ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年08月12日

愛馬紹介【ノルマンディー】

言い忘れていました…

7月21日のミーハディビーナの初勝利の日、ノルマンディー4次募集馬で様子見していた1頭に出資しました。
その馬はずっと気になっていたものの、自分が出資しているノルマンディー馬の不調も相まって出資意欲が減退気味でしたが、ミーハディビーナの見事な勝利に調子に乗ってポチッとしてしまいました。

この馬で大きい所を狙うぞ!

というような馬ではありませんが、(そもそもノルマンディーにはいない)
まずは勝ち上がり、後はコツコツとそれなりに稼いでくれる気がしています。
お値段がもう少し安いと助かったのですが、セール購入馬ですので仕方ないのです。


私が4次で追加出資した馬はこちらです!

キシュウグラシアの17(2017044).jpg


牡馬
鹿毛
2017/4/24生
父:フレンチデピュティ
母:キシュウグラシア(母の父:フジキセキ)
生産:日高・日西牧場
美浦・尾形和幸厩舎入厩予定
募集総額
1,960万円 (1口49,000円)


結構良いと思うのですが、全く売れてないんですよね〜(;´・ω・)
4次募集4頭の内、残口表示がないのはこの馬だけです!
シャインパーミットの17は早々に満口となり、残り2頭も残口表示が出ている状況です。

しかし、私には全く不安はないですね。
この馬走りますよ(`・ω・´)

だって、あの方も出資していますからね。
同じ日にポチってます。
そう!ミーハディビーナにも出資していますし、私と被っている活躍馬はアペルトゥーラ、ブラゾンドゥリス、アナザートゥルースがいます。
えっ!?少ない?

サゼラックもいました!

そんな訳でこの世代ノルマンディー馬4頭目の出資となりました。
きゃろじろうなどと一部冷やかす方もいますが、キャロットと同じ4頭出資でバランスが取れましたね。


ご一緒の方よろしくお願いします。



posted by じろう at 11:05| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

ショックな敗戦【ケープオブストーム】

中京5R 2歳新馬 芝2000m  浜中騎手

う〜ん…大敗でした。
直前の調教ではそこそこ動けていましたので、それなりに期待してデビュー戦を見守っていましたが、想像をはるかに超える大敗に軽くショックを受けています。
失礼ながらノルマンディーで慣れているとはいえ、この馬はキャロット馬。
芝が合わなかったことにしたいと思っています。きっとダートなら。
いや!晩成タイプなのか。
いずれにしても一旦仕切り直しですね。
この一戦だけでは分からないので、変わり身に期待したいです。



21日の中京競馬ではゆったりめのスタートから中団やや後方を追走していくが、少しずつポジションを下げてしまい、直線に向いてからも反応はなく15着。「う〜ん、まだレースで動ける体ではないですね…。息遣いももうひとつでしたし、荒れた馬場に脚を取られてバランスを崩し、走りづらそうにしていました。調教で速い時計は出ていましたが、正直まだ中身は伴っていない感じはしましたから、もっと全体的にしっかりとしてきてほしいと思います。今日は申し訳ありませんでした」(浜中騎手)直前の調教内容は悪くないように思えたのですが、肝心の中身はまだ伴っていなかったようで、スタートからいいところなく終わってしまいました。大型でトモに甘さのある馬ですし、これから成長して良くなっていってくれればと思います。この後はまずトレセンで馬体を確認してから検討していきます。
posted by じろう at 00:08| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

3戦目で初勝利!【ミーハディビーナ】

函館1R 2歳未勝利・混 芝1200m 丹内祐次騎手

ノルマンディー17年産世代の初勝利をあげる事が出来ました。
ヾ(*´∀`*)ノ
この馬は様子見馬でして、入厩案内が出るまでじっと我慢して出資した馬です。
まさかこんなに早く勝ち上るとは思ってもいませんでした。
なかなか勝てない時期が続いていたじろう厩舎に久々の勝利を届けてくれました。
最高です!


パドック
PicsArt_07-21-02.12.18.jpg

スタート
PicsArt_07-21-02.12.53.jpg

先手を奪います
PicsArt_07-21-02.13.29.jpg

リードを広げる
PicsArt_07-21-02.14.18.jpg

直線
PicsArt_07-21-02.14.49.jpg

ゴール!
PicsArt_07-21-10.03.46.jpg




今日はあまり競りかけてくる馬がおらず、道中は息を入れて逃げることができました。3〜4コーナーのアプローチも上手くいきましたね。使いながら良くなっていますし、気持ちの面も我慢できていました。(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 23:46| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

中京競馬場参上!【シャルロワ】

中京競馬場へシャルロワの応援に行って参りました。

キャロットでは初めての口取りチャレンジをしましたが、残念ながら落選でした( ;∀;)
この落選で一瞬現地観戦をやめようかとも思いましたが、せっかくのチャンス(嫁にOK貰ってた)だったのと、我らが梅ちゃんも2Rに出走するヴィヴァンフィーユの口取りチャレンジの為に来られるとの情報があり、行く事決定!になりました。

当日は5時30分起床の6時30に家を出ました。
9時40分頃に中京競馬に着き、早速梅ちゃんを探します。
梅ちゃんは口取りする気満々の恰好でいました。

梅ちゃんの口取りと応援(本気)馬券は残念な結果に…

続く3Rに今回の目的のシャルロワが登場です。
梅ちゃんもパドックからレースまで付き合ってくれました。
そして、ここでT.Tさんとも合流。T.Tさんとは初のご対面でした


パドック
IMG_20190707_103927494.jpg

IMG_20190707_104332749.jpg

IMG_20190707_104859154_HDR.jpg

IMG_20190707_104939438.jpg

気合いのりが悪いのかのんびりと歩いておりました。


パドックやレース前にもT.Tさんと話していたのですが、ここは何馬身離して勝つのか!もうそれしか無い!
出資者としての想いはそうなりますよね〜
調教時計見ていると楽に勝ってもおかしくない内容であり、クラシックに乗ってもらう為にもここは何としても勝って貰いたいし、勝てるだろうとレースを見守ります。
しかしですね、私も含めた出資者の方の気持ちも一緒だったと思うのですが、初戦のあの最後に伸びなかったのがどうしても気になっていました。調教内容からはあそこから伸びて快勝するイメージだったのに…
外から来た馬に一瞬怯んだように見えましたし、もしかしたら能力はあるけれで競争馬としては致命的な気性の持ち主なのではないかとレース前は不安になるばかり。

いざレースが始まると私が想定したよりも後ろの位置取りになりました。
初戦の伸び脚からも不安がよぎります。
しかし、最後の直線に向けてジワジワと追い上げ、直線は熾烈なせり合いに!先頭に出たところ一旦交わされるも食い下がり抜き返す根性を見せて勝ったか!?と思ったところに外から勝ち馬が飛んできて涙の2着となってしまいました。
勝てなかった結果には正直悔しいし、ショックでしたが初戦からの不安は吹き飛ばしてくれる勝負根性が見れたので、これは大きな収穫でした。
安心したというのが本音でしょうか。
次走はきっと勝ってくれるでしょう!
その時を楽しみに待ちたいと思います。



7日の中京競馬では五分のスタートから中団でじっくり運ぶ。勝負どころから外目をジワジワ上がっていき、直線はしっかり伸びたが最後は勝ち馬の決め手に屈して2着。「馬場は荒れ気味でしたが、上手にバランスを取って走れていましたし、直線を向いてからの反応も良かったです。勝負どころで外から来られて早めに動かざるを得なくなってしまった分、目標にされて最後は脚が上がってしまいましたが、センス良く立ち回れていましたし、スピードがあっていい馬ですから、すぐにチャンスは来ると思います」(北村友騎手)「調教内容から考えると前走のように直線でまったく脚を使えないということは考えづらかったので、今回どんな競馬をしてくれるのか、期待と不安が入り混じる気持ちだったのですが、今日はしっかり反応してくれましたね。最後は目標にされた分差されてしまいましたが、内容は良くなっていましたし、これならもう少し距離があってもいいのかもしれません。続けて使った後なので、レース後の状態をよく見て今後のプランを検討します」(梅田師)2着に敗れたのは残念でしたが、初戦と違って直線でいい反応を見せてくれました。調教で見せる動きの良さを実戦でも披露してくれました。これならすぐにチャンスは来そうですが、まずは馬体をよくチェックしてから次走について考えていきます。


posted by じろう at 22:10| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

待望のデビュー【シャルロワ】

阪神5R(2歳新馬・芝1600m) 岩田康騎手

じろう厩舎初のキャロット馬のデビュー、シャルロワが先週日曜日に待望のデビューを迎えました。
ハーツクライ産駒の牝馬で、調教も動いており、メディアでも有力馬として沢山取り上げて頂きました。
そして、当日の人気も1人気と最高の興奮度合いでレースを待つことに。

スタートもまずまず、先行する3頭を見ながらの絶好の4番手を進みます。
直線を向いて、さぁここからどんな脚を使うのかとドキドキして見守るも全く弾けず…( ;∀;)
どういうことだろう?
全く原因がわからない。
期待が大きすぎた為か敗戦のショックが大きすぎて暫くは何もやる気が起きず…
ノルマンディーならデビュー戦5着なら大満足なのに〜

レースを見なおしてみると、最後の直線で少し挟まれる感じがあったので、もしかしたらそれが原因で走る気失ったのかな〜なんて思ったりもしましたが、はっきりとした理由はわかりません。
今のところ、続戦予定みたいなので次こそ本領発揮して欲しいですね。
ハーツクライ産駒ですから、これからドンドンよくなるはず!
期待込めて成長を見守りたいです。

何はともあれ私のキャロットデビュー戦はとてもドキドキさせてくれた1週間となりました。



9日の阪神競馬ではまずまずのスタートからスムーズに好位につけて運ぶ。楽な手応えで直線を向いたように見えたが、追ってからの伸びが案外で5着。「追い切りの動きは良かったですし、レースでも4コーナーまでは楽にいい感じで進めることができていました。あとは直線でどこまで伸びてくれるかと思って期待していたんです。ただ、いざ追い出してからは『あれっ?』という感じで反応してくれなくて…。結果を出せず申し訳ありません」(岩田康騎手)「道中はリラックスして走れていましたし、自分のリズムでいい雰囲気でした。あとは直線どれだけ伸びるかというところだったのですが、追ってからが案外でした。このあたりはやはり初めての実戦ということなのでしょうか…。いい結果を出せず申し訳ありません」(梅田師)追い切りでは終い切れる脚を見せていたので、直線の伸びに期待しましたが、このあたりは馬自身戸惑っていたのかもしれませんし、使いつつということなのでしょう。この後はまずは馬体をよく確認してから検討します。
posted by じろう at 07:32| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

愛馬紹介【2017年産】Part5

ファッションプレートの17
ファッションプレートの17.jpg

牝馬
黒鹿毛
5月12日生
父: ディープインパクト × 母: ファッションプレート (BMS: Old Fashioned)
生産: ノーザンファーム 繫養地: ノーザンファームYearling
関西 松永 幹夫 厩舎予定
募集総額 :6,000万円
募集総口数:400口
1口出資額:150,000円 (1口保険料:4,500円 )

私がディープインパクト産駒に出資する日が来るとは正直思ってもいませんでした。
ノルマンディーオンリーなら間違いなくなかったでしょうし、キャロット入会にあたっても当初はディープ含め高額種牡馬はハナから除外して検討していました。
出資出来ない馬を検討してもしょうがないですからね。
しかし、検討を進め、最終段階に近づいたところで、票読みを手伝ってくれた数名の方から高額ディープは残り安いと教えて頂き、それならその手もありかと、チラチラと見てみたが全て高い…。
これはリスクが高すぎると一旦除外するも、新規でも残りそうな1頭のディープ産駒に目が留まります。
キャロット会員歴10年超えの方に聞いても、これは残るでしょうと。
まじか!?
それならダメもとで申し込んでみるか。取れればラッキー♪
ダメでも資金が残り、それはそれでいいだろうと思い、思い切って申し込みました。
それが本当に出資が決定するとは少し動揺しています(笑)

この馬が売れ残った理由としては、
まず小さいですね。
しかし、バランスは非常によく見え、5月12日生と遅生まれで、これからの成長にかけたい馬でした。
また、募集総額6,000万円という金額。
これは同じディープ産駒のシェルズレイの17、シンハリーズの17と同じ。
その2頭に比べたら割高に見えたのでしょう。
新規の私は、この可能性にかけました!
きっと最初で最後のディープ産駒となるでしょう。
何とか大きな舞台に乗って欲しいところですが、果たしてどうなるでしょうか。

当然ながら、これまでの私の出資した最高価格馬ゴルディオン(3,440万円)を軽く超える最高価格馬となりました。
ちょっと怖いです。
まずは怪我なく無事にデビュー出来ることを祈っています。

言い忘れましたが、出資を悩んだときに決め手になったのは嫁の誕生日と同じだった点も大きな後押しとなりました(^^♪

posted by じろう at 23:46| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬紹介【2017年産】Part4

フェリシアの17
フェリシアの17.jpg

牝馬
鹿毛
5月4日生
父: ハーツクライ × 母: フェリシア  (BMS: グラスワンダー)
生産: 追分ファーム 繫養地: 早来ファーム
関西 梅田 智之 厩舎予定
募集総額 :2,000万円
募集総口数:400口 
1口出資額:50,000円 (1口保険料:1,500円 )

全く売れませんでしたね。
良い馬だと思うのですが…
5月生まれでもありますし、これから更なる成長を成し遂げると思うとよだれが出てきます。
厩舎はよくわからないのですが、これは一発ないものかと密かに期待しています。
ノーザン育成ではないのが嫌われている原因なのかな?
私は未経験で、ノルマン育成よりは遥かにいいだろう!との発想で問題なしです(笑)
あまり調子乗った事を言うのはなんですが、この馬で大きな舞台に行きたいと思っています。
posted by じろう at 23:20| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬紹介【2017年産】Part3

スルーレートの17
スルーレートの17.jpg

牡馬
鹿毛
2月25日生
父: ブラックタイド × 母: スルーレート (BMS: フレンチデピュティ)
生産: ノーザンファーム 繫養地: 早来ファーム
関東 中舘 英二 厩舎予定
募集総額 :2,400万円
募集総口数:400口
1口出資額:60,000円 (1口保険料:1,800円 )

この馬も出資出来ないと思っていたのですが、無事出資出来ました。
厩舎も中館厩舎と、ノルマンディーで預かって頂いているソルパシオンの扱いを見ていても好感が持てるので、こちらでもお世話になりたいと思っています。
大物感はありませんが、コツコツと稼いでくれる馬に成長してくれるのを期待しての出資です。
早い時期からの活躍を期待したいですね。
posted by じろう at 23:12| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬紹介【2017年産】Part2

カラベルラティーナの17
カラベルラティーナの17.jpg

牡馬
鹿毛
2月6日生
父: トゥザグローリー × 母: カラベルラティーナ (BMS: クロフネ)
生産: ノーザンファーム 繫養地: ノーザンファームYearling
関西 岡田 稲男 厩舎予定
募集総額 :1,600万円
募集総口数:400口
1口出資額:40,000円 (1口保険料:1,200円 )

はっきり言って、顔は好みではありません(笑)
ですが、馬体は好みです!
これは結構やってくれるのではないかと期待の出資です。
新規では出資出来ないのでは?とも思いましたが、厩舎が岡田稲男厩舎でしたので、その辺りが嫌われてもしかしたらと思っていたら、無事に出資出来ました。
父のトゥザグローリーは芝の中距離馬でしたが、この馬はダート短距離でしょうか?
パワフルな感じがします。
適性は芝でもダートでも、中距離でも短距離でも構いません。
走ってくれれば。
期待したいです!
posted by じろう at 22:54| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬紹介【2017年産】Part1

イストワールの17イストワールの17.jpg

牡馬
鹿毛
2月1日生
父: ノヴェリスト × 母: イストワール (BMS: *サンデーサイレンス)
生産: 白老ファーム 繫養地: 早来ファーム
関西 平田 修 厩舎予定
募集総額 :1,800万円
募集総口数:400口
1口出資額:45,000円 (1口保険料:1,350円 )

最優先には同じ父: ノヴェリスト のゼマティスの17を選びました。
父: ノヴェリスト には全く興味はなかったのですが、ゼマティスの17は素直に欲しい馬でした。
最安値でもありますし、馬自身もすごく良く見えました。
しかし、ながら会員の一般出資枠内での抽選対象となってしまい、新規出資者は落選決定となりました。
そんなゼマティスの17と同じ父: ノヴェリスト産駒のイストワールの17。
正直、会員であれば出資していなかったかもしれませんが、新規入会をかけて売れ残りそうな馬の中で、この馬がピックアップされました。
ノヴェリスト産駒に良いイメージはありませんが、ゼマティスの17程ではありませんが、この馬も面白いと思いました。
バランスのいい馬体。
こらは大物感はないですが、地味に良い活躍が出来ないものかと。
価格もそこそこなので1000万で入着繰り返すような馬に成長してくれれば御の字です。

posted by じろう at 22:47| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。