ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年09月22日

惜敗に終止符【アナザートゥルース】

中山10R 茨城新聞杯・混 ダ1800m 大野拓弥騎手

いやぁ〜しびれました。
完勝でしたね。
メンバー構成と枠順で大方逃げるのだろうとは思っていましたが、その通りの逃げになり、最後の直線で差されるイメージが頭にあったものの、見事に振り切り、危なげなく逃げ切りました。
4勝目をあげました。
4連続2着で、今回はショームという強敵がいて、5戦連続の2着もありうるかと思っていましたが、強い競馬で押し切ってくれて気持ちのいい勝利となりましたね。
大野騎手も最高の騎乗で勝利にアシストしてくれました。
ありがとうございます。
上に行っても相手なりに走れるので大崩れはないでしょうし、実際1600万で2着の実績もありますからクラスの壁は感じておりません。
この調子でOPまで突き抜けましょう!



★9/22(土)中山・茨城新聞杯(ダ1800m・混)大野拓弥騎手 結果:優勝

「最内枠でしたから、スタートが決まればハナへ行こうと思っていました。プレッシャーが掛かる展開で決して楽ではなかったのですが、それでも着差を付けて振り切ってくれたあたり、やはり1000万クラスでは力が一枚上。上手に走ってくれましたし、クラスが上がっても楽しみです」(大野拓弥騎手)




パドック
PicsArt_09-22-08.16.41.jpg
ゆったり歩いていました。


スタート
PicsArt_09-22-08.17.17.jpg
まずまずのスタート



1コーナー
PicsArt_09-22-08.18.22.jpg
先行争いが激化しそうでしたが、コーナーワークを利用して先手を奪います



強敵ショーム
PicsArt_09-22-08.18.54.jpg
中段を進みます



4コーナー
PicsArt_09-22-08.20.37.jpg
逃げ粘りを図ろうとしたところにショームが楽な手ごたえで上がってきます



残り200m
PicsArt_09-22-08.21.20.jpg
差は縮まりません!



ゴール
PicsArt_09-22-08.21.49.jpg
セーフティリードを保ちながらゴール!



見事な勝利でした。
posted by じろう at 20:40| Comment(12) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

またしてもゴール前で・・・【アナザートゥルース】

中山10R 鋸山特別・混 ダ1800m 大野拓弥騎手

スタートを決め、2番手の好位を進みます。
完全なる勝ちパターン!
直線残り100m切ったところで粘るスペリオールシチーを振り切り先頭に躍り出て、勝利目前というところで外から追い込んで来たデザートスネークにアタマ差交わされました。
前走はゴール前内から交わされ、今回はまたしてもゴール前で外から交わされました。
能力的にはこのメンバーでは抜けていると思いますが、相手なりに走るというか、決め手がないというか残念な結果が続きます。
これで4戦連続の2着。
小銭は稼いでくれているので、ある一定の満足はありますが、この馬はこのクラスで留まる馬ではないので、次こそは完勝して早く上のクラスで走って欲しいと思います。




★9/08(土)中山・鋸山特別(ダ1800m・混)大野拓弥騎手 結果2着

「いい形で運べたのですが、最後が甘くなってしまい申し訳ないです。相手に合わせて動くところがあるので抜け出すと遊んでしまいます。いい状態を維持できてましたし、競馬っぷりも安定してきてますので、上手く導いてあげさえすれば結果はついてきます。いずれは馬群の中での競馬というのにも挑戦していきたいです」(大野拓弥騎手)





IMG_20180908_201035.jpg

IMG_20180908_201044.jpg

IMG_20180908_201051.jpg
ラクトさん提供
posted by じろう at 20:14| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

スタート出るも…【ホウロクダマ】

札幌6R 3歳上500万下(ダ1000m)加藤祥太騎手

久しぶりにスタート出た!
でも前に行けない😢これはいよいよ厳しいぞ!
1200m辺りですんなり先行出来ればと思うが、ホウロクダマには喉の問題があり、
簡単には距離延長で!というわけにもいかないだろう。
降級して、早々に1勝出来るものと思っていましたが、難しいものですね。
喉の手術も含めて今後どういう判断をしていくのか見守るしかないですね。





★9/02(日)札幌・3歳上500万下(ダ1000m)加藤祥太騎手 結果9着

「中間のゲート練習と、今日も返し馬のあとに軽くゲートの出し入れをおこなったこともあって、本番も駐立は問題なく大人しかったです。スタートもスムーズに切ることが出来ましたが、周りが速くて前には行けなかったですね。これでスタートが良くなってくれば違うかもしれませんが、もう1ハロンくらいあった方が競馬がしやすいように思います」(加藤祥太騎手)
posted by じろう at 20:34| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

いやぁ〜厳しい【キャラメルフレンチ】

小倉8R 3歳上500万下・混 ダ1000m 富田暁騎手

こちらも厳しい競馬が続いています。
喉の問題もあり、今後も苦戦が予想されますね。
デビュー勝ちした馬なんですが(笑)
今年が判断の年となりそうですね。いや〜厳しいなぁ…




★8/26(日)小倉・3歳上500万下(ダ1000m・混)富田暁騎手 結果12着

「テンに速い馬も揃っていたので行き切れなかったものの、この条件でも前のポジションで競馬できるスピードがあります。ただ、キックバックを極端に嫌ったり、揉まれ弱かったりしてポジションをどんどん悪くしてしまうので、なんとかハナを奪いたかったんですが…。ノドが弱いと聞いていましたが、今日はそれほど気にならず最後までバテずに頑張れていました。着順ほど差はないですし、メンバーや展開次第で自分の形に持ち込めれば、結果も違ってくると思います」(富田暁騎手)
posted by じろう at 22:23| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出遅れ癖が!?【ホウロクダマ】

札幌8R 3歳上500万下・混 ダ1000m I.メンディザバル騎手

2勝目をあげてから、今回を含めて5戦全て出遅れ若しくは行き脚つかず後ろからの競馬が続いています。
1000m戦を主戦馬としている馬にとっては致命的な状態です。
喉の事もあり、なかなか厳しい状況です。
じろう厩舎も怪しい馬が増えて来ました。来年の布陣が心配です。




★8/25(土)札幌・3歳上500万下(ダ1000m・混)I.メンディザバル騎手 結果11着

「前日に駐立の練習をおこなった際は問題なかったようですが、今日は我慢できなかったようで、ガタガタして出遅れてしまいました。ノドのこともあるでしょうが、跨った感触とスタートを考えると、距離を延ばしてみても良いのかもしれませんよ」(I.メンディザバル騎手)
posted by じろう at 20:59| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

ハンデに負けた【アナザートゥルース】

新潟10R 麒麟山特別・混 ダ1800m 田辺裕信騎手

大野騎手が病気により、田辺騎手に乗り替わりとはまず驚きました⁉
他の馬なら喜ぶ田辺騎手ではありますが、アナザートゥルースに関しては大野騎手がずっと乗ってきていて、成績も良かっただけに残念な気持ちでした。
ところで大野騎手の病気とは何だったのでしょう?心配ですね。

レースは上手くスタートを切り、先行します。
外目の3番手を進み、いい感じ。しかし、直後に1人気馬がマークする形で進めていたのがずっと気になって見ていました。
3コーナー辺りの勝負処で田辺騎手の手が激しく動きます。
ん?手応え悪いのか?と見ていると、直線ではしっかりと伸びて先頭の馬を交わすものの、ゴール前で1人気の馬にギリギリで交わされました。
これは悔しい負けですね。
戦前は勝たなくても、小銭を稼いてくれてもと書きましたが、ここまで来たなら勝って欲しかったな。
これが別定戦なら負けていなかったでしょう。
次に向けてしっかり調整して次こそ勝ちましょう!




★8/11(土)新潟・麒麟山特別(ダ1800m・混ハンデ)田辺裕信騎手 結果2着
※大野拓弥騎手が病気のため、乗り替わりとなりました。

「スタンド前でうまく外に出せましたし、道中もスムーズ。揉まれ弱いところがあると聞いていましたから、そういう意味では理想的なレース運びだったと思います。ただ、3コーナーあたりからズブさを出してしまって…。久々の影響もあったのでしょうか。それでも際どい勝負に持ち込みましたし、ましてやトップハンデを背負っていたことを思えば【負けて強し】といえる内容。やはり1000万クラスでは力が上です」(田辺裕信騎手)
posted by じろう at 17:18| Comment(6) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

障害初勝利♪【シシオウ】

新潟4R 障害未勝利・混 芝2850m 森一馬騎手

シシオウがやってくれました。
障害に挑戦して3戦目。
ここまで3着、3着と来て、ここは必勝態勢。
前回は直線ダートが響いて負けたもの。ここは芝に戻り、障害慣れも見込め人気となりました。
新聞の印では人気を2頭で分け合っている感じでしたが、オッズはずっと1人気で推移しており、ノルマンディーだけにこの人気は少し落ち着かないというか心配な面もありましたが、結果はオッズ通り完勝でした。
じろう厩舎としても障害戦初勝利でようやく勝てた印象です。
今後はメルドオールも障害に挑戦するようですし、もしかしたらアペルトゥーラも再度挑戦の意向をみせるかもしれません。
障害は見ているとハラハラさせられて心配な面は増え増すが、私は障害レースも好きですし、可能性があるのなら出資馬にはドンドン挑戦してもらいたい派です。
まずはシシオウが今後障害OPでどのような走りを見せてくれるのか楽しみにしております。

斉藤調教師&スタッフの皆さま、そして好騎乗の森一馬騎手本当にありがとうございました。


それではパドックから振り返りたいと思います。


パドック
PicsArt_08-04-01.04.38.png
+2kgでいい感じです。


スタート
PicsArt_08-04-01.05.17.jpg
好スタートを決めます。


スタート直後
PicsArt_08-04-01.05.50.jpg
逃げると思いきや、他に行きたい&速い馬がおり控えます。
この時点では4番手。その後はずっと3番手でレースを進めます。


道中
PicsArt_08-04-01.06.29.jpg
11番スミレタンポポが10馬身以上引き離して逃げます。


4コーナー手前
PicsArt_08-04-01.07.08.jpg
第8号障害を跳び終え、スミレタンポポに追いつきます。


最後の障害
PicsArt_08-04-11.51.29.jpg
直線に入り、この時点では既に先頭に立っており、最後の追い出しにかかります。


残り200m過ぎ
PicsArt_08-04-01.07.40.png
ここで後ろを引き離しにかかります。


ゴール
PicsArt_08-04-11.52.17.jpg
最後まで全く危なげなく押し切ってゴール!
歓喜の障害初勝利を挙げました。



★8/04(土)新潟・障害3歳上未勝利(芝2850m・混)森一馬騎手 結果:優勝

「経験している新潟ですし、スクーリングのおかげで落ち着いてましたね。ペースが流れたのもこの馬には向いて、そのおかげで折り合いもつきましたし、自然に無理することなく先頭へ。最後の直線も楽な手応えで、前走のダートとはだいぶ違いますね。クラスが上がると直線が芝のレースが多いことはシシオウには有利でしょう。今日は障害3戦目で小慣れてきたのもあって、飛越の際に気を抜く場面も見られました。その辺りは課題になるかもしれませんが、これからが楽しみなことには変わりありません」(森一馬騎手)



【ラクトさん提供写真】
IMG_20180805_060758.jpg

IMG_20180805_060946.jpg

IMG_20180805_060935.jpg

IMG_20180806_224407.jpg

IMG_20180805_061020.jpg

IMG_20180805_061035.jpg


ラクトさんありがとうございます♪
posted by じろう at 18:07| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

馬は頑張ってはいるものの【キャラメルフレンチ】

函館6R 3歳上500万下・牝 ダ1000m 菊沢一樹騎手

好スタートから一気の逃げへ!と思いきや、ダートでは他に速い馬もいて控えます。
この調子だと直線一気に垂れるなぁ〜と思って見ていたら、意外と頑張っていて、もちろん伸びる事はなかったですが、必死に頑張っている姿に感心してしまいました。
9着なのでそれではいけないのですが、馬は頑張っていました!

この後は新潟千直に如何にして出走するかが命題です。



★7/22(日)函館・3歳上500万下(ダ1000m・牝)菊沢一樹騎手 結果9着

「最内枠でしたし、スタートが速く先手を奪いたかったのですが、外の馬たちも引かないメンバーでしたので、あの位置からになりました。前回は4コーナーで下がってしまいましたが、今日はそこから上がっていけたので、掲示板は確保できるかなと思いましたが、最後は止まってしまいました。距離を短縮したこともあって、ノドは気になりませんでしたし、久々のダート戦でしたが、砂を被っても特に問題はなかったです」(菊沢一樹騎手)


posted by じろう at 08:33| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

逃げることも出来ず【キャラメルフレンチ】

函館8R 3歳上500万下・牝 芝1200m 菊沢一樹騎手

前走最下位からの巻き返しを期待しての一戦でしたが、16頭立て16人気14着でした。
騎手コメントにも前走から出る喉コメント・・・
正直もう厳しい感じがしますね。
デビュー戦勝利からは想像もしない結果に競馬って本当に難しいんあだなぁ〜と感じます。
週末の更新を待ちます。




★7/07(土)函館・3歳上500万下(芝1200m・牝)菊沢一樹騎手 結果14着

「ゲートのセンスが抜群ですし、この距離でも楽に前のポジションを取れるだけのスピードがあります。前半それほど無理をしていないので、道中の手応えも悪くはなかったんですが、ペースが上がる3コーナー過ぎから急にノドを気にして苦しくなってしまいました。今日乗せてもらった感じでは、重い馬場が影響してという感じではないように思います」(菊沢一樹騎手)
posted by じろう at 20:40| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

最下位C【ホウロクダマ】

函館7R 3歳上500万下(ダ1000m・混) 藤岡康太騎手

今回は出遅れはしませんでしたが、前にいけませんでした。
1000m専用でこれではこの先が大変です。切れる脚もないので、上手く先行して粘りこむしかないのですが、何とか立て直しを図ってもらいたいところです。

先週の出資馬3連続最下位の記録を更新してしまいました。
まさかの出資馬4連続最下位です。
これで、ノルマンディーの4次募集発表されても買う気になれないですよね〜
ゴッホ産駒と外国産牝馬が気になっています。



★7/01(日)函館・3歳上500万下(ダ1000m・混)藤岡康太騎手 結果12着

「ゲートの中で真っ直ぐに向かせると潜るし、横に向けるとモタれかかる癖がありますが、なんとか我慢してくれて五分のスタートは切れました。ただ、今日のような馬場だといつも以上にテンが速くなりますし、外枠からだったため、あの位置までポジションを上げていくのが精一杯。内から4、5頭目分を回っていたこともあり、前半にスタミナを消耗してしまったと思います。行き切って流れに乗れないと脆いタイプなのは分かっていたのですが、うまく乗れずに申し訳ありませんでした」(藤岡康太騎手)
posted by じろう at 12:49| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

最下位@【キャラメルフレンチ】

函館7R 3歳上500万下・牝 芝1200m 吉田隼人騎手

新馬勝ちが嘘のような成績のキャラメルフレンチ。
ただ単にレースレベルが低かっただけなのか・・・
出資者としてはそう思いたくはないけれども、ここでも苦戦は覚悟していました。

でも最下位にまでなるとは思っていませんでした。



★6/23(土)函館・3歳上500万下(芝1200m・牝)吉田隼人騎手 結果15着

「スタートは速かったのですが、今日は大外枠で内からも行く馬がいたため、無理せず控える形をとりました。滞在効果で体は増えていましたが、跨った感触では太めといった印象はなかったです。ただ、少しノドを気にしていて、それが影響したように思います」(吉田隼人騎手)
posted by じろう at 12:56| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

やっちゃった・・・【ホウロクダマ】

函館7R 3歳上500万下 ダ1000m 三津谷隼人騎手

スタート即終了でしたね。
難関の抽選突破が仇となりました。権利も取れず稼ぎどころの北海道開催で後何戦走れるでしょうか。
ダート1000mが主戦場のホウロクダマにとって、降級のこの1戦は上位争いして欲しかったところです。
すべてを鞍上のせいにするのはよくないですが、次は鞍上も含めて2着となれるよう調整して欲しいです(笑)



★6/16(土)函館・3歳上500万下(ダ1000m)三津谷隼人騎手 結果9着

「ゲートへの寄りや進入もスムーズでしたし、中でもおとなしくしていたのですが…。あの出遅れではさすがにリカバリーはききませんでした。こちらに着いてからも具合が良いことはわかっていたので個人的にも非常に楽しみにしていましたし、スタートも重々気を付けてはいたのですが…。ご期待に応えられず、申し訳ありませんでした」(三津谷隼人騎手)
posted by じろう at 08:24| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

障害初勝利も近い【シシオウ】

東京4R 障害4歳上未勝利・混 芝→ダ3000m 森一馬騎手

好スタートから飛越も難なくこなし、最後の直線に向いた時点で勝利を確信(芝なら)!
直線、ダートに入った瞬間、一瞬戸惑った感じがしましたね。
森一馬騎手のレース後のコメント見てもダートより芝の方がいい模様。
戦前の心配が当たってしまいましたね。それでも最後まで頑張って粘ってくれた走りが見れたのでとても満足です。
最近平地では見れれなかったシシオウ本来の粘りが出て、いいですね。
この調子で上位を続け、勝つ日が来るのを待つのみですね。障害戦は勝つと即OPですから力を付けながらでも構いませんが、やはり出資者目線ではOPでも十分やれると思っていますので、次走で勝利でも構いませんよ!
先ずはレース後の状態が気になりますが、次走に向けて調整お願いします。




★5/26(土)東京・障害4歳上未勝利(ダ3000m・混)森一馬騎手 結果3着

「昨日のスクーリング効果もあって、レースに落ち着いて臨めたことが大きいと思います。いつものように抜群のスタートから、広い本場(東京競馬場)でも堂々と前に行けるスピードと飛越の巧さを持ち合わせている。息持ちがだいぶしっかりしてきましたし、入障2戦目でこれだけやれるのだから大したものです。センスの高さを感じますよ。ただ、ダートコースに入ってから一気にスピードが落ちてしまったように、直線も芝コースを走れる競馬場の方がより好結果をイメージできます」(森一馬騎手)
posted by じろう at 22:03| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

今回は無理あったよね【ホウロクダマ】

東京8R 日吉特別・混 ダ1300m 石川裕紀人騎手

東京コース、距離延長、メンバーと正直戦前から結果は諦めていました。
しかし、レースは走ってみないとわからないということで、淡い期待も持ちつつ、冷静にレースを観戦していましたが想定通りの結果となりました。
でもいいんです!
今回の結果は想定通りでしたから。何故このレースを選択したのか?という疑問や不満はありますが、馬が無事であれば降級後にローカルダ1000mで暴れてもらえれば。
スマホ越しのパドック確認でしたが、私的には逞しく成長しているように感じました。
今後のホウロクダマに期待です。
喉の心配はずっと付き纏いますが・・・




★5/20(日)東京・日吉特別(4歳上1000万下・ダ1300m・混)石川裕紀人騎手 結果14着

「1000mで結果を出しているだけに、この距離では若干長いイメージから、出たなりから促して行って好位置を奪えればと考えていました。砂を被るとやや怯んだりと、まだ精神面で揉まれ弱さを抱えていますが、ノドは鳴っていても直線最後までバテている感じの走りではありませんでした。ただ、坂のない小回りコースに向いていると思いますし、やはり距離も1300では長い印象です」(石川裕紀人騎手)
posted by じろう at 21:31| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

力は本物【アナザートゥルース】

東京9R 立夏ステークス・混 ダ1600m 大野拓弥騎手

前走の昇級初戦2着の後の真価が問われる大事な一戦でした。
前走もそうでしたが、私はまだこの馬の力を信じきることは出来ず半信半疑でした。
今回も大方半信半疑なところがありましたが、勝馬に離されたとはいえ、あの展開で2着に踏ん張るとは大したものでした。
ここまで来ると力は本物と認めるしかないでしょう!
これはまだまだ成長するはずですから非常に楽しみですね。
流石にこの後は休養でしょうから、降級後の連勝でオープン入りを目指して欲しいですね。
地方交流重賞の常連となるような活躍がみたいです。




★5/05(土・祝)東京 立夏ステークス(4歳上1600万下・ダ1600m・混)大野拓弥騎手 結果2着

「前走に比べてややテンションが上がっていて、返し馬でも少しソワソワしていましたね。それでも今日は、好位でうまく流れに乗ってスムーズな競馬ができました。確かに勝った馬は強かったと思いますが、1頭になってからフワフワしていたので、周りに馬がいる展開だったらもっと差は詰まったはず。実際、後ろの馬に来られてからもうひと伸びしてくれましたからね。馬は確実に良くなっていますし、ワンターンのコースで結果を出せたのも収穫。この血統なのでまだまだ伸びしろがあるはずで、これからが楽しみです」(大野拓弥騎手)
posted by じろう at 21:42| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする