ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年08月22日

サマーセール2017〔2日目〕

昨日から始まりましたHBAサマーセール2017〔2日目〕の情報です。

本日も我らがノルマンディーが複数頭落札しましたので、またまたまとめたいと思います。


1頭目
No.339 テイエムクラウンの16

(画像なし)

牝馬 鹿毛 2016年3月18日生 タニグチ牧場生産
父:ジャングルポケット
母父:ブライアンズタイム
落札価格:216万円(税込み)

体高:154.0cm
胸囲:175.0cm
管囲:19.0cm

初日のタイキシャトルとまではいきませんが、これまたノルマンディーが好きなジャングルポケット産駒ですね。
う〜ん、私はあまり興味ないかな?
写真もありませんでしたし、よくわかりません。(写真があってもわかりませんが)
母のテイエムクラウンは2006年4月30日生まれの15歳。
当馬は母14歳時の仔となります。
千代田牧場で生まれ、戦績は8戦0勝の未勝利でした。
母の産駒はこれまで7頭生まれており、デビューした4頭からは中央での勝利はありません。



2頭目
No.430 マンデルーシュの16

マンデルーシュの16(サマーセール時).jpg

牡馬 黒鹿毛 2016年5月23日生 タバタファーム生産
父:スクリーンヒーロー
母父:Alwuhush
落札価格:756万円(税込み)

体高:153.0cm
胸囲:172.0cm
管囲:20.5cm

これまた昨日に引き続き、来た!という感じ。スクリーンヒーロー産駒の牡馬です。(昨日の来た!はロードカナロア産駒です)
これは募集されれば、満口抽選になる可能性大でしょうね。争奪戦となるでしょう。
私も字面だけながら出資確定状態です。
近親にはワールドエースがいますね。
母のマンデルーシュは2003年5月20日のドイツ生まれの14歳。
当馬は母13歳時の仔となります。
戦績は4戦2勝の戦績となっておりますが、詳しい情報は現在の所わかりません。
引退後の初子から社台ファーム生産となっておりますので、社台が繁殖として連れて来たのでしょう。
母の産駒は7番子までが社台ファーム生産であり、1つ上の8番子からタバタファーム生産となっております。
中央での勝ち鞍は1勝馬が3頭という少し物足りない感じでしょうか。しかし、昨日、今日とノルマンディーが落札した母の産駒成績では良い方ですね。



3頭目
No.517 イズミコマンダーの16

イズミコマンダーの16(サマーセール時).jpg

牡馬 鹿毛 2016年5月21日生 潟^ガミファーム生産
父:キンシャサノキセキ
母父:コマンダーインチーフ
落札価格:831.6万円(税込み)

体高:152.0cm
胸囲:170.0cm
管囲:20.0cm

キンシャサノキセキ産駒です!
しかし、前のスクリーンヒーロー産駒より高いお値段です。そう比べるとこの馬が高く感じますね。
キンシャサノキセキ産駒の牡馬が欲しいと思っていたので、興味はあります。しかし高い気がする。
値段によってはパスですね。
母のイズミコマンダーは2006年5月28日生まれの11歳。
当馬は母10歳時の仔となります。
タガミファーム生産で、7戦1勝の戦績でした。
母の産駒はこれまで5頭いて、デビューした4頭中3頭が中央で勝利を挙げています。
出世頭が1番子のタイキシャトル産駒の牝馬が3勝で1000万下勝ちがあります。
スクリーンヒーロー産駒の母のような血統的魅力は落ちますが、母の産駒成績ではこちらの方が良いくらいですね。あくまでノルマンディー落札馬のなかの話ですが。



4頭目(岡田スタッド落札馬)
No.412 ベレッツァの16

ベレッツァの16(サマーセール時).jpg

牡馬 鹿毛 2016年5月27日生 土田農場生産
父:ルーラーシップ
母父:フジキセキ
落札価格:464.4万円(税込み)

体高:152.0cm
胸囲:172.0cm
管囲:19.2cm

まず、この馬の落札者はノルマンディーではなく、岡田スタッドです。
ルーラーシップ産駒の牡馬ですね。
また、キンシャサノキセキ産駒と比べますが、安い!これは安く感じるぞ!
格安ハーツクライに続く格安ルーラーシップの誕生ですかね?何か馬体に欠陥でもあったのでしょうか。
母のベレッツァは2003年3月30日生まれの14歳。
当馬は母13歳時の仔となります。戦績は32戦2勝。馬主は(有)ターフ・スポートということで、ターファイトクラブの所属馬だったのですね。
母の産駒成績は中央未勝利です。なるほど〜安さの理由はそれか!?
そもそも岡田スタッドでの落札になっておりますので、知り合いの馬主さんに頼まれての落札であるならクラブにはまわって来ないでしょう。詳細はわかりません。


以上、サマーセール2日目は3頭+1頭の落札となりました。明日もまだ続きます。もっと落札して頂き選択肢を増やしてもらいましょうかね。
posted by じろう at 22:42| Comment(2) | セール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

サマーセール2017〔1日目〕

本日から始まりましたHBAサマーセール2017の情報です。
日程は8月21日(月)〜25日(金)
上場頭数1千頭を超える国内最大規模のセリであり、計1,307頭の上場があります。

本日はその1日目。
早速我らがノルマンディーが複数頭落札しましたので、まとめたいと思います。

1頭目
No.68 テーマソングの16

テーマソングの16(サマーセール時).jpg

牡馬 鹿毛 2016年3月19日生 川島正広生産
父:タイキシャトル
母父:ジャングルポケット
落札価格:669.6万円(税込み)

体高:155.0cm
胸囲:177.0cm
管囲:20.0cm

最近、牝馬ばかりの落札が目立つノルマンディーにしては貴重な牡馬の落札馬です。
しかし!というかタイキシャトル産駒ですね。ノルマンディーはタイキシャトル好きですね〜
まぁ私もキャラメルフレンチ持ってますが。
母のテーマソングは2006年3月11日生まれの11歳。
当馬は母10歳時の仔となります。
社台ファームで生まれ、吉田照哉氏の元走り、21戦2勝の戦績でした。マイル〜中距離を使われていました。
母の産駒は現在、中央未勝利です。



2頭目
No.72 トラックマグナの16

トラックマグナの16(サマーセール時).jpg

牝馬 鹿毛 2016年6月4日生 泣Tンローゼン生産
父:マツリダゴッホ
母父:アラジ
落札価格:464.4万円(税込み)

体高:148.0cm
胸囲:167.0cm
管囲:19.3cm

ゴッホ産駒落札!
この衝撃的なニュースは瞬く間に広がりましたね(笑)
皆さんの思いの中に、『わざわざゴッホ落札しなくても〜』あるいは『ゴッホ産駒を落とすくらいだから何か感じるものがあるはず』等あったかと思います。
私はどちらかというと後者側かな。私の記憶ではノルマンディーでゴッホ産駒を落札するのは
ではないかと。
母のトラックマグナは2002年5月4日生まれの15歳。
当馬は母14歳時の仔となります。
23戦3勝の戦績ですが、中央では1戦0勝でその後地方で3勝を挙げています。
母の産駒はほぼほぼ地方行きという事もあり、中央未勝利です。
ノルマンディーでのゴッホ産駒の牝馬といえば、アリンナでしょうね。私の愛馬はリルティングインクですが(笑)



3頭目
No.96 パッションレッドの16

パッションレッドの16(サマーセール時).jpg

牝馬 黒鹿毛 2016年4月19日生 去井牧場生産
父:ロードカナロア
母父:アグネスタキオン
落札価格:1,404万円(税込み)

体高:154.0cm
胸囲:171.0cm
管囲:19.5cm

ロードカナロア産駒来た!
1つ前のゴッホ産駒落札とは違う衝撃が私に流れました。まさかノルマンディーがカナロア産駒を落札するとは思いませんでした。
ノルマンディーでカナロア産駒は違うだろ!等の意見は多くあるかとは思いますが、私は大歓迎です。
何故なら私はノルマンディーのみだからです。
キャロットやシルク、東サラ、ロード等では出資出来ないのです。ノルマンディーでしか私は出資出来るチャンスはないのです。
勿論募集されても価格や預託厩舎を見て判断にはなりますが。
母のパッションレッドは2004年4月10日生まれの13歳。
当馬は母12歳時の仔となります。
社台ファーム生産の(有)社台レースホースで走り、21戦3勝(アネモネS3着)の戦績でした。
祖母はレッドチリペッパーで、21戦5勝。重賞2勝のNHKマイルC3着馬です。
素晴らしい血統背景であり、そこにロードカナロア!これがノルマンディーで募集されるかもと思うとテンションは上がります。(出資するかはわからない)
しかしですよ、母の産駒はこれまで5頭いますが、中央未勝利です。その辺りが若干不安ですね。



4頭目
No.141 ヘンメイレンの16

ヘンメイレンの16(サマーセール時).jpg

牝馬 黒鹿毛 2016年4月19日生 斉藤スタッド生産
父:ヴィクトワールピサ
母父:タバスコキャット
落札価格:334.8万円(税込み)

体高:152.0cm
胸囲:170.0cm
管囲:18.5cm

ヴィクトワールピサ産駒の牝馬です。
母のヘンメイレンは2003年2月19日生まれの14歳。
当馬は母13歳時の仔となります。戦績は34戦2勝(ダ1700 2勝)
母の産駒成績はこちらも中央未勝利です。4頭全て母の産駒成績は中央未勝利ですね。
当馬の1歳上に全兄がいますので、今後の走りには注目したいと思います。


以上、サマーセール1日目は4頭の落札となりましたが、明日もジャンジャン落札する事でしょう。
楽しみですね。
posted by じろう at 23:05| Comment(6) | セール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬成績8/20

2017年8月20日現在
2017年成績
68戦8勝(8−5−4−3−9−4−7−5−23)
勝率 .117
連対率 .191
複勝率 .250
掲示板率 .426
入着率 .661


総合成績
200戦22勝(22−19−19−8−13−15−13−12−79)
勝率 .110
連対率 .205
複勝率 .300
掲示板率 .405
入着率 .605


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 8−5−4−3−9−4−7−5−23

【世代別】
2011年産(2頭)3−3−4−2−3−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−11−3−3−8−7−7−22
2013年産(4頭)4−3−1−1−2−5−2−1−30
2014年産(8頭)6−7−3−2−5−2−3−3−11
2015年産(6頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
3−3−4−2−3−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−3−2−2−2−3−4−6
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−4−3−11
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−1−3−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−9
クリプトスコード(クラックコード13)牝4
2−3−0−1−0−3−1−1−7
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−1−1−1−0−8
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−3−3−0−2−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−1−0−0−0−1−1−1−4
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
1−1−0−1−3−1−1−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
ビターレ(アイアンアタック14)牡3
0−0−0−0−0−0−0−1−2
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
リンダムーンの15(リンダムーン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2

【性別】
牡・騙馬(19頭)17−15−18−7−12−10−10−11−60
牝馬(5頭)5−4−1−1−1−5−3−2−19

【生産別】
内国産(23頭)22−19−19−8−12−14−13−12−73
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)12−9−10−6−7−8−9−6−53
その他牧場産(12頭)10−10−9−2−6−7−4−6−26

【毛色別】
鹿毛(10頭)11−8−11−4−7−10−8−9−41
黒鹿毛(6頭)3−3−4−0−3−1−1−0−10
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)8−8−4−4−3−4−4−3−28
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(17頭)18−14−14−6−5−11−10−9−54
栗東(11頭)4−5−5−2−8−4−3−3−25

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−5−1−4−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)3−3−4−2−3−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−6−3−0−1−4−1−1−5
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−7
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
中竹和也厩舎(1頭)1−1−0−1−3−1−1−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−2
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−5
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−1−0−1−0−3
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)5−3−5−2−4−1−2−1−37
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−1−0−3
スペシャルウイーク(3頭)3−4−8−1−2−3−4−3−11
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−7
ステイゴールド(1頭)0−0−3−2−2−2−3−4−6
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−1−3−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−1−4
ショウナンカンプ(1頭)1−1−0−1−3−1−1−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−2
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−10−3−1−1−7−2−2−13
1000〜1400万(6頭) 5−3−6−2−4−5−6−4−35
1401〜1800万(7頭) 3−3−7−5−5−2−5−6−24
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−3−3−0−2−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 8−7−14−5−7−8−12−9−53
ダート 14−12−5−3−6−7−1−3−24

【距離別】
1000〜1300m 7−7−3−3−5−5−5−3−18
1301〜1899m 14−10−13−5−6−7−6−7−48
1900〜2100m 1−1−2−0−1−1−1−1−7
2101〜2700m 0−1−1−0−1−2−1−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 18:53| Comment(0) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大健闘!【キャラメルフレンチ】

新潟12R 3歳上500万下・牝 芝1000m 木幡育也騎手

いやぁ〜驚きました!
調子も良く、コースも向く、減量騎手起用と好走してもおかしくない条件は揃っていましたが、まさか2着になるとまでは思っていませんでした。良くても掲示板かと・・・。

レースではスタートを決め、好位置で進め、追い出しにかかる頃に垂れ始めるのかと目を細めながら(恐る恐る)画面を見ていたら、何と何と!粘る!粘る!
勝ち馬とは差が開きましたが、それでも頑張って2着と好走しました。
嬉しい誤算です。
このまましばらくは新潟直線1000m専用で、このクラスで小遣い稼ぎをしつつ、力を付けて行って欲しいと思いますね。
しかし、今回は相手関係や減量騎手の恩恵も大きかったと思うので、毎回こうはいかないのも重々承知ですが、今回は本当に上手く行きました。
もちろん騎手も馬も頑張りました!



★8/20(日)新潟・3歳上500万下(芝1000m・牝)木幡育也騎手 結果2着

「状態も良かったですし、スタートも決まって好位置で運べました。ただ、もっと外に出して、勝った馬に寄せれば良かったのではと反省しています。今回は決めきれませんでしたが、千直との相性が良いのは間違いありませんし、しっかり導いてあげればチャンスはあるはずです」(木幡育也騎手)
posted by じろう at 18:47| Comment(0) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

ようやく初勝利【ホウロクダマ】

小倉4R 3歳未勝利 ダ1000m 森裕太朗騎手

嬉しい嬉しいホウロクダマの初勝利です♪
まずはレースから振り返りましょう。


パドック
PicsArt_08-20-01.01.13.jpg
+10kgに驚く!?

スタート
PicsArt_08-20-01.01.45.jpg
今回は出遅れずにスタート!

スタート直後
PicsArt_08-20-01.02.15.jpg
楽な手ごたえで先団に!

直線へ
PicsArt_08-20-01.02.48.jpg
さぁここから!

直線
PicsArt_08-20-01.03.16.jpg
上手く内に進路を取ります。

直線半ば
PicsArt_08-20-01.03.45.png
前を行くサウンドビクトリーになかなか追いつけない!

ゴール前
PicsArt_08-20-01.04.19.jpg
ゴール前にようやく交わす〜!!

ゴール後
PicsArt_08-20-01.04.55.jpg
安堵のゴール後♪

心配していたスタートも無事に出て、先団へも楽な手ごたえで取り着きます。
ここで、掲示板(権利確保)は確信。勝ち負けまでは大丈夫だろうという感触を得ます。
4コーナーを回る時、真ん中進路を取るのかと思いきや躊躇なく内に進路を取り追い出しました。
そして、最後はきっちり先頭の馬を交わし、先頭でゴール♪
私や出資者の歓喜の声が聞こえるような瞬間でした。

喉なりの問題もあり、今後も心配は付きまといますが取りあえずは現役を続ける事が出来るようになりホッとしております。
身体は丈夫なので、ノドの問題さえ解決されれば数多く走り、我々出資者に小銭を稼がせてくれる馬になると信じています。
まずは初勝利おめでとう♪よく頑張ったよホウロクダマ!
ナイスな騎乗でしたよ森裕太朗騎手♪
中竹先生&スタッフの皆さまありがとうございました。

1503199657128.jpg

1503199662956.jpg

1503199665663.jpg
keijiさん提供



★8/20(日)小倉・3歳未勝利(ダ1000m)森裕太朗騎手 結果:優勝

「前半は無理せず、前に行った3頭を見ながらの競馬。4コーナーもロスなく回れましたし、前半でジックリ脚を溜められた分、終いもしっかり脚を使ってくれました。1000mでこれだけ前に行ければ、上のクラスでもいい位置で流れに乗って運べそうですし、道中もジッと我慢できたので、中央場所の1200mにも対応できるのではないでしょうか。まだ絞れる余地もありますから、これからが楽しみです」(森裕太朗騎手)


posted by じろう at 14:04| Comment(12) | 2014年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする