ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年05月11日

今週の出走馬5/13

5月13日
ジャストフォーユー
新潟4R 障害未勝利・混 芝2890m 上野翔騎手 60kg

9日(水) Pコース 59.2-43.9-13.5 単走 馬ナリ
降雨の影響による馬場コンディションを考慮し、昨日の追い切りは15-15で入り、終いを少し仕掛ける程度でおこないました。
明日サッと飛越を復習し、本番に備えたいと思っています。
同日に2鞍あり、メンバーも上手い具合に分散しています。
あとは休み明けということと輸送によるイレ込みですかね。
トリッキーなコースではないですし、これまで通り正攻法のレースをして、どこまで粘れるかでしょう。
帰厩後のデキは安定していますし、掲示板は死守したいところです。
(粕谷昌央調教師)



障害入りしてから11着、10着と結果の出ていないジャストフォーユー。
ここはまずは入着目指してというところでしょうが、欲を言えば掲示板は確保して欲しい!
シシオウが初障害で3着に来たことを思うと、そろそろ結果が欲しいところ。
思い切って逃げて気分よく走らせたら粘ってくれないものか。
無事が第一ですが、結果も期待したい一戦です。





ブラゾンドゥリス
京都11R 栗東ステークス ダ1400m 丹内祐次騎手 57kg

6日(日) 坂路コース 55.0-40.3-26.6-13.5 一杯
9日(水) 坂路コース 54.5-40.0-26.6-13.8 馬ナリ
最終追い切りがそれほど目立つ動きではなかったものの、もともと稽古駆けするタイプではなく、特に調子が悪いということはありません。
雨で重い馬場コンデイションも影響したと思いますし、まだ気温がそれほど高くない時期なのもブラゾンにとっては正直ありがたい。
ただ、正直ハンデは予想していたよりも少し見込まれてしまいましたね。
自身の57kgは仕方ないにしても、先行を主張してきそうな各馬のハンデが軽過ぎる印象。
丹内とは枠が決まってから作戦を練ることになりますが、道中スムーズに外へ持ち出すことが必須となってきます。
中間の稽古からは新たにブリンカーを装着しており、今回その効果にも期待しています。
ここに入っても力量上位なのは間違いないですし、良い結果を出したいと思います。
(尾形和幸調教師)


1年以上勝利から遠ざかっているので、そろそろ勝利が欲しいところです。
ハンデ戦ということで、斤量の問題がありますがそこは力でねじ伏せて欲しいところです。
調教もあまりよく見えないのが心配ではありますが、間もなく夏休み期間に突入しそうなので、ここは頑張って走ってください。
外目から上手く先行し、直線半ばで抜け出せれば勝機はあるでしょう!
勝ってくれ!ブラゾン!!


posted by じろう at 12:55| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

愛馬成績5/6

2018年5月6日現在
2018年成績
38戦5勝(5−4−3−2−1−2−2−1−18)
勝率 .131
連対率 .236
複勝率 .315
掲示板率 .394
入着率 .526


総合成績
265戦29勝(29−24−22−11−15−18−16−15−115)
勝率 .109
連対率 .200
複勝率 .283
掲示板率 .381
入着率 .566


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 10−6−4−4−9−6−8−7−41
2018年 5−4−3−2−1−2−2−1−18

【世代別】
2011年産(2頭)5−3−4−2−3−0−1−1−17
2012年産(4頭)9−7−11−5−3−10−8−8−31
2013年産(4頭)4−3−1−1−3−5−2−2−37
2014年産(8頭)10−9−5−2−5−3−4−4−23
2015年産(6頭)1−2−1−1−0−1−1−0−7
2016年産(9頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡7
5−3−4−2−3−0−1−1−12
メルドオール(サルガソシー12)牡6
0−0−3−3−2−4−3−4−11
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡6
2−1−5−1−0−3−4−3−14
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡6
7−6−3−1−1−3−1−1−2
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝5
2−0−1−0−2−1−1−1−12
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡4
3−2−0−0−0−0−0−0−2
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡4
3−3−4−0−2−0−0−0−1
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝4
1−1−0−0−0−1−1−2−7
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡4
2−1−0−1−3−2−2−1−3
シシオウ(イシノショウジ14)牡4
1−1−1−0−0−0−0−0−5
セルヴァ(オークルーム15)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝3
0−0−1−1−0−0−0−0−3
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡3
1−0−0−0−0−0−0−0−1
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡3
0−2−0−0−0−0−0−0−1
フライオールデイズ(リンダムーン15)牡3
0−0−0−0−0−1−1−0−0
レゴリス(ソラコマチ16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ソルパシオン(パリージョ16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファイナルマズル(リスティアエーデル16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
リーピングリーズン(ジョウノファミリー16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
アイヴィーサ(ジョウノボレロ16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
セレーネワルツ(テネシーワルツ16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ラルムエトワール(プレシャスドロップ16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ラハイナヌーン(ラハイナU16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
サゼラック(キリーンガール16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ビターレ(アイアンアタック14)引退
0−0−0−0−0−0−0−1−3
クリプトスコード(クラックコード13)引退
2−3−0−1−0−3−1−1−8
マグレブ(フサイチリニモ13)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−11
ローズパラディン(レットイットスノー15)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−1

【性別】
牡・騙馬(23頭)24−20−20−9−12−14−13−12−85
牝馬(10頭)5−4−2−2−2−5−3−4−30

【生産別】
内国産(32頭)29−24−22−11−13−18−16−15−109
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(15頭)16−11−11−7−8−9−10−7−71
その他牧場産(18頭)13−13−11−4−6−10−6−8−43

【毛色別】
鹿毛(13頭)12−9−13−7−7−13−10−10−62
黒鹿毛(7頭)6−3−5−0−4−2−2−1−17
青鹿毛(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(11頭)11−12−4−4−3−4−4−4−36
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(22頭)21−17−15−9−6−14−12−12−78
栗東(16頭)8−7−7−2−8−5−4−3−36

【厩舎別】
国枝栄厩舎(3頭)5−3−4−2−3−0−1−1−15
昆貢厩舎(3頭)3−3−6−1−4−1−2−1−5
尾形和幸厩舎(2頭)8−7−3−1−1−4−2−3−8
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
安田隆行厩舎(2頭)1−0−0−0−0−0−0−0−5
高野友和厩舎(2頭)1−2−0−0−0−1−0−0−6
奥村武厩舎(2頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
斉藤崇史厩舎(2頭)1−1−1−0−0−0−0−0−5
宮徹厩舎(2頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−8
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
高木登厩舎(1頭)3−2−0−0−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)2−1−0−1−3−2−2−1−3
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−2−0−1−1−7
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−1−1−0−0−0−0−3
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−1−0−0
加藤和宏厩舎(1頭)0−0−0−1−0−2−0−0−4
河内洋厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
粕谷昌央厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
渡辺薫彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
中舘英二厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
岩戸孝樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
鈴木孝志厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
上原博之厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)7−3−5−2−5−1−2−2−45
スペシャルウイーク(3頭)5−4−9−1−2−4−5−3−15
アイルハヴアナザー(3頭)3−3−0−1−0−0−1−0−4
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−9
ゴールドアリュール(2頭)1−0−0−0−0−0−0−0−1
アドマイヤムーン(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−3−3−2−4−3−4−11
ハーツクライ(1頭)0−0−1−1−0−0−0−0−3
フレンチデピュティ(1頭)0−2−0−0−0−0−0−0−1
ノボジャック(1頭)7−6−3−1−1−3−1−1−2
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−2−7
ショウナンカンプ(1頭)2−1−0−1−3−2−2−1−3
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
サムライハート(1頭)1−1−1−0−0−0−0−0−5
トーセンラー(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ホワイトマズル(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックタイド(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ロードカナロア(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
スマートファルコン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
カフェラピード(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
タニノギムレット(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(11頭)    11−11−4−2−1−7−3−4−23
1000〜1400万(7頭) 6−5−6−2−5−6−7−5−47
1401〜1800万(8頭) 5−3−7−6−5−5−6−6−32
1801〜2200万(3頭) 1−0−1−1−0−0−0−0−4
2201〜2600万(2頭) 3−3−4−0−2−0−0−0−1
2601〜3000万(1頭) 3−2−0−0−0−0−0−0−2
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 12−7−15−7−8−11−12−11−73
ダート 17−17−6−4−6−8−4−4−38

【距離別】
1000〜1300m 11−7−3−3−6−6−6−5−34
1301〜1899m 15−15−15−7−6−9−7−8−58
1900〜2100m 2−1−2−1−1−2−2−1−13
2101〜2700m 1−1−1−0−1−2−1−1−6
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−1−0−0−0−0−0−4
posted by じろう at 08:10| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

接戦を制しての初勝利【ファントムメナス】

京都2R 3歳未勝利・混 ダ1200m 鮫島克駿騎手




パドック
PicsArt_05-06-05.53.04.jpg


スタート
PicsArt_05-06-06.00.39.jpg
初戦に続きワンテンポ遅れます。


スタート直後
PicsArt_05-06-06.01.21.jpg
二の脚が速い!
すぐさま先団に取り付きます。


4コーナー
PicsArt_05-06-06.01.52.jpg
2番手のまま直線に向きます。


残り200m
PicsArt_05-06-06.02.48.jpg
逃げ馬ビッグボスに差を広げられます。


残り100m付近
PicsArt_05-06-06.03.19.jpg
外から追い込んで来たヘーザと3頭の激しい叩き合い!


ゴール前
PicsArt_05-06-06.04.01.jpg
激しい叩き合いの末、前に出ます!


ゴール
PicsArt_05-06-06.04.33.jpg
見事先頭でゴール!!


初戦11着からの一変振りは見事でした。
いや!初戦からも調教内容からかなり期待していたので、正直結果にはショックでした。
調教よくて競馬でサッパリ…
マグレブを思い出しました。もちろん安田厩舎。
しかし、節を稼ぐために放牧だと思いきや、厩舎で次走に向けて調整してくれました。
そして、前半抑え気味とはいえ、ラスト11.6の破格の時計。
これはかなり期待してレースを見守りました。
しかし、1頭強力な馬が…
1.6倍の1人気。

ここは2,3着がいいところなのでは?と若干弱気になりましたが、馬は本当に良く頑張ってくれました。
素晴らしい勝負根性でした。
勝てたので、この後は一旦休むなり、続戦するなりは余裕を持って見届けられます。
続戦の判断で勝利に導いてくれた安田先生&厩舎スタッフの皆さま。そして大接戦を制して勝ってくれた鮫島克駿騎手、本当にありがとうございました。
感謝感謝です。
私の3歳馬初勝利にもなりました。

本当にありがとう♪




★5/06(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m・混)鮫島克駿騎手 結果:優勝

「スタートが良かったですし、楽に2番手で追走できましたが、最後の直線がずっと左手前のままで、なかなか手前を替えてくれなくて。でも、2着馬と併さった際には勝負根性を見せて、ひと伸びしてくれました。ひと叩きしたことと距離短縮も良かったと思います。これでキャリア2戦目、まだトモもゆるいですし全体的に幼いですが、ここで勝ち上がれたことで今後につなげることが出来て、本当に良かったです」(鮫島克駿騎手)




1525604948337.jpg1525604970716.jpg1525604979996.jpg1525605009720.jpg1525605105771.jpg1525605112248.jpg
keijiさん提供


posted by じろう at 20:27| Comment(16) | 2015年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徐々に前進【ブリリアントリリー】

新潟5R 3歳未勝利・牝 芝1800m 横山武史騎手

好スタートから先行集団に取り付きますが、先頭に立つことは出来ませんでした。
スタートセンスは抜群にいいですね。
そのスタートと枠を活かし、逃げるのかと思いきや抑えたというよりは他の馬の方が早かったという感じかな。
切れる脚が無い分、このコースや東京は合わない印象。
福島や北海道開催に向けて一旦休んで仕切り直しして調整して欲しいですね。

デビュー戦の大敗からよくここまで来ました。
本当に栗田先生&厩舎スタッフの方には感謝感謝です。
今日勝てなかったのは残念ですが、勝ち上がれる能力があるのはわかったのでその時を待つのみです。
栗田先生今後ともよろしくお願いします。





★5/06(日)新潟・3歳未勝利(芝1800m・牝)横山武史騎手 結果3着

「スタートからスッと前へ付けられるスピードがあり、ブリンカーの効果もあるようで、道中乗り難しさは感じませんでした。直線を向いても手応えは十分残っており、あとはスペースを見つけての追い比べに持ち込みましたが、切れるタイプではないだけに決め手のある馬にやられてしまいますね。距離はもう少し延びても問題ないはずですし、ワンターンよりは瞬発力勝負にならないコーナー4つの競馬場ならと思います」(横山武史騎手)

posted by じろう at 19:41| Comment(4) | 2015年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

力は本物【アナザートゥルース】

東京9R 立夏ステークス・混 ダ1600m 大野拓弥騎手

前走の昇級初戦2着の後の真価が問われる大事な一戦でした。
前走もそうでしたが、私はまだこの馬の力を信じきることは出来ず半信半疑でした。
今回も大方半信半疑なところがありましたが、勝馬に離されたとはいえ、あの展開で2着に踏ん張るとは大したものでした。
ここまで来ると力は本物と認めるしかないでしょう!
これはまだまだ成長するはずですから非常に楽しみですね。
流石にこの後は休養でしょうから、降級後の連勝でオープン入りを目指して欲しいですね。
地方交流重賞の常連となるような活躍がみたいです。




★5/05(土・祝)東京 立夏ステークス(4歳上1600万下・ダ1600m・混)大野拓弥騎手 結果2着

「前走に比べてややテンションが上がっていて、返し馬でも少しソワソワしていましたね。それでも今日は、好位でうまく流れに乗ってスムーズな競馬ができました。確かに勝った馬は強かったと思いますが、1頭になってからフワフワしていたので、周りに馬がいる展開だったらもっと差は詰まったはず。実際、後ろの馬に来られてからもうひと伸びしてくれましたからね。馬は確実に良くなっていますし、ワンターンのコースで結果を出せたのも収穫。この血統なのでまだまだ伸びしろがあるはずで、これからが楽しみです」(大野拓弥騎手)
posted by じろう at 21:42| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする