ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年03月05日

ベストのはずが…【ジャストフォーユー】

中山12R 4歳上1000万下・混 芝1600m 田辺裕信騎手

う〜ん…。
中山芝1600m&田辺騎手。

今考えられるベストな組み合わせのはずだったのですが、7着敗退と思ってもみない結果となってしまいました。
結果は結果として受け止めなければいけないのですが、残念です。
これで一旦放牧でしょう。
次に仕切り直してまた頑張って欲しいです。


★3/05(日)中山・4歳上1000万下(芝1600m・混)田辺裕信騎手 結果7着

「以前とは比べものにならないくらい返し馬から落ち着いていて、道中の走りも力んでなかったし、直線もっと粘れていいはずなんだけど…。雰囲気が大人びてきているけど、気持ちで走るタイプの馬だから、もっとテンからハミ噛んで行ってやるぞみたいな闘争心を、レース前に感じる時の方が好走できるのかもしれない。今日はそういうガツンとくる感じのものがなかった」(田辺裕信騎手)


posted by じろう at 21:33| Comment(2) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デビューを見事飾る!【アナザートゥルース】

中山3R 3歳新馬 ダ1800m 大野拓弥騎手

やりました!
あの暴れん坊が、レースではまるで悪さを見せずに接戦を制し、見事にデビュー戦を勝利で飾りました!

育成中はなかなか調子が上がらず不安になった時期もありましたが、入厩後は順調の一言でここまでじっくりこれました。
ここまであの暴れん坊を仕上げてくれた高木先生、ありがとうございました!


さて、レースを振り返ります。

PicsArt_03-05-11.34.33.jpg
スタート!
まずまずのスタートです


PicsArt_03-05-11.35.59.jpg
道中は6番手を追走


PicsArt_03-05-11.36.35.jpg
3〜4コーナー
前が開くのか心配なポジションに!


PicsArt_03-05-11.37.08.jpg
直線!
少し空いたスペースに入り、追い出します


PicsArt_03-05-11.38.20.jpg
外から追い込む1人気ルメール騎乗のサンラファエルと叩きあいます!


PicsArt_03-05-11.38.56.jpg
ゴール前
最後は力でねじ伏せゴール!


最高のレースでした。
高木先生&厩舎スタッフの皆さま、大野騎手ありがとうございました。
出資者の皆さまおめでとうございました♪




★3/05(日)中山・3歳新馬(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果:優勝

「追い切りに跨ったときから能力を感じていました。坂下では手応え十分で、あとは外に出すタイミングだけ。追い比べになっても自信はありましたよ。馬っ気が強く、道中も他馬を気にするところはありましたが、そのあたりは今後キャリアを積んで改善してくれれば。軽さもあるし、芝も大丈夫そうです。メイクデビューを飾れたこともそうですが、兄姉がなし得なかった新馬戦優勝。価値ある1勝になりましたね」(大野拓弥騎手)



IMG_20170305_125832.jpg
kazuyoさん提供

posted by じろう at 11:56| Comment(22) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

笑う門には福来たる

PicsArt_03-01-06.09.29.jpg

3/1『ワラウカド』が募集を開始し、私の心も踊らされています。
私のブロ友やTwitterのフォロワーさんの何人かの方は既に入会したいる模様。

私はどうするのかというと正直、ワラウカドの誕生をまだかまだかと待ちわびていました。とても気になる存在でした。
というのも、私は現在までノルマンディー一筋、非社台系の意気込みで頑張って来ました。

社台系は努力も超一流にやられているので、羨望のまなざしでみております。
でも、私は非社台系で行くのだ!という意気込みで一口を始めましたので、今はまだその気持ちを継続したいと思っています。(一口を始めるとき、キャロットに入会しようとしていましたけど)

ノルマンディーの方針には納得してやっているので、今のところ不満はないのですが、最近ふとクラシックや大きいところを目指す馬を持つ楽しみも味わいたいなぁと漠然と思うようになってきております。
もちろんノルマンディーの馬でクラシックや大きいところに行ける馬を持つのが一番の目指すところなのですが、ノルマンディーには地味ながらもコツコツ型、出走数を稼ぐを望んでいます。
そこにワラウカドの誕生!

非社台系でありながら、優秀な繁殖牝馬に社台の一流種牡馬を配合されているという非社台系と社台系のハイブリッド型。
これはクラシックや大きいところを狙うクラブとして位置づけたら、それは楽しめる、夢を見る事が出来るのではないかと思っています。

ならば悩む事はない!入会すればいいのではないかという事になるのですが、そこはクラブを2つにすれば当たり前ながら会費が負担になるのですよね。
更にはノルマンディーへの愛が薄れるのではないかという不安も。

他にも色々と考えるところはある訳で・・・。
決断出来ずにいます。

私自身整理する意味でも、ノルマンディーワラウカドの比較をしてみたいと思います。

【入会金】
ノルマンディー:10,000円+消費税
ワラウカド:10,000円+消費税

これは一緒ですね。

【月会費】
ノルマンディー:1,000円+消費税
ワラウカド:2,000円+消費税

ノルマンディーが現在最安値。G1が1,500円+消費税。その他はおおむね3,000円+消費税程度なので、中間帯の金額設定。

【月次分配】
ノルマンディー:出走の日の属する月の翌月末分配
ワラウカド:受領の属する月の翌月末分配(1万円に満たない場合は預かり金とする

私はノルマンディーである程度毎月の振り込みがあるので、それほど深刻にならないかもですが、ワラウカドのみでやる方には厳しい条件ですね。
1,2頭では年1,2回の振り込みのみという事態に陥るやもしれません。これはしんどいかも。


【営業者報酬】
ノルマンディー:5%
ワラウカド:3%(重賞優勝時5%)

重賞優勝時は5%ですが、通常時は3%とノルマンディーの5%よりは抑えてきました。

【口数】
ノルマンディー:40口,400口,スターズファンド
ワラウカド:500口

口数は500口とシルクと同じですね。

【クラブポイント】
ノルマンディー:競走馬出資金(ポイントご利用及び一括割引を除く)に対し5%相当
ワラウカド:競走馬出資金に対し5%相当(対象金額は会員が現実に支払った)

クラブポイントは同じです。

【牝馬引退時期】
ノルマンディー:6歳3月末
ワラウカド:5歳11月末

問題はここですね。ちょっと早い気がしますね。晩成傾向の馬であったり、11月末時点で相当の活躍をしていて仮に有馬記念でファン投票で選ばれるような事態になったときも規定通りで行くのか?気になります。

主な比較はこんな感じでしょうか。


この中でも一番気になった【牝馬引退時期】と募集頭数について、問い合わせフォームから問い合わせしてみました。


回答は以下の通りです。
1.牝馬の引退時期について
【回答】現在例外について検討中。貴重な意見としてクラブで検討します。

2.募集頭数について
【回答】2歳馬は現在の3頭のみ。16年産は現在調整中。本年度より少しだけ多い頭数を予定。時期は未定。

以上です。

まだ立ち上げたばかりで、会員の意見を聞きながら柔軟に対してくれそうな感じは受けました。(責任はとれませんが)
私としたら募集頭数が気になるのですよね〜。
今年度はいいとして、今後もイメージとしては少数精鋭で行く感じなのですが、会員数が増え募集頭数が少ないと500口とはいえ、すぐに口数を超え抽選の嵐。
欲しい馬が買えない状況となる可能性が

仮にそれでは会費(2クラブ分)が重くのしかかる。
これがネックになりそうだったので質問した訳だが、どうも今年度より少しだけ多いが気にかかる。

牝馬の引退時期は繁殖にあがることを考慮してのことで、これはいい事だと思う。
一般的には。
繁殖までの身体作りは必要だし、競争を終え、疲労が残ったままでの繁殖入りはマイナスであると考える。
しかし、それが自分の出資馬だと話は別である。
ちょっと早い気がする。
これが固定化されるようならワラウカドは牡馬中心に出資するのがいいのかも。

等々と気になることがあり踏ん切りがつかないのである。

posted by じろう at 21:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

今週の出走馬3/5

3月5日
アナザートゥルース
中山3R 3歳新馬 ダ1800m 大野拓弥騎手 56kg

26日(日) Wコース 57.9-42.7-15.1 単走 馬ナリ
1日(水) Wコース 53.2-38.5-12.8 単走 馬ナリ
1月中旬に入厩してから入念に乗り込んできたので、仕上がりに関しては何の不安もありません。
12頭の除外が出るなか、抽選を潜り抜けて予定通りにデビューできるのは、この馬が持っている運なのかもしれない。
サウンドトゥルー、ルールソヴァールの弟ということもあって注目度が高く、会員の皆様も期待されていると思いますが、恥ずかしい競馬にはならないでしょう。
幼い面はなかなか一朝一夕には改善されないものの、日に日にたくましくなってきた印象を受けるし、初戦からパワー全開といきたい。
(高木登調教師)


激戦の抽選を潜り抜け、無事出走となりました。
14年産の1次募集の中の高額馬トリオ(アナザートゥルース、ブラックジェイド、プラチナムバレット )の1頭。今のところ2頭は期待通りの走りを見せてくれています。
もちろん、(1次での)最高額のこの馬にはやってもらわないといけません!
デビュー戦でもあり、相手関係はよくわかりませんが、この馬の場合自身との戦いかと。
無事、ゲートを出て圧巻の走りを見せて欲しいですね。
期待感で一杯です!


ジャストフォーユー
中山12R 4歳上1000万下・混 芝1600m 田辺裕信騎手 57kg

1日(水) Wコース 70.0-53.5-39.5-13.0 単走 強目
この中間も非常に落ち着いていて変わらず気配はいいですね。
以前は稽古でもハミを噛んで掛かり気味に暴走する場面が見られたが、今はもうそういったことはなく、乗り手の指示に従事して走れている。
最近は雰囲気も急激に大人びてきて、メンタル面の成長が近走の安定した成績に結び付いていることは見ていて分かる。
前走よりも相手関係は強化されるが、ジャストフォーユー自身は今回も胸を張って送り出せるデキなので期待している。
(栗田徹調教師)


想像以上より相手が揃った感じですが、今の調子ならやってくれるような気がします。
しかし、ここで勝つのがいいのか、2,3着で賞金を稼ぐのがいいのか…。
出来れば準オープンでもやってくれると助かるのですが。
田辺騎手とのベストコンビでどのような走りを見せてくれるのか楽しみです。

posted by じろう at 22:46| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大差勝ち【マグレブ】

本日、名古屋に修行中の元出資馬マグレブが地方7戦目を迎えました。

ここまでは6戦4勝と順調に来ていますが、中央でやっていくにはまだ足りないと追試を受けている状況です。
師匠の合格ラインまで後2勝!
今日決めれば、中央復帰のお許しのリーチがかかるのです。

それでは結果です。

スタートからスピードの違いで逃げ、その後は危なげなく大楽勝!
相手関係が軽すぎたので、手放しでは喜べませんが、ここでこのくらいの勝ち方しないと戻っても駄目でしょうから、取り敢えず安心しました。
ノルマの6勝まで後1勝となりました。
私は地方競馬に詳しくないので、この先クラスが上がるのかどうか等わからないのですが、もしこのままのクラスで、相手関係も同じようならもう名古屋にいる意味は済んだのでは?と思います。
もう戻ってもいいのては?と思いましたが、コメントが発表され、もう1戦というかもう1勝させるようです。
課題もまだまだあるようです。

ここまでマグレブを鍛えてくれた川西先生が言われるので、全てお任せです。
後1勝よろしくお願いします。






★3/02(木)名古屋・C6組(ダ1400m)岡部誠騎手 結果:優勝

岡部誠騎手
「返し馬の感触からして、前走とは雲泥の差。立て直された効果が窺えました。真面目に走れば、このクラスでは力が違いますよ。時計も優秀ですし、文句なしの内容でした。次も楽しみです」

川西毅調教師
「相手に恵まれた感はありますが、まずは勝つことができてホッとしています。大差勝ちだったとはいえ、毛ヅヤが今ひとつでしたし、左に比べて右トモが頼りないなど、今後修正していかなければならない課題もまだまだありますから、決して手放しでは喜べません。今回の反動がなければ、次開催(中1週)に向かう予定です」


posted by じろう at 15:27| Comment(2) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする