ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年02月26日

スタートはGOOD!【キャラメルフレンチ】

中山7R 3歳500万下・混 芝1200m 野中悠太郎騎手

デビュー勝ちの後がパッとしないキャラメルフレンチ。
まだまだ本格化は先のようで、そう言う意味でも既に勝ち上がっているのは大きい。
尾形先生なら馬の成長に合わせて、鍛えて強くしてくれるだろう。

本日は、そのデビュー勝ちと同舞台。
ここで少しは見所あるレースをして欲しいと期待を持って見守る。

レースは大外枠16番から。
抜群のスタートからダッシュ良く2番手追走。
道中も問題なく追走し、直線へ。
一瞬もしや⁉と思わせるもすぐに先頭の馬に突き放され、後続の馬に飲み込まれていく。
それでも頑張って踏ん張っており、急激に垂れた訳ではない。

これから鍛えて行けば十分やっていける馬だと思う。
今後は怪我無く走って欲しい。





★2/26(日)中山・3歳500万下(芝1200m・混)野中悠太郎騎手 結果8着

「スタートセンスが良く、二の足の早さも抜群ですね。デビュー勝ちした条件だけあって、距離やコースも合っていると思います。坂を上がって苦しくなり、右にモタれる場面はありましたが、このクラスで十分にやっていけると感じましたよ。トモに力が付いてくればもっと粘りが増すのではないでしょうか」(野中悠太郎騎手)


posted by じろう at 14:16| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

16・16・16【クリプトスコード】

中山12R 4歳上1000万下 ダ1200m 井上敏樹騎手

リルティングインクの激走の興奮冷めやらぬうちの出走となった中山12Rクリプトスコードですが、16頭立て16番人気16着とフィーバーしました…。

スタートを決めたのですが、逃げられず3番手に付けていたと思っていたら、直線向くころには勝負にならない位置にいました。
ちょっとこのままでは厳しい感じですね〜。
この後は、はい!わかっていますよ。

『節を稼ぐのとリフレッシュを目的に一度外厩に出すことにします。』

ですね。

この成績なので仕方ないのですが、毎度毎度の繰り返しなので何か工夫というか手立てはないものでしょうか。
う〜ん田島先生何とか頼みますよ〜




★2/25(土)中山・4歳上1000万下(ダ1200m)井上敏樹騎手 結果16着

「積極的に行くよう指示を受けていたので試みたものの、周りの二の脚の方が速い状況でした。ここでこれ以上無理して押し切るよりもと脚を溜める方向にきりかえ、何とか坂の下まではふんばってくれてるのですが…。前に行く形だけでなく、色々な競馬を試してみるのも良いかもしれません」(井上敏樹騎手)


posted by じろう at 20:18| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菜七子で勝った!【リルティングインク】

小倉8R 4歳上500万下・牝 芝1200m 藤田菜七子騎手

やりました!リルティングインクがデビュー戦以来の2勝目を挙げました♪
リルティングインクの勝利はもちろん嬉しいのですが、ななこで勝ったのが最高に気持ちいい!


菜々子ありがとう!
imga9981a54zik5zj.jpeg


違う!


菜七子Jありがとう!!
puffer_5.jpg


高野厩舎から清水英克厩舎に転厩後の3戦は全て藤田菜七子騎手。
菜七子騎手との初コンビは見どころたっぷりの3着。
2戦目は9着と残念な結果でしたが、3戦目の今回は見事な騎乗振りでの優勝と最高です。



それではレースを振り返りましょう!

PicsArt_02-25-02.29.53.jpg
まずまずのスタート!


PicsArt_02-25-02.31.11.jpg
残り400m手前から徐々に進出開始


PicsArt_02-25-02.31.52.jpg
直線で外に持ち出し追い出します


PicsArt_02-25-02.32.31.jpg
必死に追います


PicsArt_02-25-02.33.01.jpg
ゴール手前で交わした〜


何度も言います!
ありがとう!菜七子騎手
清水先生&厩舎スタッフの皆さまありがとうございました。



★2/25(土)小倉・4歳上500万下(芝1200m・牝)藤田菜七子騎手 結果:優勝

「丹内先輩から聞いていた通り、状態が本当に良かったですね。スタートが決まり、楽に前へ行けましたし、ラストまでしっかりとした脚取りでした。小倉の馬場もきれいな芝で走りやすく、上手く立ち回れたかなと思います。3戦続けて乗せてもらっているご期待に応えることができて良かったですし、今年の初勝利を初めて参戦した小倉で挙げることができて、正直に嬉しいです。ありがとうございました」(藤田菜七子騎手)/span>

posted by じろう at 15:29| Comment(12) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

今週の出走馬2/25・26

2月25日
リルティングインク
小倉8R 4歳上500万下・牝 芝1200m 藤田菜七子騎手 52kg

22日(水) 小倉競馬場ダートコース 70.0-55.1-40.2-12.3 単走 強目
小倉に着いてからも運動前後に念入りに体をほぐしているためスクミの症状も出ていない。
少々心配しすぎなのかもしれないが、お預かりしている立場としてはどうしても慎重にならざるをえない。
追い切りでもしっかり動けたことを確認しているし、ジョッキーも今回で3度目の騎乗となり、その辺りは安心して送り出せる。
リズム良く運んでほしい。
(清水英克調教師)


菜七子騎手とのコンビで3戦目。
そろそろ行きますか?
1年前の期待感からは想像つかない現状ですが、そろそろやってくれそうな予感がします。
牝馬限定でもありますから、結果を出して欲しいですね。
勝って再び上を目指しましょう!


クリプトスコード
中山12R 4歳上1000万下 ダ1200m 井上敏樹騎手 53kg

22日(水) Wコース 52.1-38.5-13.5 強目
終いはいっぱい気味であったものの、外側だったことを加味すればそう悪くはない。
体調も大きく崩すことなく、飼い葉も変わらずしっかり食べてくれるのは非常に助かる。
前走ではいつもよりダッシュはついたものの、砂をかぶって囲まれ少し後手後手になってしまった印象なので、今回は何とかスムーズな競馬で追ってからの渋太い脚を生かしたい。
(田島俊明調教師)


クラスの壁なのか寒いと調子が上がらないせいなのか、なかなか厳しい戦いが続いています。
そろそろきっかけを掴んで欲しいところですが、そう簡単ではなさそうです。
権利を取って、続戦出来れば最高ですが、凡走→放牧→凡走→放牧・・・とローテーションとなっていますので、ここらでドカンと一発かましてくれていいのですが、現実は厳しいでしょうね。


2月26日
キャラメルフレンチ
中山7R 3歳500万下・混 芝1200m 野中悠太郎騎手 54kg

19日(日) 坂路コース 55.9-41.8-27.1-13.5 単走 強目
22日(水) 坂路コース 53.6-40.6-27.4-14.1 単走 強目
日曜、そして水曜と追い切りを重ねる中で、動きの良化が顕著に表れたため今週の出走に踏み切った。
相変わらずスピード感溢れる走りが魅力のキャラメルフレンチだが、丸みを帯びたシルエットでまだ幼さが残っている。
それでも筋肉にメリハリが出てきたし、左後肢の飛節軟腫も今はもうまったく気にならなくなった。
まだ改善できていない点と言えば、苦しくなるとやや右にモタれて走ってしまうところ。
芝・ダート問わず、短い距離なら高いパフォーマンスを発揮してくれるタイプだが、斤量にはやや敏感な面があるようにも見受けられる。
そのため今回は3kg減の野中騎手を鞍上に配し、前々からスピードを生かす競馬で勝機を見出したいと思う。
(尾形和幸調教師)


デビュー勝ちの舞台でどのような走りを見せてくれるのか様子見ですね。
本格化はまだ先のようですので、ここは先々に希望の見える走りを期待したいですね。
具体的に言うと掲示板に乗れれば御の字かなと思っています。





今週は現役出資牝馬3頭の出走という事で、

puffer_2.jpg
ウチら陽気なかしまし娘〜🎶

ちょっと古いか…(笑)



では
puffer_3.jpg
あいつはあいつはかわいい〜年下の男の子🎶
キャンディーズ


まだ古いか(笑)



ならばこれでどうだ!
image.jpg
Perfumeです!


これで行こう!
今週はじろう厩舎のPerfumeこと3人(頭)が頑張って走ります!

posted by じろう at 07:30| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

picotさんがやってくれた

『picotさんがやってくれた』

先ずは時系列に沿って説明させて頂きましょうか。
ブロ友のpicotさんのブログでの出来事です。

2月18日のブログ
『パドルウィールが小倉大賞典に挑む』
ここでpicotさんは出資馬パドルウィールの好走にかなりの自信を見せます。
そりゃそうでしょう!前走も金鯱賞で2着と好走しておりましたから。

ブログの最後は、

パドル、やっちゃおうよ。

で締められております。

これに心動かされた私はpicotさんにコメントします。
PicsArt_02-21-01.06.46.jpg

私は本気です。

それに対するpicotさんの返答は以下の通りです。
PicsArt_02-21-01.07.30.jpg

まぁ万が一の事を想定したのと私の事を考えての複勝という事だったのでしょう。
複勝でキョウエイトルースの15が買えるのか?という疑問はありながらも、それを無視して単勝勝負して、もしもの事があればpicotさんの補償を受けることが出来なくなりますし、ここはおっしゃる通り複勝勝負に出た訳です。

キョウエイトルースの15を買う金額を儲けなければいけませんから、小さい金額ではありません!

私はフェブラリーSの馬券も我慢してまでも、小倉大賞典のパドルウィールの複勝馬券にPAT口座にある全額を投入しました。
これはノンフィクションです!
本当にpicotさんを信じて全額投入したのです。

結果は皆さんご存じの通り…

馬は頑張って走ったと思っておりますので、何の不満も責任もありません!
悪いのは…
いや、やめておきましょう。人のせいにするのは。
私はこのやりとりを冗談で済ませるつもりでした。

このブログを見るまでは・・・。
2月20日のブログ
『パドルがやってくれた』

今回の私のブログのタイトルにもなったこの日のブログ。
私の怒りが収まりません!

何故ならPAT口座にある全額を賭けた私への謝罪はないどころか、小倉大賞典を勝ったマルターズアポジーをほめまくり話をごまかし、また最後の締めの言葉が、

ゴスホークケン、いいね。

ですよ。
いや、ゴスホークケンは確かにいい!それは疑いの余地はない!
そこじゃない!
大人ならまずは私に謝罪ですよ。

これは大人と大人の約束です。
キョウエイトルースの15に出資出来なくなった責任はとって貰いたいと思っています。
売り切れる前までで結構です。
必ず実行して貰いますから!

そう思っていた昨日、更に記事がUPされましたよ。
『もう愛馬の馬券は買わない。』

ここでサラッとですが、


じろうさん、ありがとうございます。

そして、すいません。


一応の謝罪はありました。

私も大人です。
公の場で謝罪を受けた以上はもう何も言いません。
もう忘れます。
キョウエイトルースの15と共に。




最後に冗談だと思っている皆さんに最後に本当にPAT口座全額を投入した証拠を提示させて頂きたいと思います。
衝撃の画像となりますので、心してご覧下さい。😤



PicsArt_02-21-01.05.18.jpg

PicsArt_02-21-01.05.48.jpg

どうだ⁉笑劇の画像は!


posted by じろう at 20:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする