ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年08月30日

【背水の陣】今週の出走馬8/31・9/1

8月31日
ソルパシオン
札幌4R 3歳未勝利 芝1200m 松岡正海騎手 56kg

28日(水) 札幌競馬場 ダートコース 56.0-40.7-12.8 単走 馬ナリ
15-15程度のつもりでいましたが、こちらの期待以上に動きが良かったですね。
先週よりも全体的に状態も上がっていて、松岡も『今回は前走のダメージも少なく回復も早い』と話しています。
それでもここまで走ってきて蓄積されたものがあるのは確か。
ソルパシオン自身が一番頑張ってくれているので、それに見合う結果となるよう態勢を整えて送り出します。
(中舘英二調教師)


もう善戦はいらない!勝つのみ!
一気に勝利へと突き抜けろ!!!


シャルロワ
小倉競馬(2歳未勝利・芝2000m)に北村友騎手

こちらはキャロットの2歳馬。
同じ未勝利戦でも気持ちが全然違う!
といっても期待度からはもう勝ち上がってもらわないと困る馬です。
前走掲示板がシャルロワを除き4頭。内2頭が2着とそう簡単でもないメンバー構成か。
距離も延長と馬場の悪化等心配な点はあるが、順当勝ちを期待しています。



9月1日
アイヴィーサ
新潟2R 3歳未勝利・混 ダ1800m 菊沢一樹騎手 53kg

25日(日) 坂路コース 61.5-45.3-29.6-14.7 単走 馬ナリ
28日(水) 坂路コース 55.1-40.2-26.1-12.8 単走 強目
なんとか未勝利戦ラストウィークでの出走に漕ぎ着けましたね。
最後は1枠をめぐって3分の1の抽選でした。
9/4(水)門別・ヒヤデス特別(ダ1200m)に申し込みましたし、1勝クラスの雷光特別(芝1000m直)にも登録しました。
もちろん、これまでの内容からも未勝利の新潟・芝1000m直もしくはダ1200m戦に出走したかったのはやまやまですが、出走間隔が足りませんでした。
適性的には厳しい一戦となってしまうかもしれませんが、勝ち上がるチャンスは手にしました。
具合の良さを生かして、あとは前進あるのみです。
(堀井雅広調教師)


まさかの奇跡の出走を成し遂げました!
しかし、芝1000m直なら奇跡の勝利まで想像出来ましたが、流石にダ1800mは条件的に厳しいでしょう。
内容はどうでもいいのでとにかく勝ってくれれば最高ですが…



ラハイナヌーン
小倉4R 3歳未勝利 芝1200m 松山弘平騎手 54kg

開催後半で外差しが決まる馬場状態。
道中なるべくいいポジションを取って、直線外へ出そうと考えてはいたはずですが、スタート直後から内に押し込められてしまったからね…。
ただけっしてスムーズな競馬ではない中で、それでも2着と地力の高さを示す内容だったとは思います。
そのまま小倉に滞在という選択肢もある中で、レース後はあえて一旦帰栗させています。
ひとつは環境の変化に弱く、輸送が酷でも連れて帰った方が体や精神面を維持できると考えたから。
もうひとつは脚元のことがあるので、連闘するか否か状態をちゃんと見極めてから判断したい理由でそうさせてもらいました。
水曜日から乗り運動を開始していますが、状態は特に変わりありません。
先週同様に力を出せるデキは維持できています。
ここは最後の未勝利戦で、どの陣営も当然勝ち上がりを狙っているだろう。
ベストを尽くし、連闘して臨むからにはラハイナが一番上の着順であることを願っているよ。
(山内研二調教師)


勝ちに等しい内容が続いておりますが、勝たなければ意味がない!
いよいよここまで来てしまいました。
もう勝つしか残っていませんから勝って貰いましょう!
歓喜の雄たけびをあげさしてください!


リーピングリーズン
新潟6R 3歳未勝利 芝1600m 大野拓弥騎手 54kg

28日(水) 新潟競馬場 ダートコース 54.0-38.9-12.4 単走 馬ナリ
仕掛けると自分からスッと反応してギアを上げてくれました。
当該週でサラッとした内容でしたが、悪くない最終追い切りだったと思います。
状態は変わらず維持できているだけにあとは相手関係だけ。
外回りコースでも芝マイルの距離はベストだと思うので、直線目一杯の末脚でリーピングに抜け出してきてほしい。
ここが最後の未勝利戦ですし、なんとか勝ちたいですね。
(奥村武調教師)


こちらも最後の戦いへ。
距離はベストだとは思います。
何とか・・・何とか勝利をお願いします。

posted by じろう at 22:07| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

今週の出走馬8/25

8月25日
ラハイナヌーン
小倉6R 3歳未勝利 芝1200m 北村友一騎手 54kg

18日(日) 坂路コース 61.8-43.2-25.6-12.8 単走 馬ナリ
21日(水) 坂路コース 61.7-42.5-24.6-12.5 単走 馬ナリ
白血球の数値が高くなり、先週は馬場入りを3日間控えました。
ただ、それでも涼しい時間帯に引き運動はさせて動かしていましたし、終い重点の追い切りを中間2本消化して、なんとか間に合うところまで態勢を整えられたと思います。
来週は芝1200mの番組が2つあっても、5節ではおそらくボーダーラインで入るか入らないか微妙な出馬状況が予想できる。
そういった事情も含めて、今週勝負に行かせてもらいます。
あとは金曜日に小倉へ輸送して、レースまでの競馬場滞在でなるべく体を減らさぬことが今回最重要となってくるだろう。
慣れない場所での一泊は精神的にしんどいタイプらしく、前回は到着後まったく飼い葉を口にしなかったからね。
ラハイナヌーンの地力に期待する一戦ですが、厩舎としてもやれるだけのことは精一杯やったつもりですので、どうにかここで決めたい。
応援をよろしく。
(山内研二調教師)


先週の更新から心配しており、ひょとしてもう未勝利戦に間に合わないのか!?とも思いましたが、何とか出走出来そうです。
相手関係もざっと見まわしても恵まれた印象。
持ち時計もあるし、ここはスッキリ決めて貰いましょう!
勝って少し休んで欲しいところです。
上のクラスでも十分やっていけると思うので末永い競争生活を期待しています。
ゆくゆくは繁殖に上がって、その仔に出資したいのでまずはここを勝ちましょう!
がんばれ!ラハイナヌーン!!




ゴールドパラディン
小倉5R 2歳新馬・混 芝2000m 津村明秀騎手 54kg

18日(日) 坂路コース 58.1-40.8-25.6-13.0 単走 末一杯
21日(水) CWコース 51.5-38.6-12.7 一杯
追い切りの動きは徐々に良くなっているが、ゲート内で潜る癖があって発馬もなかなか出て行かない。
今週も二度練習したんだけど、逆に係員の目を光らせてしまったよう。
現状だと1200m戦では、スタートダッシュで他馬から大きく差をつけられるかもしれないな。
そのため、本質的にはマイルくらいまでのタイプに映るものの、デビュー戦に関してはこの距離から使わせてもらいます。
この時期は他も距離に関して手探りで、おそらくスローの流れになるだろうし、こなせないかと思ってる。
レースを使いつつだろうけど、走ってきそうな雰囲気の馬ですよ。
(山内研二調教師)


ノルマンディー2歳世代2頭目のデビューとなります。
同じくキャロットで出資した馬との対決となり微妙な感じですが…

当初1200mを予定しており、被ることはないと思っていたのですが、山内先生のコメントを見て納得。
コメント的にもいきなりではなさそうですが、期待している馬なので格好はつけて欲しい!
まずは何とかスタートを決めて欲しい所だが、どうでるか?
楽しみな一戦です。


ウェイヴァリー
小倉競馬(2歳新馬・芝2000m) 秋山騎手

21日は栗東坂路で追い切りました(52秒9−38秒2−25秒0−12秒6)。「今朝は秋山騎手を乗せて坂路で併せて追い切りました。相手は攻め駆けするタイプなので最後遅れたのは想定内ですし、こちらの時計自体は水準以上で申し分ありません。新馬を迎えるに当たってはいい形で仕上がったと思うのですが、ひとつ心配なのがゲート。何度か確認に行っているのですが、まだ不安定なところがあるので、うまく五分にスタートしてくれれば…と思います」(平田師)25日の小倉競馬(2歳新馬・芝2000m)に秋山騎手で出走を予定しています。


キャロット2歳世代としては3頭目のデビュー戦となります。
コメントを読むとこちらもスタートが課題のようで、揃って出遅れだけは勘弁して欲しいところ。
こちらもいきなりからというタイプに思えないのですが、どういう競馬を見せてくれるのか楽しみと不安が入り混じっています。
まずは無事に走り終えてもらう事が第一ですが、こちらも恰好をつけて欲しいところです。


posted by じろう at 23:44| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

今週の出走馬7/27・28

7/27
ラハイナヌーン
小倉2R 3歳未勝利 芝1200m 北村友一騎手 54kg

21日(日) 坂路コース 60.1-41.3-25.6-12.6 単走 馬ナリ
24日(水) 坂路コース 57.5-40.4-25.3-12.3 馬ナリ
中1週の競馬でも体調自体はいい。
距離短縮に関してはやってみなければ分かりませんが、開幕週でパンパンの良馬場が見込めるだけに、今回はラハイナの力を存分に発揮してほしいね。
ここにきて稽古でもやや掛かり気味に行きたがる面を見せているから、ゲートを出たなりではあっても、道中なるべく好位で脚を溜める形が理想。
小倉までの輸送を無事こなせれば、メンバー的に十分チャンスはあるんじゃないか。
(山内研二調教師)


ん?これメンバー軽いのか
前走掲示板がラハイナヌーン以外に1頭しかいないぞ!
でもラハイナにとっても1200mは初で付いていけるのか少し不安だな。
スタート良く好位を確保出来れば突き抜けてくれるような気がするけどね。
もうそろそろ後がない状況が迫って来ているのでここで決めたい!
一気に突き抜けろ!




7/28
ソルパシオン
札幌4R 3歳未勝利・混 芝1500m 松岡正海騎手 56kg

24日(水) 函館競馬場 ダートコース 72.0-55.9-40.7-12.9 単走 強目
今週も松岡を背にして、直線だけシュッと伸ばすようなイメージでの追い切り。
動き自体も悪くありませんし、軽めのメニューに切り替えた期間が功を奏して状態をしっかりと戻してきています。
さすがに1500mという条件を狙って半数近くが権利持ちという決して楽ではない相手関係。
我々同様、松岡もこれまで稽古をつけてきている中でどうにか結果につなげたいという思いも強いですし、ソルパシオンにもここはもうひと頑張りしてほしいところ。
(中舘英二調教師)


こちらはメンバーが揃ったね…
条件は合いそうだけど、厳しい戦いが予想される。
でもここまで来たら、ここでやれないとこの先も厳しいので勝ちたい!
距離が延びるのはいいだろうし、好位から最後の直線で弾けて欲しいね。
がんばれ!ソルパシオン!!


posted by じろう at 07:43| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

今週の出走馬7/21

7/21
ミーハディビーナ
函館1R 2歳未勝利・混 芝1200m 丹内祐次騎手 54kg

17日(水) 函館競馬場 Wコース 70.7-56.3-42.4-13.8 単走 馬ナリ
やや間隔の短い臨戦過程でも、目立った疲れは感じられません。
滞在競馬が合うタイプで飼い葉食いも落ちていませんし、好調子を維持できていますよ。
けっしてハナにはこだわりませんが、スピードがあるので今回も前々から運ぶ競馬を徹底してもらうつもり。
3戦目でそろそろ実戦慣れも見込めるだけに、いい結果を出せればと期待しています。
(牧光二調教師)


早くもデビュー3戦目で頑張っています。
相手も揃って厳しい戦いが想像されますが、ここも掲示板確保するような走りを期待しています。
スピードはありますので、先行して最後まで粘ってくれれば掲示板は確保出来るでしょう!



ケープオブストーム
中京5R 2歳新馬 芝2000m  浜中騎手 54kg

17日は栗東坂路で追い切りました(52秒6−38秒2−24秒7−12秒3)。「先週末の日曜には坂路で55秒を切るぐらいの時計を出したのですが、その時は追ってからの反応が少し鈍く感じていました。今朝はジョッキーに乗ってもらってそのあたりの確認をしましたが、時計的にはしっかり動けていましたね。併せた相手が準オープンの短距離馬だったので手応えは見劣りましたが、ビシッと動かしてもらったので良くなると思います。ジョッキーは『踏み込みの浅さはあるけれどよく動けていた』と言っていました。これでまずは態勢が整ったと言っていいでしょう」(横井助手)21日の中京競馬(2歳新馬・芝2000m)に浜中騎手で出走を予定しています。


キャロット出資馬の2頭目のデビュー戦です。
1頭目のシャルロワは2戦目で2着と勝ち上がりも見えているので、ケープオブストームも明るい兆しを見せて欲しいです。

調教時計はなかなか速い所をやっていなかったので、どんなものかと不安でしたが、追いきりはそこそこ走れていましたので一安心したところです。
父のトゥザグローリーの産駒成績は振るわない状況ですが、この子はやってくれると思っています。
中京最終週で馬場も荒れて来ているのでこの馬にとっては好材料だと思っています。
今後に期待出来るような走りを願っています。
posted by じろう at 21:02| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

今週の出走馬7/13・14

7月13日
リーピングリーズン
福島7R 3歳未勝利 芝1800m 大野拓弥騎手 54kg

7日(日) 坂路コース 57.4-41.3-26.5-12.7 単走 馬ナリ
10日(水)坂路コース 54.4-40.1-26.5-13.5 馬ナリ
前走先着を許したアイコニックや牡馬相手でメンバー的に楽ではないかもしれませんが、2000mよりこちらの方がリーピングリーズンにとっては向いている距離に思えます。
あとは週末あまり天気が崩れないと良いですね…。
多少渋って適度に時計のかかる馬場ならこなせるタイプでも、グチャグチャであまり重くなるとスタミナにまだ不安が残る。
体調が上向きようやく軌道に乗ってきたので、なんとかここで決めたい気持ちです。
(奥村武調教師)

前走2着馬が3頭もいるメンバー構成でなかなか強気にはなれませんが、そろそろ決めて欲しいんだな〜
最低でも権利は確保してくれないと困ります。
何とかならないかな〜



ブリリアントリリー
中京8R 3歳上1勝クラス・牝 芝2000m 森裕太朗騎手 54kg

7日(日) 坂路コース 55.7-39.8-25.5-12.1 末強目
10日(水) CWコース 86.2-71.1-55.7-40.7-12.0 単走 一杯
週末にも長目から時計を消化して反応を確かめています。
息遣いに問題はありませんし、水曜日の追い切りでも終いしっかりと脚を伸ばして、具合の良さというものは見ていて十分伝わる内容。
今週の出走にゴーサインを出させてもらいました。
今はまだ形をマスターさせている段階ですが、稽古でも終いに必ずいい脚を使って伸びてくるタイプ。
前進を期待したいと思います。
(石坂公一調教師)


転厩してから後ろからの競馬を試そうとしていて、板についてくれるといいのですが。
このクラスではやってくれないと困ります!




7月14日
ラハイナヌーン
中京4R 3歳未勝利・混 芝1600m 松山弘平騎手 54kg

7日(日) 坂路コース 60.0-42.7-26.0-13.0 単走 馬ナリ
10日(水) 坂路コース 57.7-40.3-24.8-12.5 馬ナリ
1馬身追いかける形のスタートも、楽な感じで併走馬に先着。
手応えは明らかにラハイナの方が良さそうに映ったな。
先週よりも動きが一段とシャープになって、スライドによる影響はないと思う。
体や状態も維持できているので、あとはメンバーと流れひとつだね。
前へ行く馬たちが相手になると思うけど、まだフワフワ走る面があるので前走のように逃げる形の競馬は絶対にダメ。
直線なるべく馬場のいい外側へ持ち出せれば、終いまで脚を使えるはずだよ。
(山内研二調教師)


前走掲示板が何頭もいるメンバー構成ですが、チャンスだと思います。
ここはスッキリ勝ってもらって未勝利脱出してもらいましょう!
松山騎手には中団から最後は前の馬全頭抜き去ってもらいます!(`・ω・´)



ファイナルマズル
福島12R 3歳上1勝クラス ダ1700m 藤田菜七子騎手 51kg

7日(日) Pコース 52.7-39.0-12.3 強目
10日(水)芝コース 68.2-53.0-38.8-12.2 馬ナリ
引き続きPコースでの追い切りも考えていましたが、水曜は湿り気のある芝コースを使用し、先輩として誘導馬の役割を果たしてくれています。
動きも悪くありませんでしたし、状態も安定しているといえるでしょう。
調教を進めて飼い食いが落ちるということもなく一定で、例えば楽をさせて調教を緩めて馬体重がグンと増えるということもないんですよね。
将来的には馬体重を増やしての競馬が理想とは考えていますが、今のこの時期はこれがファイナルマズルにとってのベストだと受け止めています。
今回は過去2戦している福島が舞台。距離がキーにはなりますが、前とは違うっていうところを見せてほしいですね.
(岩戸孝樹調教師)


この距離がどう出るかな〜と不安ではありますが、世界の菜七子騎手に導かれて先頭でゴールイン!
楽しみにレースを待ちたいと思います。
がんばれ!



ブラックジェイド
中京12R シンガポールターフクラブ賞・混 芝2000m 太宰啓介騎手 57kg

10日(水) CWコース 82.2-65.7-50.8-37.4-12.0 単走 直線強目
レース後の疲れは順調に回復している。
息遣いも良化しており、使った上積みは十分感じられるものの、まだブラックジェイド自身が目覚めてこないようで思いのほかピリッとしてこない。
本来はもっと闘志を前面に出すタイプなので、完全復調となるまでにもう数戦は必要かもしれません。
長期休養明けを叩いてどれだけ変わってこれるか、そこに今回期待していますが、実戦勘さえ戻ればこのクラスで足踏みするような馬ではないはずですよ。
(昆貢調教師)


前走は長期休養明けの影響がモロに出て惨敗しました。
ここは中1週で挑むわけですが、良くはなっているのでしょうが、正直私は不安です。
確かにまだ本調子ではなくてもこのクラスでは力が違うので、何とかして欲しいところです。
華麗な逃げ切りを期待します!

posted by じろう at 23:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

今週の出走馬6/29・30

6月29日
ソルパシオン
函館2R 3歳未勝利 ダ1000m 松岡正海騎手 56kg

前半ついていけなかったですよね。
これまでも芝を使ってきて決して合わないというわけではありませんが、芝よりもダートの方が行き脚がつくのではないかと考えます。
それもあって今回はダート。
直線しか競馬していないのでダメージもありませんし、せっかくのいい状態の時に走らせない手はないと思い、レース後より連闘は頭に入れてありました。
勝たせなきゃいけない馬だとわかっていますし、それだけの力があるというのも実感としてあるので、何とか決めたい一心です。
(中舘英二調教師)


勝負の連闘なので、何とかスタート決めて先行押し切りを期待したい。
強そうな1頭がいますが、ここは何としても決めてもらいたい!
頼む!


セレーネワルツ
函館2R 3歳未勝利 ダ1000m 大野拓弥騎手 54kg

乗り込みを重ね、プラスに働くであろう滞在競馬と最適と思われる芝1200mという条件を選んだつもりではありました。
不利があったとしても、もっとやれてもいいはず。
短い距離でとなるとなかなか出走が叶いにくい傾向にある中、昨日の想定の段階では出走できる可能性はゼロではなかったため動き始めました。
願わくば芝でとは思っていましたが1節では難しい状況でしたので、一度視野を広げてダートも選択肢に。
園田のような重い砂ではありませんし、天気を見ても軽いダートになることが予想される中であるなら、もう一度試してみる価値はあると判断しました。
(鈴木孝志調教師)


前走の適鞍と思える条件でも厳しい結果なので、このダート戦は正直厳しいだろうと思います。
それでも次に繋がるレースとなればいいのですが…


ファントムメナス
福島12R 3歳上1勝クラス ダ1700m 江田照男騎手 57kg

23日(日) 坂路コース 63.4-45.0-28.7-14.1 単走 馬ナリ
26日(水) 坂路コース 53.4-38.5-24.4-11.9 一杯
坂路で時計の出る馬なんですが、今週は一杯に追ったとはいえ、終い1ハロンを11秒台でまとめてきました。
雰囲気は先週と比べて更に良くなってきましたし、力を出せる状態に仕上がったと思います。
これまでの傾向を見ると今週は余裕で出られると思っていましたが、今年は想定段階で頭数が多く、ファントムメナスもギリギリでの出走となりました。
権利持ちもいて相手関係は強そうですが、そんな中でもしっかり追ってくれる江田照男騎手を確保できました。
前走は減量騎手でしたが最後まで一生懸命乗ってくれたことで、ある程度この条件にも目処が立ちましたし、今回は経験豊富なジョッキーにこの馬の持ち味を引き出してもらいたいですね。
土曜の午後から雨が降り始める予報なので、馬場の悪化が心配なところです.
(石栗龍彦調教師)


以前から調教は走るのですが、レースに繋がりません。
何かきっかけを掴み覚醒して欲しいのですが…
今回辺りやってくれないものかと。



6月30日
ジャスパーゲラン
福島1R 障害3歳上未勝利・混 芝2750m 金子光希騎手 60kg

26日(水) Cコース 71.4-55.0-40.7-13.4 単走 馬ナリ
先週よりも全体的に状態が上向いてきていいですね。
乗り込みを重ねてこれたのは確実にプラスでしょう。
腰も以前と比べるとパンとしてきたといえますね。
それでも甘さがあることを考えたのなら、ローカルの障害の方がジャスパーゲランにとってはいいはず。
ジョッキーにも積極的に運ぶよう指示するつもりでいますから、それに応える形で大きく前進してほしいところです。
(的場均調教師)


そろそろ障害にも慣れて上位争いをして欲しいところです。
除外の影響はないようですので、頑張ってもらいたいです。


ブラックジェイド
中京9R 木曽川特別・混 芝2200m 太宰啓介騎手 57kg

23日(日) 坂路コース 57.8-40.6-25.2-11.9 馬ナリ
26日(水) CWコース 83.4-66.6-51.9-37.9-11.6 直線強目
帰厩した当初は息遣いもいまひとつで、動き自体も重苦しかった。
目標のここになんとか間に合ったという現状でも、仕上がりに関しては悪くないですよ。
あとはブラックジェイド自身がブランクの長さをどう克服してくれるか。
何が出てこようがこのクラスでは力が上と思っていますが、今回ばかりは地力に期待したい。
(昆貢調教師)


いよいよ戻って来ました。
昆先生が言われるようにこのクラスでは力が違いますし、何ら心配いらないのですが何せ1年3ヵ月振りのレースとなりますのでその辺が心配ではあります。
結果圧勝!となれば最高ですが、無事にレースを終えてくれることを祈ります。


posted by じろう at 10:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

今週の出走馬6/22・23

6月22日
ソルパシオン
函館1R 3歳未勝利 芝1200m 松岡正海騎手 56kg

19日(水) 函館競馬場 Wコース 67.6-52.6-38.6-13.5 単走 一杯
ここのところ安定して具合が良いんですよね。除外になって予定は後ろにずれることになりましたが、調子の良さとしては変わらずにこれています。
調教の動きも悪くありません。
松岡は美浦でも函館でも稽古をつけてきていますし、レースでも跨がっていてソルパシオンのことはよくわかっているはず。
それにいいイメージも持っているでしょうから安心して託せると思っています。
(中舘英二調教師)


前走で勝ち上る予定がずれ込みました。
今回は芝に戻りますが、手が合いそうな松岡騎手を背に先頭でゴールを駆け抜けてくれるものと信じています。
今回は条件というより松岡騎手に合わせた感がありますが、それだけソルパシオンとのコンタクトが取れているとの判断だと思いますし、結果が出ることを祈るのみです。
勝ってくれ!ソルパシオン!



ミーハディビーナ
函館5R 2歳新馬・牝 芝1200m 丹内祐次騎手 54kg

19日(水) 函館競馬場 芝コース 66.1-50.1-37.0-11.8 馬ナリ
水曜日の追い切りでは丹内に芝の感触を確かめてもらいましたが、『軽快なフットワークで凄く良かった』と報告を受けています。
美浦の稽古でもセンスある動きを評価していた馬ですし、抜けた能力があるかはまだ未知でも、初戦からやれるだけの仕上がりにはある。
頭数はやや揃いましたが期待したいですね。
(牧光二調教師)


じろう厩舎2歳馬の幕開けです。
先陣を切るのはミーハディビーナ。スクリーンヒーロー産駒の牝馬。
スピードはありそうなので発馬次第でもしかして!?と淡い期待感を持っています。
調教内容からも恥ずかしい競馬にはならないと思っていますので、どんな競馬をしてくれるのかワクワクです。
でもとにかく無事にレースを終えてくれるのが一番ですが。



6月23日
セレーネワルツ
函館1R 3歳未勝利・混 芝1200m 城戸義政騎手 54kg

16日(日) 函館競馬場 Wコース 60.8-44.1-14.3 単走 馬ナリ
19日(水) 函館競馬場 Wコース 68.8-53.4-40.0-13.5 馬ナリ
当初は先週の出走を予定していたものの、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性があると見なされ競走除外。
検査の結果としては陰性で今週の出走となりました。
まず今回の件に関しましてご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
ご心配もかけたことかと思いますが、一週予定が後ろにずれることによりどうかというと、セレーネワルツにとっては追い切りを重ねられたのはプラスでした。
先週と比べても動きが良い印象です。
今回の鞍上は函館滞在中に稽古をつけていて馬とコンタクトがとれている城戸に依頼しました。
このコースの特性を考えると、やはり上手いことスタートを決めて前目の位置でと指示するつもりです。
(鈴木孝志調教師)


禁止薬物の影響で1週延びました。
相手関係も含めてその辺の影響がどう出るかが不安ですね。
まだ勝ち上がりを意識させてくれるレースを見せてくれてはいないですが、いきなりでもいいんですよ!
そろそろ形にしたいですよね。



posted by じろう at 08:03| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

今週の出走馬6/9

6月9日
シャルロワ
阪神5R(2歳新馬・芝1600m) 岩田康騎手

5日は栗東坂路で追い切りました(56秒2−40秒6−25秒8−12秒0)。「先週ジョッキーを乗せてCWコースでしっかりやっていますから、今朝は坂路で終い重点に追い切りました。サッと伸ばす程度でしたが、ラスト1ハロンの反応はとても良くて最後は12秒0というタイム。骨格を見るとまだ筋肉がつききっておらず成長途上かなと思いますが、その段階でこれだけ動けるのですから素質は高いと思います。レースが楽しみですよ」(梅田師)9日の阪神競馬(2歳新馬・芝1600m)に岩田康騎手で出走を予定しています。


いよいよ私のキャロットクラブ初のデビュー戦を明日迎えます。
その名も『シャルロワ
ハーツクライ産駒の牝馬で5月4日生まれと遅生まれの部類でハーツ産駒という事もあり、出資当初はこんなに早くデビュー出来るとは思ってもみませんでした。
更に言うと、私のキャロット入会初年度の出資馬なので当然既会員で満口にならなかった馬(新規でも取れた馬)でした。
というか全く人気のない馬でした。

それがデビュー前の調教内容も良く、メディアにも沢山取り上げて頂きこんな楽しみな気持ちでデビュー戦を迎えるのは初めての経験です。
これまではノルマンディー1本でやってきましたから、デビュー勝ちする馬は何頭かいましたが、デビュー前からここまで取り上げられての経験はありませんでした。
だからといって勝てるかは別の問題ですから、ワクワクドキドキで明日のレースを迎えたいと思います。

これはどの馬も一緒な気持ちですが、まずは無事にデビュー戦を走り終えて欲しいと思います。
そして、その結果勝つことが出来れば最高だなと思います。
明日が楽しみです(^▽^)/


posted by じろう at 16:25| Comment(1) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

今週の出走馬5/11・12

5月11日
リーピングリーズン
東京5R 3歳未勝利・混 芝1600m 内田博幸騎手 54kg

5日(日) 坂路コース 56.2-40.7-26.0-12.8 単走 馬ナリ
8日(水) 坂路コース 54.6-40.0-26.8-14.0 強目
求めているレベルが高い馬だけに、重い馬場状態では思いのほか動けていないというのが現状正直なところ。
それでも気配自体はけっして悪くありませんし、前走から少し間隔こそ開きましたが、体に太め感もありません。
ようやく脚元も固まってきたので、このタイミングで芝を試したいと思います。
以前に稽古をつけたマルちゃん(丸田騎手)は『芝の方が良さそうなタイプ』と口にしていましたし、実際にウチの厩舎でもスタッフの意見が割れている。
未勝利戦でもメンバーは揃った感がありますが、芝替わりでなんとか新味を出してもらいたいと期待しています。
(奥村武調教師)


初芝での新味に期待ですね。
調教時計見てもいきなりは期待薄な感じなので、ここは芝が合うという所が見れればそれでいいかな。
ただそうゆっくりもしていられない時期に差し迫ってきているので、そろそろ勝ちを意識できるようにしていきたいですね。
デビュー戦を見たときはここまで手こずるとは思いませんでした(;´・ω・)



5月12日
ファイナルマズル
東京1R 3歳未勝利 ダ1400m 菅原明良騎手 53kg

5日(日) Wコース 54.2-38.9-12.5 単走 直線強目
8日(水) Wコース 70.4-54.3-39.6-12.7 馬ナリ
前走の好走は適性のある舞台であったことや外枠というのもあると思いますが、減量が効いたというのも一つの要素だったでしょう。
今回も減量騎手を起用して、昨日は菅原を背にしての時計消化。
ここのところで一番じゃないかと思える動きでしたし、菅原自身も『とても良かったです!』と話していましたよ。
今週と来週のどちらかでと考えていましたが、この追い切りの内容と想定のメンバーをもとに日曜の出走を決めています。
(岩戸孝樹調教師)

菜七子で勝利!
を期待していたので、乗り替わりは残念ですが、ここは代わりに菅原騎手に頑張ってもらいましょう!
大事な一戦に新人騎手はちょいと不安要素ですが、ここは何とか決めてもらいましょう。
調子も良さそうなのでここで一気に決めてもらいます!



ジャスパーゲラン
新潟4R 障害4歳上未勝利・混 芝2890m 金子光希騎手 59kg

8日(水) Cコース 70.1-55.1-41.2-13.4 単走 馬ナリ
先週ビシッと追ったのが刺激となり、昨日の追い切りでは動きに良化が見られました。
本数を重ねてきた分、しっかりとした脚取りで動けています。
角馬場での障害練習も問題なくクリア。
送り出すからには納得できる状態でというのが大前提ですので、予定よりも時間をかけて調整させてもらいました。
頭数も落ち着いた2戦目の今回は当然前進を期待しています。
(的場均調教師)


障害2戦目で進展を期待です。
前走はあくまで障害コースの試走というような走りでしたので、今回はもう少し上位を期待しています。
飛越は上手でしたし、2戦目の慣れで上位進出期待です!



ラハイナヌーン
京都4R 3歳未勝利・混 芝1800m 四位洋文騎手 54kg

5日(日) 坂路コース 58.5-41.6-26.0-12.9 単走 馬ナリ
8日(水) 坂路コース 57.5-40.7-25.3-12.8 単走
当初の予定は新潟一択。
しかしながら昨日の想定段階から悩みに悩み、メンバーも吟味したうえでこちらの番組に投票させてもらいました。
その背景には理由が2つ。
ひとつは長距離輸送による馬体減を不安視してのもの。
前回よりもカリカリした面が見られ、飼い葉を食べれてはいても膨らみがいまひとつ物足りなく映るからね。
厩舎都合と思われるかもしれませんが、もう1頭使う予定だった相棒が今週は予定を変更し、新潟に単独で積むことになる点もラハイナにとってけっして良い材料ではない。
もうひとつは単なる杞憂に過ぎないかもしれませんが、普段の稽古でも左にモタれる癖がどうにも目に付く点。
スムーズにコーナーを回って、ちゃんと手前も替えられていたのに、直線は追い出してから苦しがって左へ左へとモタれていた前走。
こればかりはやってみなければ分からないけど、現状では右回りの方が安定して走れるのではと思う。
1頭強そうな馬がメンバー中にいますが、それはどこを使いに行っても同じでしょう。
状態は変わらずきているので、好走を期待しています。
(山内研二調教師)


山内先生の考え方に賛同しますし、私自身も新潟コースはどうなのかな?とは思っていましたが、新潟なら勝てた確率は高いような気がしmしたね。
なにせこちらには1頭強そうな馬がいますからね。
前走と同じでまた2着とならないように突き抜けて欲しいですね。
後は四位騎手に任せるだけです!



ブラゾンドゥリス
京都11R 栗東ステークス・ハンデ ダ1400m 岡田祥嗣騎手 56kg

5日(日) 坂路コース 57.4-42.1-27.7-13.6 単走 馬ナリ
8日(水) 坂路コース 54.7-40.3-26.6-13.9 強目
最終追い切りはやや軽めの内容に感じるかもしれませんが、近走とはあえてレース当該週の調整パターンを変えさせてもらいました。
格下相手ということもあってかノビノビ気分よく走れていましたし、体調面含め状態は特に変わりありません。
ただ、本当にいい頃のブラゾンに比べると闘争心には欠ける印象で、自分からハミをグイグイとって前を捉えてやろうといった気迫が薄れているのは確か。
体なんかはその当時よりむしろ柔らかみが感じられるので、キッカケひとつだと思うのですが…。
モタれ癖を解消させる狙いから、今回レースでは右の片側ブリンカーのみ装着します。ハンデも56kgですから、ポンとスタートを決めて前々の競馬から粘り込みたいですね。
(尾形和幸調教師)


もう走る気がないのかな?
今回である程度判断できるかな…
ここまで頑張って来てくれた馬ですから、もういいよと言ってあげたい気もしますが、出来ればもうひと花咲かせて欲しいと思うのが本音です。
中央が厳しいのなら地方という手もあると思うので、今回は大事な一戦です。



posted by じろう at 09:30| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

今週の出走馬4/29

4月29日
シシオウ
京都7R 4歳上500万下 ダ1800m 国分恭介騎手 57kg

21日(日) 坂路コース 56.2-40.4-26.0-12.4 単走 馬ナリ
24日(水) 坂路コース 52.4-38.0-25.2-12.9 強目
この中間の追い切り後も脚元に大きな変化こそないものの、不安を抱えていることに変わりありません。
おそらく一戦一戦が脚元との戦いになると思いますが、入厩後ここまで時間を掛けて調整してきましたし、先週今週とタイムも出ています。
そのため当初の予定を一週前倒しして、今週京都のダ1800m戦へ向かうことにしました。
現状では芝や障害レースに使って結果が出るというより、リスクの方が高いと考えての選択です。
出走態勢はきっちり整っていますが、まずは転入初戦のレースを無事回ってきて欲しいと思います。
(石坂公一調教師)


正直、シシオウの復帰戦がダート戦を見込んでいると出たときから、『はぁ?』と思いましたよ。
だって、シシオウはダートダメだもん!

でもそんなことは転厩先といえどわかっているはず。
それなのにダート戦に向かうのは、やはり脚元を考慮してのことなのだろうなぁ。
それほど状態は悪いのだろうか。
一戦一戦が勝負となるのだろう。でもそれならわざわざ苦手なダート戦を「無駄遣いしないで芝に向かえばとも思っちゃうんだよな〜
まぁ出資者は黙って決定したことを見守る事しか出来ないので、あーだこーだ言っても仕方ないので、無事に走り終わること、意外とダートでもやれるじゃん!となることを祈るばかりです。


posted by じろう at 21:59| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

今週の出走馬4/20・221

4月20日
ブラゾンドゥリス
東京11R オアシスステークス ダ1600m 野中悠太郎騎手 58kg

14日(日) 坂路コース 54.7-40.2-26.6-13.3 単走 馬ナリ
17日(水) 坂路コース 52.4-38.9-25.8-13.1 一杯
後ろから追いかける形で相手に並びかけ、抜け出してからもしっかり最後まで追う内容。
今週はかなり中身の濃い稽古を消化できたと思いますし、私は併走馬の方に乗っていたのですが、息遣いに関してもまったく問題ありませんでした。
良い成績を挙げていた頃のブラゾンと比べても、むしろ柔らかみが感じられ、そこを全盛期と表現するほどまだ肉体的に老け込んではいない。
休み明け初戦から斤量58kgと厳しい条件ではあるものの、なんとか今回また浮上のキッカケを掴んでほしいです。
レースでは再度ブリンカーを装着して臨みます。
(尾形和幸調教師)


流石にOP馬の戦いは相手関係に恵まれたというような事はなかなかないですね。
ここも厳しい戦いが想像されます。
勝つのは酷ですが、本来の走りを取り戻すきっけかとなるようなレースになればいいです。



4月21日
ファイナルマズル
東京2R 3歳未勝利 ダ1400m 藤田菜七子騎手 53kg

14日(日) Wコース 53.6-38.6-12.7 馬ナリ
17日(水) Wコース 53.2-39.1-12.7 強目
最終追いの動きも問題なく、体調面含めて気になるところはありません。
前走もいい具合に態勢を整えて送り出すことができましたが今回も同様です。
いいものは持っているので条件さえ合えばというところですから、前走を踏まえての距離短縮。
この馬の場合には特にスタートが重要な要素です。
今回はスタートが上手でかつ減量を効かせられる鞍上に依頼しています。
(岩戸孝樹調教師)


前回は上手くスタート出来て最後の直線までは良い感じだったので、今回の距離短縮により良い結果が出るといいなと思います。
やはり問題はスタート!
スタート決めて好位から先頭でゴールするぞ!
菜七子で勝つ!!



ラハイナヌーン
福島7R 3歳未勝利 芝1800m 西村淳也騎手 52kg

14日(日) 坂路コース 60.8-42.6-26.3-12.6 単走 馬ナリ
17日(水) CWコース 53.0-38.1-11.7 一杯
まだ体つきは華奢に映るが、飼い葉をしっかり食べれるようになってきた。
まだ手探りの状態で適性などは掴めていないけど、稽古の動きは悪くないし、前走を見ても平坦小回りコースは合っているんじゃないかな。
あとは福島までの長距離輸送を無事こなしてくれたらいいね。
(山内研二調教師)


ここ数戦で勝つと見込んでいます。
今回の相手関係はまだ観てないのですが、もしかしたら今回勝つのでは?とさえ思っています。
能力はある!
頑張れ!


posted by じろう at 12:00| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

今週の出走馬4/6

4月6日
アイヴィーサ
福島2R 3歳未勝利・牝 ダ1150m 横山武史騎手 53kg

3月31日(日) 坂路コース 59.3-43.7-29.3-14.9 単走 馬ナリ
3日(水) 坂路コース 52.6-38.4-25.6-13.0 馬ナリ
昨日は本番で騎乗予定の横山武史ジョッキーが跨っての追い切り。
『スピードがありますし、操縦性も高いですね』とのこと。
入厩してからじっくりと仕上げてきたので、目一杯の負荷は掛けていないものの、いきなりから動ける態勢に持ってこれたと思います。
前走の入着馬も数頭で、アイヴィーサと同様、今回がデビュー戦というメンバーも数頭いるように、比較的相手に恵まれました。
自厩舎と相性の良いロードカナロア産駒ということもあり、期待して送り出します。
(国枝栄調教師)


ようやくこの世代(16年産)9頭出資して、全てデビューを迎える事になりました👏
でも勝ち上がりは0ですが…
そして、この馬私の命名馬でもあります。レゴリスに続いての命名馬のデビュー戦とあって、本来なら現地に駆けつけたいところではありますが、流石に福島まではいけない。
ここは現地のけんぴさんに任せて自宅から応援します。
未勝利戦からのデビューということで、既走馬相手ではありますが、調教も私が想像していた以上に走れていますので期待してレースを見守りたいです。
まずは無事にまわってきてくれれば!というところですが、次に期待の持てるレースを見せてくれたら嬉しいです。
がんばれ!アイヴィーサ!!
posted by じろう at 07:30| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

今週の出走馬3/31

3月31日
リーピングリーズン
中山1R 3歳未勝利・牝 ダ1800m 横山武史騎手 53kg

24日(日) 坂路コース 56.5-41.3-26.2-12.6 馬ナリ
27日(水) 坂路コース 52.8-39.1-26.0-13.0 馬ナリ
想定の状況からは除外も覚悟していたのですが、予定していた番組に無事入ってくれました。
レースを使うごとに体が絞れてきていますし、それに伴って動きの方も徐々に素軽さが出てきている。
稽古をバリバリとやれているように、脚元に関してもまったく問題ありませんよ。
あとはゲートを普通に出て、稽古通りに走れればですね。
明日、タケシ(横山武史騎手)を背にダートコースから出してみて、もう一度ゲートのタイミングをおさらいさせる予定。
けっして駐立などに問題がある馬ではないので、キッカケさえ掴めば改善されるはずです。
早めに前を射程圏に入れるような競馬ができればと期待しています。
(奥村武調教師)


スタートさえ決めれれば。
相手関係は見ておりませんが、スタートさえもともに出て、中段より前目に入れば最後の直線で突き抜けるはず!
そろそろ勝ってくれてもいいんですよ!
この世代の私の出資馬の中でも一番の期待馬なのでここは決めて欲しいですね。



ファイナルマズル
中山5R 3歳未勝利・混 ダ1800m 津村明秀騎手 56kg

24日(日) Wコース 54.5-39.2-13.1 馬ナリ
27日(水) Wコース 53.0-39.0-12.9 馬ナリ
先週よりも確実に良くなっていますよね。
モタつき感が少なくなっているというんでしょうか。
ジョッキーも悪くない感触をつかんだよう。
何よりも事前に跨って癖を掴んでもらったのはプラスに働くはずですよ。
今回は3つある番組の中で相手関係を見て、またパサパサの馬場よりもと天気予報も考慮して日曜日の番組に投票しています。
まずはスタートを決めてほしいですね。
そこさえクリアできればと思っています。
(岩戸孝樹調教師)


こちらもスタートさえ決めてくれればというレースが続いていますが、どうなるでしょうか。
能力はあるはず!
スタートだけでもなく、二の脚も課題ですが…
レース慣れさえすれば必ず走ってくると思いますのでここも期待したいです。
徐々にですがレース慣れしてきているはず。
がんばれ!


posted by じろう at 20:08| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

今週の出走馬3/17

3月17日
ジャスパーゲラン
中京4R 障害未勝利・混 芝3000m 金子光希騎手 59kg

13日(水) Cコース 71.7-56.2-41.8-14.3 単走 馬ナリ
昨日はスタンド前の2つの障害を飛ばしてから、そのままの流れに追い切っています。
飛越も動きについても特に問題ありません。
いよいよ本番となるわけですが、レースの流れの中での飛越というのは練習とは違ってきますし、3000mという距離も新たな挑戦となりますよね。
今回はジャスパーゲランと同じく入障初戦や経験の浅い馬たちが多いメンバー構成となりました。
初戦ですからまずは無事に回ってきて欲しい。
ただ、それだけでなく次につながる内容であることを期待して送り出します。
(的場均調教師)


私の出資馬が障害戦デビューするのはこれで何頭目でしょう…
結構増えたなぁ〜
障害はレース中の心配はありますが、私は障害への転向は基本的に賛成です。
私の障害馬で活躍しているのはシシオウのみなので、ジャスパーゲランも続いて欲しいものです。
どんなレースをしてくれるのかワクワクデキドキです。



キャラメルフレンチ
中京12R 豊橋特別・混 芝1200m 川又賢治騎手 55kg

13日(水) ポリトラックコース 66.5-51.1-37.8-12.2 単走 馬ナリ
先週の時点でほぼほぼ仕上がっていたので、今週はビッチリというよりも最後の微調整という気持ちです。
もちろん動きも悪くありません。
当初より動けてはいましたし、あとは中身が伴ってくればというところでしたので、時間をかけられた分、作り上げられたと思います。
スタートを決めて上手く流れに乗って運んでもらいましょう。
(伊藤伸一調教師)


今回はどんなレースをしてくれるのでしょうか。
戦績の半分は二桁着順です。今回は一桁着順なのか二桁着順なのかどちらでしょうか。
もうそんなこと言ってる時点で期待していない感じですが、そんな私を見返すような走りを見せてくれ!

posted by じろう at 16:00| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

今週の出走馬3/9・10

3月9日
セレーネワルツ
中京5R 3歳未勝利 芝1400m 川又賢治騎手 53kg

3日(日) 坂路コース 60.9-44.6-29.3-14.5 単走 馬ナリ
6日(水) 坂路コース 54.7-39.7-26.0-13.1 一杯
最終調整の昨日は相手に対してしっかりと先着。
三週連続で十分な負荷をかけての追い切りを課し、力を出せる状態にもってくることができました。
中間にはゲート練習もおこない問題なく普通に出れています。
1200から1400に延びることによりテンもそこまで速くなりませんから、スタートをしっかりと決めて中団にはつけたいですよね。
前走は流れに乗り切りなかった感はありますから、今回は前進を期待して送り出します。
(鈴木孝志調教師)


10月以来の2戦目です。
劇的な変化もなさそうでいきなりの激走は難しそうですが、何とか次に繋がるレースを期待したいです。
出来れば掲示板。悪くても入着を目指して欲しいところですが、久々の走りは如何なものに!



ファントムメナス
中京9R 4歳上500万下・混 ダ1400m 藤田菜七子騎手 54kg

3日(日) 坂路コース 60.9-43.7-27.8-13.6 単走 馬ナリ
6日(水) 坂路コース 54.2-38.6-25.0-12.4 単走 一杯
追い切りは最後まで気持ちを切らさずに走れていて、仕掛けてからの反応も悪くなかった。
乗り役の感触も『終いはグッと手応えがあった』と報告を受けていますよ。
体が絞れてきたためか、前走時より素軽さが増してきたように映りますし、追い切り後は脚元の状態を入念にチェックしていますが、今のところ特に問題あリません。
もう1本速めをやれば更に動けるようになりそうな感じはあるものの、久々の実戦だった前走と比べれば、状態は明らかに今回の方が上だと思います。
新ルール適用で3kg減となる菜七子騎手にうまく導いてもらい、中央の500万クラスでも目処が立つ競馬を期待しましょう。
(石栗龍彦調教師)


出走は無理かと思っていたら無事中京で出走とラッキーな上に鞍上は藤田菜七子騎手!
これは楽しみな一戦となりました。
中央では大敗か勝ちかという極端な戦績ですが、前走は地方交流とはいえ見どころのあるレース振りでしたので、今回のレース内容がとても重要です。
菜七子騎手にしっかり追ってもらい、勝利に導いてもらいましょう!




3月10日
リーピングリーズン
中山1R 3歳未勝利・牝 ダ1800m 田辺裕信騎手 54kg

3日(日) 坂路コース 56.3-40.8-26.8-13.2 単走 馬ナリ
6日(水) 坂路コース 52.5-38.7-26.4-14.0 馬ナリ
日曜午後の馬体チェックで右前球節付近に傷腫れを確認しましたが、バンテージを巻いて処置してすぐに抑えられました。
最終追い切りでも3頭併せの真ん中で、両サイドの動きを見る形で楽々と併入。
脚元はまだ心配なところもあるため、あまり負荷をかけすぎないよう注意して進めていますが、デビュー戦の頃に比べると、だいぶ自分からハミを取ってしっかり動けるようになってきています。
体が絞れた今回は、急かさずともスッと反応してスムーズにギアチェンジしてくれるはずですし、ここは好勝負を期待しましょう。
(奥村武調教師)


前走も出遅れなければというレース内容でしたので、ここは勝利をかなり意識しています。
相手関係を全く見ずに言っておりますが、ここは何としても勝利が欲しいところです。
少し間隔が開いての2戦目となりますが、未勝利でウロウロしている馬ではありませんからサクッと勝っちゃいましょう!


posted by じろう at 08:58| Comment(1) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする