ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年12月24日

命名馬のデビュー戦【レゴリス】

阪神6R 2歳新馬・混 ダ1400m 松山弘平騎手

初の命名馬であるレゴリス。

その私にとっては特別な思いを持ってのデビュー戦となりました。
何度も書いておりますが、もう何頭、何十頭のデビューを見守って来ましたが、やはりデビュー戦とういうのはとてもドキドキします。
調教だけではわからない競馬での走り、気性面等心配になることばかり。
特にノルマンディーの馬はデビュー戦からは仕上げてくることはまれですから、これまでも全く競馬にならない例はあげたらきりがありません。
ましてやレゴリスはデビュー前にようやくタイムもそこそこまで来たという印象で、先生や調教に乗った松山の騎手もトーンはそれほど上がってきていませんでした。
当日の新聞のコメントや牧雄氏のメルマガを見ても使いながらという表現が並びます。
この時点で結果は覚悟しなければいけないのですが、やはり期待が上回ります。
もしかしたら勝てるのでは?と(笑)


レゴリスのデビューが22日に決まり、現地観戦することを決意します。
家族旅行という名目で家族も連れて阪神競馬場に向かいます。
しかし、家族は近くのショッピングモールに置いて、1人競馬場に向かいます。
家から競馬場に向かう途中で高速で事故があり、下されるロスもあり間に合うのか心配になりましたが、無事レース前に着きました。
しかし、これには間に合いませんでした。

IMG_20181224_162537.jpgIMG_20181224_162540.jpg

現地で落ち合う予定だったお二方…
二人の名誉の為、名前を伏せますが私を置いて先に美味しいお肉を食べていました。
その頃私はようやくここ

IMG_20181222_114036696_HDR.jpg

確かに事故があったとはいえ、遅れた私が悪いのです。
○○いちさん、某とりさん!遅れてごめんなさい。


二人が美味しいお肉を食べている間に応援馬券を買っておきました。

IMG_20181222_115041342.jpg

勝った時は来年の懇親会でサインをもらう為に複数枚( ̄▽ ̄)


その後、無事パドックで合流出来、緊張のレゴリスの登場待ちとなりました。
その後、〇れれさんとも合流して、4人でレゴリスの出来を吟味しました。

IMG_20181222_121922930_HDR.jpg
IMG_20181222_122336557.jpg
IMG_20181222_123411928_HDR.jpg

パドックに登場したレゴリスは覇気がないというか、今から競馬だぞという認識はない感じでした。(デビュー戦ですから仕方ありませんが)
この調子ではスタートをモサっと出て、後方のままはい!終了〜という構図が見えて来ます。
しかし、騎手が乗ってからは少し気合いが乗ってきた素振りもみせ、期待感は徐々に高まって来ました。
先生や牧雄氏の初戦向きではなく、使いながらのコメントからここで結果を出せば、今後にかなり期待が持てるはず。
そう意気込んで、口取り権利を持ち、某とりさんと私はゴール前に向かいます。


レースでの大事なスタート!
上手く出ました!
私達の口から『良し!出た!』と一斉に言葉が出ました。
位置取りまずまず、4コーナー付近で若干手ごたえ悪く置いてかれそうになりますが、何とか取り付いて最後の直線での追い出しをまちます。
前を行く2頭の後ろに付けた為、追い出しのタイミングで前が開かない不利がありました。
最後は3着の馬に交わされ、猛追の5着馬を振り切ったところがゴール。
手ごたえとしては直線の前が開かなくても突き抜ける力は残っておりませんでしたが、もう少しスムーズに前が開いていればと思わせる展開でした。
何より、スタートを上手く切れたこと。
内に入って砂を被っても怯まなかったことがこのレースでの収穫でした。
結果は4着でしたが、デビュー戦としては満足のいく内容でした。

まだ緩い中でのあの競馬が出来るのなら、これからが楽しみです。
近いうちに勝ち上れるでしょうし、そこそこやってくれるのでは?という期待が持てました。

某とりさんとの念願の口取り、命名馬のデビュー戦での口取りという悲願は達成できませんでしたが、わざわざ見に来て良かったと思いました。


この後、肉マンディーに参加出来なかった私と〇れれさんはかすうどんを食べに向かいました。
私は勿論、追っかけ肉マンディーで(^^♪

IMG_20181222_131417667.jpg


この後は某とりさんは電車の時間があり、私は家族旅行に合流するために2人を置いて競馬場を後にしました。
短い時間でしたが、また皆さんに会えて楽しかったですし、嬉しかったです。
また来年、競馬場や飲み会、イベントでお会いしたいですね。


グリーンチャンネルを見ている方達からは、4人が楽しそうに話している姿がパドック中継で映ってたと報告があり、私もJRA-VANのパドック映像で確認しましたら、確かに映ってましたね(笑)
後は、数日後に届くであろうデビュー戦のゼッケンをまだかと待ちたいと思います。
贅沢言うと勝って、サイン入りゼッケンが良かったのですが…




posted by じろう at 17:16| Comment(2) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

今週の出走馬12/15

12月15日
ラルムエトワール
阪神6R 2歳新馬(ダ1200m・混) 藤岡佑介騎手 54kg

9日(日) 坂路コース 58.8-43.1-27.7-12.4 単走 馬ナリ
12日(水) 坂路コース 53.4-39.2-25.4-12.6 強目
乗りやすく特にクセもないことから、昨日の最終追い切りも佑介騎手ではなく、助手が跨って稽古をつけました。
こちらが先行して最後は併入の形でしたが、相手が一杯に追われていたことを考えると、よく動けていましたね。
時計も優秀で、これで出走態勢はキッチリ整ったと見ていいでしょう。
牝馬ですが、ここまで追い切りを消化してきても飼い葉食いは落ちませんし、テンションも上がっていません。
これといった不安はなくデビューを迎えられそうで、あとは発馬が五分なら初戦から期待できると思います。
(宮徹調教師)


ようやくデビューですね。
調教もまずまず動けていて、期待を持って挑めそうなレースとなりそうです。
強そうな相手もいますが、まずはこの馬の走りをしっかりと見せて欲しいです。
1億稼ぐ馬ですから、きっと恥ずかしい競馬にはならないはず(願うのみ)
がんばれ〜!!
posted by じろう at 12:05| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

今週の出走馬12/8・9

12月8日
ホウロクダマ
中京3R 3歳上500万下 ダ1200m 富田暁騎手 55kg

5日(水) 坂路コース 52.0-38.4-25.4-13.3 単走 一杯
先週と同様に、今週水曜日の最終追い切りも一杯の内容。
ラスト1ハロンこそ先週より遅かったものの、全体時計としては良かったですね。
ただ、ノドの症状は改善するものではなく、馬体の仕上がりが良好と言えるだけに勿体ですが、その辺りも今の状態の良さでカバー出来ればと思っています。
レース選択については、土日のどちらにするかギリギリまで悩みましたが、正式に土曜日へ向かうことに決め、富田騎手で投票をおこないました。
ホウロクダマには今年1月の中京開催の同条件でも騎乗経験がありますし、しっかり追ってもらうよう指示を出します。
(中竹和也調教師)


あいかわらず喉の影響が心配されますが、まずまず態勢は整ったのではないでしょうか。
見どころのあるレースを期待します。




メルドオール
中京4R 障害未勝利・混 芝3000m 高野和馬騎手 60kg

5日(水) 北Cコース 79.8-66.7-53.2-40.3-14.2 単走 ゲートナリ
週明けより鞍上を高野和馬ジョッキーにチェンジ。
メルドオールとの相性というか、息がピッタリというか、手を焼くようなこともなく、予定通りの飛越練習がおこなえました。
課題だったゲートも何も問題ありませんね。
昨日はゲート練習と追い切りを兼ねてみましたが、素直に指示に従い、中でじっと我慢できていましたし、発馬も非常にスムーズでした。
この流れに逆らう手はなく、今週の中京戦に高野ジョッキーで向かいましょう。
骨っぽい相手は数頭いるものの、メルドオールも含め初障害が半数というメンバー構成。
芝コースですし、入障初戦から見処のあるレースが出来ると思います。
(加藤和宏調教師)


メルドオールの復帰戦は障害戦となりました。
私も以前から平地がダメなら障害を試して欲しいと思っていたので、どんなレースをしてくれるのか楽しみです。
飛越センスもまずまずのようなので、今日はまずは障害レースに慣れてくれれ、完走してくれればいいですね。




12月9日
ブラゾンドゥリス
中山11R カペラステークス ダ1200m 藤田菜七子騎手 56kg

2日(日) 坂路コース 54.1-39.3-25.8-12.9 単走 馬ナリ
5日(水) Wコース 69.0-53.6-39.9-13.2 馬ナリ
コーナーで少し右へモタれる面は見せたものの、直線追い出してからの加速はスムーズ。
追い切りに跨った菜七子騎手も好感触を得たようです。
寒くなるほど状態が上がってくるタイプですし、休み明けを叩いて反応、気配ともに良くなってきている。
あとはなるべく外枠を引けたら理想ですが、自分のリズムでさえ走ればここでも差はないと思っています。
(尾形和幸調教師)


口取りも無事取れました!
ここは勝って菜七子騎手とそういちさんと一緒に口取りしたいです。
枠も無事外枠を引けましたので、上手く先行して直線突き抜けてください。
初の1200mのペースに戸惑う来なく進めたら面白いのではないかと思っています。
勝ってくれ!







posted by じろう at 09:35| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

今週の出走馬12/1

12月1日
中山10R 北総ステークス ダ1800m・混ハンデ 大野拓弥騎手 56kg

25日(日) 坂路コース 57.1-41.3-26.6-12.9 単走 馬ナリ
昇級初戦ではあるものの、準OPで2着が2回の実績からトップハンデは覚悟していました。
今週はキリの影響で時計は計測できず。
単走でサラッとした内容の追い切りですが、とても力強い動きで良い気配に映ります。
一週前に併せ馬でビシッとやっていますし、仕上がりに関して不安はありません。
もともと使いつつ良化してくるタイプだけに、あとは休み明けがどうかですが、得意としている中山コースのダ1800m戦なら、期待を裏切らない走りを見せてくれるはずです。
(高木登調教師)


さぁここは決めようぜ!
勝ってOP馬誕生だ!そして来年は重賞の常連馬として飛躍の年として欲しい。
舞台は得意の中山ダ1800m。昇級戦といえども降級前はこのクラスで2戦とも2着と力上位は明らか。
心配は前走から少し間隔開いた点だが、それも大丈夫だろう。
ただ勝ちみに遅い点が心配だが…7.

じろう厩舎3年連続二桁勝利まで後1勝!
ここで決めてくれ!
いやここで決めれないともう無理かもしれないぞ〜(笑)
posted by じろう at 11:01| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

今週の出走馬11/25

11月25日
ソルパシオン
東京1R 2歳未勝利 芝1400m C.デムーロ騎手 55kg

21日 Wコース 71.1-55.8-40.1-13.1 馬ナリ
昨日は朝一の組で追い切り。
先週はまだ動きに重さが感じられましたが、しっかり間に合わせることができたと感じられる内容でした。
今日は気分転換もかねてプールへ。
普段と違う動きをすることによって頭のスイッチを切り替えられますからね。
帰厩させてから飛節後腫の件もあり時間をかけさせてもらいました。
じっくり取り組めた分、操作性はアップしていますし、プールも効果的なのか力の抜き方も少しづつではあっても身についてきています。
さすがに手強い相手がいますが、ここまで3戦してきた感触から1400mはマッチしているはずですし、間際で頼もしい鞍上を確保できましたから、ソルパシオンの力を上手いこと引き出してもらいましょう。
(中舘英二調教師)


デビュー4戦目。
ここまで5着、7着、4着と善戦しています。
距離においても1800m、1800m、1600mと来て、今回は1400mと短縮して来ました。
この短縮がいい方向に向けば、勝ち負けを期待してもいいのではないかと思うのですが、やはり強敵もいます。
ここは勝てれば一番ですが、レース振りの上達、直線の切れ味が見られればそれで合格点かなとも思います。
でも正直勝って欲しいのが本音です。
鞍上はC.デムーロ騎手と期待が大いに持てますのでワクワクしています。
posted by じろう at 08:20| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする