ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年06月22日

今週の出走馬6/24

6月24日
クリプトスコード
東京9R 日野特別・混 ダ1400m 石川裕紀人騎手 55kg

21日(水) Wコース 52.4-38.2-13.1 馬ナリ
昨日は前に2歳馬を置いて追い切り、楽な感じで動けていて好印象。
状態も上向いてきていて、以前より芯が入ってきたのを感じている。
ここのところは思うような結果につながらず、クリプトスコードも心なしか自信をなくしているように映るので、ここは次につながるようなレースをしたい。
砂を被らない位置で気分良く運べればと思っています。
(田島俊明調教師)


降級後の一戦ですね。
1400mはちょっと長いような気がして、苦戦が予想されますが、正直1000万下では荷が重すぎるので、ここは掲示板狙いで行きたいですね。
このままこのクラスで入着を繰り返し、数多く走ってもらって最後の引退レースで3勝目を挙げて終わるのがベストかな。



リルティングインク
東京12R 3歳上500万下・混 芝1400m 藤田菜七子騎手 52kg

18日(日) Wコース 54.6-40.3-13.5 ゴール前仕掛け
21日(水) Wコース 67.9-51.2-37.4-12.4 単走 馬ナリ
昨日の追い切りも満足のいく内容でしたし、やればやった分だけ時計は出そうな感触がある。
追い切り後の状態も安定しており、引き続きスクミの症状も見せていません。
良い状態で臨めそうです。
小回りの1200m戦がベターな選択かもしれないが、その前に東京の1400m戦で現状どこまでやれるか期待を持って送り出します。
(清水英克調教師)


こちらも降級後の一戦です。
こちらも基本は現級で入着を繰り返すで十分ですが、この子は上でももう少しやれそうな気もしています。
少し稼いでから上に行ってもらうのがいいですね。
今回は菜七子騎手とのコンビ復活ですから、好走を期待しています。
posted by じろう at 22:50| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

今週の出走馬6/18

6月18日
東京8R 3歳上500万下(芝2000m・混)北村宏司騎手 57kg

中1週で前走と同条件の東京芝1800m戦を考えていたが、昨日の想定の段階でフルゲート14頭に対して6頭だったので、連闘での出走を決めた。
同様の考えを持っている陣営もいて、結果的には先週と同じ11頭で確定している。
角馬場とダートコースで調整しているが、寒暖の差があるなかで体調を崩すこともなく、むしろうるさいくらい。
先週使った反動や疲れは感じない。
具合の良さを生かして、出走するからには最低でも入着は狙いたいと思っている。
(高橋祥泰調教師)


マグレブに続いての急遽参戦です。
更にはせっかくの距離短縮からの延長です・・・。どういう考えでの出走なのか知りたい。
まぁ出られるから出ようなのですよね。具合の良さを生かして入着狙いです(笑)
馬の能力の問題はもちろんあって、勝ちきる力が足らないのはもう承知です。でもだからこそ、条件や適正を見極めて、作戦練って勝てる若しくは上位争いできるように少しでも近づけて頂きたいのに、この先生は無策ですね。
もうメルドオールの勝利は諦めています。
この成績ではジャストフォーユーのような転厩はないでしょうから。


東京12R 3歳上500万下(芝1600m)大野拓弥騎手 57kg

14日(水) 坂路コース 53.7-38.4-25.5-13.1 単走 馬ナリ
障害調教と並行して坂路で追い切っていたところ、昨日の想定の段階でフルゲート16頭に対して10頭だったので、平場の芝の少頭数で何とかならないかとの思いもあって再度平地に出走することにした。
結果13頭立てになったが、前走に盛岡の1700mを使ったことが生きてくるでだろうし、障害転向のため手元に置いていたことが功を奏せばと思う。
集中力を高めるためにチークピーシズを装着する予定で、大野君には積極的な競馬をしてもらって、見せ場はつくりたい。
(高橋祥泰調教師)


メルドオールと共に急遽参戦の模様です。
同じ高橋祥泰厩舎・・・。
戦う前から余り悲観的なことばかり書いてもいけないのでしょうが、レース選択からレースに至るまでの過程が余りにもお粗末な感じがしてならない。
沢山走って欲しいし、隙があるなら、急遽参戦もありだとは思うのですが、今回のメルドオールと共に出られそうだから取りあえず出そう!感が満載で・・・。
マグレブは障害目指すのではなかったのか?あまりセンスはなさそうですが、諦めたのか?
そうでないなら、ここで無理に出走するよりはじっくり障害練習を積むのもありなのでは?とも感じます。
コメントからもとりあえず感が感じられます。

posted by じろう at 17:24| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

今週の出走馬6/10・11

6月10日
ビターレ
阪神2R 3歳未勝利 ダ1400m 藤岡佑介騎手 56kg

7日(水) CWコース 86.7-68.7-53.3-39.1-13.0 一杯
左右にスペースがあり過ぎると、まだブレて真っ直ぐに走れないこともあるため、最終追いは3頭併せの真ん中に入れる形で行った。
最後は苦しくなって逆手前で走っていたが、ハミを抜かずにちゃんと取ってくれていたし、動きの面で大きくは変わってこないものの、精神的に落ち着いてきたのも好材料。
当初はダ1200m戦の方が出やすいのではと見ていたが、出走間隔3節で無抽選だったため、もともと希望していた1400m戦に直前で切り替えている。
二戦目となる今回は、スムーズな競馬で前進を期待したいですね。
(羽月友彦調教師)


まずは無事に今週の出走が叶いました。
まだいきなり勝つのは荷が重すぎるので、タイムオーバーにならずにちゃんと競馬になるような走りを見たいですね。何かしら光るものが垣間見えるとありがたいですね。
もう時間も余りないので、ゆっくりというわけにもいきませんが、一歩づつでも前進してくれれば。



6月11日
メルドオール
東京8R 3歳上500万下・混 芝1800m 黛弘人騎手 57kg

7日(水) Wコース 67.3-52.1-37.9-12.6 一杯
先週同様、2歳新馬に胸を貸す形での追い切りだったが、レース前の最終追いとなるため、終い重点で末を伸ばすイメージでおこなった。
これで気合も乗ってくるでしょう。
ここ4戦は2200m以上の長距離にこだわって使ってきたが、結果を残すことができなかったため、良績がある1800m戦に戻した。
ゲートの不安もあるので、鞍上はこの馬を知り尽くしている黛君に託す。
具合の良さと距離短縮で変わり身に期待しましょう。
(高橋祥泰調教師)


ん?黛騎手はメルドオールの事、そんなに知り尽くしてました?
調べたら過去に2回乗っただけですが…(笑)
ここ数戦の結果で進退を決するという割には、余り伝わってくるものがありませんが距離短縮はいいでしょうね。
東京がどうかですが。
中央初勝利に向けてがんばれ!

posted by じろう at 22:25| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

今週の出走馬6/4

6月4日
ジャストフォーユー
東京10R 由比ヶ浜特別・混 芝1400m 原田和真騎手 54kg

決して、東京芝1400mが悪いことはないのでしょうが、どうしてもこのコースで勝ち切る姿が想像できないのですよね〜。よほど展開もろもろが向かないと無理のような気がしています。
しかし、栗田徹先生はこのコースが大好きのようです。
数多く走ってくれるのはありがたいし、楽しみなのですが、無駄打ちも多いような気もします。

もう少しやれていい感じなのですがね〜
まずは怪我なく走り切ってもらいましょう!



5月31日(水)にWコースで4ハロン55.2-39.8-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「競馬を使って状態面に大きく変わったところはありません。トモにまだ若干疲れが残っているように映りますが、気で走るタイプなのでレースに行って影響はないと思います。この中間も稽古では相変わらず折り合いがついてスムーズに走れており、54kgで出走できるのも大きな魅力ですし、なんとか見せ場以上を期待したいですね。スポット参戦の外国人騎手に白羽の矢を立てましたが、今回は残念ながら叶いませんでしたので、ここはジャストフォーユーに誰よりも思い入れのある鞍上に託したいと思います」(栗田徹調教師)

posted by じろう at 21:56| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

今週の出走馬5/29

盛岡・カシオペア賞(地方交流・4歳以上500万下・芝1700m)村上忍騎手

24日(水) Wコース 54.2-39.2-25.5-12.7 馬ナリ
中央馬6頭の枠に選出されたので、盛岡の交流に向かいます。
5/27(土)の東京・芝1600mが頭数割れを起こしていたが、ダービーウィークで骨っぽいメンバー構成なので、初志貫徹で可能性の高い方を選択した。
実質的な最終追い切りとなる水曜日の追い切りは2歳馬に胸を貸す形で追い切ったが、軽快なフットワークでしたし、追い切りを重ねる毎に動きが鋭く、反応も良くなっている。
まだまだ奥がありそうで、成長の余地を残していると思うし、手応えを感じている。
微妙に距離が長いかもしれないが、地元リーディング常連のジョッキーを確保できたし、この馬はスタートと折り合いひとつ。
輸送を上手くこなしテンションをなんとか維持できれば、前走からの変わり身があるはず。
期待して送り出します。
(高橋祥泰調教師)


う〜ん、どうなんでしょうね。
中央復帰当初はとても楽しみにしていましたが、レース選択等含めて期待度は下がっています。
それでも馬は頑張っていますので、こちらは全力で応援するだけですけどね。
頑張れ!マグレブ!

posted by じろう at 08:15| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

今週の出走馬5/27

5月27日
リルティングインク
東京10R 葉山特別・混 芝1600m 大野拓弥騎手 55kg

21日(日) Wコース 68.5-53.5-39.4-12.6 単走 直線強目
24日(水) Wコース 67.6-52.5-38.2-12.8 単走 強目
週末と昨日の追い切りでもしっかり動けていたため今週の出走に決めた。
動きもさることながら体調が良いことも評価できる。
毛ヅヤもピカピカして、銭形模様も出ているので見るからに状態の良さがわかると思う。
うちで預かってからは1200、1400mを使ってきて、1200mで結果は出しているものの、バタバタと忙しい印象があったので今回は1600mと距離を延長しての挑戦となる。
今後のレース選択をする上でも大事な一戦となるし、チグハグな競馬にならないよう仕上げたつもり。
(清水英克調教師)


調子はいいようですね。
久々のマイル戦ですね。
確かに1200は忙しいようにも見えますが、久々のマイル戦をどのように走るのか注目です。
注目といえば、鞍上が奈七子騎手から大野騎手に乗り替わりとなりました。
これもどのように作用するのか注目です。


ブラゾンドゥリス
東京11R 欅ステークス ダ1400m 内田博幸騎手 58kg

21日(日) 坂路コース 57.6-41.9-27.1-13.1 馬ナリ
24日(水) 坂路コース 51.6-38.4-25.7-13.1 強目
ウチパクさんからの志願があって最終追い切りで感触を掴んでもらった。
日頃はあまり稽古駆けしないタイプのブラゾンだが、やっぱり何か感じ取るものがあるようで楽々スイスイと動けていた。
中間も状態面に不安はなく、デキは文句なし。
普段より斤量が1kg重くなるし、骨っぽい相手も出てくるが、秋また大きな舞台に立つためにここは負けられない一戦。
相性抜群のバッテリーに完封してもらいましょう。
(尾形和幸調教師)


ウチパクさんの志願の最終追い切り。
なんてすばらしい響きなんだ(笑)
これは勝たなきゃいけないでしょう!相手なんて関係ない!力でねじ伏せよう!
じろう厩舎ここ最近勝ててない…。何連敗中だろうか。
連敗を止めるのはやはりこの馬!
ブラゾンドゥリスしかいない!完封と言わずノーヒットノーランを!いや完全試合で締めましょう!


posted by じろう at 23:28| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

今週の出走馬5/20

5月20日
ブラックジェイド
東京6R 3歳500万下・混 ダ2100m 横山典弘騎手 56kg

前半行き切れていればまた違う結果になっていたかもしれないが、勝ち馬も内枠からダッシュよく、引く気配はなかったからね。
パワータイプなので時計の速い馬場もブラックに合わなかったように思える。
あれがこの馬の力ではないし、走りきっていないので疲れはまったく感じられない。
週中の様子も元気一杯のため、ここは連闘させてください。
幸いにも今週末の東京は良馬場が望める予報で、輸送にへこたれるタイプではなく、左回りにも実績があるだけに巻き返しを狙う。
(昆貢調教師)


ビックリの連闘となりましたが、疲れもなさそうとの判断でここは勝負ですね。
コース&距離は合うと思いますので、横山典騎手との初コンビニ期待です。
人気はもう1頭に譲るとして、優勝は譲れないですね。
今回はブラックジェイドらしい競馬を期待です!枠も枠なのでここは逃げ切りましょう!


クリプトスコード
新潟11R 火打山特別 ダ1200m 木幡初也騎手 55kg

17日(水) Wコース 69.5-53.1-39.5-13.7 馬ナリ
この中間も引き続き坂路を取り入れたメニューを消化している。
追い切りの動きから見ても、先週から調子を崩すことなく状態を維持できている。
ここまで思っていた通りに調整を進めてこられたと実感している。
今回は相性の良い新潟だし、天気も今のところは傘マークもない。
クリプトスコードに合うパサパサの馬場になるだろうから前進を期待して送り出す。
(田島俊明調教師)


気温も高くなりクリプトスコードの季節がやってきましたが、このクラスでは正直厳しい印象ですね。
大敗続きなので、今回は入着目指して激走を期待したいですね。


ジャストフォーユー
東京12R 4歳上1000万下 芝1400m 蛯名正義騎手 57kg

17日(水) Wコース 53.4-39.0-12.5 単走 馬ナリ
ムキにならずリラックスした走りで、この中間は稽古でも我慢が利いている。
ここにきて精神面で大きく成長を見せている。
二週続けて追い切りに跨った原田騎手からも『絶好調』と感触を伝えられたし、状態の良さは◎を付けられるデキ。
無理に逃げる形には固執せず、道中は折り合いをつけて運んでもらうよう指示するつもり。
(栗田徹調教師)


調子は良さそうで淡い期待感を持ってレースを見守りたい。
レース展開が鍵となるので、ゲートを出てみないとわかりませんね。
栗田徹先生は東京芝1400mがベスト条件と常々言われていますが、このコース&距離で勝ちきるイメージが湧かないのですよね。上手く走れば掲示板や馬券内はあるのでしょうが。
本当に一発かまそうとなると、ローカル小回りの中距離での逃げ粘りの方がイメージ湧くのですがね。
ここはとりあえず掲示板を目指しましょう! 

posted by じろう at 10:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

今週の出走馬5/13・14

5月13日
ビターレ
京都2R 3歳未勝利 ダ1400m 藤岡康太騎手 56kg

10日(水) CWコース 84.7-68.9-54.7-41.1-13.2 一杯
練習で見せるゲートの出は上々だったが、敏感なメンタル面を抱えているため、初戦からテンにダッシュがつくかは不安要素のひとつ。
そのような理由から、今回1200mではなく1400m戦からデビューさせる判断をした。
使いつつ良化してくるタイプに思えるし、まずは流れに乗ってどこまで頑張ってくれるかですね。
体力はまだまだ不足しているが、入厩当初と比べてだいぶ走りは常識にかかってきた印象。
格好はつけてくれると思います。
(羽月友彦調教師)


いやぁ〜長かった。
トレーニングセールの走りからは想像出来ない馬へと変貌を遂げたビターレ。
羽月先生からも使いながらとのコメントもあるように、まずは無事デビュー出来たことを喜びたいと思います。
一時は競争馬として無理なのでは?と思える状況も、入厩後は徐々に矯正されていき、厩舎でじっくり教え込んでくれた羽月先生には結果を問わず感謝の気持ちで一杯です。
色んな想いを込めてデビュー戦を見守りたいと思います。


ブラックジェイド
京都6R 3歳500万下・混 ダ1800m 太宰啓介騎手 56kg

10日(水) 坂路コース 55.8-39.5-25.2-12.5 単走 馬ナリ
休養明け二戦を消化しているため、先週同様に余力を持たせた調整を行っているが、デキは変わらず維持できている。
普段の稽古ではハミを噛んでムキになるような面も見られないし、スピードを持続させて走れるタイプですので、ダート変わりがマイナスに働くことはないでしょう。
先週の除外を受けて、鞍上も期する思いでここに臨むはずですし、これまで通り積極的な競馬でいい結果を期待しています。
(昆貢調教師)


芝2戦からのダート戻りです。
メンバーに恵まれた感じで先週のメンバーや展開を考慮すると結果的に除外されて良かったと思えて来ます。
しかし、どうしても前に行きたがる馬もいるので展開が少し気になりますね。
2,3番手でもレースは出来るでしょうが、ここ2戦が大逃げしていますのでその辺りが気がかりです。
しかし、能力的には断然だと思いますしかなり期待しています。
私に久々の勝利をお願いします。そして、次の日のアナザートゥルースに繋げて欲しいですね。


キャラメルフレンチ
新潟10R はやぶさ賞 芝1000m 中井裕二騎手 54kg

10日(水) 坂路コース 54.2-40.0-26.3-13.5 単走 馬ナリ
飼い葉食いは旺盛なものの、脾腹のあたりがやや寂しく映り、中一週の競馬と輸送も考慮して中間はサラッとした調整を行った。
最終追い切りは坂路で消化したが、その際の走りは真っ直ぐに駆け上がれていて、モタれるような面も見せてはいない。
苦しくなると出てしまう癖のようだし、いかにスムーズに走れるかが好走のカギを握るだろう。
1000mでもテンのダッシュ力で先行するだけのスピードを持っている馬だが、ラチを頼って走るところがあるためできれば外枠が欲しいですね。
(尾形和幸調教師)


とても強気になれる状況ではありませんので、何か新味が見られるといいなぁ〜くらいの感じで見守りたいと思っています。
まずは怪我なく走りきって欲しいと思います。



5月14日
アナザートゥルース
東京10R 青竜ステークス・混 ダ1600m 大野拓弥騎手 56kg

7日(日) 坂路コース 57.0-41.5-26.2-11.8 単走 一杯
10日(水) 坂路コース 54.1-39.3-25.9-12.5 単走 馬ナリ
昨日の追い切りは大野君に感触を確かめてもらった。
動き、気配共に上々で、普段も扱いやすくなっているし、現状ではこれ以上ないデキで臨めると思っている。
前走は展開利があったとはいえ、直線に入るとしっかりと脚を使って後続を突き放し、着差以上の完勝。
操縦性が高く自在性もあるので、初めての左回りとなる府中へのコース替わり、マイルへの距離短縮にも十分に対応可能でしょう、何ら心配はしていない。
約4ヶ月の間、在厩して鍛えてきた成果をお見せしたいと思っています。
(高木登調教師)


流石OP戦!メンバーも揃っている感じがしますが、我がアナザートゥルースも決して引けを取りません!
最大の強敵は一度倒しているサノサマーでしょうか。
ここまでデビュー2連勝中!
しかし、出資者びいきの目線からも無敗馬という強さはまだ正直感じていません。
ここをアッサリ勝って、私に本当に強いという印象を与えて欲しいと思います。
晩成馬だと思っているので、まさか早くもここまで来るとは思っていなかったのも事実ですが、ここまで来たら無傷の3連勝を決めてJDDに向かいましょう!
約4ヶ月の間、在厩して鍛えてきた成果を見せてもらいましょう!

posted by じろう at 21:20| Comment(8) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

今週の出走馬5/5

5月5日
船橋・かしわ記念(Jpn1・ダ1600m)内田博幸騎手


2日(火) 坂路コース 54.6-40.0-26.3-13.0 単走 馬ナリ
今週に入って月、火曜日と自身で跨って感触を確かめたが、調整は怖いくらいに順調にきていて状態は絶好調。
有力馬を内目に見ながらレースを運ぶことのできる枠順も引けたし、あとはウチパクさんに託すのみ。
歴戦のタイトルホルダーたちが相手でも気後れするつもりはあないので、このチャンスをモノにできればと期待している。
(尾形和幸調教師)


いよいよ来ました!この時が。
まさか出資した時はこの時が来るとは正直思ってもみませんでした。
本当に感慨深いです。
相手はこれまでとは違い、強敵揃いです。
なかでもベストウォーリアーが最大のライバルですが、この馬…
我が出資馬ゴルディオンの半兄です(笑)
そう考えると気が楽になりますね〜

全く歯が立たないとは思っても見ませんし、もしかしたら勝てるのではの…
いや、勝てるのでは?とさえ思っています。
明日は全力で応援するのみです!
頑張れ!ブラゾンドゥリス!!
頼むぞ内田騎手!
posted by じろう at 20:24| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

今週の出走馬4/29・30

4月29日
キャラメルフレンチ
新潟10R ゆきつばき賞・混 芝1200m 嶋田純次騎手 54kg

26日(水) 坂路コース 54.1-39.2-25.6-12.8 単走 末強目
トレセン帰厩から日はまだ浅いものの、リフレッシュされて馬の雰囲気がいい。
稽古でもピリピリしたところが見られないし、気持ちに余裕があるように感じられる。
口向きや右に張っていく癖など、少し乗り難しさが残る中で、最終追い切りでも鞍上との呼吸はピタリ合っていた印象を受ける。
本人もキャラメルの特徴を掴んで好感触を持っているので、ここは一度だけチャンスを与えてみました。
芝の状態が良好な開幕週だけに、先行してスピードをフルに生かす競馬が望ましいと考えている。
(尾形和幸調教師)


デビュー勝ち後500万下に昇級してからは大敗続きのキャラメルフレンチ。
そろそろ明るい兆しを見せて欲しいところですが、劇的に変わった様子もなく今回も厳しいのか…。
もっとやれるイメージだったのですが、もう少し先かな?
焦らずゆっくり成長まちますか。
まずは無事走り終えて欲しいところですね。



4月30日
マグレブ
新潟8R 4歳上500万下・若手 ダ1200m 藤田菜七子騎手 54kg

26日(水) 坂路コース 51.7-37.5-24.8-12.5 一杯
水曜日の追い切りは併走馬に1馬身ほど遅れを取ったとはいえ、3馬身くらい追走してのもの。
やれば時計が出るし、自分からしっかりハミを取って最後まで真っすぐ駆け上がっていた。
キッチリ態勢は整ったと見ていいでしょう。
ただ、普段の調教から集中力が持続しないタイプということが分かったので、今回はチークピーシズを着用して本番に臨むことにした。
名古屋ではブリンカーを着けていたようだが、転籍初戦で手探りの状況のなか、強制力の強い馬具をいきなり使うと判断材料が乏しくなり、今後の対策が立てにくくなってしまう恐れがある。
五泉特別(芝1400m)など適鞍と思われる番組がいくつかあったなかで、相手関係を吟味して最も与し易いと思われる番組をチョイスできたと思っているし、クラブ、自厩舎ともに相性の良いジョッキーを確保できた。
作戦については、枠順決定後に綿密な打ち合わせをして最善を尽くす。
(高橋祥泰調教師)


中央復帰戦です。
どれだけやれるのかとても楽しみです。
ただ、コメントは手探り感満載で一抹の不安も。なかなか乗り難しい馬ですので、菜七子騎手がどう乗りこなすのか見ものです。私としてはリルティングインクでのコンビで馴染みがありますので、同じゴッホ産駒の馬で好騎乗見せて欲しいですね。
兄と同じように復帰戦を勝利で飾って欲しいと思っています。
posted by じろう at 21:51| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

今週の出走馬4/23

4月23日
ブラックジェイド
京都9R あずさ賞・混 芝2400m 太宰啓介騎手 56kg

16日(日) 坂路コース 58.4-40.3-24.9-12.1 単走 終い一杯
19日(水) CWコース 82.2-66.3-51.7-38.3-12.5 一杯
この中間も調整は順調そのもので、今週の競馬に向けてやれるだけのことは準備してきたつもり。
相手関係を吟味したが、芝・ダートそれぞれの番組に1頭ずつ強敵が名を連ねており、どちらがより結果を出しやすいのかぎりぎりまで判断して投票した。
逃げ馬不在で今回もブラックジェイドがペースを握れそうなメンバー構成。
少頭数なのも競馬がしやすいように思える。
2400mに距離が延びるのは問題ないと見ており、平均ペースで脚を使えるタイプだけに、4角まででどれくらい後続にアドバンテージを持たせられるかで勝負は決まってくるでしょう。
(昆貢調教師)


本当にギリギリまで芝なのかダートなのか熟考されていたようですね。
私個人としてはダート路線に進んで欲しかったのですが、今回の選択に関しては納得いきますね。
相手関係等踏まえて総合的に判断されたのでしょうし、芝のこのレースでもとても楽しみです。
何とか好走というより勝って欲しい!
強くそう思います。
ライバルはディープインパクト産駒のアドマイヤロブソンでしょう!



アペルトゥーラ
福島11R 福島中央テレビ杯・混 芝1200m 丸田恭介騎手 57kg

16日(日) Wコース 55.2-39.1-13.4 単走 馬ナリ
20日(木) 坂路コース 51.6-37.4-25.0-12.6 単走 強目
追い切った時間帯も早く、今朝はグリップが効いて走りやすい馬場ではあったものの、ビュンビュン行くタイプだから稽古でも好時計を出すのはお手のもの。
攻めていくと両前橈骨がゴトゴトしてきて柔らかみがなくなり、近走は実戦でこの行きっぷりが見られなかったからね…。
今回は心身ともにリフレッシュさせた効果が期待できると思う。
鞍上には出たなりの進め方でも、なるべくポジションとスペースを取りに行くよう指示した。
欲を言えば外めの枠を引いて、揉まれずレースの流れに乗ってほしい。
このクラスでやれる力はあるはずだし、今後にメドの立つ走りを期待している。
(国枝栄調教師)


ここ数戦アペルらしい走りが全く出来ていないので、そろそろらしい走りが見たいところです。
障害の練習もしており、ここでの結果次第ではいよいよ…。
まずは怪我なく走り切ってもらうのが一番ですが、気持ちよく走り切ってもらいたいと思っています。
スンナリ行ければやってくれるでしょう!
頼むよ!丸田騎手!

posted by じろう at 23:03| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

今週の出走馬4/8・9

4月8日
シシオウ
福島10R ひめさゆり賞・混 芝2000m 荻野極騎手 56kg

2日(日) CWコース 87.6-72.4-57.7-43.3-13.8 馬ナリ
5日(水) CWコース 84.2-68.3-53.8-40.0-12.3 馬ナリ
最終追いは長めから終い重点に消化し、今朝も荻野極騎手が跨ってCWコースを半周回りました。
鞍上は『乗り味が素晴らしい』と好感触を掴んでくれたようだし、躍動感溢れる最終追いの動きも含めてデキは明らかに前走以上。
専門誌の評価は思いのほか高くないようだが、距離や平坦コースもシシオウに向いているし、昇級戦のここでも十分やれるのではと期待している。
(斉藤崇史調教師)


専門誌は見る目がないですね〜
ここはキッチリ2連勝ですよ!
とても楽しみなレースです。ここでどのような競馬を見せてくれるのかで今後の期待度が測れます。
3歳馬はアナザートゥルース、ブラックジェイドと来てシシオウも私の期待する1頭ですので是非とも可能性ある走りを見せて欲しい。
やってくれるでしょう!


リルティングインク
福島11R 吾妻小富士賞・混 芝1200m 藤田菜七子騎手 51kg

2日(日) Wコース 57.6-42.4-13.3 単走 馬ナリ
5日(水) Wコース 69.2-53.4-38.5-12.5 単走 直線強目
昨日の追い切りでは上々の動きを見せてくれた。
ここまでの過程の中で楽をさせたつもりはないが、無理せずに乗り込み量を加減した効果ではないだろうか。
担当者もだいぶクセをつかんだようで、体調面含め良好で馬体もフックラと見せていて、もしかするとプラス体重で臨めるかもしれない。
昇級緒戦のため強気なことは言えないが、リルティングインクの状態は良いですからね、挑戦する態勢は十分に整っている。
(清水英克調教師)


前走の鮮やかな指し切り勝ちからの昇級初戦です。
相手関係もわかりませんし、昇級初戦なので流石に強気にはなれないところですが、何故でしょう?
私は意外と自信というか、やってくれるイメージがあります。
はい!根拠はありません。


4月9日
メルドオール
福島10R 燧ヶ岳特別・混 芝2600m 黛弘人騎手 57kg

2日(日) 坂路コース 58.6-43.6-29.1-14.6 単走 馬ナリ
5日(水) 坂路コース 54.7-39.3-25.3-12.4 強目
昨年暮れに中京のマイル戦を使って以来、距離延長の変わり身に期待し、ここ3戦は2200m以上の距離を使ってきた。
大崩れはしていないものの入着はなく、なんだかんだで中央未勝利という状況。
前走からここを目標に狙いすましての調整過程を踏めたし、1つ前の芝1800m戦のメンバーと天秤にかけるなど、出来る限りのことはしてきたつもり。
いわゆる“小回り平坦の長丁場”、ここでなんとかしなければという気持ちは本当に強い。
それに応えられるデキに持ってこれた自信もあるので、今回は結果を求めたい。
(高橋祥泰調教師)


2600mの距離はどうなのか?とは思うが、そろそろ勝って頂きたい。
但し、能力的に勝って上に行けば全く上位に来られない可能性は高いしで困ったものですが、一度は勝つ姿を見てみたい。
頑張れ!

posted by じろう at 22:07| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

今週の出走馬3/25

3月25日
アナザートゥルース
中山5R 3歳500万下 ダ1800m 大野拓弥騎手 56kg

19日(日) 坂路コース 56.4-41.2-26.0-12.1 単走 馬ナリ
22日(水) 坂路コース 53.8-39.1-24.9-12.1 強目
正直、まだ半信半疑の面は拭えないが、昨日の追い切りは終いを少し仕掛けただけでキレました。
当日のパドックで馬っ気を出したり精神的な部分に左右されるが、デキは間違いなく良いので、この動きがレースに直結すれば十分やれると思う。
持ち時計もありませんし、昇級初戦でメンバーも強化されているが、10頭立てとさばきやすい頭数のうえ、相手なりに立ち回れる器用なところがあるので、好勝負を期待している。
(高木登調教師)


期待の2戦目です。
が、いきなりのメンバー強化ですね。500万下ですもんね。
先生も不安がっているように気性が問題ですが、それなりにやってくれるだろうと信じています。
しかし、まだまだ本格化は先でしょうから、ここは先の見える走りに期待しています。
調教等を見ても恥ずかしい競馬にはならないと思いますので楽しみです。



ブラックジェイド
中京10R 大寒桜賞・混 芝2200m 太宰啓介騎手 56kg

19日(日) 坂路コース 57.5-41.4-27.6-12.4 単走
23日(木) CWコース 88.4-70.8-54.6-40.1-11.7 一杯
変則三日間開催の後で今週は火曜日が全休日(重賞登録馬のみ馬場使用可)のため、最終追いは終い重点でレースに疲れが残らぬよう本日サラッと行った。
休養を挟んだことで馬が成長を見せて全体的にしっかりしてきた印象を受ける。
トモの使い方も上手になってきたので、追い切りでは終いの時計を詰めてきている。
距離やコースは問題ないと見ており、状態面や仕上がりにもまったく不安はない。
あとは芝適性と久々の実戦がどう影響するかだけでしょう。
無理に先手を主張する必要はないが、スタートセンスがいいので前々から運ぶ形の競馬をイメージしている。
(昆貢調教師)


一時、同クラブ馬のプラチナムバレットとの対決かと騒がれましたが、無事というか回避となりました。
これはクラブ側の意向が働いたのか、河内先生のコメントでも今朝まで議論したとありましたね。
プラチナムバレットは毎日杯に回りました。
本当のところとしては、大寒桜賞に出走し、確実に賞金を加算したいのだとは思うのです。
ここは、英断してくれたプラチナムバレット陣営の為にもブラックジェイドには好走、いや勝って貰いたい。
そして何よりプラチナムバレットには勝って貰いたい!そう願っております。

ブラックジェイドは休養明け&初芝と条件としては楽ではありませんが、成長もしているようですし、ここは芝適性さえあれば突破してくれるでしょう!
楽しみです!

posted by じろう at 23:38| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

今週の出走馬3/20

3月20日
ジャストフォーユー
中山9R 鎌ケ谷特別・混 芝1600m 田辺裕信騎手 55kg

16日(木) Wコース 53.4-39.0-12.9 単走 馬ナリ
今朝の追い切りでは自分からハミを取って、軽快でリズミカルに走れていた。
出走診断では獣医に心臓の良さのお墨付きもらっているデキで、中一週でも前走の疲れはもう残っていない。
ここ最近は稽古でも掛かって行く面が見られず、精神的に大人びた印象を受けるが、その反面で気持ちの部分に闘争心みたいなものが欠けているようにも映る。
そのため、今回はゲート裏でメンコを外してレースに臨むつもりでいる。
あとはジャストが自分のペースで気持ちよく走ってくれれば、前走のようなことはないはず。ここは一発狙っていく。
(栗田徹調教師)


珍しく強気ですね〜
展開さえ嵌れば面白いと思うのですが、どうなるでしょうか?
引き続き田辺騎手が乗ってくれるのは何よりですし、中山マイルなので楽しみでもあります。
一発狙ってください!
お願いします。

posted by じろう at 21:52| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

今週の出走馬3/14【黒船賞】

3月14日(火)
高知5R 黒船賞(Jpn3・ダ1400m) 内田博幸騎手 56kg

5日(日) 坂路コース 53.6-39.4-26.2-13.3 馬ナリ
8日(水) 坂路コース 52.1-38.2-25.4-12.9 一杯
今週の追い切りは少々出しゃばって自分で感触を確かめたが、反応も抜群で好調そのもの。
ニシケンモノノフやドリームバレンチノといった強敵を相手に、ここにきてまた一皮むけてきた印象のブラゾンがどう立ちはだかるのか私自身も楽しみでなりません。
幸いにも砂を被らず進める大外枠を引き当てたので、あとはいつも通りの戦法でウチパクさんに直線キッチリと抜け出してもらいましょう。
輸送対策もしっかり立てて高知へ向かいます。
(尾形和幸調教師)


いよいよ来ました!この時が!
初重賞制覇に向けて調子、枠順も整いました。
中央勢の強敵もいますが、ここはブラゾンドゥリスの底力を発揮してもらい、先頭でゴールを駆け抜けてくれることを切に願います。
中央勢の強敵は前走フェブラリーステークスで5着だったニシケンモノノフ。前年の黒船賞の2着馬でもあります。これはかなりの強敵でしょう。
更にはドリームバレンチノ。既に10歳と高齢にはなっておりますが、重賞での常連馬でもあり、前年の黒船賞の4着馬ですが、その前に2着が2年連続とこのレースとは相性も良さそうです。
他にもブラゾンドゥリスが初の重賞挑戦した武蔵野ステークスで4着と先着を許しているキングズガード。

ブラゾンドゥリスが優勝するにはこれらの馬に先着しなければなりません。
実績だけみると劣りますが、成長度や勢いなら負けていないでしょう!
ここは先輩馬達に遠慮することなく、初重賞制覇を成し遂げましょう!
もうドキドキが止まらない!


posted by じろう at 20:14| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする