ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年02月18日

権利取った!【ジャストフォーユー】

東京12R 4歳上1000万下・混 芝1400m 江田照男騎手

愛馬対決となった1戦ですが、前日の枠順発表で、

1枠1番アペルトゥーラ
7枠14番ジャストフォーユー

逆だろ〜

と叫びたくなりましたが、なったものは仕方ない。
まぁジャストフォーユーの方は外からゆったり先行出来ればいいかと思っていましたが、レースはまさしくそのような形で進められ、直線では早くも先頭に躍り出ようとする勢いで追い出されます。

長い長い東京の直線を頑張り、踏ん張り、一瞬やったか!と思わせる走りで最後は後ろから差されましたが、先頭をゴール手前まで争っていたレインボーラブラブを競り落とし3着入線と頑張ってくれました。

ここに来てこのクラスでも安定した成績、走りが出来るようになりました。
非常に頼もしい限りです。
3着となり、優先権も確保しましたので次走はレースを狙って調整してまた好走を期待したいところです。
今日はいいレースありがとう♪




★2/18(土)東京・4歳上1000万下(芝1400m・混)江田照男騎手 結果3着

「この条件で善臣さんや田辺が乗った時に、近くで一緒にレースをしていたから、俺なりに特徴はある程度掴んでいたつもり。気持ちが結果に結びつくタイプなので、一番気をつけたのはテンから前半どれだけフワッと行かせられるかだった。返し馬でもあまり走らせず、待機所までゆっくり歩かせたのもテンションを上げたくなかったから。今日だって番手に位置していた馬が並びかけて前に出ようとしただけで、一瞬ハミを噛んだくらいだからね。直線で一瞬の速い脚を使うよりも、平均的に脚を持続させてあとはどれだけ粘り頑張れるかがこの馬の持ち味。坂を上がって、なんとか権利(3着)までは粘れ!頑張れ!と必死で追ったよ。やはり距離は1400〜1600が合っているね」(江田照男騎手)

posted by じろう at 18:23| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またしても・・・【アペルトゥーラ】

東京12R 4歳上1000万下・混 芝1400m 北村宏司騎手

今回は、出たなりで進め、じっくり構える戦法のようでしたが1枠1番を引きどうなるのか見守っていましたが、直線で伸びることもなくまたしても二桁着順惨敗となりました。
きっかけさえ掴めばこんな成績の馬ではないと思うのですが、この後はどうするのでしょうかね。

恐らく一旦放牧となるのでしょう。
放牧先でまた障害の練習するのかな?もう何なら障害に向かってもらっても私は構わないのですが。
まぁ近況報告を見守る事にしましょう。

今日の結果は残念でした。




★2/18(土)東京・4歳上1000万下(芝1400m・混)北村宏司騎手 結果13着

「少し煩さはあったものの、ゲートの中でも比較的落ち着いて駐立できていました。陣営から急かさずにリズムよく進めてほしいと指示を受けていましたが、道中の位置も理想通りで、坂の手前ではまだエネルギーがまだばっちり残っていましたし、勝ち負けできそうなくらいの手応えでした。今日跨らせて貰って感じたのは、道中もそうですが、気持ちが小さくて臆病な面がレースで影響している点。小さな芝の塊が飛んできたり、かなり前を行く馬が手前を替えたりの動作にいちいち反応してしまいます。直線もスペースが無い訳ではないのに、怖がってしまって入って行こうとしない。距離を延ばしてある程度、先行させるのは簡単なことですが、この馬がパフォーマンスをより高く発揮できるのは1200〜1400mに思えます。ハナを切れればまたスムーズに流れに乗る作戦がいいでしょうし、まだ道中は我慢できているので、番手よりも後ろで競馬するなら、他馬の動作も激しくなる直線では、どうにか外に出す意識を持って臨むのが打開策ではないかと思います。課題を克服できれば、このクラスで十分やっていけるだけの力は持っていますよ」(北村宏司騎手)

posted by じろう at 18:22| Comment(2) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

今週の出走馬2/18・19

2月18日
アペルトゥーラ
東京12R 4歳上1000万下・混 芝1400m 北村宏司騎手 57kg

5日(日) Wコース 71.4-56.2-41.3-12.9 単走 馬ナリ
8日(水) Wコース 50.4-36.2-12.4 単走 馬ナリ
もともと稽古掛けする馬だが、今週の動きも軽快で言うことなしの内容。
具合は本当にいいですよ。
ハナに立っていれば違うんだろうけど、馬群で揉まれたり、ある程度行かせても交わされると競馬をやめてしまう脆さがあるので、今回はテンに急かさずじっくりと構えるよう鞍上には指示するつもり。
無理に引っ張るようなことはせず、出たなりの位置で運べば終い伸びてくると期待している。
大野騎手が騎乗停止となったため、鞍上は北村宏司騎手に依頼している。
(国枝栄調教師)


最近は成績が悪いのですが、調子は良いようです。
そろそろ本領発揮して欲しいところですが、果たしてどうなるでしょうか?
今回は前より後ろからの作戦みたいですね。どうなるでしょうか。
同じレースにジャストフォーユーも出て愛馬対決となってしまいました。
1着同着が最高の結果ですが、無理でしょうね。
ここで結果が出ないと、障害行きの可能性もあります。
アペルが障害馬となることは想像すらしていませんでしたが、結構上手なようで、それならそれもアリなのでは?と思います。
出資馬の1〜2割が障害馬となっても私は構いません。
現状頭打ちならドンドン挑戦させて欲しいくらいです。

もちろんアペルには今回で結果を出してくれる方がいいですけどね。


ジャストフォーユー
東京12R 4歳上1000万下・混 芝1400m 江田照男騎手 57kg

15日(水) Wコース 54.1-39.3-13.8 単走 馬ナリ
一度使ったことでだいぶ気持ちが乗ってきた印象で、今週の追い切りはいつものジャストの軽快な走りに映った。
前走のダメージも抜けて具合は上向いているので、中一週でも頑張れると思う。
鞍上についてはクラブ側と意見交換を行う中で、先行策が得意なベテラン起用の運びとなった。
切れ負けするタイプなのであまり引き付け過ぎずに、後ろに脚を使わせる競馬を指示するつもり。
(栗田徹調教師)


今週、アペルトゥーラと同じレースで出走となってしまいました。
出来れば来週の中山芝1600が良かったのですが…。
まぁ来週出られる保証もありませんからね。
ジャストが引っ張り、アペルが差す!
2頭並んだところがゴール!6着で(笑)



2月19日
ホウロクダマ
京都2R 3歳未勝利・混 ダ1200m 荻野極騎手 53kg

16日(木) 坂路コース 57.6-42.0-26.8-12.8 単走 馬ナリ
当初は来週の阪神開催での出走を本線にしていたが、想定を見てメンバーが手薄だったことと、この中間も元気一杯のうえ、今日の加藤祥太騎手騎乗の追い切りの動きが上々で、喉を含めた体調面に何ら不安はないことから、今週の出走に踏み切った。
最近はゲートの中でうるさいので、昨日もゲート練習をやって万全を期している。
復帰戦から3戦連続で騎乗してくれている和田騎手が、フェブラリーS騎乗のため京都に不在のため乗り替わりとなるが、騎乗技術が向上しメキメキと頭角を現し、今も最も勢いがあると言っても過言ではない3kg減の荻野騎手をタイミング良く確保できた。
多少強行軍で来ているだけに、減量の恩恵を後押しに今回でキッチリ決めたいところ。
(中竹和也調教師)


チャンスです!
2走前のメンバー構成以来のチャンスです。
そうそうメンバーに恵まれる事もないので、ここはキッチリ決めて欲しいところです。
先生が言われるように強行軍で来ているので、流石に結果の如何を問わずこの後は放牧だと思うので、勝って休んで欲しいですね。
頼みます!


posted by じろう at 07:22| Comment(6) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

愛馬成績2/12

2017年2月12日現在
2017年成績
13戦1勝(1−2−0−1−1−2−0−2−4)
勝率 .007
連対率 .230
複勝率 .230
掲示板率 .384
入着率 .692


総合成績
145戦15勝(15−16−15−6−5−13−6−9−60)
勝率 .103
連対率 .213
複勝率 .317
掲示板率 .393
入着率 .586


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 1−2−0−1−1−2−0−2−4

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−15
2012年産(4頭)8−6−9−3−2−7−4−6−18
2013年産(4頭)3−3−1−1−1−5−1−1−22
2014年産(8頭)2−4−0−1−1−1−0−1−5
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−1−1−0−1−1−9
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−2−2−2−2−2−3−5
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−4−1−0−3−2−3−8
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
6−5−3−0−0−2−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−6
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−4
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
1−0−1−0−0−1−0−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−1−1−0−0−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−0−0−2
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−0−0−2
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−0−1−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
0−1−0−0−0−0−0−0−0
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)11−13−14−5−5−9−5−9−48
牝馬(5頭)4−3−1−1−0−4−1−1−12

【生産別】
内国産(22頭)15−16−15−6−4−12−6−9−54
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)7−9−9−4−2−8−4−6−40
その他牧場産(11頭)8−7−6−2−3−5−2−3−20

【毛色別】
鹿毛(10頭)8−8−9−3−4−9−4−7−33
黒鹿毛(5頭)2−1−2−0−0−1−0−0−6
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)5−7−4−3−1−3−2−2−21
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)13−13−12−5−1−9−4−7−39
栗東(11頭)2−3−3−1−4−4−2−2−21

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−1−3−1−2−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−1−1−0−1−1−12
尾形和幸厩舎(2頭)7−5−3−0−0−2−0−0−3
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−4
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−4−1−0−3−2−3−8
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−0−1−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
高橋祥泰厩舎(1頭)0−0−0−1−0−1−0−2−1
清水英克厩舎(1頭)0−0−1−0−0−0−0−0−1
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)3−3−5−1−1−1−1−1−31
アイルハヴアナザー(3頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−4
スペシャルウイーク(2頭)3−2−5−1−0−3−2−3−8
ステイゴールド(1頭)0−0−2−2−2−2−2−3−5
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)6−5−3−0−0−2−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−0−0−2
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−0−1−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)0−1−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    9−9−3−1−0−5−1−1−7
1000〜1400万(6頭) 3−3−5−1−1−5−2−4−27
1401〜1800万(6頭) 2−3−6−4−3−2−3−4−20 
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−1−1−0−0−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 5−5−11−4−4−7−6−7−42
ダート 10−11−4−2−1−6−0−2−16

【距離別】
1000〜1300m 4−6−3−1−1−4−2−1−12
1301〜1899m 11−10−11−5−3−6−3−6−37
1900〜2100m 0−0−1−0−1−1−1−1−6
2101〜2700m 0−0−0−0−0−2−0−1−3
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 23:08| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

OP戦初勝利【ブラゾンドゥリス】

東京10R バレンタインステークス・混 ダ1400m 内田博幸騎手

PicsArt_02-12-04.11.51.jpg
PicsArt_02-12-04.12.27.jpg
好スタートから無理せず先行集団を進みます。


道中も砂を被らずスムーズに進みます。


PicsArt_02-12-04.12.57.jpg
直線を向いて、楽な手ごたえに見えるベストマッチョに照準を合わせる。


必死に内田騎手が追い、ブラゾンもそれに応えます。


PicsArt_02-12-04.13.26.jpg
最後はベストマッチョを振り切りゴーーール!!


やりました!
準OPを勝ちOP馬となり、いきなりの重賞(武蔵野S)挑戦で12着。
その後はOP特別での賞金加算を目論見ますが、2,3,2着と勝ちきれません…。

しかし、その時は来ました!
OP戦5戦目にしてようやく待望の勝利をあげる事が出来ました。
通算6勝目。

内田騎手好騎乗ありがとう♪
尾形先生、厩舎スタッフの方々ありがとうございました。



1400m・混)内田博幸騎手 結果:優勝

「まず枠が良かった。抜群のスタートを切れたけど逃げるつもりはなく、番手に構えてできれば人気馬(ベストマッチョ)がブラゾンより前に行ってくれと思っていた。ノリさんの馬(ディーズプラネット)が掛かり気味に捲って行ったけど動じることもなく、あとは抜け出すと少しソラを使って遊ぶ面があるのでギリギリまで追い出しを我慢した。余裕のある勝ちっぷりだったし、以前と比べて砂を被ったり外側から馬に寄られても泡食って怯むことがなくなってきた。そこが大きく成長を感じられる点だね。東京1400〜1600mはこの馬にとってベストパフォーマンスを発揮できる舞台で、今日は完勝でしょう。これからが楽しみですよ」(内田博幸騎手)

posted by じろう at 16:23| Comment(16) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする