ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2018年02月02日

今週の出走馬2/4

2月4日
ジャストフォーユー
京都4R 障害4歳上未勝利・混 芝→ダ2910m 上野翔騎手 60kg

31日(水) Wコース 55.8-40.3-12.8 単走 馬ナリ
30日(火)に3連続障害での練習を無事に終え、昨日はテンションを上げず疲れを本番に引きずらないようサッと追い切っています。
輸送のリスクの少ない東京でのデビューを考えていましたが、フルゲートのうえ骨っぽいメンバーが揃ったこともあり京都に投票しました。
スタートから最後の直線までの約2周弱が芝コースというのも味方するはずです。
まずは無事に完走が大目標ですが、昨年末からじっくり手元で試行錯誤した結果がいきなりから花開いてくれたら最高です。
(粕谷昌央調教師)


期待と不安の障害デビューです。
私にとってはゾネブルム以来の障害戦です。私個人としたら頭打ちになったら適正あるならもっとドンドン障害走って欲しいと思っています。
レース中はハラハラドキドキで心配なのはあるけど、可能性あるならそっちの方向に持って行って欲しいなぁ〜と。
一旦障害デビューは見送られそうになったジャストフォーユーですが、何とか今週デビューを迎えられそうです。先生のコメントでは完走がまずは目標みたいですが、見所のあるレースになるといいなと思いますね。
不安でもあり楽しみでもあります。



メルドオール
東京7R 4歳上500万下・混 芝1800m 北村宏司騎手 57kg

31日(水) Cコース 74.6-57.8-42.4-13.7 単走 馬ナリ
今週は前走からの間隔(7節)に余裕があって、出走に漕ぎつけることが出来ました。
鞍上は府中で3着に導いた実績を持つ北村騎手。
ここまで一昨年の末から1ヵ月に一走のペースで来て、そのうえ年明けから1ヵ月間在厩しているため、状態維持をメインに調整してきました。
目一杯の負荷を掛ける追い切りはおこなっていませんが、その分長めにビッシリと乗ってきましたので、運動量は豊富だと思います。
ワンターンのコースですし、ブリンカーも着用します。最後まで集中して走れれば、アッと言わせるシーンがあっても不思議ではないでしょう。
(加藤和宏調教師)


引退がかかったレースです。
ここで大敗するようならいよいよ『引退』という2文字が突きつけられそうです。
それも致し方ない戦績ですが、ここは何とか鞍上の力も借りて好走して現役生活を続けられるような激走を見たいですね。
アッと言わせるシーンを期待しています。
posted by じろう at 12:51| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

愛馬成績1/28

2018年1月28日現在
2018年成績
8戦0勝(0−0−1−0−0−1−0−1−5)
勝率 .000
連対率 .000
複勝率 .125
掲示板率 .125
入着率 .375


総合成績
235戦24勝(24−20−20−9−14−17−14−15−102)
勝率 .102
連対率 .187
複勝率 .272
掲示板率 .370
入着率 .565


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 10−6−4−4−9−6−8−7−41
2018年 0−0−1−0−0−1−0−1−5


【世代別】
2011年産(2頭)5−3−4−2−3−0−1−1−17
2012年産(4頭)9−7−11−4−3−9−7−8−27
2013年産(4頭)4−3−1−1−2−5−2−2−35
2014年産(8頭)6−7−4−2−5−3−4−4−20
2015年産(6頭)0−0−0−0−0−1−0−0−3

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡7
5−3−4−2−3−0−1−1−11
メルドオール(サルガソシー12)牡6
0−0−3−2−2−3−3−4−9
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡6
2−1−5−1−0−3−4−3−12
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡6
7−6−3−1−1−3−0−1−2
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝5
2−0−1−0−1−1−1−1−10
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡4
2−0−0−0−0−0−0−0−2
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡4
1−3−4−0−2−0−0−0−1
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝4
1−1−0−0−0−1−1−2−6
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡4
1−1−0−1−3−2−2−1−2
シシオウ(イシノショウジ14)牡4
1−1−0−0−0−0−0−0−4
セルヴァ(オークルーム15)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝3
0−0−0−0−0−0−0−0−1
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−1
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡3
0−0−0−0−0−0−0−0−1
フライオールデイズ(リンダムーン15)牡3
0−0−0−0−0−1−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ビターレ(アイアンアタック14)引退
0−0−0−0−0−0−0−1−3
クリプトスコード(クラックコード13)引退
2−3−0−1−0−3−1−1−8
マグレブ(フサイチリニモ13)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−11

【性別】
牡・騙馬(19頭)19−16−19−8−12−13−11−12−77
牝馬(5頭)5−4−1−1−1−5−3−4−25

【生産別】
内国産(23頭)24−20−20−9−12−17−14−15−96
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)14−9−10−6−7−9−10−7−64
その他牧場産(12頭)10−11−10−3−6−9−4−8−38

【毛色別】
鹿毛(10頭)11−9−11−5−7−12−9−10−54
黒鹿毛(6頭)3−3−5−0−3−2−1−1−14
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)10−8−4−4−3−4−4−4−34
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(17頭)20−15−14−7−5−13−10−12−69
栗東(12頭)4−5−6−2−8−5−4−3−33

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−6−1−4−1−2−1−5
国枝栄厩舎(2頭)5−3−4−2−3−0−1−1−14
尾形和幸厩舎(2頭)8−7−3−1−1−4−1−3−8
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−6
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−2
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
中竹和也厩舎(1頭)1−1−0−1−3−2−2−1−2
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−4
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−8
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−1−0−1−1−5
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0
加藤和宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−2
河内洋厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
粕谷昌央厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)7−3−5−2−4−1−2−2−42
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−1−0−4
スペシャルウイーク(3頭)3−4−9−1−2−4−4−3−13
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−9
ステイゴールド(1頭)0−0−3−2−2−3−3−4−9
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1
ノボジャック(1頭)7−6−3−1−1−3−0−1−2
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−2−6
ショウナンカンプ(1頭)1−1−0−1−3−2−2−1−2
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−4
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−11−3−2−1−7−2−4−21
1000〜1400万(6頭) 5−3−6−2−4−6−7−5−42
1401〜1800万(7頭) 5−3−7−5−5−4−5−6−29
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−1
2201〜2600万(1頭) 1−3−4−0−2−0−0−0−1
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−2
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 10−7−14−5−7−10−12−11−65
ダート 14−13−6−4−6−8−2−4−35

【距離別】
1000〜1300m 9−7−3−3−5−6−6−5−28
1301〜1899m 14−11−14−6−6−9−6−8−56
1900〜2100m 1−1−2−0−1−1−1−1−10
2101〜2700m 0−1−1−0−1−2−1−1−6
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 07:36| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

時計勝負は無理!【ブラゾンドゥリス】

東京11R 根岸ステークス ダ1400m 丹内祐次騎手

中央重賞初制覇に向けて、そして今後のレース選択を有利にするために賞金加算するべく2着以上の結果を求めたレースでしたが、終わってみればレコード決着の8着でした。
現状はこのメンバーでは力不足ですね。
更にはこの時計勝負では太刀打ち出来ませんね。
地方交流が一番条件合いそうですが、如何せん賞金の問題で出走すら難しい状況です。
今後はレース選択が鍵となるでしょう。



★1/28(日)東京・根岸ステークス(G3・ダ1400m)丹内祐次騎手 結果8着

「前走同様に柔らかみがあって、馬はとてもいい状態だったと思います。内枠でしたし、行く馬がいないようなら今日はハナに立つくらいの気持ちで出して行きました。スタート、ダッシュ力も抜群で、三番手追走でも砂を被ることなく進められたのですが、前のペースが速過ぎました。直線半ばまでは抵抗する頑張りを見せてくれたものの、ゴール前ではさすがに脚が上がってしまいました。前半ちょっと追っかけ過ぎたかもしれず、申し訳ありません」(丹内祐次騎手)
posted by じろう at 21:21| Comment(0) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出負けが響く!【ブラックジェイド】

中京6R 4歳上500万下 ダ1800m 横山武史騎手

休み明け2戦目。調子も上がってきてここはかなり勝機が近いと思っていた一戦でした。
枠が大外枠ということもあり、スタートしてしごいてムチも入れつつ先手を奪いに行きます。
先手を奪えたのはいいのですが、このスタートから出していった事が勢いをつけ過ぎました…。
前半はかかり気味に息の入らない展開に離して逃げるものの、最後はやはり捕まってしまいました。
前半もっと上手く逃げられたら結果は違っていたと思います。横山武史騎手はおそらく指示通りに乗ったと思うので不満はありませんが、馬自身にもう少し余裕が生まれてくるといいなぁと思います。
しかし、もういい加減このクラスは卒業してもらいたいですね。




★1/28(日)中京・4歳上500万下(ダ1800m・若手)横山武史騎手 結果3着

「馬群を嫌うと聞いてましたし、これまでのレースぶりからも逃げるつもりでした。気分良くは行けましたが、本当ならもっとなだめながら走らせたかったです。最後までよく粘ってくれましたし、力があるのは確かですから、休み明けの前走、今回とでまたさらに良くなると思いますよ。パワータイプなのでパサパサの馬場の方がより持ち味がいきそうですね」(横山武史騎手)
posted by じろう at 16:46| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

今週の出走馬1/28

1月28日
ブラックジェイド
中京6R 4歳上500万下 ダ1800m 横山武史騎手 53kg

24日(水) CWコース 80.6-65.2-50.9-37.8-12.2 一杯
久々の実戦を一度叩いて型通りに良化を示し、今週の追い切りは見ているこちら側も納得のいく動き。
反応や伸びの鋭さが前走時とはまるで違いましたよ。
このデキなら好勝負を期待できるはずですし、番組についてはより良い結果となるよう吟味して投票させてもらいました。
競馬ですから前走のように絡まれることもあるでしょうが、他馬を気にせず積極果敢なブラックの走りをしてくれればと思います。
(昆貢調教師)


昆先生はダートに拘るようですね。
色々な意見はあると思いますが、私は先生の判断を支持します。
これからも芝は試せますから!今はダートなのでしょう!
休養明けの前走はショックな敗戦で初の掲示板を外す走りでしたが、今回は調子も上げ勝ち負け必至でしょう。
先生のコメントにあるように競馬なので何があるかはわかりませんが、実力通り走れば結果はついてくるでしょう。
私に今年初勝利を下さい!



ブラゾンドゥリス
東京11R 根岸ステークス ダ1400m 丹内祐次騎手 57kg

21日(日) 坂路コース 54.4-40.4-26.6-13.5 馬ナリ
24日(水) 坂路コース 52.7-39.3-26.4-13.2 一杯
雪の影響で馬場状態がどうかと心配していましたが、問題なくいつも通りの追い切りができたと思います。
ラスト1ハロンが思いのほか渋かったものの、時計を要する馬場で52秒台の時計なら上々。
ぶっこ抜きで切れるタイプではないので、稽古の動きはあんなものでしょう。
年明けに帰厩してから週二回キッチリと時計を消化してきて、仕上がりや状態面に関しての不安はまったくありません。
前走で敗れたアキノクレッセントとの斤量差も今回は1kgと縮まりますし、砂を被らずにスムーズな競馬ができれば、このメンバー相手でも十分勝負になるはず。
ここは一発狙っていきたいですね。
(尾形和幸調教師)


さぁ時は来た!
中央重賞初制覇のチャンスです。って決して有力馬としての出走ではありませんが、勝ってもおかしくないよね?とさえ思えてきました(笑)
枠が本日発表され、3枠3番と内枠になりました・・・。
出資者なら皆が外枠を希望していたと思いますし、皆さんの落胆の様子が伺いしれます。
それでも内枠でも砂被っても今回は案外やれるのではないかと思っている私は楽観的過ぎるのでしょうか?
もしここを勝てばフェブラリーSに向かうのでしょうが、今後の事も考えて2着以内で書金加算を果たして欲しいです。
頼むぞ!丹内ジョッキー!!


posted by じろう at 12:56| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする