ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年04月09日

決断の時迫る…【メルドオール】

福島10R 燧ヶ岳特別・混 芝2600m 黛弘人騎手

このままの成績では『引退】の二文字が聞こえ始めてくる頃です。
ここは何としても好走し、競争生活を長引かせなければなりません!
その大事な一戦を任されたのが黛騎手。
頼むよ!と強い念を送るも見事な出遅れ…。

結果的に普通に出てても着順は大きく変わらなかった気がしますが。
結果出た後に言うのもなんですが、やはり距離長いと思うのですよね〜。中央未勝利の身ですから、色々条件を探って頂けるのはありがたいのですが、今はそのような立場にない事も確かであり、先生には適性を把握してもらいたいと思っています。
距離適性の前に馬そのものの能力的な問題もありますから、これが1600〜1800mだったら好走したかと言われればそれはわかりませんが。

次走があるのかわかりませんが、あるとしたなら次はかなり短縮したマイル前後の距離でお願いしたいですね。距離短縮と言って2200〜2400mとかは勘弁してください。




★4/09(日)福島・燧ヶ岳特別(4歳上500万下・芝2600m・混)黛弘人騎手 結果9着

「休み明けということもあってゲートの中でガタガタしていて、何度も潜ろうとしていました。結局、タイミングが合わず出遅れ。いくら長丁場とはいえ、このロスは痛いですね。終いもジリジリ伸びてはいますが、思いのほか弾けなかったあたり、2600mは微妙に長いのかもしれません」(黛弘人騎手)

posted by じろう at 20:26| Comment(4) | 2012年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずまず♪【リルティングインク】

福島11R 吾妻小富士賞・混 芝1200m 藤田菜七子騎手

昇級初戦であったが、それなりにやってくれるのではないかと思っていました。
まさか勝てるとまでは思っていませんでしたが、見せ場くらいはもしかしてと思っていました。

レースは上手くスタートを切り、先団の位置にとりつきますが段々とポジションは下がって来たところで直線に入ります。
さぁここからというところで、一瞬伸びかけるようにも見えましたが、上位の馬達とは脚色も違い、7着となりました。
私の思いよりは残念な結果ですが、昇級初戦でこれだけ走れればこの先楽しみになってきました。
色々と条件は付きそうですが、嵌まればこのクラスでもやっていけるのでは感じました。
また菜七子騎手とのコンビで勝利を挙げて欲しいものです。
騎手も馬も良く頑張りました!ありがとう!




★4/08(土)福島・吾妻小富士賞(芝1200m・混ハンデ)藤田菜七子騎手 結果7着

「ポンっと上手にスタートが切れましたし、最内でゴチャゴチャ包まれるのだけは避けたかったので、少し仕掛けてある程度のポジションを取りにいきました。レースが進むにつれ、徐々にポジションが下がってきてしまいましたが、最後の直線は良く踏ん張ってくれたと思います。一回りも二回りも大きい牡馬達に混じっても、ひるむようなところがありませんでしたし、昇級初戦でこの内容ですから、ペースに慣れてきてくれれば、やれるのではないでしょうか。小回り平坦コースで、多少時計の掛かる馬場が合っていると思います」(藤田菜七子騎手)

posted by じろう at 13:33| Comment(0) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次走で巻き返しだ!【シシオウ】

福島10R ひめさゆり賞・混 芝2000m 荻野極騎手

この馬、もしかしたらもしかするかも♪と内心かなり期待して見守ったレースでしたが、10着敗退となりました。
秋山騎手にやられましたね。

スタート後上手く先頭に立ち、これはやったか!とドキドキしていましたが、道中秋山騎手騎乗のドリームソルジャーに一気に来られ、2番手に控えるも自分の競馬が出来ず直線では既に力が残っていませんでした。
期待していた分、ゴール後は正直呆然としてしまいましたが、今回でまだ3戦目。これからもっと良くなるだろうし、こちらが勝手にここを勝てばダービートライアルに向かうのではないかと妄想していたからで。
冷静になれば、この経験は次走以降に生かされるはず。

クラシックなど見ず、マイペースで徐々に力つけて行きましょう!
今日の負けなど気にすることはない!



★4/08(土)福島・ひめさゆり賞(芝2000m・混)荻野極騎手 結果10着

「2着馬(ドリームソルジャー)に2コーナーで外から来られて、先生から『番手でも競馬は出来る』と聞いていたので、すぐに控えて番手の競馬にチェンジしたのですが…。最終コーナーで交わしに行きましたが、すでに脚が残っていませんでした。大外枠からハナを取りにいった分と道中せりかけられた分で、余計に脚を使ってしまったからでしょうか。前走2000mで勝っていますが、スタートと二の脚が速いので、マイル〜1800mに距離短縮してみてもいいかもしれません」(荻野極騎手)

posted by じろう at 13:24| Comment(2) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

争奪戦勃発!

昨日からTwitterにてノルマンディーからの写真が届いたとの投稿が見られ、毎度1日遅れの我が家にも本日届いていました。
何故か2枚と思い込んでいたところ、4頭分5枚+1枚(デビュー写真)の大量でした(笑)

IMG_20170406_230201643.jpg



そこで、問題が⁉
暫く写真立ての写真の更新をしておりませんでしたので、これを気に模様替えをしようと。

IMG_20170406_233806482.jpg
これまではブラックジェイドでした。


今回届いた写真は
リルティングインク
アナザートゥルース2枚
シシオウ
ブラゾンドゥリス
の5枚。

どれも飾りたいものばかり。
悩むものの、ここはやはり初重賞制覇を尊重して…



IMG_20170406_234047262.jpg
リルティングナナコ❤(笑)


ブラゾンドゥリスはさきたま杯の優勝写真を飾る事にしますので、それまではリルティングナナコ、いやリルティングインクで行こうと思います。
posted by じろう at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

今週の出走馬4/8・9

4月8日
シシオウ
福島10R ひめさゆり賞・混 芝2000m 荻野極騎手 56kg

2日(日) CWコース 87.6-72.4-57.7-43.3-13.8 馬ナリ
5日(水) CWコース 84.2-68.3-53.8-40.0-12.3 馬ナリ
最終追いは長めから終い重点に消化し、今朝も荻野極騎手が跨ってCWコースを半周回りました。
鞍上は『乗り味が素晴らしい』と好感触を掴んでくれたようだし、躍動感溢れる最終追いの動きも含めてデキは明らかに前走以上。
専門誌の評価は思いのほか高くないようだが、距離や平坦コースもシシオウに向いているし、昇級戦のここでも十分やれるのではと期待している。
(斉藤崇史調教師)


専門誌は見る目がないですね〜
ここはキッチリ2連勝ですよ!
とても楽しみなレースです。ここでどのような競馬を見せてくれるのかで今後の期待度が測れます。
3歳馬はアナザートゥルース、ブラックジェイドと来てシシオウも私の期待する1頭ですので是非とも可能性ある走りを見せて欲しい。
やってくれるでしょう!


リルティングインク
福島11R 吾妻小富士賞・混 芝1200m 藤田菜七子騎手 51kg

2日(日) Wコース 57.6-42.4-13.3 単走 馬ナリ
5日(水) Wコース 69.2-53.4-38.5-12.5 単走 直線強目
昨日の追い切りでは上々の動きを見せてくれた。
ここまでの過程の中で楽をさせたつもりはないが、無理せずに乗り込み量を加減した効果ではないだろうか。
担当者もだいぶクセをつかんだようで、体調面含め良好で馬体もフックラと見せていて、もしかするとプラス体重で臨めるかもしれない。
昇級緒戦のため強気なことは言えないが、リルティングインクの状態は良いですからね、挑戦する態勢は十分に整っている。
(清水英克調教師)


前走の鮮やかな指し切り勝ちからの昇級初戦です。
相手関係もわかりませんし、昇級初戦なので流石に強気にはなれないところですが、何故でしょう?
私は意外と自信というか、やってくれるイメージがあります。
はい!根拠はありません。


4月9日
メルドオール
福島10R 燧ヶ岳特別・混 芝2600m 黛弘人騎手 57kg

2日(日) 坂路コース 58.6-43.6-29.1-14.6 単走 馬ナリ
5日(水) 坂路コース 54.7-39.3-25.3-12.4 強目
昨年暮れに中京のマイル戦を使って以来、距離延長の変わり身に期待し、ここ3戦は2200m以上の距離を使ってきた。
大崩れはしていないものの入着はなく、なんだかんだで中央未勝利という状況。
前走からここを目標に狙いすましての調整過程を踏めたし、1つ前の芝1800m戦のメンバーと天秤にかけるなど、出来る限りのことはしてきたつもり。
いわゆる“小回り平坦の長丁場”、ここでなんとかしなければという気持ちは本当に強い。
それに応えられるデキに持ってこれた自信もあるので、今回は結果を求めたい。
(高橋祥泰調教師)


2600mの距離はどうなのか?とは思うが、そろそろ勝って頂きたい。
但し、能力的に勝って上に行けば全く上位に来られない可能性は高いしで困ったものですが、一度は勝つ姿を見てみたい。
頑張れ!

posted by じろう at 22:07| Comment(2) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする