ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年12月08日

今週の出走馬12/8・9

12月8日
ホウロクダマ
中京3R 3歳上500万下 ダ1200m 富田暁騎手 55kg

5日(水) 坂路コース 52.0-38.4-25.4-13.3 単走 一杯
先週と同様に、今週水曜日の最終追い切りも一杯の内容。
ラスト1ハロンこそ先週より遅かったものの、全体時計としては良かったですね。
ただ、ノドの症状は改善するものではなく、馬体の仕上がりが良好と言えるだけに勿体ですが、その辺りも今の状態の良さでカバー出来ればと思っています。
レース選択については、土日のどちらにするかギリギリまで悩みましたが、正式に土曜日へ向かうことに決め、富田騎手で投票をおこないました。
ホウロクダマには今年1月の中京開催の同条件でも騎乗経験がありますし、しっかり追ってもらうよう指示を出します。
(中竹和也調教師)


あいかわらず喉の影響が心配されますが、まずまず態勢は整ったのではないでしょうか。
見どころのあるレースを期待します。




メルドオール
中京4R 障害未勝利・混 芝3000m 高野和馬騎手 60kg

5日(水) 北Cコース 79.8-66.7-53.2-40.3-14.2 単走 ゲートナリ
週明けより鞍上を高野和馬ジョッキーにチェンジ。
メルドオールとの相性というか、息がピッタリというか、手を焼くようなこともなく、予定通りの飛越練習がおこなえました。
課題だったゲートも何も問題ありませんね。
昨日はゲート練習と追い切りを兼ねてみましたが、素直に指示に従い、中でじっと我慢できていましたし、発馬も非常にスムーズでした。
この流れに逆らう手はなく、今週の中京戦に高野ジョッキーで向かいましょう。
骨っぽい相手は数頭いるものの、メルドオールも含め初障害が半数というメンバー構成。
芝コースですし、入障初戦から見処のあるレースが出来ると思います。
(加藤和宏調教師)


メルドオールの復帰戦は障害戦となりました。
私も以前から平地がダメなら障害を試して欲しいと思っていたので、どんなレースをしてくれるのか楽しみです。
飛越センスもまずまずのようなので、今日はまずは障害レースに慣れてくれれ、完走してくれればいいですね。




12月9日
ブラゾンドゥリス
中山11R カペラステークス ダ1200m 藤田菜七子騎手 56kg

2日(日) 坂路コース 54.1-39.3-25.8-12.9 単走 馬ナリ
5日(水) Wコース 69.0-53.6-39.9-13.2 馬ナリ
コーナーで少し右へモタれる面は見せたものの、直線追い出してからの加速はスムーズ。
追い切りに跨った菜七子騎手も好感触を得たようです。
寒くなるほど状態が上がってくるタイプですし、休み明けを叩いて反応、気配ともに良くなってきている。
あとはなるべく外枠を引けたら理想ですが、自分のリズムでさえ走ればここでも差はないと思っています。
(尾形和幸調教師)


口取りも無事取れました!
ここは勝って菜七子騎手とそういちさんと一緒に口取りしたいです。
枠も無事外枠を引けましたので、上手く先行して直線突き抜けてください。
初の1200mのペースに戸惑う来なく進めたら面白いのではないかと思っています。
勝ってくれ!







posted by じろう at 09:35| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

今週の出走馬12/1

12月1日
中山10R 北総ステークス ダ1800m・混ハンデ 大野拓弥騎手 56kg

25日(日) 坂路コース 57.1-41.3-26.6-12.9 単走 馬ナリ
昇級初戦ではあるものの、準OPで2着が2回の実績からトップハンデは覚悟していました。
今週はキリの影響で時計は計測できず。
単走でサラッとした内容の追い切りですが、とても力強い動きで良い気配に映ります。
一週前に併せ馬でビシッとやっていますし、仕上がりに関して不安はありません。
もともと使いつつ良化してくるタイプだけに、あとは休み明けがどうかですが、得意としている中山コースのダ1800m戦なら、期待を裏切らない走りを見せてくれるはずです。
(高木登調教師)


さぁここは決めようぜ!
勝ってOP馬誕生だ!そして来年は重賞の常連馬として飛躍の年として欲しい。
舞台は得意の中山ダ1800m。昇級戦といえども降級前はこのクラスで2戦とも2着と力上位は明らか。
心配は前走から少し間隔開いた点だが、それも大丈夫だろう。
ただ勝ちみに遅い点が心配だが…7.

じろう厩舎3年連続二桁勝利まで後1勝!
ここで決めてくれ!
いやここで決めれないともう無理かもしれないぞ〜(笑)
posted by じろう at 11:01| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

今週の出走馬11/25

11月25日
ソルパシオン
東京1R 2歳未勝利 芝1400m C.デムーロ騎手 55kg

21日 Wコース 71.1-55.8-40.1-13.1 馬ナリ
昨日は朝一の組で追い切り。
先週はまだ動きに重さが感じられましたが、しっかり間に合わせることができたと感じられる内容でした。
今日は気分転換もかねてプールへ。
普段と違う動きをすることによって頭のスイッチを切り替えられますからね。
帰厩させてから飛節後腫の件もあり時間をかけさせてもらいました。
じっくり取り組めた分、操作性はアップしていますし、プールも効果的なのか力の抜き方も少しづつではあっても身についてきています。
さすがに手強い相手がいますが、ここまで3戦してきた感触から1400mはマッチしているはずですし、間際で頼もしい鞍上を確保できましたから、ソルパシオンの力を上手いこと引き出してもらいましょう。
(中舘英二調教師)


デビュー4戦目。
ここまで5着、7着、4着と善戦しています。
距離においても1800m、1800m、1600mと来て、今回は1400mと短縮して来ました。
この短縮がいい方向に向けば、勝ち負けを期待してもいいのではないかと思うのですが、やはり強敵もいます。
ここは勝てれば一番ですが、レース振りの上達、直線の切れ味が見られればそれで合格点かなとも思います。
でも正直勝って欲しいのが本音です。
鞍上はC.デムーロ騎手と期待が大いに持てますのでワクワクしています。
posted by じろう at 08:20| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

今週の出走馬11/20

11月20日
リルティングインク
浦和9R マルチメモリー特別(ダ1400m)瀧川寿希也騎手


11日(日) Pコース 55.1-40.3-12.4 単走 馬ナリ
14日(水) Pコース 66.9-51.1-37.7-11.6 単走 一杯
この馬なりにちゃんと飼い葉を食べてくれているので、スクミの症状が出ないよう注意しつつも、中間はバリバリと手加減なしに攻めていますよ。
水曜日の追い切りでも反応鋭く、乗り手とのコンタクトがしっかり取れてリズム良く走れていましたね。
今週ラストの福島開催で出走を予定していましたが、年齢も年齢ですからより勝つチャンスを求めて、選出された地方交流競走に向かいたいと思います。
ここはJRA勢も先行主張のメンバーが揃った印象ですし、中団から徐々にポジションを上げていって、直線脚を伸ばしてくるようなイメージで臨みましょう。
(清水英克調教師)


最近、全く良い所なしなのでこのままでは引退の文字が見え隠れしてきます。
地方交流に選出され、ここはチャンスなのか…?
簡単にはいかないでしょうが、何とか次に繋がるレースを期待したいですね。
がんばれ!リルティングインク!
posted by じろう at 22:54| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

今週の出走馬11/17

11月17日
ブリリアントリリー
福島8R 3歳上500万下 芝1800m・若手 西村淳也騎手 50kg

14日(水) Wコース 68.5-53.0-39.1-13.6 一杯
同じ条件(芝1800m)でも土湯温泉特別の方が比較的手薄なメンバーに感じられるものの、節が足らなかった関係からこちらの番組に投票させてもらいました。
斤量50kgで臨める点はブリリアントリリーにとって大きな魅力ですし、たとえ逃げられなくても前々から積極的に運んでもらいたいですね。
一度使って中身は上向いていますので、スムーズな競馬ができれば、ここでも能力的に差はないでしょう。
前走チグハグで消化不良の内容となってしまっただけに、なんとか巻き返したいと思っています。
(栗田博憲調教師)


前走のチグハグな競馬からの巻き返しを期待ですね。
枠は1枠1番となりましたので、ここは逃げて粘ってもらいましょう!
能力的にはアッサリ勝ってもおかしくないので、いいレースが見たいですね。
ブリリアントリリー自身のレースをしてもらえれば。



11月18日
ファイナルマズル
福島1R 2歳未勝利 ダ1700m・混 木幡巧也騎手 54kg

14日(水) Wコース 54.3-40.0-13.2 一杯
一杯表記になっていますが、こちらの感覚としては持ったままの手応えでしたし、やれば動けるのでそこまでは追っていません。
巧也も『具合いいですね』と好感触のよう。
前走を踏まえてゲートにはもちろん注意してもらいますし、今回はレースでもメンコをつけて臨む予定です。
メンバーはさすがに権利持ちが多いですが、ファイナルマズルだって遜色ありませんし、やっつけられる力がありますよ。
(岩戸孝樹調教師)


前走は出遅れながらも追い上げ、掲示板確保してくれました。
ここは調子も良さそうなので、前進に期待したいです。
スタートに課題が残るものの、スタート決まれば勝ってもおかしくない力があるはずです。
ただ、メンバーも権利持ちが多数いますので簡単に行かないでしょうが。
どんなレースを見せてくれるのか楽しみです!



ブラゾンドゥリス
東京11R 霜月ステークス ダ1400m・ハンデ 武藤雅騎手 57kg

11日(日) 坂路コース 57.3-41.3-26.5-12.5 馬ナリ
14日(水) 坂路コース 52.5-38.2-25.1-12.4 末一杯
サクセスエナジーと同斤量。
正直もう少し軽めのハンデでお願いしたかったものの、ブラゾンだって重賞馬ですから、そんなことで泣いてはいられません。
この中間はようやくいつもの調子に戻ってきた印象で、汗のかき方も正常ですし、動きに力強さを感じますね。
ここ数年いずれも秋初戦を失敗しているだけに、今回こそはと期する思いもあります。
この馬のスタイルは雅も十分理解してくれていますので、プロキオンSの時同様、序盤から正々堂々の真っ向勝負で臨んでもらいます。
(尾形和幸調教師)


もう1年8ヵ月もの間勝利から遠ざかっています。
そろそろ久々の勝利が見たいところです。得意の季節に入ってきましたので、ここからバンバンとは行かないまでも賞金を加算し、狙ったレースに参加出来るよう頑張って貰いましょう!
強気の先行策でキッチリ決めてもらいます!


posted by じろう at 08:18| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

今週の出走馬11/10

11月10日
サゼラック
福島1R 2歳未勝利 ダ1700m 西田雄一郎騎手 55kg

7日(水) 坂路コース 55.5-41.1-27.4-14.2 一杯
先週同様、しっかりと追い切りました。
馬場も重めで時計も掛かっていますが、動きそのものは先週と比べると確実に良化していますね。
本番での変わり身が期待できそうです。
デビュー戦を使ったことによる上積みもあるでしょう。
鞍上の西田ジョッキーも最後までしっかりとやってくれるはずで、前進を期待しています。
(上原博之調教師)


2戦目で前進を期待したいところですが、調教時計を見る限りは大幅な前進はないような気がします。
それでも前走よりは着順をあげてくれることでしょう!(前走18頭立て18着、今回15頭立て)

まぁ使いながらになると思っているので、過度な期待はしておりませんが、それでもやはりもしかして!?という気持ちが無くならないのは親心なのか(笑)
出来れば入着目指したいね!
posted by じろう at 23:44| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

今週の出走馬11/4

11月4日
ファイナルマズル
福島5R 2歳新馬・混 ダ1700m 木幡巧也騎手 54kg

28日(日) Wコース 57.3-41.0-12.7 一杯
31日(水) Wコース 54.3-39.3-12.9 馬ナリ
先週の時点では抽選になるのではないかと思っていましたが、心配はいりませんでしたね。
無事に目標としていたレースに出走できます。
本番に備えておこなったゲート練習では、ポンっと出て鞍上の巧也が促すとしっかり反応して、いい加速を見せてくれましたよ。
追い切りでも勢いのある動きを見せてくれて、描いていた通りに態勢を整えられたと感じています。
巧也もここまでの調教の中でいい感触を掴んでるはずですから、自信を持って乗ってもらいましょう。
(岩戸孝樹調教師)


え〜っと、じろう厩舎の2歳馬では何頭目のデビューになるでしょうか…
ソルパシオン、サゼラック、セレーネワルツ、ラハイナヌーンに続いての5頭目ですね!ノルマンディーとしては2歳馬デビューが既に5頭目というのも早いほうでしょうか。少し意識的に早めのデビューを目指しているのかもしれませんね。
まだ結果は出ていませんが(笑)
まぁノルマンディーですから徐々に行きましょうか。
この馬、販売当初人気はありませんでした。母高齢で父ホワイトマズルで地味感満載でしたから仕方ないのですが(笑)
それでも私は、当初から自信ある馬の1頭でした。

証拠はこちらの記事を見て下さい。
おこしやすノルマンディー・2016年産募集馬検討会 Part1

PicsArt_11-04-08.55.20.jpg

ここでの必勝マグレブさんは現在改名を済ませ、必勝シシオウさんとしてコメント欄でも登場して頂いております。
私の熱い押しに対して、必勝シシオウさんは本当に大笑いでした。
お前!正気か?
と言わんばかりの対応でした。
これは同じ場にいたそういちさんに聞いてもらえれば証言してくれます。
しかし、あくまで風の噂ですが、その必勝シシオウさんがファイナルマズルに出資したという噂を聞きました。
私は認めませんよ!

余計な話で長くなりましたが、要は安馬の地味馬ですが、息の長い競争馬生活を送って欲しいと思います。
無事にデビュー戦を終えて欲しいです。
安馬なので、初勝利に手間取り未勝利の内に馬代金は回収してくれれば御の字です。



ファントムメナス
福島6R 3歳上500万下 ダ1150m 鮫島克駿騎手 56kg

28日(日) 坂路コース 58.8-42.8-28.1-14.1 馬ナリ
31日(水) 坂路コース 52.9-39.3-25.9-12.9 一杯
水曜日の最終追い切りは一杯の内容でしたが、坂路コースのウッドチップの入れ替えをおこなっている関係で、走りにくかったようですね。
少し時計が掛かったものの、その影響があったことを考えれば、今週もいいタイムで上がってきたと思います。
順調に出走態勢が整ったと見ていいでしょう。
調教であまり気持ちが入ってこないようであれば、チークやブリンカーを装着することも検討しましたが、現状そこまで集中力がないわけではありませんので、特に馬具は使用しないことにしました。
夏から力を付けている印象ですし、ここで成長した姿を見せてくれればと思います。
(安田隆行調教師)

前走から時間が経ちましたが、ようやく復帰戦です。
二ケタ着順か勝ちかという極端な成績ですが、今回はどうでるでしょうか。
また放置されない為にも、ここはメドの立つ走りを期待しています。

posted by じろう at 09:15| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

今週の出走馬10/27・28

10月27日
ホウロクダマ
新潟9R 3歳上500万下 ダ1200m 西田雄一郎騎手 57kg

20日(水) 坂路コース 54.7-39.3-25.0-12.5 単走 馬ナリ
24日(水) CWコース 85.5-70.2-54.9-40.8-14.2 一杯
これまで追い切りではノドが鳴ったことはなく、20日(土)の稽古の際も問題はなかったのですが、24日(水)は残り3ハロンを切ったあたりから症状が出てしまいました。
その影響でこれまで同様の時計が出せず相手に遅れてしまっただけで、それほど気にする必要はないでしょう。
数字だけ見れば出走を来週へスライドさせた方がいいと思われるかもしれませんし、もちろん私も出走態勢が整っていないと見れば、いの一番にそれを考えます。
しかしながら、先週土曜の稽古の動き、中間の調教内容、そして本日も馬体コンディションをしっかり確認し、今週出走させてもいい状態にあると判断しました。
ノドばかりは現状どうしようもありませんが、レース当日は雨予報なので、湿った空気も味方してくれる筈です。
10日競馬もプラン通り。
育成場でもそのつもりで乗り込んでもらいましたし、こちらでゲート練習もおこないました。
最後までしっかりと追ってくれる鞍上ですので、外枠を引いてスンナリ先行できれば、恥ずかしい競馬にはならないと思いますよ。
(中竹和也調教師)


調教時計からはとても期待出来ないですが、コメントからはそうでもなさそうですね。
それでも最近の成績からは強気には到底なれませんね。
強調材料は鞍上の西田騎手だけですね。
ホウロクダマには合うと思います!



ブリリアントリリー
新潟10R 岩船特別 芝2200m 横山武史騎手 52kg

24日(水) Wコース 68.9-53.0-38.7-12.7 馬ナリ
併せた年長の格上馬に最後まで必死に食らいついていたあたり、なかなか勝負根性がありますね。
追い切りを重ねるごとに調子も上向いてきていますよ。
センス良く先行できる脚質ですが、あまり瞬発力に長けるタイプではないだけに、内回りコースの2200mという条件は合うと思います。
距離に関してもそれほど不安視していませんので、いい競馬を期待しています。
(栗田博憲調教師)

メンバーも揃っている感じですが、ここは好勝負を見せて欲しいですね。
内目の枠も引けたので、ここは上手く逃げて欲しいですね。
ここを勝つような事があればこの先楽しみが広がるので、何とか勝って欲しいなぁ。
まぁそう簡単には行かないのでしょうが…



キャラメルフレンチ
新潟12R 飛翔特別・混 芝1000m直 木幡巧也騎手 55kg

24日(水) 坂路コース 52.8-38.8-26.1-13.7 単走 一杯
ハロー掛け(地ならし)直後とはいえ、水曜日の坂路は上級クラスでも終いの時計がかかる馬場でした。
先週、今週と追い切りの動きが悪くなかったし、稽古ではノドを気にする様子も見られません。
やや一本調子な走りですが、どの距離でもハナを切れるだけのスピードを持っている馬。
好走歴があるように直千競馬は合うと思うので、あとはどうにか外枠を引いてくれたらなぁと願う気持ちです。
(河内洋調教師)


外枠は引けず、真ん中の枠から。
スピードはあるので、ここが勝負です!ここで好走出来なければ今後が厳しいですね。
鞍上には上手くエスコートして貰いたいです。



10月28日
ラハイナヌーン
京都5R 2歳新馬 芝1600m 内田博幸騎手 54kg

21日(日) 坂路コース 59.5-42.6-27.3-13.0 馬ナリ
24日(水) CWコース 84.5-68.2-53.0-39.4-13.0 一杯
前日降った雨の影響で馬場が相当荒れていましたが、ラハイナ自身はしっかりと動けていましたし、息遣いや仕上がりに関しても問題ありません。
数字(馬体重)的にはそれほど変わっていないものの、入厩当初に比べてだいぶトモの筋肉が逞しくなってきたなという印象を受けますね。
軽い芝でこそといったフットワークをしているだけに、できれば良馬場で走らせてやりたい。
気もいいタイプなので初戦から力を出してくれると思います。
(斉藤崇史調教師)


ワクワクのデビュー戦です。
ソルパシオン、サゼラック、セレーネワルツに続いての4頭目のデビューです。
期待感から言えばソルパシオンに続く期待感です。
調教も動いていますし、気性の問題がなければ無様なレースにはならないと思っています。
しかし、相手が揃っています(;´・ω・)

フラガラッハの下であるG1レーシングのアルディテッツァ(5,000万)、パフォーマプロミスの下であるサンデーRのスキッピングロック(2,600万)、ロードのロードグラディオ(3,890万)やゴドルフィンの馬達がいます。
特にスキッピングロックはサングレーザーとの調教で互角に渡り合い、1週前倒しで使って来ました。
相手に不足はありません!(笑)

斉藤崇史調教師のコメントを見て、これは自信ありなのかどうなのか、自分の出資馬で同厩舎のシシオウのデビュー時(7人気2着)コメントと比較してみると、


☆8/7(日)小倉・2歳新馬(芝1800m・混)松山弘平騎手

3日(水)にCWコースで6ハロンから0.7秒先行して併せ、85.1-69.5-54.3-39.5-12.2を馬ナリに追い切りました。「先週強めにしっかり追い切っているため、今週はサラッと流す感じでやりました。仕掛ければいつでも動ける手応えに映り、いい状態でデビュー戦を迎えられると思います。左前のソエの症状は落ち着いているものの、脚元の水っぽさが抜け切らず、まだまだこれからの馬という印象です。しかし、スケールの大きいフォームで走りますし、初戦から好走を期待しています」(斉藤崇史調教師)


自分で比較してみてなんですが、比べてもよくわかりませんが、初戦からやれそうというのは共通していますかね。
これは好走間違いなしですね(願望)
でも毎回思うことですが、まずは無事にまわってきてくれれば満足です。



アペルトゥーラ
新潟11R ルミエールオータムダッシュ・ハンデ 芝1000m直 西田雄一郎騎手 56kg

21日(日) Wコース 56.5-41.6-13.8 単走 馬ナリ
24日(水) Wコース 51.5-37.1-12.7 単走 馬ナリ
最終追い切りは本番まで疲れを引きずらない程度にとどめるため、サッと流しました。
それでも半マイル51秒台で、終いも12秒台にまとめる非常に優秀な時計。
前走以上のデキに持ってこれたと思っています。
追い出してからしっかりと反応し、ひと伸びしてくれるでしょう。
ハンデを背負った感はありますが、これまでの実績と相手関係から仕方のないところでしょうか。
年齢的なものを踏まえると、ここは是が非でも取りたいですし、連覇を決めたいですね。
心強い鞍上ですから、あとは真ん中より外の枠を引けることを願っています。
(国枝栄調教師)


連覇に向けて出走です!
今年は不甲斐ない戦績のアペルトゥーラですが、ここはしっかり調整され好走出来る仕上がりで挑みます。
出来れば外枠でスムーズに走って最後に一伸びして勝って欲しいですね。
可能だと信じています。
アペルトゥーラの勝つ姿がまた見たい!



posted by じろう at 09:02| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

今週の出走馬10/21

10月21日
セレーネワルツ
京都4R 2歳新馬・混 芝1200m 松山弘平騎手 54kg

15日(月) 坂路コース 58.7-42.7-27.3-13.3 単走 馬ナリ
18日(木) 坂路コース 54.4-40.5-26.5-13.0 一杯
帰厩からここまでしっかりと負荷をかけた追い切りをおこなってきました。
小柄な牝馬で非力な面は否めませんが、それでもこちらの課すことに食らいつこうとしてくれますし、手応えよりも踏ん張ってくれます。
気持ちの面での強さがあるのでしょう。
いいスピードがありますので、そこが生きるようにまずはスタートを決めてほしいですね。
ゲート試験時より上達が見られるのは確かですから。
(鈴木孝志調教師)


じろう厩舎3頭目の2歳馬デビューを迎えます。
調教はそこそこやっている印象ですが、追切本数は足りなてない感じです。
果たして現状でどのような競馬をするのか見たいと思います。
私の既デビュー馬との比較ではサゼラック以上ソルパシオン以下という印象です。
相手もそこまでな感じのメンバーなので、掲示板に載れれば合格点かなという感じですね。
まずは無事にデビュー戦を無事にまわって来てくれることが一番です。
がんばれ!



リルティングインク
新潟6R 3歳上500万下 ダ1200m 藤田菜七子騎手 53kg

14日(日) Pコース 69.8-53.7-38.9-12.7 単走 一杯
17日(水) Pコース 70.1-54.7-40.6-12.7 単走 一杯
年齢的なものか以前よりズブさが出てきていますが、2週続けて稽古で長目から一杯に追えたように状態はいいですよ。
前走の1000m戦ではさすがに距離が短すぎた印象でも、ダートをこなせたこと自体は大きな収穫でした。
とはいえ集中力が持続しないタイプですので、あまりキックバックを受けずに道中進められればと思います。
また、そういった理由から今回は本番でチークピーシーズの着用も検討しています。
昨年の小倉で勝利した時の鞍上が菜七子騎手でしたし、リルティングインクと手が合うので期待しましょう。
(清水英克調教師)


最強コンビ復活です。
ここは勝利を望まずとも次に繋がる結果になればいいと思います。
鞍上の手腕に期待ですね。
スムーズにレースを進めて、直線で追い上げて掲示板を目指しましょう!

posted by じろう at 19:45| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

今週の出走馬10/14

10月14日
サゼラック
新潟5R 2歳新馬・混 芝1400m 西田雄一郎騎手 55kg


8日(月) 坂路コース 53.9-39.5-26.2-13.2 一杯
13日(土)東京・ダ1400m戦との両にらみでしたが、先週の除外による優先出走権があるにもかかわらず、除外の可能性があったため、出走が確実な新潟に投票しました。
変則開催にともない実質の最終追い切りを月曜日におこないましたが、自己ベストが出せたように、具合は先週よりも更に上向いていると思います。
西田ジョッキーが先週の追い切りに跨ってくれていることも大きく、期待して送り出しましょう。
(上原博之調教師)


じろう厩舎の2歳馬2頭目のデビュー戦です。
7月15日のソルパシオンのデビュー以来です。しかし、除外がなければ来週から10/21セレーネワルツ、10/28ラハイナヌーン、11/4ファイナルマズルと続く予定です。

ようやく2歳馬にも動きが出て来ました。

さぁ明日はサゼラックですが、当初の調教時計が酷すぎて、これはタイムオーバーの逆噴射確定だなと思っていたものの、先週除外されたのと西田騎手の稽古のおかげもあってか、多少恰好はつくようになりました。
それでも決して強気にはなれない状況には変わりありませんが、出資者としては期待せずにはいられません!

18頭立てなので15着以内を目指しましょう(笑)


20:54現在の前売りオッズは33.6倍の9人気です。
ならば8着入着を目指しましょう!

いきなりは無理ですが、徐々に競馬になってくれればいいかなと思います。
まずは無事にまわって来てくれればそれでいいです。
posted by じろう at 21:05| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

今週の出走馬9/22

9月22日
アナザートゥルース
中山10R 茨城新聞杯・混 ダ1800m 大野拓弥騎手 57kg

19日(水) 坂路コース 54.4-39.2-25.9-12.7 単走 強目
中1週ですが、水曜日の追い切りは終い重点とはいえある程度やっておきました。
気合を付けてからの反応も良く、上々の動きだったと思います。
間隔が詰まっているだけにガラッと変わった印象こそありませんが、状態面に関しては高いレベルで安定していますね。
相手関係がやや骨っぽくなった気はするものの、こちらは1000万クラスでは格上の存在ですから臆することはありません。
今度こそキッチリ決めたいですね。
(高木登調教師)


4連続2着中のアナザートゥルース。
今度こそ確勝を期してというところですが、今回はショームというまた新たな強敵が同じレースに…。
高木先生は結構強気の発言ですが、脚質的にも目標にされてしまう位置取りに今回もなりそうで最後の最後で差されるイメージがわいてしまいます。
何かしらの作戦を練ってくるやもしれませんが、如何せんスタートも良く前に行ける脚があるだけに、どうしても先行してしまいそうな気がします。
もう2着はいらないので、強敵相手でもここは勝ってもっと上を目指したいですね。

※枠は1枠1番になりました。
これはもう逃げるしかなさそうですね。
posted by じろう at 11:21| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

今週の出走馬9/8

9月8日
ソルパシオン
中山2R 2歳未勝利 芝1600m 北村宏司騎手 54kg

5日(水) Wコース 68.5-53.9-40.2-13.8 馬ナリ
昨日は雨により馬場が重く終いの時計がかかる傾向にありました。
時計で見るよりも動きは悪くなく前走からの調整過程としては順調といえるのではないでしょうか。
競馬自体は上手でも一本調子なところがあるので、改善を狙って今回は操縦性というものを意識して取り組んできました。
形になってきた感はありますし、イレ込みがキツイのも徐々に解消してきていますので、落ち着いて臨めさえすればと思っていますよ。
(中舘英二調教師)


デビュー3戦目を迎えます。
そろそろ勝ち負けに持ってきてもらいたいところです。
距離短縮は良いと思うのですが、坂がどう影響するのか気になります。
強そうな馬もいますが、大外枠に行ったのでその隙を狙って上位進出を狙いたいです。
北村宏司騎手に継続騎乗してもらえているのは非常に有り難いので、その気持ちに応えるべく勝利という最高の形を期待します。




アナザートゥルース
中山10R 鋸山特別・混 ダ1800m 大野拓弥騎手 57kg

2日(日) 坂路コース 56.3-41.3-26.1-12.8 単走 馬ナリ
5日(水) 坂路コース 53.1-38.4-25.4-12.8 単走 一杯
水曜日の追い切りはウッドチップコースを予定していたのですが、調教中に心臓麻痺を起こした馬がいた関係で一時的にコースが閉鎖されたことから、日曜日と同様に坂路でやりました。
時計上は単走の表記でも、実際には前の馬を大きく離れて追走する形。
さすがに追いつくことはできなかったものの、それでもしっかり動けていましたし、時計的にも上々。
久々を一度叩いた上積みが感じられます。
ハンデ戦から定量戦に変わり、前回トップハンデを背負ったこの馬にとっては斤量的に有利になりますし、何より得意コースの中山千八に替わるのは間違いなくプラス。
ここはキッチリ決めておきたいところです
(高木登調教師)


前走の悔しい敗戦からの巻き返しです。
メンバー的にも条件的にもここは負けられない一戦です。
ハンデ戦から定量戦に変わりますし、ここはキッチリ決めて貰いましょう。ここは勿論通過点ですから年内にOP馬になりましょう!

じろう厩舎はかなりの馬達が足踏み状態です。
この馬には他の馬達の分もしっかり稼いでもらいたいものです。


posted by じろう at 08:49| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

今週の出走馬9/2

9月2日
ホウロクダマ
札幌6R 3歳上500万下(ダ1000m)加藤祥太騎手 56kg

ダ1700m戦3鞍も視野に入れ連闘を予定していましたが、幸運にも4分の1の確率で抽選を突破することが出来ました。
本番での出遅れを防止するため、前走時の前日にゲート練習をしていたのですが、今回もやっておきます。
いくらコンディションが良くても、あそこまで出遅れると本当に致命的ですからね。
非常に真面目ですし、そのうえ1kg減の恩恵付きの鞍上を確保。
降級後4戦目、もう言い訳は出来ないと思っています。
(中竹和也調教師)


連闘で挑む一戦ですが、問題はスタートですね。
ここ最近全て出遅れ若しくはスタートで後れを取っています。
ダ1000m戦で出遅れては勝負になりませんよね。ここはスタート練習の効果で上手くスタートを切って、2,3番手で進めて直線で前を交わす競馬を期待したいですね。
posted by じろう at 16:25| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

今週の出走馬8/25・26

8月25日
リルティングインク
札幌8R 3歳上500万下・混 ダ1000m 丹内祐次騎手 55kg

22日(水) 札幌競馬場 ダートコース 73.2-56.8-41.1-12.5 単走 馬ナリ
札幌競馬場へ移動してからのダートでの追い切りの動きや時計に納得した上で、今回はいよいよいダート戦へ挑戦します。
昨日は馬場状態を考慮して、めいっぱい負荷をかけた内容とはしていませんが、動きそのものは問題なし。
前走を終えてからの調整過程としては順調といっていいと思います。
丹内はスタートが上手ですし、何とか次につながる一戦となるよう導いてもらいましょう。
(清水英克調教師)


当初ダ1700m戦を狙っていましたが、出られそうもなくダ1000mに。
しかも出資馬ホウロクダマと同じレースという愛馬対決に。
前走の1500でも行き脚つかない状況でしたので、1000が合うとは思えず、取りあえず出られるレースに出とけ感満載でこの選択は残念です。
まぁ私の見立てが間違っていたと言わんばかりの好走してくれれば言うことなしですが。



ホウロクダマ
札幌8R 3歳上500万下・混 ダ1000m I.メンディザバル騎手 57kg

19日(日) 函館競馬場 Wコース 58.1-42.3-13.3 単走 馬ナリ
22日(水)Wコース 67.1-52.1-39.2-14.2 単走 強目
馬場が重い中での追い切りとなりましたが、まずまず動けていましたね。
日曜日にやっている分も入れて、出走態勢は整ったと思いますよ。
追い切りを無事に終え、昨日の午後、札幌競馬場に移動しています。
フルゲートですがメンバーも比較的薄い印象で、スタートに定評のある鞍上。
積極的な競馬で結果を出したいですね。
(中竹和也調教師)


先に書いたようにリルティングインクとの愛馬対決となりました。
そろそろこのクラスは卒業してもらいたいですね。一度勝っているクラスですから。
本当は小倉のほうが合っていると思うのですが、ここは決めて欲しいところです。
前目からゴール前でちょこんと抜き去って先頭でゴールお願いします。




8月26日
キャラメルフレンチ
小倉8R 3歳上500万下・混 ダ1000m 富田暁騎手 53kg

22日(水) 坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、一杯に追い切りました。
併せた相手に対して手応えでは見劣りしたものの、動き自体は先週と比べてずっと良かったと思います。
終い2Fの時計が計測不能で正確ではありませんが、全体として54秒台ならマズマズ。
飼い葉をバリバリと食べていて、普段の様子を見ても疲れはなく活気がありますので、競馬に行って問題ない状態です。
ノドの状態さえ影響しなければ、もっと粘り強い走りが見せられるはずですし、減量騎手を起用して前々から積極的に運ぶよう指示を出します。
(河内洋調教師)


こちらも底が見えた感がありますが、ダートで何とか好走期待したいですね。
過度な期待はしておりませんが、今後につながるレースを期待しています。

posted by じろう at 23:27| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

今週の出走馬8/11・12

8月11日
アナザートゥルース
新潟10R 麒麟山特別・混 ダ1800m 大野拓弥騎手 57.5kg

5日(日) 坂路コース 58.1-42.2-26.9-12.5 単走 馬ナリ
8日(水) Wコース 52.5-37.9-12.8 馬ナリ
水曜日の追い切りは新馬を先導する形で、半マイルから終い重点でサッと流す感じ。
行きっぷり、手応え、反応共に及第点以上の内容だったと思います。
帰厩後は時間を掛けて入念に乗り込んできましたし、今週の動きからも概ね態勢は整ったと言えるのではないでしょうか。
この中間は暑さが和らいでいることもあって、馬は元気一杯。
体調面に関しても申し分ありません。
久々になるので、あとはもう実戦勘と気持ちの面だけ。
ハンデは少々見込まれた気がしないでもないですが、1000万クラスに降級している訳ですから四の五の言っていられません。
もちろん好勝負を期待しています。
(高木登調教師)


5月以来のレースです。
降級してこのメンバーに入ると実績では断トツです。そのおかげでトップハンデの57.5kgと見込まれました。
敵は初めてのコース、トップハンデ、休み明けでしょうか。
実力では抜けていても安心出来ません。
使って来ている馬、軽ハンデ馬に足もとすくわれる気がしています。杞憂で終わるように祈っています。

勝ってくれるのが一番嬉しいのですが、OPに上がるのは5歳になってからでもいいかなと個人的には思っているので、この辺で少し足踏みして小銭稼いでくれてもいいとも思っています。
でもやっぱり愛馬の勝つ姿が見たいですよね。



8月12日
ブリリアントリリー
新潟7R 3歳上500万下・牝 芝1800m 大野拓弥騎手 52kg

8日(水) Wコース 71.2-55.6-41.1-13.0 馬ナリ
暑い時期でも調子を崩さずに、しっかりと汗をかいてくれていますね。
最終追い切りは長目から併せて、最後まで力強い動きを披露。
ここまで順調に調整を進められましたので、万全の態勢でレースに臨めそうです。
昇級緒戦でこれまでとはメンバーも異なりますが、ここでも引けは取らない能力を持っているので、いい勝負をしてくれるのではと楽しみにしています。
秋華賞TRに駒を進められるよう頑張ってほしいですね。
(栗田博憲調教師)


初勝利をあげたばかりですが、前回から『秋華賞TR』という素敵ワードが出てきます。
そうなれば嬉しいですが、まだちょっとそこまで…という気がしていますが、そんな薄情な私をあざ笑うかのような勝利を見せて欲しいですね。
まずはこのクラスでどのような競馬を見せてくれるのか楽しみです。
全くやれない事はないと思っていますが。


リルティングインク
札幌8R 3歳上500万下・牝 芝1500m 柴山雄一騎手 55kg

5日(日) 函館競馬場 Wコース 54.7-40.3-13.1 単走 ゴール前仕掛け
8日(水) 札幌競馬場 ダートコース 66.7-51.4-38.1-12.3 単走 馬ナリ
今回は間に小休止をはさんだとはいえ、函館開催からここまでコンスタントに追い切り本数を重ねてこれたのはプラスに作用してるように感じられます。
体調も良さそうでスクミの症状もなく安定した状態と言えるでしょう。
今回は約1年ぶりに距離を延ばしての挑戦となります。
歳を重ねてなのか、行きっぷりにも変化が出てきている今だからこそ再度挑戦する意味はあるはずです。
新馬戦は1600mで勝っていますし、体型から見てもこなせてもおかしくはありませんよ。
(清水英克調教師)


ずっと1200mを使ってきていて最近は二ケタ着順連発ですから、矛先を変えて来ました。
これがいい方に向かえばいいですね。そろそろ引退も近づいて来ているので、もう1勝して是非とも繁殖入りして欲しいですね。
その為にもここはきっかけとなるような走りを見せてくれ!


ブラゾンドゥリス
札幌11R エルムステークス ダ1700m 丹内祐次騎手 56kg

8日(水) 函館競馬場 Wコース 69.4-54.4-40.6-12.9 一杯
函館の涼しい気候はブラゾンにとっても過ごしやすいようで、美浦を出発する前よりだいぶ活気がある印象。
最終追い切りは3〜4角でやや右にモタれるところを見せたものの、直線で左手前に替えてからはグンと伸びて、追いかけた外の併走馬にキッチリ先着を果たしました。
跨った丹内も『力を出せるデキにある』と感じ取ってくれたようですし、久々の1700m戦でも距離は問題ないと思っています。
あとは先行馬が揃っているだけに、直線を向くまでどの位置で頑張っていられるか。
前走のように自分の競馬ができれば、ここでも好勝負は十分可能なはずです。
(尾形和幸調教師)


7枠12番と良い枠が当たりましたので、ここはチャンスだと感じています。
距離は何とかこなせる範囲でしょうし、このコースも向いているように感じます。ゆったりと先行出来て、直線で前にいる馬を交わす感じでいければ勝利もあると思っています。
ここは中央重賞初制覇のチャンスと見ています。
丹内騎手には上手くブラゾンをエスコートして欲しいですね。
ここを勝って夏休みと行きましょう!


posted by じろう at 09:15| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする