ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年09月08日

前進!【ソルパシオン】

中山2R 2歳未勝利 芝1600m 北村宏司騎手

パドックでは結構イレ込んでいましたね。心配しましたが、レースでは影響なかったですね。
レースは好位から進め、内でじっと我慢して直線で追い出します。
一瞬前が詰まる不利もありましたが、勝ち馬が強すぎました。
同馬も頑張って追い上げますが、4着が精いっぱいでした。

それでも、デビュー2戦からは進展のあるレース振りで、見ごたえのある内容でした。
厳しい事を言えば、勝ち馬は別としてその他はそれほど揃った相手でもなかった点と、内の経済コースを上手く立ち回った鞍上の好騎乗も相まっての結果でしたので、次走もそう上手く行くかは疑問な点です。
でも着実に前進しているので勝ち上がりもそう遠くはないと思っています。




★9/08(土)中山・2歳未勝利(芝1600m)北村宏司騎手 結果4着

「3回目で場慣れしてきたのもあって我慢はできています。いいポジションで進められて脚も溜められましたね。綺麗な馬場で前も止まらずとらえるきるまではいきませんでしたが、今日はメリハリのある競馬ができたのが大きな収穫です。今回の経験が次につながりますよ」(北村宏司騎手)




IMG_20180908_122744.jpg

IMG_20180908_122739.jpg

IMG_20180908_122731.jpg

IMG_20180908_122736.jpg

IMG_20180908_122733.jpg

IMG_20180908_122751.jpg
しらとりさん提供
posted by じろう at 12:52| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の出走馬9/8

9月8日
ソルパシオン
中山2R 2歳未勝利 芝1600m 北村宏司騎手 54kg

5日(水) Wコース 68.5-53.9-40.2-13.8 馬ナリ
昨日は雨により馬場が重く終いの時計がかかる傾向にありました。
時計で見るよりも動きは悪くなく前走からの調整過程としては順調といえるのではないでしょうか。
競馬自体は上手でも一本調子なところがあるので、改善を狙って今回は操縦性というものを意識して取り組んできました。
形になってきた感はありますし、イレ込みがキツイのも徐々に解消してきていますので、落ち着いて臨めさえすればと思っていますよ。
(中舘英二調教師)


デビュー3戦目を迎えます。
そろそろ勝ち負けに持ってきてもらいたいところです。
距離短縮は良いと思うのですが、坂がどう影響するのか気になります。
強そうな馬もいますが、大外枠に行ったのでその隙を狙って上位進出を狙いたいです。
北村宏司騎手に継続騎乗してもらえているのは非常に有り難いので、その気持ちに応えるべく勝利という最高の形を期待します。




アナザートゥルース
中山10R 鋸山特別・混 ダ1800m 大野拓弥騎手 57kg

2日(日) 坂路コース 56.3-41.3-26.1-12.8 単走 馬ナリ
5日(水) 坂路コース 53.1-38.4-25.4-12.8 単走 一杯
水曜日の追い切りはウッドチップコースを予定していたのですが、調教中に心臓麻痺を起こした馬がいた関係で一時的にコースが閉鎖されたことから、日曜日と同様に坂路でやりました。
時計上は単走の表記でも、実際には前の馬を大きく離れて追走する形。
さすがに追いつくことはできなかったものの、それでもしっかり動けていましたし、時計的にも上々。
久々を一度叩いた上積みが感じられます。
ハンデ戦から定量戦に変わり、前回トップハンデを背負ったこの馬にとっては斤量的に有利になりますし、何より得意コースの中山千八に替わるのは間違いなくプラス。
ここはキッチリ決めておきたいところです
(高木登調教師)


前走の悔しい敗戦からの巻き返しです。
メンバー的にも条件的にもここは負けられない一戦です。
ハンデ戦から定量戦に変わりますし、ここはキッチリ決めて貰いましょう。ここは勿論通過点ですから年内にOP馬になりましょう!

じろう厩舎はかなりの馬達が足踏み状態です。
この馬には他の馬達の分もしっかり稼いでもらいたいものです。


posted by じろう at 08:49| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

愛馬成績9/2

2018年9月2日現在
2018年成績
74戦8勝(8−6−5−2−3−4−6−2−38)
勝率 .108
連対率 .189
複勝率 .256
掲示板率 .324
入着率 .486


総合成績
301戦32勝(32−26−24−11−17−20−20−16−135)
勝率 .106
対率 .192
複勝率 .272
掲示板率 .365
入着率 .551


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 10−6−4−4−9−6−8−7−41
2018年 8−6−5−2−3−4−6−2−38

【世代別】
2011年産(2頭)5−3−4−2−3−1−2−1−17
2012年産(4頭)9−8−11−5−4−11−10−9−36
2013年産(4頭)4−3−1−1−3−5−2−2−41
2014年産(8頭)11−10−6−2−5−3−4−4−32
2015年産(6頭)3−2−2−1−0−1−1−0−9
2016年産(9頭)0−0−0−0−1−0−1−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡7
5−3−4−2−3−1−2−1−12
メルドオール(サルガソシー12)牡6
0−0−3−3−2−5−4−5−12
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡6
7−7−3−1−2−3−2−1−3
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝5
2−0−1−0−2−1−1−1−16
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡4
3−3−0−0−0−0−0−0−2
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡4
3−3−4−0−2−0−0−0−1
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝4
1−1−0−0−0−1−1−2−11
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡4
2−1−0−1−3−2−2−1−8
シシオウ(イシノショウジ14)牡4
2−1−2−0−0−0−0−0−5
セルヴァ(オークルーム15)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝3
1−0−2−1−0−0−0−0−3
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡3
1−0−0−0−0−0−0−0−2
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡3
1−2−0−0−0−0−0−0−2
レゴリス(ソラコマチ16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ソルパシオン(パリージョ16)牡2
0−0−0−0−1−0−1−0−0
ファイナルマズル(リスティアエーデル16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
リーピングリーズン(ジョウノファミリー16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
アイヴィーサ(ジョウノボレロ16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
セレーネワルツ(テネシーワルツ16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ラルムエトワール(プレシャスドロップ16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ラハイナヌーン(ラハイナU16)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
サゼラック(キリーンガール16)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ビターレ(アイアンアタック14)引退
0−0−0−0−0−0−0−1−3
クリプトスコード(クラックコード13)引退
2−3−0−1−0−3−1−1−8
マグレブ(フサイチリニモ13)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−11
ローズパラディン(レットイットスノー15)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−1
フライオールデイズ(リンダムーン15)引退
0−0−0−0−0−1−1−0−0
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)引退
2−1−5−1−0−3−4−3−17

【性別】
牡・騙馬(23頭)26−22−21−9−14−16−17−13−97
牝馬(10頭)6−4−3−2−2−5−3−4−38

【生産別】
内国産(32頭)32−26−24−11−15−20−20−15−129
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(15頭)17−12−12−7−9−10−12−7−83
その他牧場産(18頭)15−14−12−4−7−11−8−9−51

【毛色別】
鹿毛(13頭)14−10−15−7−8−14−12−11−72
黒鹿毛(7頭)6−3−5−0−4−2−2−1−22
青鹿毛(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(11頭)12−13−4−4−4−5−6−4−41
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(22頭)22−19−16−9−8−16−16−13−87
栗東(16頭)10−7−8−2−8−5−4−3−47

【厩舎別】
国枝栄厩舎(3頭)5−3−4−2−3−1−2−1−15
昆貢厩舎(3頭)3−3−6−1−4−1−2−1−5
尾形和幸厩舎(2頭)8−8−3−1−2−4−3−3−9
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
安田隆行厩舎(2頭)1−0−0−0−0−0−0−0−6
高野友和厩舎(2頭)2−2−0−0−0−1−0−0−7
奥村武厩舎(2頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
斉藤崇史厩舎(2頭)2−1−2−0−0−0−0−0−5
宮徹厩舎(2頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−8
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
高木登厩舎(1頭)3−3−0−0−0−0−0−0−2
中竹和也厩舎(1頭)2−1−0−1−3−2−2−1−8
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−2−0−1−1−11
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)1−0−2−1−0−0−0−0−3
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−1−0−0
加藤和宏厩舎(1頭)0−0−0−1−0−3−1−1−5
河内洋厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−5
粕谷昌央厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−5
渡辺薫彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
中舘英二厩舎(1頭)0−0−0−0−1−0−1−0−0
岩戸孝樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
鈴木孝志厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
上原博之厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)7−3−5−2−5−2−3−2−49
スペシャルウイーク(3頭)5−4−9−1−2−4−5−3−18
アイルハヴアナザー(3頭)3−4−0−1−0−0−1−0−4
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−9
ゴールドアリュール(2頭)1−0−0−0−0−0−0−0−2
アドマイヤムーン(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ステイゴールド(1頭)0−0−3−3−2−5−4−5−12
ハーツクライ(1頭)1−0−2−1−0−0−0−0−3
フレンチデピュティ(1頭)1−2−0−0−0−0−0−0−2
ノボジャック(1頭)7−7−3−1−2−3−2−1−3
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−2−11
ショウナンカンプ(1頭)2−1−0−1−3−2−2−1−8
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
サムライハート(1頭)2−1−2−0−0−0−0−0−5
トーセンラー(1頭)0−0−0−0−1−0−1−0−0
ホワイトマズル(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブラックタイド(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ロードカナロア(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
スマートファルコン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
カフェラピード(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
タニノギムレット(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(11頭)    12−12−5−2−2−7−4−4−28
1000〜1400万(7頭) 7−5−6−2−6−6−8−5−60
1401〜1800万(8頭) 5−3−7−6−5−7−8−7−33
1801〜2200万(3頭) 2−0−2−1−0−0−0−0−5
2201〜2600万(2頭) 3−3−4−0−2−0−0−0−1
2601〜3000万(1頭) 3−3−0−0−0−0−0−0−2
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 13−7−16−7−9−13−15−12−81
ダート 18−19−6−4−7−8−5−4−49

【距離別】
1000〜1300m 11−7−3−3−6−7−7−5−47
1301〜1899m 16−17−16−7−8−9−9−8−64
1900〜2100m 3−1−2−1−1−3−2−1−13
2101〜2700m 1−1−1−0−1−2−2−2−6
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     1−0−2−0−0−0−0−0−5
posted by じろう at 20:56| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタート出るも…【ホウロクダマ】

札幌6R 3歳上500万下(ダ1000m)加藤祥太騎手

久しぶりにスタート出た!
でも前に行けない😢これはいよいよ厳しいぞ!
1200m辺りですんなり先行出来ればと思うが、ホウロクダマには喉の問題があり、
簡単には距離延長で!というわけにもいかないだろう。
降級して、早々に1勝出来るものと思っていましたが、難しいものですね。
喉の手術も含めて今後どういう判断をしていくのか見守るしかないですね。





★9/02(日)札幌・3歳上500万下(ダ1000m)加藤祥太騎手 結果9着

「中間のゲート練習と、今日も返し馬のあとに軽くゲートの出し入れをおこなったこともあって、本番も駐立は問題なく大人しかったです。スタートもスムーズに切ることが出来ましたが、周りが速くて前には行けなかったですね。これでスタートが良くなってくれば違うかもしれませんが、もう1ハロンくらいあった方が競馬がしやすいように思います」(加藤祥太騎手)
posted by じろう at 20:34| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

今週の出走馬9/2

9月2日
ホウロクダマ
札幌6R 3歳上500万下(ダ1000m)加藤祥太騎手 56kg

ダ1700m戦3鞍も視野に入れ連闘を予定していましたが、幸運にも4分の1の確率で抽選を突破することが出来ました。
本番での出遅れを防止するため、前走時の前日にゲート練習をしていたのですが、今回もやっておきます。
いくらコンディションが良くても、あそこまで出遅れると本当に致命的ですからね。
非常に真面目ですし、そのうえ1kg減の恩恵付きの鞍上を確保。
降級後4戦目、もう言い訳は出来ないと思っています。
(中竹和也調教師)


連闘で挑む一戦ですが、問題はスタートですね。
ここ最近全て出遅れ若しくはスタートで後れを取っています。
ダ1000m戦で出遅れては勝負になりませんよね。ここはスタート練習の効果で上手くスタートを切って、2,3番手で進めて直線で前を交わす競馬を期待したいですね。
posted by じろう at 16:25| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする