ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2019年01月16日

口取り失敗!【レゴリス】

京都3R 3歳未勝利・混 ダ1400m 福永祐一騎手

IMG_20190113_104925405_HDR.jpg
IMG_20190113_104548768.jpg

デビュー戦の時よりは若干気合いも乗っているように感じましたが、物見はしていましたね。
ジョッキーが跨ればもう少し気合ものるかな〜と思っていたら、福永騎手は現れませんでした…。

レースは前走同様上手く出て、先団に取り付きます。
終始3番手で進み、4コーナー手前から先頭を伺う勢いで上がっていく。
ここで勝利を確信しました!
直線半ばで一旦先頭に出たように見えた瞬間でした!?勝ち馬が外から一気に交わしていきます。
更には内からも抜かれ4着でゴールでした。
デビューからの口取りチャレンジは2連敗となってしまいました〜( ;∀;)
トモがまだユルユルのなかでのこの走りなら、近いうちの勝利は勿論、将来的にも結構やってくれるのでは?と思わせてくれます。
次走に期待です!




★1/13(日)京都・3歳未勝利(ダ1400m・混)福永祐一騎手 結果4着

「スンナリといい位置に付けることができたのですが、トモが甘いせいか追っ付けながらの追走。その分、終いの伸びがひと息でした。現状では短い距離で急がせるよりは千七くらいでユッタリ行かせた方がいいかもしれませんし、平坦コースの方が良さそうです。トモがパンとしてくれば、もっと良くなると思いますよ」(福永祐一騎手)
posted by じろう at 22:59| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

痛恨の出遅れ!【リーピングリーズン】

中山3R 3歳新馬・牝 ダ1800m 田辺裕信騎手

私の16年産の一番の期待馬でもあるリーピングリーズンのデビュー戦!
想定段階では京都にまわる可能性もあり、そうなればレゴリスと一緒にリーピングリーズンのレースも見られる〜♪とウキウキしておりましたが、無事中山に出走が決まり、ダブル観戦はなりませんでした。
しかし、輸送の事も考えたら中山出走が正解だったと思います。

新聞等戦前の評価も高くデビュー勝ちの期待も膨らむ一戦ですが、一番の強みは鞍上!
デビュー戦から田辺騎手を配してくれた意気込みも感じられ、期待は膨らむばかり。

レースは痛恨の出遅れでスタート!
あぁ終わったなとリーピングリーズンの位置取りを確認すると何と!もう中段に取り付いているではないですか!?
更には3コーナーから4コーナーにかけてスルスルと上がっていくではないですか!
京都競馬場のモニターからそういちさんの『勝った!』の叫びも聞こえ、私もドキドキが増すなか、直線では出遅れを挽回するために前半に脚を使ったつけがまわりましたね。
追い上げ及ばず4着となりました。

勝てなかったのは残念ですが、デビュー戦としたら上等でしょう!
出遅れなければ勝ってたとは言えませんが、もう少し際どい勝負になっていたでしょう。
そう遠くないうちに勝ち上がれるでしょうから安心しました。




★1/13(日)中山・3歳新馬(ダ1800m・牝)田辺裕信騎手 結果4着

「怖がりというか周りを気にし過ぎですね。他の馬の動きに反応している感じで、かわされると自分でブレーキをかけてる。まだ力もつききっていないし、精神面がドッシリしてくれば、どんどん良くなってくると思いますよ」(田辺裕信騎手)




IMG_20190114_205920.jpgIMG_20190114_205925.jpgIMG_20190114_205942.jpgIMG_20190114_205956.jpgIMG_20190114_210001.jpg
ラクトさん提供
posted by じろう at 23:00| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まじか!?【ラルムエトワール】

京都1R 3歳未勝利・牝 ダ1800m 藤岡佑介騎手

デビュー戦の1200mはちょっと忙しすぎる感じであり、この1800mはチャンスだと。
更には相手関係も恵まれた感満載で、これで好走出来なければやばいぞ!と思っていた一戦!

そう!思っていた…一戦。

レースは、まずまずのスタートから押して押して先行集団に!
外の馬の方が速く、控えて3番手を進みます。
さぁ直線を向いて前の馬を交わすだけ!のはずがズルズル後退…逆噴射してしまいました。

う〜ん…これは厳しいなぁ〜
まだ2戦目だからこれから!これから(;´・ω・)
1億稼ぐ馬なんだから♪



「前走で揉まれて怯んでしまっただけに、できればハナに立って気分良く行かせたかったのですが、結局行き切れずあの位置から。道中も流れには乗れたものの、3〜4コーナーで手応えが怪しくなってしまって…。千八の距離も微妙に長いのかもしれませんが、かといって千二や千四で行き切るだけのスピードも現状では足りない感じ。それに、全体的にまだ非力な印象は否めませんね。気性が素直で乗りやすいですし、能力的にもいいモノを持っている馬だと思いますから、使いつつ力を付けていけば変わってくるでしょう」(藤岡佑介騎手)
posted by じろう at 21:53| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆噴射!【サゼラック】

笠松2R サラ系3歳6組 ダート1400m 筒井勇介

早々に地方(笠松)に移籍するというニュースタイルのサゼラック。
これが地方移籍1戦目。
中央での競馬では全く期待出来ませんが、地方での力関係や如何に!

スタートを決め、素晴らしい(?)スピードを見せ、先行集団に。
これは行けるぞと思った途端・・・最後の追い上げを待たずズルズルと後退( ;∀;)
最下位でした。
ここまで酷いとは…

でも地方で維持費も高くないし、ここまで来たらどう変わって行くのかじっくり見守りたいという気持ちになりました。
ここからサゼラック物語始まります。



★1/11(金)笠松・3歳6組(ダ1400m)筒井勇介騎手 結果8着

「返し馬の雰囲気が良かっただけに、ポンとスタートが切れたらハナに行こうと思っていました。スピード的には通用すると感じましたが、最後は息が持たなかったですね。気持ちの面ではこれでスイッチが入ったと思いますから、馬体が絞れて首や背中がもっとスッキリしてくれば変わり身があるはずです」(筒井勇介騎手)
posted by じろう at 21:50| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

命名馬のデビュー戦【レゴリス】

阪神6R 2歳新馬・混 ダ1400m 松山弘平騎手

初の命名馬であるレゴリス。

その私にとっては特別な思いを持ってのデビュー戦となりました。
何度も書いておりますが、もう何頭、何十頭のデビューを見守って来ましたが、やはりデビュー戦とういうのはとてもドキドキします。
調教だけではわからない競馬での走り、気性面等心配になることばかり。
特にノルマンディーの馬はデビュー戦からは仕上げてくることはまれですから、これまでも全く競馬にならない例はあげたらきりがありません。
ましてやレゴリスはデビュー前にようやくタイムもそこそこまで来たという印象で、先生や調教に乗った松山の騎手もトーンはそれほど上がってきていませんでした。
当日の新聞のコメントや牧雄氏のメルマガを見ても使いながらという表現が並びます。
この時点で結果は覚悟しなければいけないのですが、やはり期待が上回ります。
もしかしたら勝てるのでは?と(笑)


レゴリスのデビューが22日に決まり、現地観戦することを決意します。
家族旅行という名目で家族も連れて阪神競馬場に向かいます。
しかし、家族は近くのショッピングモールに置いて、1人競馬場に向かいます。
家から競馬場に向かう途中で高速で事故があり、下されるロスもあり間に合うのか心配になりましたが、無事レース前に着きました。
しかし、これには間に合いませんでした。

IMG_20181224_162537.jpgIMG_20181224_162540.jpg

現地で落ち合う予定だったお二方…
二人の名誉の為、名前を伏せますが私を置いて先に美味しいお肉を食べていました。
その頃私はようやくここ

IMG_20181222_114036696_HDR.jpg

確かに事故があったとはいえ、遅れた私が悪いのです。
○○いちさん、某とりさん!遅れてごめんなさい。


二人が美味しいお肉を食べている間に応援馬券を買っておきました。

IMG_20181222_115041342.jpg

勝った時は来年の懇親会でサインをもらう為に複数枚( ̄▽ ̄)


その後、無事パドックで合流出来、緊張のレゴリスの登場待ちとなりました。
その後、〇れれさんとも合流して、4人でレゴリスの出来を吟味しました。

IMG_20181222_121922930_HDR.jpg
IMG_20181222_122336557.jpg
IMG_20181222_123411928_HDR.jpg

パドックに登場したレゴリスは覇気がないというか、今から競馬だぞという認識はない感じでした。(デビュー戦ですから仕方ありませんが)
この調子ではスタートをモサっと出て、後方のままはい!終了〜という構図が見えて来ます。
しかし、騎手が乗ってからは少し気合いが乗ってきた素振りもみせ、期待感は徐々に高まって来ました。
先生や牧雄氏の初戦向きではなく、使いながらのコメントからここで結果を出せば、今後にかなり期待が持てるはず。
そう意気込んで、口取り権利を持ち、某とりさんと私はゴール前に向かいます。


レースでの大事なスタート!
上手く出ました!
私達の口から『良し!出た!』と一斉に言葉が出ました。
位置取りまずまず、4コーナー付近で若干手ごたえ悪く置いてかれそうになりますが、何とか取り付いて最後の直線での追い出しをまちます。
前を行く2頭の後ろに付けた為、追い出しのタイミングで前が開かない不利がありました。
最後は3着の馬に交わされ、猛追の5着馬を振り切ったところがゴール。
手ごたえとしては直線の前が開かなくても突き抜ける力は残っておりませんでしたが、もう少しスムーズに前が開いていればと思わせる展開でした。
何より、スタートを上手く切れたこと。
内に入って砂を被っても怯まなかったことがこのレースでの収穫でした。
結果は4着でしたが、デビュー戦としては満足のいく内容でした。

まだ緩い中でのあの競馬が出来るのなら、これからが楽しみです。
近いうちに勝ち上れるでしょうし、そこそこやってくれるのでは?という期待が持てました。

某とりさんとの念願の口取り、命名馬のデビュー戦での口取りという悲願は達成できませんでしたが、わざわざ見に来て良かったと思いました。


この後、肉マンディーに参加出来なかった私と〇れれさんはかすうどんを食べに向かいました。
私は勿論、追っかけ肉マンディーで(^^♪

IMG_20181222_131417667.jpg


この後は某とりさんは電車の時間があり、私は家族旅行に合流するために2人を置いて競馬場を後にしました。
短い時間でしたが、また皆さんに会えて楽しかったですし、嬉しかったです。
また来年、競馬場や飲み会、イベントでお会いしたいですね。


グリーンチャンネルを見ている方達からは、4人が楽しそうに話している姿がパドック中継で映ってたと報告があり、私もJRA-VANのパドック映像で確認しましたら、確かに映ってましたね(笑)
後は、数日後に届くであろうデビュー戦のゼッケンをまだかと待ちたいと思います。
贅沢言うと勝って、サイン入りゼッケンが良かったのですが…




posted by じろう at 17:16| Comment(2) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

痛恨の出遅れ【ファイナルマズル】

福島5R 2歳新馬・混 ダ1700m 木幡巧也騎手

期待感を持ってのデビュー戦でしたが、痛恨の出遅れで後方からの競馬となりました。
勝負事にタラレバはいけませんが、スタートさえ決まっていれば、前目に付けて馬券内はあったという感触ですね。
権利は取れましたので、このまま続戦で次走に向けて調整してもらえればと思います。
決して悲観する内容の競馬ではなかったので、数戦内の内に勝ち上がれるのではないかという期待感は持てました。
上まで行けるのかはまだ分かりませんが、そこそこは走ってくれそうです。
今後が楽しみです。



★11/04(日)福島・2歳新馬(ダ1700m・混)木幡巧也騎手 結果5着

「稽古から跨っていて動けるのはわかってたので自信を持って乗ったんですけど…スタートで失敗してしまいすみません。確かに勝った馬は強かったです。でも、この馬だってそれに迫るくらいやれてもいいと思ってます。力はありますし、まだまだ良くなるはずです」(木幡巧也騎手)

posted by じろう at 20:39| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

期待のデビュー戦も…【ラハイナヌーン】

京都5R 2歳新馬 芝1600m 内田博幸騎手

調教の内容からもかなり期待していたデビュー戦。
結果は残念というか、ショックとまではいかないまでも、想像とは大きく離れた内容と着順でした。
もしかしたら勝てるかも…悪くても馬券内、最低限掲示板でしたが、入着止まりでした。
騎乗の面でも少し不満が残る内容でしたが、まぁまだ1戦ですから次走以降に期待したいと思います。



★10/28(日)京都・2歳新馬(芝1600m)内田博幸騎手 結果7着

「レースを教える意味もあって、あまりテンには急かさずジックリ運びました。3〜4コーナーで置かれる感じになったものの、終いはなかなかいい脚を使ってくれましたね。まだ非力な面が残っているだけに、その辺が解消すれば変わってくるはず。使いつつ良くなっていくでしょう。現状では短い距離で急がせるよりも、マイル〜2000mくらいの距離でユッタリ行かせた方がいいように思います」(内田博幸騎手)
posted by じろう at 22:06| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

とりあえずデビュー戦終える【セレーネワルツ】

京都4R 2歳新馬・混 芝1200m 松山弘平騎手

待望のデビュー戦ではありますが、調教内容からはあまり期待する事は出来ませんでしたが、結果もその通りの結果となりました。
ゲートの出も悪く、ゆったり追走という感じで最後何とか交わしてくれたという内容ですね。
まぁ使いつつ、来年の夏までに勝ち上がってくれればという感じです。
といいつつも、結果ほど悲観もしておりません。



★10/21(日)京都・2歳新馬(芝1200m・混)松山弘平騎手 結果8着

「前々で競馬したかったのですが、ゲートの出がモッサリでテンに置かれてしまいました。促していって徐々に気持ちの面では乗ってきても、まだ非力で体がそれについてこれない感じです。スピードは感じさせて軽い芝が合うタイプですし、特に悪さするわけではないので、ピリッとしてくれば次はゲートももっと出てくれるはずですよ。使いつつ上向いてくると思います」(松山弘平騎手)
posted by じろう at 23:22| Comment(2) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

お決まりのデビュー戦結果【サゼラック】

新潟5R 2歳新馬・混 芝1400m 西田雄一郎騎手

回顧が遅くなりました。
じろう厩舎ではソルパシオンに続いての2歳馬デビューでしたが、衝撃の・・・というかノルマンディーらしいというか、
つまり、最下位でした

まぁまだまだ緩々ですし、元々ダートの予定が芝になったりで、世間一般的には絶望的なデビュー戦でしょうが、私はまだまだ諦めていませんよ〜
時間はかかるだろうけど、きっと勝ち上れるでしょう♪



★10/14(日)新潟・2歳新馬(芝1400m・混)西田雄一郎騎手 結果18着

「まだ自分からハミを取るようなところがなくて追走に苦労しましたが、それでも走り自体は決して悪くありませんし、馬力があるので芝よりはダートの方がいいと思います。もう少し気持ちの面がピリッとして掛かるくらいの行きっぷりが出てくれば、変わり身が期待できるでしょう。大型馬で使いながら良くなるはずですし、決して悲観することはないと思いますよ」(西田雄一郎騎手)
posted by じろう at 23:54| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

前進!【ソルパシオン】

中山2R 2歳未勝利 芝1600m 北村宏司騎手

パドックでは結構イレ込んでいましたね。心配しましたが、レースでは影響なかったですね。
レースは好位から進め、内でじっと我慢して直線で追い出します。
一瞬前が詰まる不利もありましたが、勝ち馬が強すぎました。
同馬も頑張って追い上げますが、4着が精いっぱいでした。

それでも、デビュー2戦からは進展のあるレース振りで、見ごたえのある内容でした。
厳しい事を言えば、勝ち馬は別としてその他はそれほど揃った相手でもなかった点と、内の経済コースを上手く立ち回った鞍上の好騎乗も相まっての結果でしたので、次走もそう上手く行くかは疑問な点です。
でも着実に前進しているので勝ち上がりもそう遠くはないと思っています。




★9/08(土)中山・2歳未勝利(芝1600m)北村宏司騎手 結果4着

「3回目で場慣れしてきたのもあって我慢はできています。いいポジションで進められて脚も溜められましたね。綺麗な馬場で前も止まらずとらえるきるまではいきませんでしたが、今日はメリハリのある競馬ができたのが大きな収穫です。今回の経験が次につながりますよ」(北村宏司騎手)




IMG_20180908_122744.jpg

IMG_20180908_122739.jpg

IMG_20180908_122731.jpg

IMG_20180908_122736.jpg

IMG_20180908_122733.jpg

IMG_20180908_122751.jpg
しらとりさん提供
posted by じろう at 12:52| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

まだ力不足【ソルパシオン】

新潟1R 2歳未勝利・混 芝1800m 北村宏司騎手

少頭数ではありましたが、強い馬が2頭程いるメンバー構成でどのような競馬を見せてくれるのか楽しみにしておりましたが、結果は勝ち馬とはもちろんですが、まだ力不足感を感じました。
ただし能力がないとかではないので、これからじっくり鍛えて力をつけてくれれば勝ち上がってくれるでしょう。
権利も取れなかったので、この後は一旦間を空けるのかな?



★8/05(日)新潟・2歳未勝利(芝1800m・混)北村宏司騎手 結果7着

「今日は返し馬からかかっていて前走とだいぶ違いましたね。とにかくなだめてリズム良く運ぶことを最優先。外から勝った馬がきた時に一緒に上がっていってもいいくらいのユッタリとしたペースではありました。ただ、そこで行かせてしまうと、さらに気持ちにスイッチが入ってしまうのを感じて我慢させることに。前走のように終いがバタバタになってしまわないよう、ある程度余力を残すイメージで乗って、実際最後までしっかり走れています。気持ちと体のバランスがとれさえすればというところだと思うので、距離を縮めてみてもいいかもしれませんね」(北村宏司騎手)
posted by じろう at 12:44| Comment(2) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

16年産デビュー【ソルパシオン】

福島5R 2歳新馬 芝1800m 北村宏司騎手

ノルマンディーとしては前日のタイドオブハピネスと共に16年産の初の中央デビューですし、じろう厩舎としては16年産の先頭を切っての初のデビュー戦となりました。
15年産の悲惨なデビューを見て来たものとして、果たして16年産は?と楽しみと怖さが同居しており、ビクビクものでしたが前日のタイドオブハピネスが3着と善戦。これはソルパシオンも期待出来るのでは?とワクワクしてきたのと同時にソルパシオンだけ直線逆噴射したらどうしようと若干弱気にもなりましたが、まぁまだ2歳の7月ということで暖かく見守ろうという事にしました。
しかし、レースが近づくにつれ、何だかお仲間の皆さんの声援もあり変な自信が湧いて来てもしかしたら勝てるんじゃね?とまで持てるようになって来ました(笑)
しかし、レースが近づいてくると、ものすごく緊張して来ました(笑)
ほぼ毎週出資馬が走っているものの、やはりデビュー戦は違いますよね!確か出資馬のデビュー戦はこれで23頭目のはずです。
これだけ経験してきてもデビュー戦だけは違った感情になりますね。
16年産は今のところ後8頭控えていますので、まだまだドキドキを経験しなくてはいけませんね。


さて、レースです。
IMG_20180715_154514.jpgIMG_20180715_154520.jpg
けんぴさん提供

スタートが遅いと聞いていましたが、上手くスタートを切り、先行します。
5番手を追走しながら順調に進みます。走りも非常に良いように見えました。
そして勝負どころの4コーナーを迎えるところで、ソルパシオンが動きます。北村騎手に促され、勝ち馬のカイザースクルーンに迫り2番手まで押し上げ、並んで直線に向きます。
この時は私の心臓がバクバク全開となりました。勝てる!最悪2着は死守だ!と思いましたが、そこからは期待とは裏腹に伸びることなく、勝ち馬にはちぎられ、後ろから来る有力馬にも一気に交わされていきます。
最後はもう力が残っていない感じで脚があがっていましたね。

レースが終わった瞬間は期待感からか少し放心状態になりましたが、よく考えればノルマンディー馬ですから(笑)この時期から仕上げているはずもなく、レースを使いながら鍛えていく方針ですから、これでいいんです。
むしろよく頑張ったほうです。
伸びずとも垂れることもありませんでしたので、相手次第ですが3,4戦目には勝ち上がれる目途が立つのではないでしょうか。
それで十分です。
まずは怪我のないよう次走に向けて調整、鍛えていって欲しいですね。
お疲れさま♪





★7/15(日)福島・2歳新馬(芝1800m)北村宏司騎手 結果5着

「ゲート入りに若干手こずったものの、スタートを決めてスンナリと好位を取ることができました。いいリズムで運べましたし、手応えも良かったので勝ち馬を目標にして勝負に行ったのですが、直線で追ってから内にモタれてしまって…。まだ随所に若さは残りますが、いいフットワークで走る馬ですし、使ったことで息遣いなんかも変わってくるはず。叩いた上積みが見込めると思いますよ」(北村宏司騎手)
posted by じろう at 16:27| Comment(8) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

愛馬紹介【2016年産】Part9

久々に出資しました(笑)
一次の残りからなのか、二次からなのかどうでしょうか。

二次の先行募集では出資しなかったのはお伝えした通り。
2016年産馬二次募集馬【先行募集】

さぁ発表です!



〇キリーンガールの16
キリーンガールの16(募集時).jpg

牡馬
鹿毛
3月9日生
父:タニノギムレット
母:キリーンガール(母の父:Cozzene)
生産:新ひだか・森政巳
美浦・上原博之厩舎入厩予定
総口数:400口
募集総額:840万円
1口出資額:21,000円


この馬は先行募集で最後の最後まで悩んだ馬でした。
一旦は出資することさえ断念する決心をしたつもりでしたが、決心つかず。
先行では出資することは我慢出来たのですが、やはり気になっており出資しました。
一般募集が始まり、口数も一気に減って来ています。満口も目前!
自分が出資しておいて言うのもなんですが、この血統や生産者成績をみてこれだけ売れる今のノルマンディーは異常です。
この馬にはこれまで出資したブラゾンドゥリスやリスティアエーデルの16に出資した時と同じ感じで決めました。
後は出資していませんが、ララパルーザのようなイメージかな。
とりあえず1勝してもらい、後は丈夫に数多く出走して楽しませて欲しいですね。
多くは望みません!1000万下で入着を繰り返してください(笑)

これでこの世代9頭目の出資となりました…
posted by じろう at 10:28| Comment(2) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

愛馬紹介【2016年産】Part8

流石にラストです!
ここまでお付き合い頂きありがとうございます。
それではラストを飾るノルマンディーらしい馬とはこの馬です!


ラハイナUの16
ラハイナUの16(募集時).jpg

牝馬
青鹿毛
4月18日生
父:カフェラピード
母:ラハイナU(母の父:Milt's Overture)
生産:新ひだか・タイヘイ牧場
栗東・斉藤崇史厩舎入厩予定
総口数:400口
募集総額:800万円
1口出資額:20,000円

この馬は悩みました・・・
青森のセリで購入された時は、募集されれば余程の事が無い限り出資すると決めていました。
カフェラピード産駒なんて、後にも先にも出資出来る機会はありませんからね。
言わば『コレクション枠』の出資です。と言いたかったのですが、カタログで写真を見たときに、これはただの『コレクション枠』ではないぞ!と感じるものがありました。
しかし!しかしです。
測尺が発表されるや、テンションは下がる一方で、出資は諦める方向にも気持ちは動きました。
それでも芝ならそこまで考えなくてもいいのでは?と自分に言い聞かせていましたが、京都の検討会ではダート馬との衝撃の発言が!
これはもう出資は見送ろうと思ったのですが、やはり馬体は良いと思うのですよね。
これはもうチャレンジだと思うことにして出資を決めました。
私と同じ理由でそれほど売れないのではないかと思っていましたが、予想をはるかに超え、満口で口数調整による確定となりました。
買っていて言うのも何ですが、今のノルマンディーは何でも売れるんですね。
凄いクラブになってしまいました。
大きくなれよ〜(馬に言っています)




posted by じろう at 22:37| Comment(4) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬紹介【2016年産】Part7

さぁ!まだいるのか?と聞こえて来そうですが、います!

リスティアエーデルの16
リスティアエーデルの16(募集時).jpg

牡馬
鹿毛
3月25日生
父:ホワイトマズル
母:リスティアエーデル(母の父:フジキセキ)
生産:新ひだか・岡田スタッド
美浦・岩戸孝樹厩舎入厩予定
総口数:400口
募集総額:800万円
1口出資額:20,000円

来ました!渋いでしょ?
何気にジョウノファミリーの16に続いてのお気に入りだったりします。
父ホワイトマズルで、京都の検討会ではおじいちゃんの仔といわれた馬です。
私はこの馬はノルマンディーらしさ溢れる走り、活躍をしてくれるものと信じ切っています!
値段も安いし、これは面白い1頭になるのでは?と感じています。
おじいちゃんの仔、頑張れ!
posted by じろう at 22:02| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする