ノルマンディーオーナーズクラブ様より、募集馬情報に関しての写真・文章等の転載の許可をいただいております。所属馬情報(各馬の募集期間終了後)に関して、近況等、文章転載については引用した形での掲載の許可をいただいております。

2017年10月22日

愛馬成績10/22

2017年10月22日現在
2017年成績
81戦9勝(9−5−4−3−9−6−8−6−31)
勝率 .111
連対率 .172
複勝率 .222
掲示板率 .370
入着率 .617


総合成績
213戦23勝(23−19−19−8−14−16−14−13−87)
勝率 .107
連対率 .197
複勝率 .286
掲示板率 .389
入着率 .591


【年度別】
2013年 0−0−1−0−0−0−0−0−1
2014年 0−1−1−2−2−1−2−1−10
2015年 4−7−7−0−1−2−2−2−13
2016年 10−6−6−3−1−8−2−4−32
2017年 9−5−4−3−9−6−8−6−31

【世代別】
2011年産(2頭)4−3−4−2−3−0−1−1−16
2012年産(4頭)9−6−11−3−3−9−7−7−24
2013年産(4頭)4−3−1−1−2−5−2−1−34
2014年産(8頭)6−7−3−2−5−2−4−4−13
2015年産(6頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0

【馬別】
アペルトゥーラ(フサイチリニモ11)牡6
4−3−4−2−3−0−1−1−10
メルドオール(サルガソシー12)牡5
0−0−3−2−2−3−3−4−7
ジャストフォーユー(トーセンフォーユー12)牡5
2−1−5−1−0−3−4−3−12
ブラゾンドゥリス(ブライアンズソノ12)牡5
7−5−3−0−1−3−0−0−1
マグレブ(フサイチリニモ13)牡4
0−0−0−0−0−0−0−0−11
リルティングインク(ザラストドロップ13)牝4
2−0−1−0−1−1−1−0−9
アナザートゥルース(キョウエイトルース14)牡3
2−0−0−0−0−0−0−0−1
ブラックジェイド(クイーンナイサー14)牡3
1−3−3−0−2−0−0−0−0
キャラメルフレンチ(フレンチミステリー14)牝3
1−1−0−0−0−1−1−2−5
ホウロクダマ(タマヒカル14)牡3
1−1−0−1−3−1−2−1−1
シシオウ(イシノショウジ14)牡3
1−1−0−0−0−0−0−0−1
セルヴァ(オークルーム15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ブリリアントリリー(トーセンリリー15)牝2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ファントムメナス(エスワンスペクター15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ローズパラディン(レットイットスノー15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ジャスパーゲラン(レーヴドゲラン15)牡2
0−0−0−0−0−0−0−0−0
フライオールデイズ(リンダムーン15)牡2
0−0−0−0−0−1−0−0−0
〜引退馬〜
ゾネブルム(ユニバース11)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−6
グランノーヴァ(スプリングボード12)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−4
ルナシンフォニー(オペラレディ14)引退
0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴルディオン(フラーテイシャスミス13)引退
0−0−0−0−1−1−0−0−6
ヒノアカツキ(ザラストドロップ14)引退
0−1−0−1−0−0−1−0−2
ビターレ(アイアンアタック14)引退
0−0−0−0−0−0−0−1−3
クリプトスコード(クラックコード13)引退
2−3−0−1−0−3−1−1−8

【性別】
牡・騙馬(19頭)18−15−18−7−12−12−11−11−65
牝馬(5頭)5−4−1−1−1−5−3−3−22

【生産別】
内国産(23頭)23−19−19−8−12−16−14−13−81
外国産(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【牧場別】
岡田スタッド産(12頭)13−9−10−6−7−8−10−6−58
その他牧場産(12頭)10−10−9−2−6−9−4−7−29

【毛色別】
鹿毛(10頭)11−8−11−4−7−11−9−9−46
黒鹿毛(6頭)3−3−4−0−3−2−1−0−11
青鹿毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
青毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗毛(8頭)9−8−4−4−3−4−4−4−30
栃栗毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
芦毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
白毛(0頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0

【所属別】
美浦(17頭)19−14−14−6−5−13−10−10−60
栗東(11頭)4−5−5−2−8−4−4−3−27

【厩舎別】
昆貢厩舎(3頭)1−3−5−1−4−1−2−1−4
国枝栄厩舎(2頭)4−3−4−2−3−0−1−1−13
尾形和幸厩舎(2頭)8−6−3−0−1−4−1−2−6
田島俊明厩舎(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
安田隆行厩舎(2頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
高野友和厩舎(2頭)1−0−0−0−0−1−0−0−5
尾関知人厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−4
堀井雅広厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
栗田徹厩舎(1頭)2−1−5−1−0−3−4−3−10
宮徹厩舎(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6
高木登厩舎(1頭)2−0−0−0−0−0−0−0−1
奥村武厩舎(1頭)0−1−0−1−0−0−1−0−2
中竹和也厩舎(1頭)1−1−0−1−3−1−2−1−1
斉藤崇史厩舎(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
松元茂樹厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
土田稔厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−2
羽月友彦厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
高橋祥泰厩舎(2頭)0−0−1−1−0−1−1−3−8
清水英克厩舎(1頭)1−0−1−0−1−0−1−0−4
大竹正博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
栗田博憲厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
小西一男厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
畠山吉宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0
加藤和宏厩舎(1頭)0−0−0−0−0−1−0−0−0
武田博厩舎(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−1

【種牡馬別】
マツリダゴッホ(5頭)6−3−5−2−4−1−2−1−40
アイルハヴアナザー(3頭)2−1−0−1−0−0−1−0−3
スペシャルウイーク(3頭)3−4−8−1−2−4−4−3−12
ロージズインメイ(2頭)2−3−0−1−0−3−1−1−8
ステイゴールド(1頭)0−0−3−2−2−3−3−4−7
ハーツクライ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ゴールドアリュール(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
フレンチデピュティ(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
ノボジャック(1頭)7−5−3−0−1−3−0−0−1
タイキシャトル(1頭)1−1−0−0−0−1−1−2−5
ショウナンカンプ(1頭)1−1−0−1−3−1−2−1−1
シニスターミニスター(1頭)0−0−0−0−0−0−0−1−3
アドマイヤムーン(1頭)0−0−0−0−0−0−0−0−0
サムライハート(1頭)1−1−0−0−0−0−0−0−1
Tizway(1頭)0−0−0−0−1−1−0−0−6

【価格別】
〜999万(6頭)    11−10−3−1−1−7−2−3−15
1000〜1400万(6頭) 5−3−6−2−4−5−7−4−39
1401〜1800万(7頭) 4−3−7−5−5−4−5−6−26
1801〜2200万(2頭) 0−0−0−0−0−0−0−0−0
2201〜2600万(1頭) 1−3−3−0−2−0−0−0−0
2601〜3000万(1頭) 2−0−0−0−0−0−0−0−1
3001万〜(1頭)  0−0−0−0−1−1−0−0−6

【馬場別】
芝 9−7−14−5−7−10−12−10−57
ダート 14−12−5−3−6−7−2−3−28

【距離別】
1000〜1300m 8−7−3−3−5−5−6−4−24
1301〜1899m 14−10−13−5−6−9−6−7−49
1900〜2100m 1−1−2−0−1−1−1−1−8
2101〜2700m 0−1−1−0−1−2−1−1−4
2701m〜  0−0−0−0−0−0−0−0−0
障害     0−0−0−0−0−0−0−0−2
posted by じろう at 22:20| Comment(2) | 愛馬成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳しい…【マグレブ】

新潟12R 鳥屋野特別 芝1200m 黛弘人騎手

う〜ん…
言葉にならないですね。惨敗です。
スタートはまずまずも二の脚がつかないのか、はたまた鞍上の作戦なのかわかりませんがズルズルと中団に下がって行きます。
もうこの時点で諦めかけていましたが、最下位とまでは思っていませんでした。
これはかなり厳しい結果となりました。
馬場も悪かったので今回は度外視してもう1戦みたい気もしますが、次走一変する気もしないので、ここはクラブの判断を待ちたいと思います。





★10/22(日)新潟・鳥屋野特別(3歳上500万下・芝1200m・混)黛弘人騎手 結果17着

「状態そのものは前走以上の印象を受けましたが、ブリンカーが効き過ぎているようで、返し馬やゲートの中でリキんでしまって…。勝負処からギアが切り替わる感じがなく、終いの粘りもひと息でした。このクラスの芝では少しスピード不足は否めないでしょうか」(黛弘人騎手)

posted by じろう at 22:12| Comment(2) | 2013年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一段落

ノルマンディーの先行募集が終わり、その後通常募集が始まっていますが、ここに来てようやく落ち着いてきたようです。

10月18日(水)
先行募集の抽選結果発表の日

この日、先行で申し込みした馬の申込口数が募集総口数を上回った馬9頭中2頭(募集No.10マンデルーシュの16と募集No.21ラハイナの16)は申込口数変更により全員が無事出資確定出来ました。
私はこのうちラハイナUの16に申し込みしていましたので、確定です。
更には、ソラコマチの16、リスティアエーデルの16、テネシーワルツの16、プレシャスドロップの16も満口になっておらず出資確定しておりました。
問題は抽選組の3頭のパリージョの16、ジョウノファミリーの16、ジョウノボレロの16でしたがこれらも抽選突破により出資確定出来ました。

私としては、先行募集での8頭出資は過去最高です。
これまではどうしても欲しい馬で抽選になりそうな馬だけ先行出資若しくは抽選にならなそうでも馬価格が高く10%OFFの恩恵がある馬にのみ先行出資しておりましたが、ここ最近のノルマンディーの売れ行きの凄さに警戒感持っており、どうせ出資するつもりなら先行で行ってしまえ〜!ということで、現状行きたい(欲しい)馬に全部出資申し込みしたのでした。

結果的には満足行く結果となり良かったなと思っています。


10月19日(木)
10:00〜通常募集スタート

私はもちろん先行で充分満足いく結果でしたので、ここは様子見。
10時スタートと同時に残り口数の少ない馬達が続々満口になりました。

まずは、
イズミコマンダーの16 満口!
ソラコマチの16 満口!!
テネシーワルツの16 満口!!!
プレシャスドロップの16 満口!!!!

凄い売れ行きです。
新たに満口になった4頭中3頭(ソラコマチの16、テネシーワルツの16、プレシャスドロップの16)に先行出資済みだったので、出資しておいて良かったな♪と。

400口でいうと4頭が残り200口を切っている状況。
流石にここからは売れ行きは穏やかになると想像するが、今のノルマンディーはわからない。

私の入った当初とは雲泥の差だな…


私は一段落ついたので、今度は馬名を考える作業に入ろうと思う。
今年こそ!
posted by じろう at 11:00| Comment(2) | ノルマンディーOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

今週の出走馬10/22

10月22日
マグレブ
新潟12R 鳥屋野特別 芝1200m 黛弘人騎手 57kg

15日(日) 坂路コース 53.8-38.7-25.4-13.1 単走 馬ナリ
18日(水) 坂路コース 53.6-39.9-26.8-14.0 単走 馬ナリ
来週28日(土)新潟・飛翔特別(芝1000m)まで待機する選択肢もあったが、先週の稲光特別と今週の22日(日)牝馬限定戦の状況を考慮し、今週の特別戦に投票した。
結果、頭数割れしているし、そのうえ紛れがありそうな面子。
前走に引き続きブリンカーを装着し、本番に臨みます。
中3週でハードな追い切り4本を消化するなど、以前にも増して攻めて造ってきた。
これまでの結果を踏まえると今回が試金石の一戦、なんとか結果を出したいですね。
(高橋祥泰調教師)


新潟の千直に結局出ることはなくなりました。
なんだかなぁ〜とは思いますが、出る以上は見所のある走りを期待したいですね。
ここで好走して、来週の兄アペルトゥーラに繋げて欲しいですね。
頑張れ!マグレブ!

posted by じろう at 12:53| Comment(0) | 今週の出走馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

愛馬紹介【2016年産】Part8

流石にラストです!
ここまでお付き合い頂きありがとうございます。
それではラストを飾るノルマンディーらしい馬とはこの馬です!


ラハイナUの16
ラハイナUの16(募集時).jpg

牝馬
青鹿毛
4月18日生
父:カフェラピード
母:ラハイナU(母の父:Milt's Overture)
生産:新ひだか・タイヘイ牧場
栗東・斉藤崇史厩舎入厩予定
総口数:400口
募集総額:800万円
1口出資額:20,000円

この馬は悩みました・・・
青森のセリで購入された時は、募集されれば余程の事が無い限り出資すると決めていました。
カフェラピード産駒なんて、後にも先にも出資出来る機会はありませんからね。
言わば『コレクション枠』の出資です。と言いたかったのですが、カタログで写真を見たときに、これはただの『コレクション枠』ではないぞ!と感じるものがありました。
しかし!しかしです。
測尺が発表されるや、テンションは下がる一方で、出資は諦める方向にも気持ちは動きました。
それでも芝ならそこまで考えなくてもいいのでは?と自分に言い聞かせていましたが、京都の検討会ではダート馬との衝撃の発言が!
これはもう出資は見送ろうと思ったのですが、やはり馬体は良いと思うのですよね。
これはもうチャレンジだと思うことにして出資を決めました。
私と同じ理由でそれほど売れないのではないかと思っていましたが、予想をはるかに超え、満口で口数調整による確定となりました。
買っていて言うのも何ですが、今のノルマンディーは何でも売れるんですね。
凄いクラブになってしまいました。
大きくなれよ〜(馬に言っています)




posted by じろう at 22:37| Comment(4) | 2016年産出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする