにしております。


【リルティングインク】
更新日:7/15
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:468kg

現在は周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周(17〜18秒ペースのメニューで調整中。
右前の硬さが解消して、この中間は順調にペースアップできている。
仕上がりにそう時間の掛かるタイプではないし、気持ちが入り過ぎる面があるため、まだ坂路コースは併用せずに乗り進めている。
今回は飼い葉食いが旺盛な点も好感が持てるし、みるみる体が逞しくなってきているので、これからの活躍を本当に楽しみにしている一頭です。
あと2〜3週での帰厩となりそうなので、週末からは坂路コースでのメニューも取り入れて乗り込んでいく。
(担当者)


高野先生も外厩先も評価が高いのですが、これまでの走りではまだ垣間見れておりません。
そろそろその評価に違わない走りを見せて欲しいですね。


【ゴルディオン】
更新日:7/14
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

☆7/16(土)中京・3歳未勝利(芝2200m・混)国分恭介騎手

10日(日) 坂路コース 57.3-41.4-26.7-13.2 単走 馬ナリ
13日(水) 坂路コース 54.0-39.1-25.1-12.5 一杯
先週はまだ半信半疑な感じだったが、最終追い切りも好時計で動けたように前走時とは状態が一変している。
歩様に硬さはまだ少し残るものの、キャンターに行ってしまえば今回は気にならない程。
距離の2200mについて鞍上は『集中して走れればこの距離は問題ないはず』と話していたし、頭数的にもやや落ち着いたので何とかいい結果を出してほしい。
(宮徹調教師)


これまでの走りや戦績からは強気にはなれませんが、今回はひょっとするとひょっとするかもと思っています。
そんな淡い淡い期待を抱きつつ明日のレースを見守りたいと思います。


posted by じろう at 23:22| Comment(2) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

ダッシュつかず…【クリプトスコード】

福島8R 3歳上500万下(ダ1150m) 木幡巧也騎手

休養明け&昇級初戦だった今日のレースでしたが、スタートはまずまずのタイミングで出るもダッシュがつかず中団からレースを進めます。
この時点で、大敗を覚悟しましたが、最後はジリジリと伸びて6着でした。
レース内容はともかく、昇級戦とこのメンバーでそこそこやれたのは収穫でした。

スタートからダッシュがつかなかったのも、休養明けが影響していると思いますので、次走は前に行けると思います。
全く通用しない事は無さそうで安心しました。



★7/9(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m)木幡巧也騎手 結果6着

「前に行くつもりでしたが、スタートが速いタイプでないのに加え、周りが速いのもあって行ききれませんでした。3コーナーでは手応え十分とはいえない状態であったものの、追えば追った分だけじりじりと伸びています。こちらの働きかけにしっかりと応えてくれますね。久々のレースというのもありますし、この馬に合った時計のかかる馬場であればもっとやれるはずです」(木幡巧也騎手)

posted by じろう at 20:29| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬近況【3歳馬】7/7・8

【マグレブ】
更新日:7/8
在厩先:函館競馬場
馬体重:-

ノルマンディーファームで順調に調整され、6日(水)に函館競馬場・土田稔厩舎に入厩した。

既にグレイスフルワードをお預かりしておりますが、この度マグレブも預託していただくことになりました。
これまでの調教時計・レースVTRを確認したが、栗東坂路で50秒台を出せる能力があるにもかかわらず、レースで結果を出せないのは、非常にもったいない状況だと思う。
追い切りと本番が直結しない原因や適性を探りつつ、なんとか初勝利を挙げられるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。
黛騎手に依頼し、今日から馬場入りしている。
(土田稔調教師)


さぁ再始動ですね。
いきなりは厳しいでしょうが、ジャストフォーユーの例もありますし、徐々に気性も落ち着きレースに集中して走れるようになれば能力はありますので、十分やっていけるでしょう。
土田先生、よろしくお願いします。


【クリプトスコード】
更新日:7/7
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

☆7/9(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m)木幡巧也騎手

6日(水) Wコース 69.5-53.9-39.5-13.3 馬なり
最終追いは後ろから追いかけて併入させる形を取った。
期待しているだけにもう少し動けてもいいかなという気もしつつ、それでも週末に向けて態勢を整えられたと思っている。
クラスが上がって簡単には前に行かせてもらえないかもしれないが、減量を生かして前回勝った時のようなレース運びをしたいところ。
自分の走りができた時に結果が出ているからね。
(田島俊明調教師)


昇級初戦を迎えます。
まずはこのクラスでどのような競馬が出来るのか試したいところですね。
前へ行って、どこまで粘れるか?でしょうか。
気楽な立場で応援したいと思っています。
出来れば掲示板は確保して欲しいと思っています。
あわよくば…を期待しています。


【リルティングインク】
更新日:7/8
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:-

現在は周回1000mのポリトラックコースをダクで1周、キャンター1〜2周(上限20秒ペース)のメニューで調整。
歩様がゴトゴトしていたのは一過性の筋肉痛だったようで、ショックウェーブ治療と右肩周囲への筋肉注射を施したことによりこの中間は著しく良化が見られる。
これなら帰厩に向けてどんどんペースを上げていけそう。
昨日来場された高野調教師が馬の状態を確認して、『新潟・小倉・札幌と競馬場はどこになるかまだ分かりませんが、夏競馬で使えそうなくらいまで回復してきましたね。状態を見ながらにはなりますが、今月末には帰厩させたいと思っています。新馬戦の勝ちっぷりはダテじゃないので次こそ巻き返したいです』と話していた。
(担当者)


夏競馬使えそうですね。
早く、きっかけを掴むというか本来の姿に戻って欲しいと思っています。
次走は距離短縮で挑む様子なので、そこで適性を見せて欲しいですね。
頼むよ!


【ゴルディオン】
更新日:7/8
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

3日(日) 坂路コース 56.7-41.7-27.1-13.2 単走 馬ナリ
6日(水) 坂路コース 54.5-39.5-25.5-12.9 馬ナリ
この中間はいくらか歩様のゴトゴト感も解消されて、動きにスムーズさが出てきたね。
終いだけサッと伸ばす指示だった今週の追い切りでも、乗り役の指示に鋭く反応出来ていたし、気配はだいぶ上向いてきている感じがする。
あくまで最終追い切りの動きを見て判断するが、使える状態なら来週7/16(土)中京・3歳未勝利(芝2200m・混)から投票していくつもり。
(宮徹調教師)


スタート後のあのもっさり走り始めるのが無くなれば、もっと前で進められ、粘り込めるイメージがあるのですが、どうなるでしょうかね。
段々と競走馬らしくはなって来ていると思いますので、期待したですね。

posted by じろう at 09:29| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

愛馬近況【3歳馬】6/27・7/1

【マグレブ】
更新日:6/27
在厩先:ノルマンディーファーム
馬体重:476kg

現在はノルマンディーファームで馬場1周と坂路2本を17〜18秒ペースのメニューで調整中。
体力や筋力も徐々に戻ってきている様子で、動きも着実に素軽くなってきた。
去勢の効果から非常に落ち着いて調教に臨めているが、気持ちの面でピリッとしてこないため、そこはレースを使いながら良化を促していく考え。
今後の方針について安田調教師とも協議を重ねた結果、限られた馬房数の北海道開催ではすぐの対応が難しいとの回答だったため、まず本馬がレースを使っていくことを最優先とし、近日中に美浦・土田稔(つちだみのる)厩舎へ転厩することとした。
この後は来週の検疫で函館競馬場に入厩し、第1回札幌開催(7/30〜)での出走を目指す予定。


予想通りの転厩となりました。
転厩先は美浦・土田稔厩舎という事でよく知らない厩舎ですが、まずは数を使う事優先という事でしょう。
仮に勝ち上がれても、更なる転厩はないでしょうからこのままでしょうね。
何か見捨てられた感がありますが、マグレブには関係ありません!
逆にチャンスと思い、頑張って欲しいですね。
土田先生、マグレブをよろしくお願いします。


【クリプトスコード】
更新日:7/1
在厩先:美浦トレセン
馬体重:-

26日(日) Wコース 58.5-42.4-14.2 単走 馬ナリ
29日(水) Wコース 70.6-54.4-39.8-13.2 馬なり
休みを経ての成長分でしょうか、なかなか良い動きを見せてくれたよ。
追い切りの本数を必要とするタイプではないので、もう1本消化すれば態勢は自ずと整ってくるでしょうし、来週のレースに向けての過程としては順調といっていいね。
ジョッキーは減量の木幡巧也を手配した。
(田島俊明調教師)


成長して帰ってくれたようですね。
来週のレースは昇級戦ですが、どのようなレースを見せてくれるのか楽しみですね〜
まずは掲示板目指して頑張ってもらいましょう!


【リルティングインク】
更新日:7/1
在厩先:グリーンウッドトレーニング
馬体重:-

こちらに到着後、月曜日から乗り運動を開始したのだが、両前の出が悪く歩様もゴトゴトしていたため、肩回りと背腰にショックウェーブ治療を施した。
特に右肩の筋肉にダメージが残っていた印象だが、治療で少し痛みが楽になってきたのか今朝は常歩や速歩もスムーズだったし、明日からまた騎乗運動を再開していく予定。
昨日来場された高野調教師は『時間がかかりそうであれば一旦、牧場に戻すことを検討していますが、治療で良化が見られるようなら、小倉・新潟開催を目標に進めていきたいと考えています』と話していた。
(担当者)


ちょっと心配ですが、大丈夫かな?
デビュー戦を勝ってからは、良いところがないので早く本来の走りを見たいですね。
小倉・新潟開催を目指しましょう!


【ゴルディオン】
更新日:7/1
在厩先:栗東トレセン
馬体重:-

グリーンファームで順調に調整され、6月29日(水)に帰厩した。

放牧先でも、肩の出やトモの筋肉をケアしながら進めてもらったが、帰厩後の坂路での動きを見るとまだ硬さがほぐれていない印象を受けた。
時間を掛けてやれば大成できる資質を持っている馬だけに、あまり無理させずに進めていきたい気持ちもある反面、未勝利戦終了までの期間を考えればそうも言っていられない状況。
ひとまずは7/23(土)中京・3歳未勝利(芝2000m・混)を次走目標にやっていきましょう。
(宮徹調教師)


本当に時間をかければ大成してくれそうですが、どれだけ時間がかかるのでしょうか?
出来れば未勝利期間中に勝ち上がりたいですが、地方出戻りでも構いませんから大成させてやって下さい。


posted by じろう at 09:30| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする