ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。 キャロットクラブ様より写真・文章等の転載の許可をいただいております。

2019年06月22日

今週の出走馬6/22・23

6月22日
ソルパシオン
函館1R 3歳未勝利 芝1200m 松岡正海騎手 56kg

19日(水) 函館競馬場 Wコース 67.6-52.6-38.6-13.5 単走 一杯
ここのところ安定して具合が良いんですよね。除外になって予定は後ろにずれることになりましたが、調子の良さとしては変わらずにこれています。
調教の動きも悪くありません。
松岡は美浦でも函館でも稽古をつけてきていますし、レースでも跨がっていてソルパシオンのことはよくわかっているはず。
それにいいイメージも持っているでしょうから安心して託せると思っています。
(中舘英二調教師)


前走で勝ち上る予定がずれ込みました。
今回は芝に戻りますが、手が合いそうな松岡騎手を背に先頭でゴールを駆け抜けてくれるものと信じています。
今回は条件というより松岡騎手に合わせた感がありますが、それだけソルパシオンとのコンタクトが取れているとの判断だと思いますし、結果が出ることを祈るのみです。
勝ってくれ!ソルパシオン!



ミーハディビーナ
函館5R 2歳新馬・牝 芝1200m 丹内祐次騎手 54kg

19日(水) 函館競馬場 芝コース 66.1-50.1-37.0-11.8 馬ナリ
水曜日の追い切りでは丹内に芝の感触を確かめてもらいましたが、『軽快なフットワークで凄く良かった』と報告を受けています。
美浦の稽古でもセンスある動きを評価していた馬ですし、抜けた能力があるかはまだ未知でも、初戦からやれるだけの仕上がりにはある。
頭数はやや揃いましたが期待したいですね。
(牧光二調教師)


じろう厩舎2歳馬の幕開けです。
先陣を切るのはミーハディビーナ。スクリーンヒーロー産駒の牝馬。
スピードはありそうなので発馬次第でもしかして!?と淡い期待感を持っています。
調教内容からも恥ずかしい競馬にはならないと思っていますので、どんな競馬をしてくれるのかワクワクです。
でもとにかく無事にレースを終えてくれるのが一番ですが。



6月23日
セレーネワルツ
函館1R 3歳未勝利・混 芝1200m 城戸義政騎手 54kg

16日(日) 函館競馬場 Wコース 60.8-44.1-14.3 単走 馬ナリ
19日(水) 函館競馬場 Wコース 68.8-53.4-40.0-13.5 馬ナリ
当初は先週の出走を予定していたものの、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性があると見なされ競走除外。
検査の結果としては陰性で今週の出走となりました。
まず今回の件に関しましてご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
ご心配もかけたことかと思いますが、一週予定が後ろにずれることによりどうかというと、セレーネワルツにとっては追い切りを重ねられたのはプラスでした。
先週と比べても動きが良い印象です。
今回の鞍上は函館滞在中に稽古をつけていて馬とコンタクトがとれている城戸に依頼しました。
このコースの特性を考えると、やはり上手いことスタートを決めて前目の位置でと指示するつもりです。
(鈴木孝志調教師)


禁止薬物の影響で1週延びました。
相手関係も含めてその辺の影響がどう出るかが不安ですね。
まだ勝ち上がりを意識させてくれるレースを見せてくれてはいないですが、いきなりでもいいんですよ!
そろそろ形にしたいですよね。



posted by じろう at 08:03| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

待望のデビュー【シャルロワ】

阪神5R(2歳新馬・芝1600m) 岩田康騎手

じろう厩舎初のキャロット馬のデビュー、シャルロワが先週日曜日に待望のデビューを迎えました。
ハーツクライ産駒の牝馬で、調教も動いており、メディアでも有力馬として沢山取り上げて頂きました。
そして、当日の人気も1人気と最高の興奮度合いでレースを待つことに。

スタートもまずまず、先行する3頭を見ながらの絶好の4番手を進みます。
直線を向いて、さぁここからどんな脚を使うのかとドキドキして見守るも全く弾けず…( ;∀;)
どういうことだろう?
全く原因がわからない。
期待が大きすぎた為か敗戦のショックが大きすぎて暫くは何もやる気が起きず…
ノルマンディーならデビュー戦5着なら大満足なのに〜

レースを見なおしてみると、最後の直線で少し挟まれる感じがあったので、もしかしたらそれが原因で走る気失ったのかな〜なんて思ったりもしましたが、はっきりとした理由はわかりません。
今のところ、続戦予定みたいなので次こそ本領発揮して欲しいですね。
ハーツクライ産駒ですから、これからドンドンよくなるはず!
期待込めて成長を見守りたいです。

何はともあれ私のキャロットデビュー戦はとてもドキドキさせてくれた1週間となりました。



9日の阪神競馬ではまずまずのスタートからスムーズに好位につけて運ぶ。楽な手応えで直線を向いたように見えたが、追ってからの伸びが案外で5着。「追い切りの動きは良かったですし、レースでも4コーナーまでは楽にいい感じで進めることができていました。あとは直線でどこまで伸びてくれるかと思って期待していたんです。ただ、いざ追い出してからは『あれっ?』という感じで反応してくれなくて…。結果を出せず申し訳ありません」(岩田康騎手)「道中はリラックスして走れていましたし、自分のリズムでいい雰囲気でした。あとは直線どれだけ伸びるかというところだったのですが、追ってからが案外でした。このあたりはやはり初めての実戦ということなのでしょうか…。いい結果を出せず申し訳ありません」(梅田師)追い切りでは終い切れる脚を見せていたので、直線の伸びに期待しましたが、このあたりは馬自身戸惑っていたのかもしれませんし、使いつつということなのでしょう。この後はまずは馬体をよく確認してから検討します。
posted by じろう at 07:32| Comment(0) | 2017年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

今週の出走馬6/9

6月9日
シャルロワ
阪神5R(2歳新馬・芝1600m) 岩田康騎手

5日は栗東坂路で追い切りました(56秒2−40秒6−25秒8−12秒0)。「先週ジョッキーを乗せてCWコースでしっかりやっていますから、今朝は坂路で終い重点に追い切りました。サッと伸ばす程度でしたが、ラスト1ハロンの反応はとても良くて最後は12秒0というタイム。骨格を見るとまだ筋肉がつききっておらず成長途上かなと思いますが、その段階でこれだけ動けるのですから素質は高いと思います。レースが楽しみですよ」(梅田師)9日の阪神競馬(2歳新馬・芝1600m)に岩田康騎手で出走を予定しています。


いよいよ私のキャロットクラブ初のデビュー戦を明日迎えます。
その名も『シャルロワ
ハーツクライ産駒の牝馬で5月4日生まれと遅生まれの部類でハーツ産駒という事もあり、出資当初はこんなに早くデビュー出来るとは思ってもみませんでした。
更に言うと、私のキャロット入会初年度の出資馬なので当然既会員で満口にならなかった馬(新規でも取れた馬)でした。
というか全く人気のない馬でした。

それがデビュー前の調教内容も良く、メディアにも沢山取り上げて頂きこんな楽しみな気持ちでデビュー戦を迎えるのは初めての経験です。
これまではノルマンディー1本でやってきましたから、デビュー勝ちする馬は何頭かいましたが、デビュー前からここまで取り上げられての経験はありませんでした。
だからといって勝てるかは別の問題ですから、ワクワクドキドキで明日のレースを迎えたいと思います。

これはどの馬も一緒な気持ちですが、まずは無事にデビュー戦を走り終えて欲しいと思います。
そして、その結果勝つことが出来れば最高だなと思います。
明日が楽しみです(^▽^)/


posted by じろう at 16:25| Comment(1) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

もう限界でしょう【ブラゾンドゥリス】

京都11R 栗東ステークス・ハンデ ダ1400m 岡田祥嗣騎手

スタートはまずまず決めて、岡田騎手の出ムチも受けながらも前には行けず最後方に下がって行きます。
もうこの時点で察しました。
もうブラゾンは無理です!走る気がなくなっています。
もういいでしょう!充分です!
ここまで本当に頑張ってくれました。

他の馬が全く走らない中、ブラゾンがじろう厩舎を支えてくれました。
そのお蔭で、一口もノルマンディーも続けて行く事が出来ました。

もうこれ以上走りたくないブラゾンのレースは見たくありません。
クラブには英断をお願いしたいです。

とりあえず今日のレースお疲れさまでした!




「行ければ前に行きたかったのですが、進んで行かずにあの位置からになってしまいました。馬に行く気が見られないので、厳しかったですね。最初は砂をかぶるのを嫌がっていましたが、直線で前が開けてからは少しもたれる面があったものの、一瞬伸びかけはしました。とにかく前に付けられれば違うと思うんですが。上手く乗れずにすみませんでした」(岡田祥嗣騎手)


posted by じろう at 20:38| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げちゃったか…【ラハイナヌーン】

京都4R 3歳未勝利・混 芝1800m 四位洋文騎手

1頭強い馬がいたので、勝つのは難しく思っており、また2着惜敗か…と思っていましたが、まさかの掲示板も外す結果になろうとは思ってもみませんでした。
権利を逃したので、ここで一旦短期休養かな。
レースは逃げる形になってしまったので、その時点で勝ちは厳しいとは思っていました。
レース後四位騎手のコメントを見ると致し方なかったのかなとは思いますが、今日のレースは残念でした。
勝てる能力はあるので、仕切り直して頑張ってもらいましょう!




「パドックでは落ち着いて見えたんだけど、跨ってから返し馬に行く際はテンションが上がってしまってたね。先生からはジンワリと行くように言われていたけど、馬と喧嘩してしまいそうだったので、あの形で行くしかなかった。道中も力が入っていたし、距離も1ハロン長いかな。1600mまでなら十分にやれる力はあると思うので見直せますよ。」(四位洋文騎手)
posted by じろう at 20:27| Comment(0) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする