ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年05月21日

惜しい!【ブラックジェイド】

東京6R 3歳500万下・混 ダ2100m 横山典弘騎手

う〜ん…非常に惜しいレースでした。
スタートを決め、先頭を走ります。そんなに後続を離すわけではなく、道中はレッドゼノンにもつつかれるような展開で決して楽逃げでもなかったように思います。
直線に入ると
1人気のクインズウィンダムの位置取り&手ごたえが気になりますが、ブラックジェイドも手ごたえを残しているように感じました。
直線は人気2頭の壮絶なたたき合いの末、ハナ差及ばずでした。
直線は一旦勝ち馬に先頭を譲った後、差し返す根性も見せ、見ごたえのある攻防でしたね。
しかし、勝ち馬のクインズウィンダムは直線かなりの口向きの悪さを見せ、それでも勝つのですから今回は相手が強かったという事ですね。
でもブラックジェイドも横山典騎手のコメントにはブラックジェイドも口向きの悪さを見せていたようでこちらもまだまだ成長の余地は大きそうです。
このクラスは卒業間近でいつでも勝てる力はありますが、今度は古馬の降級馬も相手にしなくてはいけませんが、この馬なら大丈夫でしょう!




★5/20(土)東京・3歳500万下(ダ2100m・混)横山典弘騎手 結果2着

「本当にいい馬。まだ物見したり、他馬を蹴りに行くような幼い面があると聞いていたが、今日はそういった面を潜めていた。連闘だったり輸送競馬だったりと必ずしもいい条件ではなかったと思うが、それでいてこれだけの競馬ができるんだから能力が高い。道中びっしりとマークされていたし、並んで口向きの悪さを出していたけど勝ち馬も強かったね」(横山典弘騎手)

posted by じろう at 16:31| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

今週の出走馬5/20

5月20日
ブラックジェイド
東京6R 3歳500万下・混 ダ2100m 横山典弘騎手 56kg

前半行き切れていればまた違う結果になっていたかもしれないが、勝ち馬も内枠からダッシュよく、引く気配はなかったからね。
パワータイプなので時計の速い馬場もブラックに合わなかったように思える。
あれがこの馬の力ではないし、走りきっていないので疲れはまったく感じられない。
週中の様子も元気一杯のため、ここは連闘させてください。
幸いにも今週末の東京は良馬場が望める予報で、輸送にへこたれるタイプではなく、左回りにも実績があるだけに巻き返しを狙う。
(昆貢調教師)


ビックリの連闘となりましたが、疲れもなさそうとの判断でここは勝負ですね。
コース&距離は合うと思いますので、横山典騎手との初コンビニ期待です。
人気はもう1頭に譲るとして、優勝は譲れないですね。
今回はブラックジェイドらしい競馬を期待です!枠も枠なのでここは逃げ切りましょう!


クリプトスコード
新潟11R 火打山特別 ダ1200m 木幡初也騎手 55kg

17日(水) Wコース 69.5-53.1-39.5-13.7 馬ナリ
この中間も引き続き坂路を取り入れたメニューを消化している。
追い切りの動きから見ても、先週から調子を崩すことなく状態を維持できている。
ここまで思っていた通りに調整を進めてこられたと実感している。
今回は相性の良い新潟だし、天気も今のところは傘マークもない。
クリプトスコードに合うパサパサの馬場になるだろうから前進を期待して送り出す。
(田島俊明調教師)


気温も高くなりクリプトスコードの季節がやってきましたが、このクラスでは正直厳しい印象ですね。
大敗続きなので、今回は入着目指して激走を期待したいですね。


ジャストフォーユー
東京12R 4歳上1000万下 芝1400m 蛯名正義騎手 57kg

17日(水) Wコース 53.4-39.0-12.5 単走 馬ナリ
ムキにならずリラックスした走りで、この中間は稽古でも我慢が利いている。
ここにきて精神面で大きく成長を見せている。
二週続けて追い切りに跨った原田騎手からも『絶好調』と感触を伝えられたし、状態の良さは◎を付けられるデキ。
無理に逃げる形には固執せず、道中は折り合いをつけて運んでもらうよう指示するつもり。
(栗田徹調教師)


調子は良さそうで淡い期待感を持ってレースを見守りたい。
レース展開が鍵となるので、ゲートを出てみないとわかりませんね。
栗田徹先生は東京芝1400mがベスト条件と常々言われていますが、このコース&距離で勝ちきるイメージが湧かないのですよね。上手く走れば掲示板や馬券内はあるのでしょうが。
本当に一発かまそうとなると、ローカル小回りの中距離での逃げ粘りの方がイメージ湧くのですがね。
ここはとりあえず掲示板を目指しましょう! 

posted by じろう at 10:12| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

愛馬成績5/14

2017年5月14日現在
2017年成績
40戦6勝(6−3−2−3−4−2−3−3−14)
勝率 .150
連対率 .225
複勝率 .275
掲示板率 .450
入着率 .650


総合成績
172戦20勝(20−17−17−8−8−13−9−10−70)
勝率 .116
連対率 .215
複勝率 .313
掲示板率 .406
入着率 .593


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 6−3−2−3−4−2−3−3−14

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−2−1−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−10−3−3−7−5−6−20
2013年産(4頭)4−3−1−1−1−5−2−1−24
2014年産(8頭)5−5−2−2−3−1−1−2−10
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−2−1−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−2−2−2−2−2−3−6
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−3−3−9
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−1−2−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−7
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−5
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−0−1−1−0−6
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−2−2−0−1−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−1−1−4
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−0−0−2
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−1−2−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−1
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)15−14−16−7−8−9−6−9−55
牝馬(5頭)5−3−1−1−0−4−3−2−15

【生産別】
内国産(22頭)20−17−17−8−7−12−9−10−64
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)10−9−10−6−3−8−6−6−45
その他牧場産(11頭)10−8−7−2−5−5−3−4−25

【毛色別】
鹿毛(10頭)10−8−10−4−6−9−5−7−37
黒鹿毛(5頭)3−2−3−0−1−1−1−0−7
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)7−7−4−4−1−3−3−3−26
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)17−13−13−6−2−9−7−8−47
栗東(11頭)3−4−4−2−6−4−2−2−23

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−2−4−1−3−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−2−1−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−5−3−0−1−2−1−1−5
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−5
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−3−3−9
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−1−2−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−0−1−0−1−0−2−3
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−0−0−1−0−1
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)4−3−5−2−1−1−2−1−33
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−0−0−3
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−5
スペシャルウイーク(2頭)3−3−7−1−1−3−3−3−9
ステイゴールド(1頭)0−0−2−2−2−2−2−3−6
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−1−2−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−1−1−4
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−1−2−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−9−3−1−1−5−2−2−11
1000〜1400万(6頭) 4−3−6−2−2−5−4−4−29
1401〜1800万(6頭) 2−3−6−5−3−2−3−4−23
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−2−2−0−1−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 7−6−13−5−4−7−9−8−47
ダート 13−11−4−3−4−6−0−2−21

【距離別】
1000〜1300m 5−6−3−3−2−4−4−2−16
1301〜1899m 14−10−12−5−5−6−4−6−41
1900〜2100m 1−0−1−0−1−1−1−1−7
2101〜2700m 0−1−1−0−0−2−0−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 17:42| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

土がつく【アナザートゥルース】

東京10R 青竜ステークス・混 ダ1600m 大野拓弥騎手

うわぁ〜かなりショックだ・・・。
まさかあそこまで負けるとは思ってもみなかった。
敗因は何だろう?

まぁ負けるときはこんなものか。
前日のブラックジェイドに引き続きショックな敗戦だな。

これ以上はあまり語る気になれないので、ここまで。




★5/14(日)東京・青竜ステークス(3歳OP・ダ1600m・混)大野拓弥騎手 結果10着

「芝スタート、距離、左回りと様々な敗因は考えられますが…。稽古の動きも悪くなかったですし、敗因が正直いまひとつ掴みきれません。ただ、ハミを取っている時の感じは良かったものの、今日は道中も何度か外に張って行ったり、こちらのゴーサインにも反応せずに精神面の幼さが大きく影響してしまった印象です。連勝は止まってしまいましたが、兄たちの成長過程からも血統的に晩成で花開くタイプなので、少し温かい目で見守ってほしいと思います」(大野拓弥騎手)

posted by じろう at 21:51| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

及第点【キャラメルフレンチ】

新潟10R はやぶさ賞 芝1000m 中井裕二騎手

2戦連続の最下位を驀進中のキャラメルフレンチ。
今回は直線1000mのレース。
正直ここで、このメンバーでそれなりの結果が出ないとかなり先行きが不安になります。

そういう意味でかなりドキドキさせられるレースでしたが、好スタートから馬場のいい外側に徐々にポジションを移し、最後は力尽きましたが7着とキャラメルフレンチなりには頑張ったのではないでしょうか?
しかし、現状まだまだ力不足は否めないので今後も厳しい戦いが待っているでしょう!
もう少し、最後まで粘れる力を付けて欲しいですね。




★5/13(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m・混)中井裕二騎手 結果7着

「ギリギリまで我慢させたのですが、最後の50mは甘くなってしまいました。それでもスピードをいかした千直は合ってますね。千直にこだわって狙って使っていくのも良いかもしれません。1200を使うのであれば、ブリンカー着用でグッと集中させた方が良いでしょう。千直の場合だとブリンカーは前半力んでしまう可能性があるので、チークでちょうど良いと思います」(中井裕二騎手)

posted by じろう at 09:17| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする