ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年02月01日

今週の出走馬2/5

2月5日
ホウロクダマ
京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 和田竜二騎手 56kg

1日(水) 坂路コース 56.8-41.4-26.2-12.9 単走 馬ナリ
昨日の想定で、優先出走権持ち馬の頭数が少ないうえにフルゲート割れの可能性があったため、中1週続きになるが出走を決めた。
先週の日曜日に15-15をおこない、今週でも来週でも使える算段にしてあったし、昨日の坂路でラスト2Fから加速していく感じは、前走の最終追い切りよりも上のような気がする。
メンバー的に今度は本命サイドになるでしょうから、期待を裏切らないようにしたい。
(中竹和也調教師)


来週の予定から1週早めての出走となりました。
確かに相手は2頭程強そうな馬がいますが、どうやっても勝てない相手ではないのでこの判断は正解となるかもしれません。
前走は2着と一気に変わり身を見せてくれましたが、メンバーレベルに助けられた感はあったので、今回が試金石ですね。
何でもいいから勝って欲しいのが本音です。
勝ってもおかしくないレースとなると思っています。



ジャストフォーユー
東京7R 4歳上1000万下・混 芝1400m 原田和真騎手 55kg

1日(水) Wコース 68.7-53.8-39.0-12.8 一杯
この中間は妙に落ち着き払っているというか、若干いつものジャストフォーユーとは雰囲気が違う印象。
最終追い切りでもテンからあまりスピードに乗らず、追っ付けて行って終いに脚を伸ばす内容。
これまではウォーミングアップを兼ねて一周半走らせた後は、テンションも上がって掛かり気味に行くことが多く見られたのだが、ややピリッとした感じに欠けるし、その点がレースでどう影響してくるのか。
それでも精神面で随分と成長しているのは確か。
翌週の1600mよりは東京であれば1400mの方が、ジャストにとって走りやすい舞台と考えるので、斤量2kg減も生かしていい内容の競馬をしてもらいたい。
(栗田徹調教師)


調子が今一つのようにも感じられますが、これがかえっていい方に向いてくれないかと願っています。
このクラスでも通用しないわけではないので、気分良く走れれば良い結果がついてくると思うのですが、今回は厳しいのかな?


posted by じろう at 19:54| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

今週の出走馬1/21・22

1月21日
ホウロクダマ
京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 和田竜二騎手 56kg

18日(水) 坂路コース 55.2-41.0-26.0-13.0 単走 一杯
状態そのものは平行線だが、休み明けの前走よりはスムーズに立ち回れると思う。
練習通りにいけば、ゲートもスッと出れるはず。
昨日の追い切りではノドからの異和音はなかったし、今週の京都・中京のダ1200m〜1400m戦のなかで、相手関係的にもほぼベストと思えるレースに出走できることになったので、なんとかしたい。
(中竹和也調教師)


まさかの今週出走となりました。
ノド鳴りも悪化はしていないようで、この恵まれたメンバーで何とかしたい気持ちですね。
あまり強気にはなれませんが一発あってもおかしくはないはず!
奇跡でもなんでもいい!勝ってくれ!


メルドオール
中京9R 4歳上500万下 芝2200m 長岡禎仁騎手 56kg

18日(水) 坂路コース 53.9-38.7-25.2-12.6 馬ナリ
昨日の追い切りは良かった。
馬場で長めを乗って運動量を確保し、あまり詰め込み過ぎないで適度に追い切りをかけるパターンが合っている。
22日(日)の京都芝2000mと天秤にかけ、中京で出走することにした。
前々走で騎乗した長岡騎手が厩舎にわざわざ顔を出し、鼻息が荒い感じでしたし、前走の2200mの経験を生かしてスムーズに運べれば、自ずと結果はついてくるはず。
(高橋祥泰調教師)


おぉ〜長岡騎手の鼻息が荒いのですか?
私も鼻息が荒くなりそうですね(笑)
こちらもホウロクダマに続き、メンバーに恵まれた感じなので何とかしたいところです。
ただし、毎度同じレース振りなのでそろそろ先行して直線抜け出すような競馬が見たいですね。
また後ろから直線ジワジワ伸びるが届かず6〜8着のような競馬は勘弁です。


ブラゾンドゥリス
京都11R すばるステークス ダ1400m 福永祐一騎手 56kg

15日(日) 坂路コース 58.3-42.6-28.4-14.2 単走 馬ナリ
18日(水) 坂路コース 53.7-40.0-26.9-14.0 一杯
水曜日の坂路コースが時計のかかる馬場だったことと、4ハロン計測の前から勢いをつけていたため、終いは少し脚色が鈍ったものの、仕上がりに関して何も不安なくレースに臨める。
体調面でもすこぶる良好に映ります。
あとは週末の天気予報が気になるところだが、中京・桶狭間ステークスでブラゾンを上手くエスコートしてくれた鞍上だし、これまでのスタイルでポジションを取りに行ければ今回も好勝負できると思う。
フェブラリーSに出走するためにも、何とかここで結果を出したい。
できれば外枠が欲しい。
(尾形和幸調教師)


18日(水)のラストがかかり過ぎたので心配しましたが、大丈夫なようですね。
メンバーも手ごわい感じですが、尾形先生が言うようにフェブラリーSに出走するためには負けられないので、頑張って欲しいですね。
枠がまだわかりませんが、外枠からすんなり先手が取れるようなら勝てる可能性も高いように思います。
好結果を期待します!


1月22日
ヒノアカツキ
中京1R 3歳未勝利 ダ1800m 北村宏司騎手 56kg

15日(日) Wコース 74.0-58.1-42.3-13.7 馬ナリ
18日(水) Wコース 67.9-52.7-38.7-13.2 馬ナリ
中山のダ1800m戦は出走間隔が足りないこともあり、メンバーも手薄な印象の中京開催に向かうことにした。
昨日の追い切りは推進力を感じる走りだったし、デキとしては良い意味で安定しているが、メンタルの部分でもう一皮も二皮もむけて欲しいというのが正直なところ。
まだまだ時間も経験も必要で、本当に良くなるのは古馬になってからでしょうか。
ただ、ダートに替える今回は言い訳はできないと思っている。
とにかく結果を求めたい。
(奥村武調教師)


ここもそこそこメンバーに恵まれた感じですね。
しかし、向いているダート戦ではありますが、初ダートですし、先行出来ない脚質振りから不安も大きいです。
杞憂に終わることをのぞんでいますし、嵌れば圧勝までと思っています。(圧勝は言い過ぎでしょうか)
気性面からも先生は本当に良くなるのは古馬になってからと言われていますが、まずは勝ち上がらないと古馬にもなれませんから勝利を期待しましょう!

posted by じろう at 23:20| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

今週の出走馬1/7

1月7日
クリプトスコード
中山7R 4歳上1000万下 ダ1200m・混 木幡初也騎手 52kg

12月28日(水) Wコース 53.7-38.8-13.5 ゴール前仕掛け
12月31日(土) Wコース 58.3-43.8-14.5 馬ナリ
1月3日(火) Wコース 53.2-40.0-13.1 馬ナリ
年末の追い切りではもっと動けてもいいはず、と物足りなさを感じたのが正直なところだったが、その後の追い切りはゴーサインを出せる内容。
体調も飼い食いも安定しているし状態としては悪くない。
今回は前走よりもコース、距離ともにクリプトスコードに合っていると見ているし、ここは少しでもアドバンテージが欲しいので、減量で以前も乗った初也騎手に依頼した。
なるべく前々につけるよう指示するつもりでいる。
(田島俊明調教師)


内枠を引いてしまいました。
ここは何としても先手を取らねば、そこでジ・エンドです。
そろそろ掲示板を確保したいものです。

負けてもいいのでクリプトスコードらしいレースを期待します!


posted by じろう at 23:25| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

今週の出走馬1/5

2017年のスタートです。
当初はヒノアカツキ1頭の予定でしたが、結果的に3頭になりました。
良いスタートを切れるように願っています。


1月5日
ホウロクダマ
京都2R 3歳未勝利 ダ1200m 和田竜二騎手 56kg

12月29日(木) 坂路コース 55.9-40.8-26.0-13.1 単走 末強目
2日(月) 坂路コース 52.2-38.1-25.4-13.2 一杯
昨年25日(日)の坂路コースでの4ハロン53秒5の追い切りも良かったのだが、昨日の追い切りは時計、動きともに上々の内容だった。
出走態勢は十分に整ったと思う。
当初は1/8(日)ダ1400mを予定していたが、メンバーが揃っていることもあり明日のダ1200mにした。
ゲート練習も入念に積んできたし、前走で6ハロン戦も経験していますから対応可能だろう。
大型馬ゆえに使ってからの感もあるが、お待たせした分、期待に応えなければと思っている。
厩舎の2017年初戦ということもあり、自信を持っての送り出しです
(中竹和也調教師)


出走16頭中10頭が前走5着以内という凄いメンバー。
当初8日予定で、仕上り次第では次週以降にスライドとあったはずが、前にスライド…。
しかも距離に関しても、10/7の師のコメントで1400〜1600mが適正と発言されていましたが、1200m戦に出走です。
前倒してまで、1200m戦しかも相手も揃ったこの1戦に出すと言うことは相当の自信があるのでしょう。
結果が出る前に批判的な事を書くのは良くないですね。
しかし、優先取れずに放牧されたときにはこの判断についての説明(言い訳)を聞きたいですね。
馬には頑張って貰いたいですが…。
早目に転厩した方がいいように感じます。
新年最初のレースからストレス溜まるのかな…。
以上はクラブからのコメント前に書いたものです。
コメントを読む限りは、仕上がった!8日の方がメンバー揃ってる!距離も対応可能!自信を持っての出走!とあるので、信じてレースを見守る事にします。
頑張れ!ホウロクダマ!!



ヒノアカツキ
中山5R 3歳未勝利 芝2000m 田辺裕信騎手 56kg

12月31日(土) Wコース 68.0-52.2-38.0-13.1 単走 一杯
3日(火) Wコース 42.3-13.6 馬ナリ
昨年25日(日)にもWコースで4ハロンから併せ馬で、28日(水)にも同じく5ハロンから併せ馬で追い切っているが、印象としては良くも悪くも変わってこない。
変わり身が実感できないというか、ピリッとして欲しいというのが正直なところ。
厩舎の方針で1週前にビシッと追って、当該週は疲れを残さないため、どちらかというと軽めに追い切るので致し方ないところではあるが…。
ただそうは言っても、いい意味での平行線なので心配には及ばないし、田辺騎手の進言もあって距離を延長するのだから、渋太さを生かす競馬をしてもらって、年明けいきなりから決めたいと思っています。
(奥村武調教師)


今週走る3頭の中でもっとも期待出来るヒノアカツキですが、こちらも強そうなメンバーがいますね。
距離延長がどう出るかですが、確かに前走ではずっと追っつけ通しでしたから楽に追走出来るこの距離は向くかもしれませんね。
能力は確かな馬ですので、ここで決めて欲しいところです。
勝った後はダートの走りも見てみたいです。



メルドオール
中山7R 4歳上500万下・混 芝2200m 黛弘人騎手 57kg

12月28日(水) 坂路コース 54.8-40.1-26.4-12.9 単走 馬ナリ
3日(火) 坂路コース 56.9-41.2-26.8-13.0 馬ナリ
休み明け初戦の前走の反動も見られないし、むしろ一叩きされた効果でピリッとしてきた印象。
年末と今日の追い切りの動きが及第点で、当初予定していた来週の中京開催まで待機する必要がなくなったことで、年明けの変則開催の芝1600mか2200mのいずれかで出走させたいと思っていた。
これまでの実績を考慮して、転厩後は芝のマイル前後の距離にこだわって出走してきたが、前走の内容から長めの距離を使ってみたいと考えていた。
2分の1の抽選で出走が可能になり、年明けからツキがあると思う。
3頭出しですが、そう差はないはずだし、結果を求めたいですね。
(高橋祥泰調教師)


流石に2200mは長いだろうと思いましたが、先生の判断なのですね。
ずっと同じようなレース振りで、進展がありませんので試してみるのも有りかもしれませんね。
結果を求めたいのは出資者も同じなので、メルドオールに頑張って貰いましょう!

posted by じろう at 09:29| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

今週の出走馬12/24

12月24日
ブラゾンドゥリス
中山11R 師走ステークス・混 ダ1800m 丹内祐次騎手 55kg

18日(日) 坂路コース 55.2-40.6-26.4-13.4 馬ナリ
21日(水) 坂路コース 一本目 59.5-44.0-29.6-14.8 単走 馬ナリ
二本目 51.6-38.3-25.7-13.1 一杯
寒くなって体調が上向き、動きの方もグンと良くなってきた。
厩舎でも一、二を争う稽古駆けするOP馬を相手に、互角以上の動きで破格の時計をマーク。
状態は申し分ない。
鞍上にはテンからポジションを取りに行くよう指示を出しており、今朝の追い切りで感触を掴んでもらっている。
ここは強い相手も名を連ねるが、来年大きなところを目指す上でも通用する力を見せてほしい。
(尾形和幸調教師)


いよいよ今年最後のレースです。
その大トリを飾るに相応しい馬がブラゾンドゥリスです。

流石にOP戦です。
手ごわいメンバーが揃っています。
これは簡単には行かないと思いますが、本賞金の上積みを達成するには勝たなければいけません。

調教も動いています。
人気は他馬に譲り、勝利をもぎ取りたいと思います。

最後の最後に勝てるといいな♪

posted by じろう at 08:18| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

今週の出走馬12/17.18

12月17日
メルドオール
中京7R 3歳上500万下 芝1600m 長岡禎仁騎手 56kg

11日(日) Wコース 70.3-54.9-40.5-13.0 単走 馬ナリ
14日(水) 坂路コース 54.0-38.8-25.5-12.9 馬ナリ
昨日は降雨の影響で重い馬場での追い切りになったが、良かったですね、1週前とは全然違う。
ただ、この時期の芝のマイルにこだわりたい他陣営も多いように、関東からも関西からも骨っぽいメンバーが揃ってしまった。
昇級して通用するのかどうかを見極めるには、絶好の機会と割り切って、本番に臨みます。
(高橋祥泰調教師)


早く中央での初勝利を欲しいところですが、コメントでは骨っぽいメンバーが揃ったようですね。
勝てるのが一番ですが、まずは掲示板を目指して欲しいですね。
中団から前目につけて、最後の直線で弾けて欲しいです。



12月18日
ジャストフォーユー
中山12R 3歳上1000万下・混 芝1600m 石川裕紀人騎手 56kg

14日(水) Wコース 69.3-53.4-39.1-13.3 単走 馬ナリ
この中間も気持ちがずっと入っている感があるため、あまりテンションを高めないよう単走で最終追い切りを行った。
動きはいいのだが、以前のようにハミを噛んでグイグイ行きたがる面が窺え、気持ちをコントロールするのに少々手を焼かせている。
ただ、獣医によると心臓(の数値)は今までと比べても最高レベルのようで、状態には太鼓判を押せるデキ。
当初は柴田善臣騎手で向かう予定だったが、出走は叶わないと予想していたルグランパントル陣営(間隔2節で)が先に依頼をかけていた経緯があるため、鞍上は減量の恩恵もあり積極的にレースを運べる石川裕紀人騎手に頼んだ。
枠次第でも無理に控えるつもりはなく、番手でリズムよく運んで直線坂下から先頭に立つ競馬が理想。
(栗田徹調教師)


騎手では変更等あり、いつも鞍上に関しては不満が募ります。
田辺騎手が最適ですが、先約があったのでしょう。
しかし、このコースはこれまでのジャストのレースのなかでは最高のパフォーマンスを見せた舞台ですので、期待したいですね。
気分良く走れれば、結果はついてくるものと信じています。
楽しみです。


リルティングインク
中京7R 3歳上500万下・若手 芝1400m 藤田菜七子騎手 51kg

14日(水) Pコース 67.2-52.4-38.1-12.0 一杯
雨で馬場が悪化していたため、水曜日はポリトラックでビッシリと追い切った。
一時は心配していたがリルティングインクなりに動けていたし、一度スクミを見せた以降は重点的にケアしていることもあり再び症状が出ることもないので、レースに送り出せる状態にまできている。
ジョッキーも一度乗って特徴を掴んでいるでしょうし、積極的に運んでもらうつもり。
(清水英克調教師)


藤田菜七子騎手での2戦目となります。
前走がデビュー戦以来の好走でしたので、フロックではない事を証明して欲しいですね。
半弟のヒノアカツキもデビュー戦2着といいレースしてくれたので、お姉ちゃんも良い所見せて欲しいですね。
藤田菜七子騎手はここは勝って、主戦の座を確定させましょう!


posted by じろう at 23:46| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

今週の出走馬12/10

12/10
ヒノアカツキ
中山・2歳新馬(芝1600m・混)田辺裕信騎手

4日(日) Wコース 73.2-57.3-42.2-13.9 馬ナリ
7日(水) Wコース 68.7-54.6-39.9-13.2 一杯
水曜日の追い切りは後方から追走して、その差がなかなか詰まらなかったが、動き自体に重苦しさはなく、迫力のあるパワフルなフットワークだった。
ただ、2週続けて一杯に追ったにもかかわらず、まだまだピリッとしてこない。
大型馬ということもあり、まずは一度使ってからという気がしないでもないが、かなり奥がありそうな雰囲気なので、その秘めたモノを初戦から発揮できれば、当然勝ち負けになると思う。
器用さが求められる中山の芝マイルを上手にこなして欲しいね。
(奥村武調教師)


いよいよデビューです。
一度使ってから感がありますが、奥村先生は意外と自信ありげでしょうか。
メンバーにはディープインパクト産駒もいますが、良いレースを期待したいですね。
2歳馬出資の中でも期待度の高い1頭ですので、将来に期待が持てるような結果を望みます。



アペルトゥーラ
中山・3歳上1000万下(ダ1200m・混)木幡巧也騎手

4日(日) Wコース 55.4-40.2-13.1 単走
7日(水) Wコース 53.2-38.1-12.1 単走 馬ナリ
昨年のこの時期に一度試すプランがあったのだが、その時は立ち消えてしまって…中山ダート1200mはずっと使ってみたかった条件。
ここを目標に割と早めに帰厩させたので、仕上がりに関しての不安はない。
最終追いの動きを見ても胸を張れるデキでレースに臨める。
揉まれ弱いので内枠を引いたら頭の痛い所だが、外枠からポンとスタートを切れればハナを主張できるスピードもある。
今後の路線を占う意味でもここは重要となる一戦で力が入る。
(国枝栄調教師)


願うは外枠です。
明日の枠順発表までドキドキです。そろそろアペルらしいレースが見たいですね。
まだまだやってもらわないと困りますので、頑張ってもらいましょう!
外枠!外枠!頼む!!


posted by じろう at 23:24| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

今週の出走馬11/19・20

今週は当初3頭の予定でしたが、ジャストフォーユー、ブラゾンドゥリスが連闘で5頭の出走となりました。
毎週これくらい走ると楽しみですよね〜


11/19(土)
ブラックジェイド
京都・2歳未勝利(ダ1800m・混)太宰啓介騎手

16日(水) CWコース 80.7-65.2-52.1-38.9-12.7 一杯
併走馬に遅れたのは内と外を回った分だけの差で、まったく気にすることはない。
時計も申し分ないし、一度使っての上積みを十分感じられるデキ。
蓄積された内臓脂肪は厄介なものでなかなか取り除けず、息遣いはまだ荒いものの、状態が上向いていることは間違いないので前走以上を狙いたい。
その前走と比べてレースタイムが2秒近くは速くなると見ており、流れに対応できるようなら期待できるでしょう。
(昆貢調教師)


内臓脂肪が落ちないまま2走目を迎えます。
当日は雨予報で、コメントにあるように時計を詰めてこないと勝ちは見えてこないでしょう。
かなり期待していますが、枠順が大外となりました。
好スタートを決めて上手く先行出来れば好勝負でしょう!出来ればここで決めてしまいたいところです。


キャラメルフレンチ
東京・2歳500万下(芝1400m・混)田辺裕信騎手

13日(日) 坂路コース 57.6-41.9-27.8-14.2 単走
16日(水) 坂路コース 55.0-41.0-27.2-14.2 一杯
前走時もそうだったが、調教ではやや掛かり気味に行っていざ追い出すと右へモタれる面を見せるため、追い切り時計にも表れているようにもう一段終いのギアが変わってこない。
脚元の状態は問題なく動きも決して悪くないのだが、昇級して距離も延びる今回の競馬に関しては正直、半信半疑なところはある。
もちろん現状でこなせるようなら先の選択肢が広がるわけで、期待を持ってレースに臨むつもり。
(尾形和幸調教師)


自信と不安が半々といったところでしょうか。
追切時計を見る限りですと不安が大きいですが、コメントを見る限りそこまで心配いらないような…。
ここで連勝とは思っていませんが、何とか恰好がつくレースを期待しています。ここでダメでもまだダートもありますし、この先は楽しみいっぱいな馬であることに変わりはありません。


ジャストフォーユー
東京・3歳上1000万下(芝1400m・混)田辺裕信騎手

帰厩して日は浅かったものの、最終追い切りの動きや当日の気配からも状態自体は良好だったと思う。
前半も無理にポジションを取りに行った乗り方ではなかったし、4角を回っても手綱を抑えたままで、鞍上の手応えは楽に映ったのだが…前に並びかけられず後ろからも来られてしまって、馬自身が嫌気を差してやめているようにも感じる。
精神面では成長が見えて折り合いがつくようになってきたが、根本的にはそういう気難しさが残っているため、これまでのように自分でペースを作る競馬の方がやはり走りやすいのかもしれない。
レース後も馬体や脚元に異常はなく、乗り運動でも元気一杯の様子のため連闘を決断した。
ジャストと相性抜群の田辺騎手で今度こその気持ち。
(栗田徹調教師)


連闘で挑んできました。
期待は鞍上ですね。田辺騎手とは息が合うようで、ここまでは好戦してきています。
大外枠となりましたので、外から揉まれずに先行してどこまで粘れるかですね。
好走を期待しています。


11/20(日)
リルティングインク
福島・3歳上500万下(芝1200m)藤田菜七子騎手

13日(日) Wコース 67.9-53.4-39.2-14.1 強目
16日(水) Wコース 53.1-39.0-12.4 単走 直線一杯
日曜日の追い切りでは物見をしたのもあり、物足りなさを感じたのは正直なところ。
ただ、水曜日は前に馬を置いて抜かすイメージでビッシリと追ったところ良い動きでしたし、時計で見るよりも満足のいく内容でまとめられたと思う。
狙っていた牝馬限定戦への出走は叶いませんでしたが、減量を味方につけて積極的にいくよう指示するつもりです。
(清水英克調教師)


来ました(笑)
初!菜七子です。
これまでは高野先生の過剰(?)な期待の元、先を見据えて逃げの戦法を封印しての数戦でしたが、ここは逃げの戦法で思い切った走りを期待したいですね。
もう傷だらけの戦績ですし、何も恐れる必要はありません!ここは藤田菜七子騎手に思い切った騎乗を期待します。
新たな可能性を見せて欲しい。


ブラゾンドゥリス
福島・福島民友カップ(ダ1700m)木幡巧也騎手

半端な位置取りからキックバックを浴びてポジションをどんどん下げていき、直線半ばではもう前の大勢が決している消化不良のレースとなってしまった。
外へ持ち出して終いはジリジリとまた伸びていたように、重賞のメンバー相手でも力が足りないとはまったく思っていない。
これまでブラゾンが戦ってきたように前受けする作戦で、消極的な乗り方だけはするなと口酸っぱく指示したつもりなのだが、調教師として言葉足らずたったかもしれない。
大変申し訳ありませんでした。
レース後も馬体や脚元に異常はなく、今朝の状態まで慎重に確認してこの連闘を決めた。
自分で跨った感触から疲れはまったく感じられず、一度使って気持ちもむしろ前向きになっている印象さえ受けた。
出すからには当然、巻き返しを狙う。
(尾形和幸調教師)


前回の大敗から連闘で挑んで来ました。
これまで大事に使われ、間隔を開けての出走でしたので若干連闘に心配・不安はあるものの、慎重な尾形先生が判断してのことなので、大丈夫なのでしょう。
好結果はもちろん期待したいますが、まずは無事に戻ってきて欲しいのが本音です。
前走よりは相手は楽ですが、それでも強敵揃いです。
どのような走りを見せてくれるのか楽しみです。

posted by じろう at 00:57| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

今週の出走馬11/12

11/12(土)
ジャストフォーユー
東京10R 三鷹特別 芝1400m・混 柴田善臣騎手

4日(金) Wコース 84.9-69.0-54.4-40.5-13.9 単走 馬ナリ
9日(水) Wコース 69.5-54.0-40.1-12.5 単走 一杯
帰厩してから張りと柔らかみのある馬体がひと際目を引くが、昨日の追い切りの動きからも素軽さを感じ、見ていて具合の良さが伝わってきた。
跨った原田騎手も、『大きな走りができていて絶好調のデキ』と満面の笑顔で上がってきた。
出走メンバーとハンデを物差しに来週の番組と睨めっこしたところ、相手は楽ではないものの、有力馬たちと2kgの斤量差がある今週のハンデ戦の方が好走確率が高いのではないかと判断した。
鞍上の柴田善臣騎手とは初コンビとなるが、じつは以前にもジャストに騎乗依頼をした経緯があり、馬と喧嘩せずに折り合い重視で運べるタイプなので手が合うと見込んでいる。
(栗田徹調教師)


状態はいいようですね。
田辺騎手でなくなったのは心配&残念ですが、柴田騎手に任せましょう。
続戦出来るような着順が希望ですが、果たしてどうなるでしょうか?



ブラゾンドゥリス
東京11R 武蔵野ステークス ダ1600m 石川裕紀人騎手

6日(日) 坂路コース 54.0-39.0-26.0-13.1 馬ナリ
9日(水) 坂路コース 53.2-38.4-25.3-12.7 強目
好調時はいつもピカピカの毛ヅヤがトレードマークのようなブラゾンですから、自分の目には若干くすんで映るかなといった感じ。
それでも、そんな調教師の不安が杞憂に終わるのではと思えるほど、先週から追い切りの動きは抜群です。
寒くなってきて運動で汗をかきにくい時期のはずでも、この馬の場合は逆に正常な発汗量に戻ってきているし、息遣いもどんどん良化が窺える状態。
G1勝ち馬モーニンをはじめ、ライバルのソルティコメントなど強いメンバーが揃ったが、ここは真っ向勝負でどれだけやれるものか期待している。
(尾形和幸調教師)


いよいよ重賞挑戦の時が来ました。
これまで出資馬で重賞挑戦は2回(ジャストフォーユーの弥生賞&リルティングインクのフィリーズレビュー)ありましたが、いずれも1勝馬の身での勢いでの出走でしたが、今回は違います。
コツコツと勝利を積み上げて来ての挑戦。
これはこれまでの挑戦とはちょっと意味合いが違いますね。
非常に楽しみですが、さすがに相手が揃っていて強気になれません。
それでも楽しみで仕方がありませんね。決して勝てない事もないと思っています。
いきなりこのメンバーで厳しいのはわかっていますが、楽しみです♪
がんばれ!



クリプトスコード
東京12R 3歳上1000万下 ダ1300m・混 勝浦正樹騎手

6日(日) Wコース 55.0-39.9-13.1 単走 馬ナリ
9日(水) Wコース 67.7-52.6-38.8-14.1 馬ナリ
併せた馬はそこまで速くないため、最後に軽く抜かす程度の内容にした。
ここまで順調に態勢を整えることができたし、調子の良さがうかがえる。
遅い展開で逃げることができれば1番なのだが、そう簡単でないことは痛感している。
とはいえど勝浦も何度か乗って馬の特性を掴んでいるし、何とか力を出し切れるよう上手く導いてもらいましょう。
(田島俊明調教師)



このクラスでもそこそこやっていけると思っているのですが、ここではどうでしょうかね。
いずれは掲示板の常連となって欲しいですが、徐々にでも力を付けていって欲しいです。

posted by じろう at 22:43| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

今週の出走馬10/30

10/30(日)
ブラックジェイド
京都・2歳新馬(ダ1800m)太宰啓介騎手


23日(日) 坂路コース 61.0-42.7-27.0-12.6 単走 末一杯
26日(水) CWコース 82.1-66.4-52.5-38.8-12.2 一杯
追い切り時計や動きからは十分に合格点を与えられる。
乗り込み量豊富で仕上がりも悪くないが、問題なのは息遣いが変わってこない点。
喉に疾患があるわけではないので、蓄積された内臓脂肪を減らさないことには改善されないかもしれない。
デビュー戦は1800mを使うことでそれがどう影響するのか、一抹の不安は残るものの、ダートコースでの走りの良さに期待している。
(昆貢調教師)


私の2歳馬の4頭目のデビュー戦です。
どんな馬でも、どんなデビューまでの過程であってもデビュー戦はワクワク、ドキドキするものです。
ましてやこの馬は期待度の高い馬。
期待感MAXで迎えても不思議ではないのですが、昆先生の再三のコメントで出てくる内臓脂肪が気になります。
今回は過度な期待をせず、見守る事にしようと自分に言い聞かせていますが、無理ですね。
ダート適正に期待して期待感MAXで応援します(笑)


posted by じろう at 20:49| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

今週の出走馬10/16

10/16(日)
リルティングインク
新潟・鳥屋野特別(芝1200m・混)北村友一騎手

9日(日) 坂路コース 58.2-41.4-26.3-13.1 単走 馬ナリ
12日(水) 坂路コース 54.5-39.3-25.4-12.7 馬ナリ
今週もデビュー前の新馬に胸を貸す形で、相手の動きに合わせた追い切りを消化した。
おいでおいでと子供扱いにし、こちらは手応えも馬ナリのまま楽に好時計をマーク。
除外が続いてここまで在厩で調整していたが、調教では本当に抜群の動きを見せてくれる。
二度目となるスプリント戦、鞍上も前走で特徴を掴んでくれているので、今回こそはという気持ちでレースに臨む。
(高野友和調教師)


相変わらず調教はいいようですが、本番が・・・ね。
そろそろ結果が欲しいところですが、果たしてどうなるでしょうか。
次に繋がるレースをお願いしたいところです。



ジャストフォーユー
東京・神奈川新聞杯(芝1400m・混)L.オールプレス騎手

9日(日) Wコース 57.4-41.0-13.2 単走 馬ナリ
12日(水) Wコース 53.3-38.9-13.2 単走 馬ナリ
先約のあった他馬にハンデ54kgで田辺が騎乗することになり、今回ジャストはL.オールプレス騎手に騎乗を依頼した。
馬に当たりの柔らかいタイプだし、手が合うのではと期待している。
序盤でどれだけレースの流れに乗れるかが鍵を握るため、ハナは主張しなくとも先行する形にはこだわって競馬を進めるように指示するつもり。
ここにきて一段と成長が見られ、精神的に落ち着きが出てきたので、今の感じでスムーズな走りができれば一発あっていいはず。
(栗田徹調教師)


気性面に成長が見られるようですが、レースに行ってどこまで我慢出来るかでしょうね。
逃げなくてもよくなったのは成長の証ですが、まだまだ自分のペースで行けないと脆さが同居している感じですので。
強い相手もいますが、好走を期待します。


posted by じろう at 07:56| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

今週の出走馬10/3

10/3(月)
メルドオール
盛岡・シリウス賞(交流・500万下・芝1700m)村上忍騎手

27日(火) 坂路コース 59.8-43.4-28.4-13.7 単走 馬ナリ
28日(水) 坂路コース 53.6-38.5-25.3-12.4 強目
今週出走予定の準OP馬との併せ馬でも遜色ない動きで、無事に最終追い切りを終えることができた。
飼い葉も残さず食べているし、前日輸送ですので、月曜日の盛岡では馬体が細く映ることはないと思う。
岩手競馬リーディングジョッキーもおさえて、現状で出来る限りの手は尽くした。
転厩初戦から好結果を出せるよう、レースまでの残り時間もきっちり調整し、本番を迎えます。
(高橋祥泰調教師)


本日、転厩初戦ですね。
私自身は初の地方交流出走です。これまで何回か申し込むも全て落選・・・。
ただ地方といっても芝のレースですから、楽しみですね。
そろそろ勝ちを味わさせて下さい。
仕事でレースは見られませんが、念じています。

posted by じろう at 08:14| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

今週の出走馬10/2

10月2日(日)
ホウロクダマ
阪神1R 2歳未勝利 ダ1200m 森裕太朗騎手 52kg

29日(木) 坂路コース 54.9-40.2-26.1-13.0 単走 一杯
今日の栗東坂路の重い馬場で、この時計で動けるのはたいしたもの。
やはり馬力はありますね。ダート替わりが非常に楽しみ。
前走から今日の追い切りを入れて4本、しっかりとやれているので、重め残りでの出走にはならないだろうし、一度実戦を経験したことでの上積みも十分感じる。
再度3kg減の森騎手を起用したので、デビュー戦のようにスムーズに先行できれば、出走メンバー的にもチャンスは十分あると思う。
(中竹和也調教師)


おぉなかなかのコメントですね〜
ダート変わりで、先行押し切りのレースを見たいですね。
初戦の敗戦からは強気にはなれませんが、密かに楽しみになってきました。
最悪でも掲示板には乗って欲しいところですね。



ゴルディオン
阪神9R 兵庫特別・混 芝2400m 坂井瑠星騎手 50kg

10/1(土)阪神・3歳上500万下(芝2400m・混)坂井瑠星騎手 非抽選

25日(日) 坂路コース 55.6-41.2-27.5-13.6 単走 馬ナリ
28日(水) 坂路コース 52.4-38.8-25.4-13.0 稍一杯
この中間もデキは変わらず好調子を維持できている。
終いは一杯の手応えでも、坂路で4ハロン52秒台の自身ベストタイムが出せたように、ここにきて馬が力を付けてきているのは確か。
残念ながら500万のレースは出走間隔の順位で抽選にもならず、今回はさらに格上の1000万クラスに挑戦することになった。
斤量50kgが魅力とはいえ、未勝利馬の身で厳しい戦いになることは覚悟している。
それでもあえてここを使うのは、現状ゴルディオンにもっとも必要なのが、実戦での経験値だと思っている理由からですのでどうぞご理解ください。
(宮徹調教師)


う〜ん、私は少しでも早く地方に行って2勝して帰って来て欲しいと思っています。
レース経験を積む上でも、出るのもやっとのこの状態でいるよりはずっといいと思うのですが、宮先生なのかクラブ側の意向なのかはわかりませんが、ちょっとわかりませんね〜。
ただ出資者としては任せるしかないので、そうして良かったと思える最終的になればいいなと思います。
こうなった以上は応援するのみですから。



アペルトゥーラ
中山10R 勝浦特別・混 芝1200m 内田博幸騎手 55kg

28日(水) Wコース 52.2-38.1-12.9 単走 馬ナリ
馬場入りしてキャンターに移行してしまえば問題ないが、慣れた環境でも厩舎から馬場への移動時などは相変わらず煩さを見せている。
体はもう仕上がっているし、最終追い切りはあまりテンションを高めぬよう単走で行った。
今週は右モタれの癖も見られず、キビキビしていて良い動きに映った。
中山では二度使っていずれも結果を残せていないが、距離も異なり当時とは明らかに状態が違う。
前々からスムーズに流れに乗れれば、十分チャンスはあるでしょう。
(国枝栄調教師)


鞍上は内田騎手という事で期待が膨らみます。
じろう厩舎ではトップの4勝を挙げてくれているので、相性もバッチリです!
アペルトゥーラでも勝利を挙げてくれているコンビですので、期待は膨らみます。
まだ相手関係は見ておりませんが、中山コースを上手く克服してくれれば勝っておかしくないでしょう。
精一杯応援します。

posted by じろう at 21:57| Comment(6) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

今週の出走馬(9/17)

いよいよじろう厩舎2歳勢3頭目のデビュー戦です!


9月17日(土)
キャラメルフレンチ
中山6R 2歳新馬・混 芝1200m 木幡巧也騎手 51kg

14日(水) 坂路コース 55.1-40.8-26.5-13.0 一杯
前日の雨による馬場悪化も考慮して、最終追い切りは朝一番の時間帯に行った。
この中間も飛節軟腫の状態は安定していて、走りに支障はきたしていない。
まだ気持ちのコントロールに課題は残すものの、ハミ受けや口向きも徐々に改善できており、持っているスピードには目を見張るものがある。
他馬とは斤量差が3kgあるので、前々から押し切る競馬でデビュー勝ちを狙う。
(尾形和幸調教師)


慎重な尾形先生からデビュー勝ちを狙います!との発言頂きました。
更には、谷口調教厩務員のブログにおいても、当然初戦勝ち狙って行きます!との言葉もあり、これはかなり期待したくなるデビュー戦となりそうです♪
先行押し切りでそのスピードをいかんなく発揮してもらいましょう!


posted by じろう at 23:23| Comment(6) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

今週の出走馬(9/10・11)

9月10日(土)
ゴルディオン
阪神8R 3歳上500万下・混 芝2000m 坂井瑠星騎手 51kg

4日(日) 坂路コース 56.2-41.0-26.3-12.8 単走 馬ナリ
7日(水) 坂路コース 54.6-39.6-25.6-12.9 馬ナリ
先週までに稽古をしっかりとやっているし、最終追い切りも余力を残して行ったが、状態は良くレースを使う態勢は十分整っている。
格上の古馬を相手に、今回は現時点でどれだけゴルディオンの力が通用するのかが鍵となるが、未勝利の身とはいえポテンシャルの高さはここでもヒケを取らないはず。
3kgの減量騎手起用で、積極的に競馬を運ばせて好走を期待したいところ。
(宮徹調教師)


将来的にはわかりませんが、現時点で『ポテンシャルの高さはここでもヒケを取らない』はどうなのかな〜?
それならもう勝ち上がっているよね〜という事ですが、マイナスな事ばかり言っても始まらないので、前向きに(笑)
ここは勝てれば文句ないですが、さすがにそれは荷が重いでしょう。
本番はここで5着以内に入り、スーパー未勝利に出て勝ち上がる事です。

積極的な競馬を期待したいですが、一か八かの競馬より、今回は安全運転で熾烈な優勝争いをよそに掲示板狙いに徹してもいいのでは?
どうのようなレースになるのか楽しみにします。



9月11日(日)
クリプトスコード
中山12R 3歳上1000万下 ダ1200m 木幡初也騎手 51kg

7日(水) Wコース 70.2-54.1-40.2-14.5 馬なり
最終追いでは相手に軽く併せただけでさらっと行い、馬の状態としては引き続き申し分ないと言える。
ただ、クラスがあがってメンバーも変わってくる。
周りのスピードも速くなり、そう簡単に前に行かせてもらえないことは覚悟しなければならない。
当日は前回の良いイメージを持って、ジョッキーには乗ってもらうつもり。
(田島俊明調教師)


このレースに2つ上の半姉ネイティヴコードも出走します。
姉妹対決です!

昇級初戦で、楽に逃げることは出来ないでしょうから大敗も覚悟しての応援となりますが、何とか目処のたつレース結果であって欲しいですね。
掲示板に載れれば最高なのですが。
どういうレースになりますかね〜

posted by じろう at 19:02| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする