ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年07月08日

距離は長いんだ!【メルドオール】

福島9R 開成山特別・混 芝2600m 北村宏司騎手

案の定です。
ずっと言っていますが、距離は長いんですよ!
せっかく取った権利も無駄にして、この厩舎にいては勝つことは難しそうです。
大幅な馬体減に適性無視の長距離戦…
はぁ

それでも馬は安定して入着を繰り返してくれているのが救いです。

レース後の北村騎手のコメントでも距離に関して言及されています。
それを受けてあの方はどのような反応を起こすのか?
これまでの迷走ぶりはこちらをどうぞ!

ノルマンディーにとって、この高橋調教師はどのような位置づけになっているのか気になります。
北村騎手は継続で、厩舎は変更でお願いしたい。
このあとは外厩で調整かな?



★7/08(土)福島・開成山特別(3歳上500万下・芝2600m・混)北村宏司騎手 結果7着

「今日は枠入りやスタートも問題なかったですし、道中折り合ってリズムよく走れていたと思います。それでいて直線を向いてからの脚色が鈍ってしまいましたが、前走を使った後の反動が思いのほか大きかったのかもしれませんね。距離や大幅な馬体減も影響したかもしれませんが、まだ全体的に体質面の弱さを抱えている印象を受けました。一戦一戦レースぶりは上達してきていますので、もうワンランク、もう少しだけ上積みがあれば、このクラスで勝ち負けできるようになると思いますよ」(北村宏司騎手)

posted by じろう at 21:29| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

今週の出走馬7/8

7月8日
メルドオール
福島9R 開成山特別・混 芝2600m 北村宏司騎手 57kg

5日(水) Wコース 52.0-37.6-12.8 一杯
来週の7/16(日)種市特別(芝2000m)も視野に入れていたが、日曜日の特別登録の段階で少頭数が予想されたので、今週の出走を決めた。
連闘後の中2週だが、先週金曜日に坂路で強目を1本、さらに昨日は併せ馬で一杯に追い切った。
状態はいい意味での平行線、前走並みかそれ以上に仕上がったと思う。
その前走は11頭立てで3着、自分のポジションが取れると渋太く脚が使えるところを見せてくれた。
4月の福島の同条件では16頭立ての9着と結果が出なかったが、具合の良さと前走同様の上手い立ち回りで何とか中央初勝利を挙げたい。
(高橋祥泰調教師)


本当に今週出るのですね…。
出るような気はしていましたが、少ない可能性で来週の種市特別(芝2000m)に期待していましたが。
あまりにもメルドオールがかわいそうで…。

どこぞの国会を見ていると、過去の発言や揚げ足取りばかりで嫌気が差す訳ですが、
今回は私がその嫌な役目をしようと思います。


それではどうぞ!

2017/1/3
これまでの実績を考慮して、転厩後は芝のマイル前後の距離にこだわって出走してきましたが、前走の内容から長めの距離を使ってみたいと考えていたんです。2分の1の抽選で出走が可能になり、年明けからツキがあると思いますよ。3頭出しですが、そう差はないはずですし、結果を求めたいですね(高橋祥泰調教師)
ここがそもそもの始まりです。

2017/1/5
★1/5(木)中山・4歳上500万下(芝2200m・混)黛弘人騎手 結果8着
道中は折り合いがついてリラックスして走れており、最後まで脚を使ってくれたように距離は問題ありません。坂のあるコースよりは平坦向きの印象ですが、こういう長い距離に慣れてくればもっとやれると思いますよ(黛弘人騎手)
あなたの助言が先生の迷走を助長させました。

2017/1/6
2000m以上の長距離戦でもやれる手応えを感じましたので、この路線で中央初勝利の活路を見い出せるのではないでしょうか。次走について黛弘人騎手の進言からは真っ先に小倉の芝2600m戦が頭に浮かぶのですが、(省略)(高橋祥泰調教師)
長距離戦でもやれる手応えを感じられちゃいました…。黛弘人騎手がいらぬ進言をしてしまいました。

2017/4/9
★4/09(日)福島・燧ヶ岳特別(4歳上500万下・芝2600m・混)黛弘人騎手 結果9着
終いもジリジリ伸びてはいますが、思いのほか弾けなかったあたり、2600mは微妙に長いのかもしれません(黛弘人騎手)
そう!長いのです。でもあなたが進言しての結果です。

2017/6/8
ここ4戦は2200m以上の長距離にこだわって使ってきましたが、結果を残すことができなかったため、良績がある1800m戦に戻しました。ゲートの不安もあるので、鞍上はこの馬を知り尽くしている黛君に託します。具合の良さと距離短縮で変わり身に期待しましょう(高橋祥泰調教師)
長距離で結果を残す事が出来なかったから、良績の1800m戦に戻した。なのに今回はまた結果の出ない長距離を使う。過去に2回乗っただけで知り尽くした鞍上と豪語。結果8着に敗れ、『もっと前で競馬していれば結果が出ていたのかもしれません。』と敗戦の弁。知り尽くしてないやん!

2017/6/15
昨日の想定の段階でフルゲート14頭に対して6頭だったので、連闘での出走を決めさせていただきました。同様の考えを持っている陣営もいて、結果的には先週と同じ11頭で確定しています。(中略)具合の良さを生かして、出走するからには最低でも入着は狙いたいと思っています」(高橋祥泰調教師)
適性とかではなく、とにかく少頭数のレースのみを狙っているのでしょう。そして勝利ではなく入着を狙っているのです。

2017/6/23
中2週で来月8日(土)福島・開成山特別(芝2600m・混)、もしくは中3週で16日(日)福島・種市特別(芝2000m・混)を、いずれも北村君で予定しています。ゲートに不安があるだけに、同じジョッキーが続けて乗ってくれるのは大きいですからね。いずれにしても次走が試金石になるでしょう(高橋祥泰調教師)
試金石になるような番組選択をお願いします。お願いします。

最後に、今週のコメント。
状態はいい意味での平行線、前走並みかそれ以上に仕上がった。
いい意味での平行線と言いながら、前走以上とは如何に???
全く、この先生わかりません。

少頭数だからととりあえず出ようとする。
距離適をどのように掴んでいるのか全く分からない使われ方をする。

今回、もしかしたら好走するかもしれません。そうなればもちろん嬉しいし、その時は高橋先生に謝りたい。
でも、結果が出ないようなら転厩して欲しい。(マグレブも一緒に)
これ以上、この先生に任せていては勝てるものも勝てないのではないか。もちろん能力が足りないのは承知なので、だからこそ厩舎力が必要なのだ。
いや、普通の厩舎力でももう少しやれている気がする。

メルドオールには頑張って貰いたいが、結果は如何に!?

posted by じろう at 21:57| Comment(4) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

八戸セール2017【ノルマンディー関連】

昨日、八戸市場【サラ1歳】が八戸家畜市場にて行われました。
セレクトセール前の地味なセールですが、流石!ノルマンディー!!昨年に引き続き2頭落札しましたので、紹介します。

まずは、
ホリデイスクリーンの16

ホリデイスクリーンの16.jpg

落札価格:1,500,000円(税抜き)

牝馬 栗毛 2016/4/10生
父:コンデュイット
母:ホリデイスクリーン(母の父:フレンチデピュティ)
生産:白瀬 盛雄

体高:152.0cm
胸囲:174.0cm
管囲:19.5cm

まさかのコンデュイット産駒の牝馬です。
コンデュイットがいなくなって、もうノルマンディーで募集されることもないと思っていましたが、もしかして募集さるやも…。
10歳の時の仔で、5番目の仔です。
母の代表産駒は長男のフミノインパルス(父タニノギムレット)現役で29戦9勝です。
デビューは中央でしたが、未勝利で地方に移籍して9勝を挙げています。
他の仔達も中央未勝利ですね。

それと、母ホリデイスクリーンは牧雄氏の持ち馬だったのですね。驚きです。




続いては…またも牝馬ですが、凄いです!凄いというか渋いというか…
御覧下さい。

ラハイナUの16

ラハイナUの16.jpg

落札価格:4,000,000円(税抜き)

牝馬 青鹿毛 2016/4/18生
父:カフェラピード
母:ラハイナU(母の父:Milt's Overture)
生産:タイヘイ牧場

体高:143.0cm
胸囲:167.0cm
管囲:18.5cm

父も母父もチンプンカンプンな名前なのですが、まずは母ですが、チリオークス(G1)の勝ち馬でした。
戦績は29戦10勝。
期待の繁殖なのだろうと産駒成績を見ると…
まずは、繁殖して一番最初につけたのが・・・

ディープインパクト

残念ながら不受胎。

次の年にこの落札馬の父が種付けされ、無事産まれました。
そして、翌年につけたのが、またしても

ディープインパクト

そして、またしても不受胎。
何とも不運な…。

さぁ前振りはおしまいです。ディープインパクトを3回中2回つける期待の繁殖に2年目につけたのが、

カフェラピード


20080527182944.jpg


当馬と同じタイヘイ牧場生産のマンハッタンカフェ産駒です。
知らないのも無理はない。
戦績は5戦1勝(未勝利戦)。能力はあったが故障で早々に引退。血統的に買われてスタッドイン。という流れでしょうか。
15年に2頭、16年に3頭種付けしています。

もうこれだけで募集されれば出資したくなる要素満載!
仮に募集されれば、カフェラピード産駒を持っている一口馬主は最大で400人。スゴイよこれは!
能力関係無しに持ってみたい1頭ですね(笑)

しかし、落札価格は400万(税抜き)なので、募集されてもそこそこの値段になりそうなのがネックですね。

それにしても最近ノルマンディーは牝馬ばかりですね。
繁殖用なのでしょうね。

募集される日を楽しみに待ちたいと思います。

posted by じろう at 22:58| Comment(8) | セール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬成績7/2

2017年7月2日現在
2017年成績
56戦6勝(6−4−3−3−7−3−5−4−21)
勝率 .107
連対率 .178
複勝率 .232
掲示板率 .410
入着率 .625


総合成績
188戦20勝(20−18−18−8−11−14−11−11−77)
勝率 .106
連対率 .202
複勝率 .297
掲示板率 .398
入着率 .590


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 6−4−3−3−7−3−5−4−21

【世代別】
2011年産(2頭)2−3−4−2−2−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−11−3−3−8−6−7−21
2013年産(4頭)4−3−1−1−2−5−2−1−29
2014年産(8頭)5−6−2−2−4−1−2−2−11
2015年産(5頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
2−3−4−2−2−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−3−2−2−2−2−4−6
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−4−3−10
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−1−3−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−9
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−7
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−1−1−1−0−7
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−3−2−0−1−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−0−0−0−0−0−1−1−4
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)牡3
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
0−1−0−1−3−1−0−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−2
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6

【性別】
牡・騙馬(18頭)15−15−17−7−10−10−8−10−59
牝馬(5頭)5−3−1−1−1−4−3−2−18

【生産別】
内国産(22頭)20−18−18−8−10−13−11−11−71
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)10−9−10−6−6−8−8−6−51
その他牧場産(11頭)10−9−8−2−5−6−3−5−26

【毛色別】
鹿毛(10頭)10−8−11−4−7−10−6−8−40
黒鹿毛(5頭)3−3−3−0−2−1−1−0−9
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)7−7−4−4−2−3−4−3−28
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(16頭)17−13−14−6−4−10−9−9−53
栗東(11頭)3−5−4−2−7−4−2−2−24

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−4−1−3−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)2−3−4−2−2−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−5−3−0−1−3−1−1−5
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−7
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
中竹和也厩舎(1頭)0−1−0−1−3−1−0−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−0−3−5
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−1−0−1−0−2
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)4−3−5−2−3−1−2−1−36
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−1−0−3
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−7
スペシャルウイーク(2頭)3−4−7−1−1−3−4−3−10
ステイゴールド(1頭)0−0−3−2−2−2−2−4−6
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−1−3−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−0−0−0−0−0−1−1−4
ショウナンカンプ(1頭)0−1−0−1−3−1−0−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−9−3−1−1−6−2−2−13
1000〜1400万(6頭) 4−3−6−2−4−5−5−4−33
1401〜1800万(6頭) 2−3−7−5−4−2−4−5−24
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−3−2−0−1−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 7−6−14−5−6−7−11−9−51
ダート 13−12−4−3−5−7−0−2−24

【距離別】
1000〜1300m 5−6−3−3−4−4−4−2−17
1301〜1899m 14−10−12−5−6−7−6−7−47
1900〜2100m 1−1−2−0−1−1−1−1−7
2101〜2700m 0−1−1−0−0−2−0−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 08:32| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

福島が合う!【アペルトゥーラ】

福島10R さくらんぼ特別(芝1200m・混)丸田恭介騎手

やはり福島のコースはアペルトゥーラにとって合うのですね。
福島では芝でもダートでも1150mでも1800mでも掲示板を外していません!
しかし、今回はその最良と思われる芝1200mでも5着。一瞬馬券内もあるかというところはありましたが、この辺が限界なのかと思います。
この後ももう1度福島を走れたらいいのですが、そうでないと厳しい結果が待っていそう。

そろそろ本格的に障害を走って見るのもいいのかなとも思います。
センスはありそうなので、別の道を探っても面白いかも。
福島開催がある時は、平地に戻るという大谷選手のような二刀流もいいのではないでしょうか。




★7/02(日)福島・さくらんぼ特別(芝1200m・混)丸田恭介騎手 結果5着

「スタートも決まりましたし、自分のペースでリズム良く運べました。3コーナーあたりから内にもたれ始めて、直線は少し走りにくそうな感じでしたね。安定して走れるようになってきましたし、着差もわずかですので、勝ち切るのもそう遠くないですよ」(丸田恭介騎手)

posted by じろう at 12:57| Comment(0) | 2011年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする